モミジアオイとハマキムシ

モミジアオイがほしいなっと♪」
ケロの駐車場にモミジアオイは生えておりません。
なので、今回はピンボケ画像はなしです(笑)。

画像のネタ切れではなくって、数えてみたら600枚を超えてます。
ケロはおかたづけが苦手です〜。
一度整理しないと、どこまでアップしたのかワカンナイデス。。
週末に整理したいです。
(*^.^*)エヘッ

モミジアオイはアオイ科フヨウ属の耐寒性多年草です。
北アメリカ原産で、花期は7〜8月。
草丈は2mを超える大型の野草です。

深く切れ込んだ葉がもみじに似ています。
花径15cmくらいの大きな赤い1日花が咲き続けます。
Wikipediaの「モミジアオイ」の画像を見ますと、
花の形にはバリエーションがあるようです。

お店で苗が売られているのは見たことがないのです。
種も売り場で見た記憶はありません。。
ネット上の通販で見ると、種も苗も売られていますけど、
けっこう高いですね〜orz

近所で、チラホラ見かけます。
Wikipediaの画像だと、これが一番近いかな。
真っ赤な大輪です。
モミジアオイ・花

花弁は5枚で、雌しべと雄しべは途中までくっついていて
長く飛び出しています。
画像で確認すると、パラボラアンテナ?みたいにみえます。

葉は3裂〜5裂に深く切れ込みますが、
切れ込みの度合いに差があって、葉の形もいろいろです。
モミジアオイ・葉

耐寒性も耐暑性もあり、土質も選びません。
日当たりと水はけのよい場所を好みます。
けど、ケロがお散歩の途中で見かけたのは、
高いブロック塀の中にも生えておりました。

多少徒長はするでしょうけれど、
草丈を伸ばして日照不足を補うみたいです。
日当たりがよくないお庭でも、花をつけておりましたよ。

株分けで殖やせます。
まあ、1株でも大株に育ちますから、
株分けとか種まきとかはあまり必要ないかも。
株が弱ってきた時の更新に使うのでしょうね。

モミジアオイは強健な野草といえそうです。
手間要らずで成長してくれそうで、ケロの好みです。
さらにです。
「アオイ科の植物にはハマキムシがつくが、
モミジアオイにはつかない!」

w(゜o゜)w オオー!
同じアオイ科なのに、ハマキムシの食害がないのですか!?
これはポイント高いです。

ケロの駐車場にはアオイ科の野草がいろいろあるの。
いままで、虫の食害はなかったのですが、
去年、園芸品種のタチアオイを植えてから、
ハマキムシが大発生〜orz

手で天国へ強制送還しましたが、
年に何回も繁殖するので手に負えません〜。
被害は、野生のタチアオイやゼニアオイにも広がりました。

今年は今のところ大丈夫ですが、
ハマキムシの活動が本格化するのは梅雨明けでしょうから…。
とっても不安です。

今度発生したら、オルトラン粒剤をまくしかないかな〜、
って思って悩んでいるのです。
道端のタチアオイやゼニアオイは被害が出ていませんから、
株の状態がもうひとつなのでしょうね〜。

モミジアオイの入手方法は?」
ケロは、でっかくって、丈夫な多年草が好きです。
モミジアオイは、花後に株元で刈り取っておけば、
翌年、新芽が伸びてきます。

茎は分岐しませんけれど、株立ち状になるようです。
草丈が高い分、倒伏しやすいかもしれません。
ケロが見たモミジアオイも支柱がたててありましたね。

で、入手方法なのですが、
・通販サイトで、苗か種を購入。
・ヤフオクで、苗か種を購入。
・近所のガーデニングショップでリクエストしてみる。

楽天をのぞいてみると、モミジアオイの種が315円、
モミジアオイの苗が997円です。
高いです〜。
送料ももったいないですし。。

こゆのもありですが、ケロ的にはタダで手に入れたいです。
(^◇^)
目をつけているのが、畑に生えているモミジアオイで、
刈り取らないまま放置されています。

持ち主の方を見かけたら、大きな声で
「あら〜、ステキなお花ですね♪」
とにこやかにヨイショします。

大型のハーブや野草は、1株あれば十分です。
株分けは面倒ですけれど、種は気軽に分けてくれると
思うねんな〜。

来月あたりから、開花すると思う。
お散歩の途中に顔見知りになっておいて、
秋に種を分けてもらおうという長期的な計画です。
「下心いっぱいのご挨拶」作戦です〜。
うまくいくかな〜。
びゃははは (≧ω≦)b

ま、ケロは気まぐれですから、近所のお店でモミジアオイを
見つけたら買っちゃう気がいたしますけれども。
ヽ(´▽`)/へへっ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
タイタンビスカスの寿命は?
モミジアオイとアメリカフヨウとの交雑種
ムクゲはハマキムシが心配です〜
野草のタチアオイとハマキムシ

レースフラワーも毒草ですか?

