ハーブのヤロウの利用法

ハーブのヤロウは、生でサラダにしたり
ハーブティーで楽しんだりできます。

消化を助ける働きもあるようです。
お腹の調子は、いいみたいです。
効果が出ているのかな?


周りの植物を、生き生きさせる働きもあります。

家のヤロウは、コンパニオンプランツというより
地下茎でドンドン広がって
勢力争いをしているようにしか見えませんが(・_・?)

刈り取った葉っぱはよい堆肥になるそうです。
ステビア、タケニグサ、ヤロウと堆肥作りの材料が揃いました
たくさん殖えても、ムダになりません。

今年の緑肥は、パワーアップできそうですヽ(^◇^*)/
緑肥といっても、刈り取ったものを積んでおくだけですが…

でも、何箇所かに分けて積んでおくと
その下でミミズが増えて、一石二鳥です。

タケニグサは、葉が傷んできたので
そろそろ、刈り取るタイミングです。
来年もまた、生えてくれるかな?

ハーブのヤロウも簡単に殖えます

ハーブのヤロウも、タダで手に入れました(笑)。

野生化=雑草化して、道端に生えています
こちらは根っこが必要です。

人気のないときに、5cmくらいのを掘り取ってきます。
コンフリーと同じパターンですね。

そのまま、駐車場の片隅に植え込みます。
あまり大きくならないうちに、冬になって枯れました。

常緑の多年草ですが、群馬では地上部は完全に消えてしまいます

次の年の、三月頃にはアチコチから新芽が顔をのぞかせます。
地面の下では、地下茎がしっかり広がっていたようです。

赤花と白花が植えてあります。

もっと丈の高いキバナノコギリソウは
近所では見当たらなくて、ゲットできません。
チョット残念…

赤花のヤロウは、花の色で状態がわかります。
調子のいいときは、くっきりと鮮やかな赤になるんです。

ただ、花が重いので、茎が折れやすいのが難点です…
風や雨で、簡単に折れてしまいます。
発育が悪いせいもあるのかな?

一本ずつ、支えの竹を立てるのは大変だし
なにかいい方法がないかなあ。

ハーブのヤロウって知ってますか?

セイヨウノコギリソウのことですね。

ハーブのヤロウも丈夫です。←ワンパターンデス


梅雨時に、草取りをサボっていたら
ハーブが、雑草に取り囲まれてしまいました。

ヤロウも、下葉が腐ってしまっています。
八月に思い切って、地上5cmくらいで刈り取りました。

すぐに新芽が出て、もう30cm程に伸びています。
根がしっかり張っているのでしょう。


いろいろの薬効があるようです。

若葉はサラダに使えるそうです。
生の葉をかじってみました。
かすかなエグミがありますが、ほとんどクセのない味です

ハーブティーは、ドライとフレッシュのどちらでも楽しめます。
フレッシュで試してみました。
飲みやすいです。
クセがないので、他のハーブとブレンドしてもよさようです。

食べる以外にも、使い道がありそうです。
そちらについては、次回で…

シソ・我が家のハーブデータ5

梅干の作り方は知っていますが
実際に作ったことはないです。

手間のかかることは、できない体質です┐(-。ー;)┌

刻んで薬味にするくらいが精一杯かな…


オンブバッタの被害にあっているシソですが
木酢液?も考えました。

でも、やっぱり放置します。
めんどうくさそうなので(笑)。

対策としては
@来年は、間引いた株も移植してアチコチに殖やす
A今年は、周りのツユクサはもう抜かないで残す。
こんなところでしょうか?

バッタの主食が、ツユクサにシフトしてくれるといいな。


Wikipedia 
↑Wikipediaから転載↑

*一年草ですが、こぼれ種でよく殖えます。

*日当たりのよいところでも、
半日陰の湿り気のある場所でも大丈夫です。
土質も選ばず、適応力があります。

*赤シソと青シソ(大葉)があり、用途によって使い分けます。

ハーブのシソは毒草ですか?

こう暑いと、食欲が落ちます。
ダイエットになるから、いいんですけど…


夏には、そうめんがおいしいですね。


てんかすやのりは、なくても我慢できますが……

薬味のショウガとシソはぜひほしいです!

シソが大活躍します。


葉も実も茎も利用できます。

いくらとれても、ムダにはなりません。

とってもお役立ちですヽ(^◇^*)/


↓こんな管理人のお気に入りのシソなんですが↓
日本のシソの香りはペリルアルデヒドという化学成分であるのに対し、アメリカのシソではペリラケトンが主成分であり、外見の見分けはつかない。ペリラケトンは肺気腫を起こす毒性があり、家畜が被害を受けることからアメリカでは毒草扱いである。
↑Wikipediaから引用↑


(ノ゜凵K)ノびっくり!!です。
海外旅行のときは、気をつけなくっちゃ!


