クロッカスのクリサントゥス・ロマンスとシーベリー・トリカラー

クロッカス・クリサントゥス・ロマンス2012-02-24.jpg

クロッカス・クリサントゥス・ロマンス2012-02-12.jpg

クロッカス・クリサントゥス・ロマンスもクロッカス・シーベリー・トリカラーも花期の早い寒咲きクロッカスの仲間です。球根も花径もやや小さめですが、よく咲いてくれるし高温多湿にもある程度耐えられます。最初は葉が枯れたら掘りあげないと、梅雨〜夏に球根が腐るかと心配しましたが、植え場所を考えて地植えにすれば植えっぱなしでも消えません。水はけや通風がよく、春に日がよくあたり夏に半日陰になる、そんな場所がベターなのでしょう。小型の球根植物ですから、プランター栽培にも向いています。品種はとても多くて、Pottertons Nursery の bulbs のカテゴリをのぞいてみるとクロッカスだけで数十種類もあります。パンパスグラスを整理すると1m四方のスペースが空きます。今年も新種を購入しようかな。秋咲きクロッカスが欲しいのです。上の画像は2012/02/24と02/12のクロッカス・クリサントゥス・ロマンス(Crocus chrysanthus‘Romance’)です。鮮やかな黄色がまぶしい。けど、花被片も3裂するめしべの花柱とその先端の柱頭もおしべの葯も黄色一色なので、配色的な面白さにかけるかも。開きかけのつぼみはラブリイ♪

ここからは「2010-03-12 早咲きクロッカスの品種もいっぱい 原種クロッカスの開花」の転載です〜。→→→春咲きのクロッカスはイエローマンモスが2月から咲き出し、ジャンヌダークとフラワーレコードは3月から開花します。ケロの駐車場でも黄花がソロソロお終いで、白花と紫花が咲き始めました。休眠期の夏に堀り上げを忘れていて、もしかして腐っているのでは?と心配したのですが…。けっこう殖えています。レモンマリーゴールドがブッシュ状に生い茂って、落葉樹の根本みたいな環境になっていたのかな。「大輪・春咲き種のクロッカス(Crocus vernus)、耐寒性多年草、秋植え球根、地中海沿岸〜小アジアが原産、草丈は10cm前後、花期は2〜4月。」球根の直径は4cm、6弁花の花径は4〜5cmと大きめです。お店で流通しているのは、このダッチクロッカスがほとんどです。

BSでお譲り頂いて、植え付けが12月上旬と遅かったので心配していた原種クロッカスも咲いています。2月下旬から咲き始めて、3月に満開です。「小輪・早咲き種のクロッカス(chrysanthus)、耐寒性多年草、秋植え球根、地中海沿岸〜小アジアが原産、草丈は5〜10cm、花期は2〜3月。」球根の直径は2cm、6弁花の花径は3cmと小さめです。学名を見ると園芸品種のはずなので、原種クロッカスというネーミングが引っかかります…。お花と球根は小さめだけど、丈夫で植えっぱなしOK、ということみたい。う〜ん、ダッチクロッカスも植えっぱなしにできるし、原種クロッカスも水はけが悪ければ夏に掘り上げが必要です。お花のサイズ以外は共通に思えるな。

「植物学上は、クリサントゥスCrocus chrysanthusを原種とする黄色種と、ヴェルヌスC. vernusを原種とする白・紫系の品種とは別種だが、園芸では同一種として扱われ、花壇・鉢植え・水栽培抔に利用されている。(中略)寒さに強く、日当たりと水はけの良いところなら、植えっぱなしでもよく生育するほど丈夫である。花後葉が伸びて醜くなるが、そのままにしておき、葉が半分くらい黄ばんできたら掘り上げて分球し、乾いた風通しの良いところで貯蔵する」〜Wikipediaの「クロッカス

ええと、イエローマンモスは黄花種で2月から咲く早咲きですが、花径5cmほどの大輪でヴェルヌスを原種にしていますよね。品種が多すぎてケロにはよくわかりません。ま、理屈はどうでもよくって、原種クロッカスは期待通りのかわいらしさです♪クリームビューティー(Crocus chrysanthus‘Cream Beauty’)は淡いクリーム色でめしべのオレンジ色がアクセントななっています。ドロシー(Crocus chrysanthus‘Dorothy’)はオレンジに近い濃い黄花の外側に紫のラインが入るはずなのですが、褐色の筋が薄っすらと見える程度かな。画像は2010/03/05で、このドロシーは虫に食われちゃってるし(笑)。

クロッカス・クリサントゥス・ドロシー2010-03-05-2.jpg

ロマンス(Crocus chrysanthus‘Romance’)はクリームビューティーとドロシーの中間くらいのアッサリ系の黄花です。ブルーパール(Crocus chrysanthus‘Blue Pearl’)の花びらは淡いブルー〜白〜黄色と変化に富んだ色合いですが、離れて見ると上品な水色のお花なの。もう一種類シーベリートリカラー(Crocus sieberi ‘Tricolor’)があるはず。花びらが紫〜白〜黄色の3色咲きです。ブルーパールの淡いブルーがクッキリしたパープルになった感じでしょうか。こちらも咲いてくれるとよいな。