1.ハーブで健康生活
レースフラワーも毒草ですか?

ホワイトレースフラワーはセリ科アミ属の耐寒性1年草
または2年草です。
越年草のようですね。
本来は多年草ですが、耐暑性が弱くて1年草扱いです。

原産地はヨーロッパで、ドクゼリモドキの別名からわかるように
毒草だそうです。
果実には薬効があり、強壮、健胃、利尿剤として使われた
とありますが、素人は手を出さないのが賢明です。
ダメ! (T∇T )( T∇T) ダメ!

草丈は1〜1.5mと大型です。
花期は5〜6月で、白い小さな花が集まって傘状に咲きます。
このお花の繊細な印象からレースフラワーと命名されました。

緑がかった花色になる品種もあるそうです。
楽天市場の通販サイトで画像を確認すると、
うっすらと色づいている感じかな〜。

近所のお店でもときどき目にします。
ケロはセリ科のお花は好みなのですが、
1年草だしね〜ってパスしてきました。

でも〜、こぼれダネでも良く増えるんですって。
東北や北海道などの涼しい気候では夏越しが可能で、
秋にも開花し野生化しているそうです。

思ったより強健そうです。
こぼれ種で殖えるのなら、苗を買って植えてみようかな〜。
(*'ー'*)ふふっ♪

同じセリ科にトラキメネ属のブルーレースフラワー
もあります。
耐寒性の1年草で、原産地はオーストラリアです。
草丈は60cmほどとコンパクトです。

花期はホワイトレースフラワーより少し遅れます。
傘状の散形花序がレースフラワーの共通点といわれますが、
ブルーレースフラワーはより球状に近い感じです。
花色は、ホワイト、ブルー、ピンクがあります。

ブルーレースフラワーの中の白色種もホワイトレースフラワー
という名でも流通しているということで…。
ケロがお店で見ているのはどちらでしょう。
ヽ(~〜~ )ノ ハテ?

ブルーレースフラワーは耐寒性のある越年草のはずですが、
意外と、耐寒性は弱く防寒が必要とも言われます。
耐暑性&耐寒性に問題ありですか。。
ケロの駐車場には、ちょこっと無理かも〜。

2.ハーブで健康生活日記
ブルーレースフラワーの桃花種をピンクレースフラワーとも
呼びますが…。
これとは別に、セリ科ピンピネラ属にも多年草の
ピンクレースフラワーがあります。
(^○^)

原産地はヨーロッパで、耐暑性は弱いです。
日照と水はけのよい場所を好む、傘状の散形花序をつける、
などの点は共通です。

花色で整理すると、
・ホワイトレースフラワー:セリ科アミ属の1年草。
白、緑がかった白。
・ブルーレースフラワー:セリ科トラキメネ属の1年草
ホワイト、ブルー、ピンク
・ピンクレースフラワー:セリ科ピンピネラ属の多年草
ピンク

耐暑性が弱くて夏越しが難しいのなら、
1年草でも多年草でも一緒です。
こぼれ種で殖えるホワイトレースフラワーがよいかな〜。

薬効のある種類もあるようですが、
ドクゼリに近縁の植物は危険です。
観賞用で楽しみたいです。
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ドクゼリにご注意。。

パンパスグラスの耐寒性

1.ハーブで健康生活
パンパスグラスの耐寒性
パンパスグラスはイネ科コルタデリア属の
半耐寒性常緑多年草です。

日照を好みますが、土質は問わず丈夫なようです。
草丈1〜1.5mとなっているサイトもありますが、
もっと大型になりそうですよ。

今日は久しぶりにJAグリーンをのぞく予定でした。
春のハーブや野草の苗が出始めていないかなって。
ハーブのケナフの種も買わなければいけませんし。

ところが、雪が15cmほど積もりまして。
で、お昼には溶け出して道の状態が悪いの。
せも、葉書を投函に行く時に畑のパンパスグラス
(だと思う)をよく見てきました。

ケロの背丈を越えていますから、
草丈は2mはありますね。
パンパスグラスには何種類もあって、
草丈の低いわい性種もあります。

葉っぱは痛んではいますが、常緑です。
茶色にはなっていません。
今年は3回も雪が降って、ケロの駐車場のハーブと野草は
枯れるかグッタリしているものが多いです。

パンパスグラスは耐寒性は強いと見ました。
(^▽^)
あ、楽天でも通販で売られておりました〜。

東北の北部〜北海道の地植えは、やや難しい。
福島県では戸外越冬可能とあります。
北関東は問題ナッシングですね。
 
和名はシロガネヨシ。
ケロは単子葉類はみんな似て見えますけれど、
まあ、ヨシとも草体は似たり寄ったりかな〜。

コルタデリアとはブラジル語で「切断」の意味で
葉がギザギザしていて手を切るからだそうです。
うん、ススキもそうです。
単子葉類のグラス類を扱うときは軍手が必要ですね。