ハーブのシソは混ぜないでね!?

ジャパニーズハーブのシソです。

これもよく殖えます。←イツモノパターン…


赤シソと青シソがありますね。
どちらも、こぼれ種でよ〜く殖えます。
発芽率はバツグンです!

半日陰でもOK。土質も選びません。
手間要らずで、管理人にピッタリですヾ(@^▽^@)ノ


注意点は、赤シソと青シソは離して植えることです!

ハチがセッセと受粉してくれるのですが…
近くに植えてあると、交雑してしまうんです。

赤と青が混じった、ビミョウな色の葉のシソができます…
ビミョウな味がします……

梅干にも使えず、刺身のツマにもなりません(~ヘ~;)

皆様、この点だけはご注意下さい!

ハーブのステビアの利用法は?

今年、屋外での冬越しに成功すると
ステビアはドンドン殖えそうです。

地植えにすると、鉢植えよりは
一回り以上大きくなりそうです。

食べ方を工夫しないと
ハーブティーだけでは消化し切れません。


使い道がないと、モチベーションがアップしません…


ステビア農法というのがあるそうです。
刈り取ったステビアを、堆肥として利用する んですね。

これはいけそうです!

今は台所の生ゴミと、刈り取った雑草が堆肥の材料です。
これに、余ったステビアを混ぜるんです。

ステビアも無駄にならず、堆肥もパワーアップできますヽ(*⌒∇^)
一石二鳥です。カシコイです。


ステビア入りの堆肥の効果は、来年検証しますね。


ステビア・我が家のハーブデータ4

Wikipedia
↑Wikipediaから転載↑

*ステビア

*多年草

*落葉性

*高さは60cmくらいになる。
あまり横には広がらない。

*耐寒性は弱い。耐暑性は強い。
梅雨時に、加湿で葉が傷むこともなかった。

*土壌や日照条件への適応力はある。

*挿し木で殖やす。


砂糖と比べて、甘さが250倍で、カロリーは90分の1です!
ダイエット食品として注目されています。

ハーブティーとの相性はOKですが
使い方によっては、甘さの味のクセが気になります。

どなたか、上手な利用法をご存じないでしょうか?


耐寒性は弱いはずです。
マイナス5度になる群馬の冬を乗り切れるかな?

今年は、屋外での冬越しに挑戦します!


ハーブのステビアは冬越しできるかな?

冬の間、室内においたステビアは
アブラムシの被害にあいました。

葉っぱは、ベタついています。


しか〜し、春になって、屋外に出すと回復しました!

五月以降急に伸びて、50cmを超えました。
茎も1cm以上に太り、ゴツクなりました。

アブラムシは全く見かけません。
虫による食害は、ほとんどありません。

自然の力は、本当に偉大です(* ̄0 ̄)/


お店の人は、冬は室内で管理するように言ってました。

一鉢は、保険で家の中に取り込みますが
他は、駐車場に植え込んで実験してみます。

根っこが生き残って冬越ししてくれるか
こぼれ種で殖えてくれれば、手間要らずで楽チン
です。


来春に結果が出ます。
ステビアの明日はどっちかな?

ハーブのステビアも簡単に殖える(笑)

ハーブのステビアは、挿し木で簡単に殖やせます。
↑こればっかりです…↑


挿し木の方法は、図書館で調べました。

とっても勉強になりました。
でも、めんどくさそうですo(´^`)o ←ゴメンナサイ!


素人の場合、挿し木の一番のポイントは
挿し木が簡単なものを選ぶ!」、これに尽きます。

はっか(ミント)、レモンバーム、ステビアなどは
挿し木にテクニックは必要ないです。

真夏と真冬を除いて、いつでも殖やせます。

ていねいな作業なら100%、多少雑でも80%は根付きます。


@ハサミで8cmくらいにチョン切る。

A移植ゴテで、地面を軽く掘り返す。

B割り箸であけた穴に、@を差し込む。

Cタップリ水をあげて、土になじませる。

D根付くまで、乾燥させないように水をあげる。

こんなところでしょうか。


挿し木をするなら、九月になってからの方がいいですね。

ハーブのステビアはシュガーの代わり?