ここからは「2011-03-06 寒咲きクロッカスの花期と耐暑性 寒咲きクロッカスのロマンスとシーベリー・トリカラー」の再掲です〜。→→→春に咲く秋植え球根のクロッカスには「クロッカス・ヴェルヌス(C.vernus)を原種とする白・紫系の大輪春咲き種とクロッカス・クリサントゥス(C.chrysanthus)を原種とする黄色系の小輪寒咲き種がある」そうですが…。確かに、白花のジャンヌダークや紫花のフラワーレコードは3月から開花します。でも、イエローマンモス(Crocus vernus 'Yellow Mammos')は花径5cmほどの大輪でヴェルヌスの仲間なのに黄花ですし、ケロの駐車場では2月中旬には咲いてるよ。逆にブルーパール(Crocus chrysanthus‘Blue Pearl’)は花径3cmほどの小輪でクリサントゥスの仲間なのに青花ですし、咲き始めは2月中旬と大差なし。花期が早めでお花が小さめなものを寒咲きクロッカスと総称しているようです。

クリームビューティー、ドロシー、ブルーパールと順調に開花。過去記事を見ると「6〜8球ずつ5種類植えた」とあります。この3種類は明らかに殖えている♪1枚目は2010/03/05のクロッカス・クリサントゥス・ロマンス(Crocus chrysanthus‘Romance’)で、去年は3月上旬に咲き出したみたい。柱頭が3裂する雌しべも、その周りの3本の雄しべも、花弁と同じようなしっとりとした黄色です。花色は、オレンジ色に近いまっ黄色のドロシーと白に近いクリーム色のクリームビューティーの中間かな。2枚目は2011/02/26で、今年は2月下旬に咲き出しました。花弁は丸っこくて去年とは形が違う(笑)。生育状態によってお花の形って変わるのでしょうか?3枚目は2011/03/05で、咲き進むと変化するかと観察しましたが…。花弁は卵型のまんまでした。ちなみに花弁の裏は白かった。

クロッカス・クリサントゥス・ロマンス2010-03-05.jpg

クロッカス・クリサントゥス・ロマンス2011-02-26.jpg

クロッカス・クリサントゥス・ロマンス2011-03-05.jpg

クロッカス・シーベリー・トリカラー2011-03-05.jpg

クロッカス・シーベリー・トリカラー2011-03-05-2.jpg

4・5枚目は2011/03/05のシーベリー・トリカラー(Crocus sieberi‘Tricolor’)で紫〜白〜黄色の3色咲きのグラデーションが素敵。3個の黄色い葯の間からオレンジ色の柱頭がのぞくところもよい。横から見てもカッコイイの。小輪なので原種クロッカスとか寒咲きクロッカスにくくられますが、クリサントゥスとは別系統で花期も違います。他の4種類の寒咲きクロッカスは2月の上旬or下旬から咲き出しますが、シーベリー・トリカラーの開花は3月に入ってからです。「寒咲きクロッカスは改良種に比べ球根が小さく花付きも少ないが、丈夫で植えっぱなしOK」連日猛暑日だった2010の夏を地植えのまま乗り切れたので、けっこう暑さに耐えられます。クリームビューティー、ドロシー、ブルーパールは花付きもよく繁殖力もあるよ。ロマンスとシーベリー・トリカラーは残念ながらほとんど殖えていません。シーベリー・トリカラーはお気に入りなのでなんとか殖やしたいな。←←←ここまでが過去記事でした〜。

2011〜2012年にかけて、Pottertons Nursery で購入した寒咲きクロッカスはプランターで管理しました。手間をかけたかいがあって、2012年の春には全種類のお花を確認できたの。けれど、ぎっくり腰が悪化してプランター管理が負担になり、秋には駐車場にばらまきました。ガーデニングをする体力も気力もなかったので、プランターごとひっくり返して適当に土を被せた程度…。さすがに2013年の春はほとんどか開花しませんでしたorz 葉は出ているので何種類かは残っているようです。軽石を取り除いて腐葉土をかけてあげよう。来春の開花情況を見ながら、また少しずつ寒咲きクロッカスの球根を買い足してみたいな。下の画像は2012/03/06のクロッカス・シーベリー・トリカラー(Crocus sieberi‘Tricolor’)です。開いた花被片は先端から中央に向かって、紫→白→黄色。中央にはオレンジ色の花柱・柱頭とそれを取り囲む黄色のおしべの葯。コントラストが決まっていて美しい!シーベリー・トリカラーが生き残っていて殖えてくれるとうれしいんだけどな〜。

クロッカス・シーベリー・トリカラー2012-03-06.jpg

関連記「クロッカスのクリサントゥス・ブルーバードとクリサントゥス・ミスバイン
クロッカス・クリサントゥスのクリームビューティー、ドロシー、ブルーパール
Pottertons Nursery で球根の海外通販♪
クロッカスのクリサントゥス・ジプシーガールとクリサントゥス・レディーキラー
クロッカスのエトラスカス・ザーネンブルグとシーベリー・サブリミス・トリカラーとシーベリー・アティカス・ファイアフライ
秋咲きクロッカスのメディウスとスペキオスス
高級ハーブと言えばサフラン(クロッカス・サティブス)
クロッカスのトンマジーニアナス・バースパープルとトンマジーニアナス・ルビージャイアント
クロッカス・クリサントゥスの花色♪
クロッカス・ヴェルヌスも園芸品種が豊富
原種系クロッカスは地植え向きかも〜

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。