4〜5月に株分けで殖やせます。
う〜ん、畑の人にお願いしてちょこっと分けてもらう手も
ありますか(笑)。

2.ハーブで健康生活日記
通販サイトを見てみると種類もいろいろありまして
・プミラ:草丈が1mほどと低めのわいせい種で
鉢植えも可能。
ま、鉢植えは管理が大変ですから、ケロ的には地植えです。

・桃花種:花穂がベージュピンクに色づく。
ケロがお店で見た苗もこれだったと思う。
パンパグラス・ピンクの名前で売られていました。

ネット上の画像でみるとピンクというか
こげ茶色と言うかビミョウなところです(笑)。

・白花種:花穂が白でススキとよく似ています。
近所の畑のパンパスグラスも穂は白いです。
花穂はドライフラワー向きですね。
(゜ー゜)(。_。)ウンウン

鉢植えは肥料が必要なようですが、地植えは放任でOK。
下手に肥料をあげると巨大化しそうな予感あり。

耐寒性の点で、地植えはは関東地方以南が適する、
というサイトもありますけれど…。
もちょっと、耐寒性は強いと思うな。
日本は年々、温暖化していますしね。

高温多湿を嫌う、冬に葉が傷む、
とありますけれど、問題なく自力で成長してくれそうです。
あんまり、横に広がらないように思うのですが、
ホントはどうなのでしょう?

ハーブのケナフと野草のパンパスグラスだけで
駐車場がいっぱいになるかもです。。
「(´へ`;ウーム
ケロの悩みは深いです。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
パンパスグラスはオーナメントグラス

パンパスグラスはオーナメントグラス

1.ハーブで健康生活
パンパスグラスはオーナメントグラス

ケロの駐車場にはイトバススキとタカノハススキが
生えています。
駐車場の外にはふつうのススキも生えていますね(笑)。

近所の畑にかなり大型のグラスが生えておりまして、
常緑で冬越ししています。
ススキとは違うのでレモングラスでも植えているのかな?
とも思ったのですが…。

レモングラスは群馬で地植えで冬越しは無理でしょう。
それに、ハーブのレモングラスにしては大きすぎます。
どうも、パンパスグラスのようです。

パンパスグラスは、イネ科コルタデリア属の
半耐寒性常緑多年草です。
ブラジル、アルゼンチン、チリなどの南アメリカ原産。
アルゼンチンの草原地帯をパンパというので、
「パンパ地方に生えているグラス(芝)」ということですね。

Wikipediaの「パンパスグラス」によりますと
「高さ2〜3m程度と大きく成長し、
細長い葉が根元から密生して伸びる。
8月から10月にかけて、垂直に立ち上がった茎に
長さ50〜70cmの羽毛のような花穂をつける。
色はややピンクがかった白銀色。」
パンパスグラス
↑Wikipediaから転載↑

関連項目に神代植物公園のパンパスグラスの写真が
ありますが、40年目の株なのですって。
株の寿命は長いです。

「大きく成長し、花穂をつけた姿は見栄えがするので、
公園・花壇の植栽や道路分離帯の緑化などに用いられる。
また、花穂は活花やドライフラワーに使われる。」

確かにドライフラワー向きです。
でも、道路分離帯で見かけた記憶はないですね〜。

「寒さにはやや弱く葉が茶色になる。関東地方までなら
全体が枯れることはまず無く、翌春に新しい葉が出る。」
どうやら、パンパスグラスで間違いななそうです。

何度かお店でも見かけたことがあります。
ネット上でも苗が売られていますね。
1株600円台のようです。

2.ハーブで健康生活日記
耐寒性が心配だったのですが、問題なしのようです。
かなり丈夫で放置しても大きく成長してくれそうですし。
ケロの好みです。

あとはスペースの問題ですね。
3年間見ている限りでは、あまり横には広がらないように
思うのです。
見えないところで管理しているのかな。

冬場の駐車場は、元気のないキョウチクトウが
目に付く程度で緑が乏しいです。
常緑のグラスが欲しいのですが、植え場所を考えないと
他のハーブや野草の日照&通風のジャマになります。