コーヒーは、よく飲みます。

シュガーとミルクを入れます。
コーヒー通の皆様、申し訳ございません。

このシュガーをステビアに変えると……
何の苦労もなく、カロリーカットが可能なはずです。


シュガーの変わりにステビアの葉を3枚ほど入れてみました。

甘さは十分です。

でも、微妙にクセのある味なんです。
生臭いって言うか…

コーヒーとは、合わないみたいです┐(-。ー;)┌
ひと工夫してみたいです。


ハーブティーに、甘さがほしいときにはいいですよ。
ステビアの味のクセは気になりません。

あっ、これも邪道かな?
ハーブティー愛好家の皆様、申し訳ございません。

↑あやまってばっかりですorz↑

ハーブのステビアでダイエット!?

ハーブのステビアは、健康食品でよくみかけます。

カテキンの含有量が、緑茶の5倍もあるんですね。
抗菌作用が期待できるわけです。

それに、甘味成分の ステビオシドを含んでいます。
なんといっても、これがポイントです!

ステビオシドは砂糖の200から300倍の甘味度を持つが、4kcal/gという低カロリーであるため、ダイエット用食品や糖尿病患者用メニューなどに砂糖の代わりとして用いられている。

↑Wikipediaからの引用↑

甘さがさとうの250倍あって、カロリーは90分の1ですか!
ダイエットに利用できそうです。


葉っぱをかじると、ホントに甘いんです。
普通の緑の葉っぱなんですけどね。


発がん性が、問題になったこともあるようです。
現在では、国際的に安全性が認められています(´▽`)

ハーブのステビアて知ってますか?

ハーブのステビアはよく見かけます。

おつまみの「タラの珍味」を食べていたら…
袋の表示に、「甘味料=ステビア」とありました。

ビックリです。
いろんなところで使われているんですね。


これは、珍しくお金を出して買いました。
小さなポリポットに、10cmくらいのかわいらしい苗が一株…

ジョイフルホンダで、189円だったかな?

ヒョロッとして、弱々しそうです。
二月でしたので、室内で育てることにしました。
寒さに弱いらしいです。


室内での管理はめんどうです(笑)。
管理人は、屋外でホッタラカシが希望なんですが…

はたして、三月にアブラムシ発生!
手で、つぶしますが、翌日にはまたわいてきます(~ヘ~;)


まだ寒かったのですが、外に出しちゃいました。
殺虫剤をかけるよりも、テントウムシにまかせたいですヾ(´▽`;)ゝ

さて、どっちが効果あるのでしょう?

レモンバーム・我が家のハーブデータ4

Wikipedia
↑Wikipediaから転載↑

*レモンバーム。別名メリッサ。

*多年草。

*常緑性。

*高さは1m 近くになる。茎が地表を這ってドンドン殖える。

*耐寒性は強い。

*耐暑性は普通。

梅雨時に多少下葉が痛む。

*土壌や日照条件には適応力あり。

*開花期は6〜8月。

*挿し木で簡単に殖やせる。


頭痛にも効果があるそうです。
期待しているのですが… 

最近では、花粉症の治療薬として注目されています。

常緑とされていますが、群馬県では冬には枯れます。

ハーブのレモンバームの花って……

ハーブのレモンバームは、8月頃から花をつけます。

一度、刈り取らないで、花を観察してみるのもいいですね。

茎の先に、5cmくらいの房状の白い花をいくつもつけます。


日本ハッカの花よりも、さらにジミです

観賞用には……ちょっと無理がありますorz

一回試せば、充分かな(笑)。


でもこの花、虫たちには人気があるんですよ。

ハーブのレモンバームはサッサと刈り取る!

ハーブのレモンバームはサッサと刈り取りましょう。

梅雨時には、下葉が腐って傷みます。

その前に、刈り取るほうがよさそうです。


地面から5cmくらい残して、バッサリ刈り取ります。
すぐに若い芽が生えてくるので、問題ありません。

ほおっておくと、大きくなりすぎます。
高さは1mを超え、葉も5cm以上になります。

こうなると、葉は硬くなり、風味も落ちます。
この点は、ハッカも同じですね。


生の葉を、ハーブティーにして楽しんでいますが…
多すぎて、どうにもなりませんヽ(´∞`)ノ

ドライよりもフレッシュのほうがおいしく感じます。
スッキリした後味です。

レモンバームもとっても丈夫!

レモンバームも丈夫です。←コレバッカリ…

道端に雑草化して生えています。
よく目にします。

コンフリーは、花が咲かないと区別しにくいです。
その点、レモンバームは香りで分かります。


5cm程ちぎってきて、挿し木してみました。
簡単に発根しました。

茎が地表を這ってドンドン広がります


肥料をあげたほうが、香りが強くなるそうですが…
必要ないかもしれません。

無肥料でほっておいても、勝手に増えてくれます。
あまり時間がない方でも、楽に育てられますよ。

ハッカ水のレシピ(笑)

暑い夏に、冷たいハッカ水をどうぞ。

@よく洗った生のハッカの葉を30枚くらい、1リットルの水に入れる。
A冷蔵庫でよく冷やす。
これで、できあがり!超カンタンですヽ(^◇^*)/

井戸水で作ると最高ですよ…

水に、ほんのり香りがつく程度です。
ですから、元の水がおいしくないと……

水道水で作ってみました。イマイチですorz



虫除けのハッカ水と混同しないで下さいね

ベツモノデス!

あれは、飲んだら死にますよ……

日本ハッカ・我が家のデータ3

*日本ハッカ。

*多年草。

*落葉性。

*耐寒性は強い。耐暑性は普通。
 湿度はあっても大丈夫。

*土壌・日照条件への適応力はある。

地下茎でドンドン増えるので、鉢植えは難しい。

*挿し木で増やす。

*開花期は、八月から十月くらい。
 葉の付け根ごとに、白い小さな花をいくつもつける。

*料理やハーブティーに利用する。
 ドライでもフレッシュでもOK。
 少し苦味の利いた、メントールの清涼感がある。

*地下茎が広がり過ぎないようにする工夫が必要。


挿し木で増やせますが、その必要はないでしょう。

十一月頃、地上部は枯れます。
翌年の二月には、広い範囲で芽を出します。

梅雨期に、多少は下葉が腐って枯れます。
その前に、5cmほど残して収穫します。

すぐに新芽が成長して、秋にも収穫できます。

刈り取った葉はよく乾燥させます。
冬の間、ドライのハーブティーが楽しめます。

コンフリー・我が家のデータ2

*ドワーフコンフリー。

*高さが50cmくらいで、ボリュームもコンパクトです。

*花の色が白で、小型のコンフリーです。
 他は普通のコンフリーと同様で、とても強健です。


こちらなら、鉢植えでも楽しめるかもしれません。

ただ、すぐ根詰まりで植え替えが必要になるのでしょうね。


庭があれば、地植えが楽チンです。

一度根付いてしまえば、水遣りの手間が要りませんから。

コンフリー・我が家のデータ1

*コンフリー。別名ヒレハリソウ。

*多年草。落葉性。

*耐寒性は強い。耐暑性は普通。
 ある程度の加湿にも耐える。

*土壌や日照条件への適応力あり。

*株分けで増やす。

*開花期は五月から九月くらい。
 ツリガネ状の小さなうす紫色の花をたくさんつける。

*茎や葉には、トゲのような毛が生えている。
 素手では触らない方がよい。

*高さは1mを超え、横のボリュームもある。
 鉢植えでの栽培は難しい。

*以前は、葉がビタミンBを含む健康食品としてブームになった。
 今では、発がん性のアルカロイドを含むとされている。
 厚生労働省が、食べないようにと注意を呼びかけている。


十一月頃、地上部は完全に枯れます。
翌年の三月には、元気よく芽を出します。
とても丈夫で、ほっておいてもOKです。
大きくなりすぎるので、肥料はあげないほうがいいです。

梅雨期に、加湿ではの一部が腐って枯れました。
切り戻すと新しい葉が伸びて、再び花をつけました。

用心して、食べない方がいいですね

レモンバームって知ってますか?

レモンバームって知ってますか?

名前の通りレモンの香りがするんです。

草取りも、いい気分でできます。
体が触れるたびに、レモンの香りに包まれるんです。


エアコンは、できるだけ使わないようにしています。
群馬の夏は、けっこうな暑さです。
窓全開ですヾ(´▽`;)ゝ

家の東側は、網戸つきの履き出し窓です。
レモンバームは、窓から3mほど離れています。

雨の日には、レモンの香りの冷たい空気が漂ってきます。
雨に打たれた葉っぱが、強く香るんですね。

ハッカ水がおいしいです

白い花をつけているとき以外は、ジミです。
アイスクリームの上のミントはかわいらしいです。
でも、日本ハッカは、もう少しゴツイ感じです。


刈り取って、乾燥させるとハーブティーに使えます。

ちょっと苦味がありますが、口の中がさわやかになりますよ。
メントールの刺激で、眠気覚ましにもなります。

ドライでもフレッシュでも楽しめます。

夏には、冷たいハッカ水がおいしいですヽ(^◇^*)/

日本ハッカは増えすぎる

三月になると、アチコチからいっせいに芽を出します。
冬の間に、地下茎がこんなに広がっていたんですね。

五月になる頃には、80cmくらいに伸びています。
風や雨ですぐ倒れてしまいます。
砂利交じりの土では、しっかり根を張れないのでしょう。


地下茎でグングン広がります
触れると、ちょっと苦い香りがします。
これが好きで、ほっといてますが……

このままでは、タイムやミョウガの領域に侵入しそうです。
整理しようかな(´ヘ`;) う〜ん・・・


植木鉢では、すぐ根詰まりしてしまいそう。
庭植えも、地下茎を広がらせない工夫が必要です。

日本ハッカも丈夫です

日本ハッカも丈夫です。

友人から送ってもらった10cmくらいの根っこを植えました。
コンクリート塀の北側です。
砂利交じりの土に、そのまま埋め込んだだけです(笑)。

一年目は、20cmほどでヒョロヒョロしてました。
それでも、日照も通風も悪いのに枯れません。

日陰の条件の悪いところでも育ちます。
湿気があったほうがいいみたいですね。


十一月になると、地上部分はすっかり枯れました。
さて、翌年の春にはどうなったでしょうか?

日本ハッカって知ってますか?

日本ハッカって知ってますか?

お店で売られているのは、外国産のミントが多いです。
香りがいろいろ選べて、楽しめます。

種類が豊富で、迷ってしまいますね。

違う種類を混ぜて植えるはよくないそうですよ。
交雑して、香りがボケてしまうんです。


北海道の知人から、日本ハッカの根っこを送ってもらいました。
北見産だそうです。


北見市の生産量も激減し、
北見ハッカの象徴的存在であったホクレンの製造工場は1983年に閉鎖、
2004年現在生産農家は1軒しか残っていない。


ウーン、知りませんでした。
お店でも、日本ハッカは見かけませんね。
人気がないのでしょうか?

コンフリーを無料でゲット(笑)

お店で売られているのは、あまり見かけません。

野生化して、道端に生えているらしいです。
図書館で調べました。
今なら、ウィキペディアで検索しますね。

それで、注意して見ていました。
でも、見つかりません。
葉っぱだけ見ると、ギシギシと区別できません(笑)。

六月頃、薄紫色の花が咲いて、初めて分かりました。
一つ見つかると、確かにあちこちにあります。


食用にするつもりなら、買ったほうが安心です。

コンフリーは食べない方がいいみたいですよ。

コンフリーは食べられない!?

コンフリーは、ヒレハリソウというのが正式なのでしょうか?

葉っぱのてんぷらがおいしいらしい…
期待していたのですが……

健康食品だから、体にも良さそうです


厚生労働省から、食べないようにという注意が出ています。
肝障害の恐れがあるらしいですorz

ブームの頃に、たくさん食べた人たちはいったい………


残念ながら、こちらの実験はボツになりました。


コンフリーは大きすぎる〜!

群馬県は、冬はソコソコ寒いです。

4株のコンフリーも、11月には葉っぱは枯れました。


そして、2年目の3月です。
気がつくと、もう芽が5cmくらい伸びています。

それから、ぐんぐん成長します。
5月には、2m近くなり周囲はジャングル状態です。
肥料は必要なかったみたいですね。

薄紫色の花がかわいい。
大株なので、なかなか見栄えがします。


小型のドワーフコンフリーもあります。
でもね〜 こちらもソコソコ大きくなります。

やはり、植木鉢での栽培は難しそうです。

コンフリーは不死身か?

コンフリーは、すご〜く丈夫です。

道端から、移植ゴテで根っこを掘り取ってきました。
直径1cmm、長さ5cmくらいです。

庭の隅に植えました。
庭というか、駐車場です。

雑草を防ぐために、砂利が敷かれています。
高さ1m程のコンクリートの塀ぎわです。

土壌・日照・通風いずれもよくないです。
そこにいきなり埋め込みました。


葉っぱは虫に食われて、ボロボロです。
でも、30cmくらいに成長しました。

最初の1週間は水をかけてあげました。
それだけ… 後は完全に放置です。

めんどうをみる時間のない人に向いてるかもしれません。

コンフリーって知ってますか?

コンフリーって知ってますか?

前は、健康食品として人気があったんですね。

とても丈夫らしい→ほったらかしでも枯れないかも…
という安易な理由で植えてみました。

ガーデニングセンターでは、売られていませんでした。
近所の道端に野生化したコンフリーを発見!

その根を5cmくらい掘り取ってきました。
人気のないときに、コッソリと…(笑)。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。