広いお庭があれば、好きなハーブや野草が
植え放題なのでしょうけれど(笑)。

寒さも一段落のようです。
今日の最高気温は12℃もありました。
春のお花の苗を買いに行きたいです。

とりあえず、ハーブのレモンマリーゴールドを
買って来ようかなと。
うん!(^^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のススキとお月見

キンケイギクの花

1.ハーブで健康生活キンケイギクの花
コレオプシスはコスモスに似たキク科の植物で
100種類以上もあるそうです。
原産地はアメリカで、花期は6〜9月で夏のお花です。

多年草と1年草の両方があります。
何度も登場しているオオキンケイギクは多年草で草丈は50〜90cm
花色は原色の黄色です。
特定外来植物に指定されているので栽培はできません。

ケロの駐車場にはイトバハルシャギクが生えています。
こちらもキク科コレオプシス属の多年草です。
草丈は90cmほどで花色は黄色。

葉が線形あるいは糸状に分裂してたいへんに細いので
オオキンケイギクとは全く違った印象です。

北米原産なのに「ハルシャ=ペルシャ」の名前が付いている
ハルシャギクは1年草で、草丈60〜80cmほどです。
花色は、中心が濃紅で周辺は黄の蛇の目模様で、
別名のジャノメソウ(蛇目草)と呼ばれます。

ハルシャギク
↑Wikipediaの「ハルシャギク」から転載↑

舌状花の先端が黄色で基部が紫紅褐色なので蛇の目模様に
見えるのが特徴です。
初めは水平に開いていた花弁が時間が経って下がってくると
確かに蛇の目傘に見えます。

草丈30cmほどのコンパクトなもの、
赤や黄色の花色が単色なものもあります。
耐暑性が弱くて夏越しできないので1年草扱いです。

ケロはお花はインパクトがあるけど、
1年草だとどうかな〜と敬遠していましたけれど。
こぼれ種から発芽して野生化しているそうです。

耐暑性は弱いけど、強健で繁殖力もあるようです。
こぼれ種で殖えてくれるのなら駐車場にも欲しいです。
ハーブに負けずに育ってくれるかな〜。
(^◇^)

2.ハーブで健康生活日記
で、ここからが本題です〜。
キク科コレオプシス属の仲間を見てきたわけですが、
も一つ、キンケイギクがあります。

キンケイギクは1年草で草丈は50〜60cmほど。
花色は黄色に濃い赤の小さな蛇の目が入っています。

・キンケイギクはオオキンケイギクよりも小型で
コンパクトらしい。
・舌状花の端に切れ込みがあるのがオオキンケイギクで
キンケイギクには切れ込みはないらしい。
・キンケイギクは1年草で、オオキンケイギクは多年草。
・ハルシャギクの蛇の目は大きいが、キンケイギクの
蛇の目は小さいらしい。

だいたいのイメージはわいたのですが、
画像を見ないとスッキリしません。
蛇の目の大きさの違いってどのくらいかな?

で、「キンケイギク」を検索しても
「オオキンケイギク」しかでてこないのです〜。
Σ(゜∇゜;)はぁうっ!

なにか、キンケイギクとオオキンケイギクが
混同されておりますよ。。
でも、ケロ、エライからがんばりました♪

学名で検索してやっとたどりつきました〜。
英語のサイトにリンク貼るのは怖いので
「Coreopsis basalis」で検索してくださいませ。

た〜くさんのキンケイギクの画像があります。
キンケイギクの花弁の先がギザギザになっている
種類もあるようですね〜。

百聞は一見にしかず!
( ̄∧ ̄)(_ _)フムフム・・・

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
イトバハルシャギクとオオキンケイギク
オオキンケイギクの花色

カンザキハナナ

1.ハーブで健康生活カンザキハナナ
ハナナは、ナバナ、ナノハナとも呼ばれます。
アブラナ科アブラナ属の一年草です。
チリメンハクサイを観賞用あるいは食用に改良したもので、
葉は強い縮みがあります。

食用品種は次々に花蕾が収穫できるようによく分枝しますが、
観賞用品種は切り花向きに改良されたのであまり分枝しません。。
性質は強健で栽培は容易です。
秋に種を蒔きますから越年草というのが正しいですね。

カンザキハナナは、寒さに強い早咲きのハナナです。
琵琶湖に面した滋賀県守山市今浜町の第1なぎさ公園で
約1万3000本が咲き誇り、一面の黄色が、
雪化粧した対岸の比良山系をバックに鮮やか。
見ごろは2月初旬までだそうです。

画像はizaニュースでお楽しみ下さい。→
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/115857/

カンザキハナナは真冬から咲き始める「寒咲き花菜」なのです。
切花にも使われますし、食用にもなります。
エディブルフラワーなのですね。

花の少ない真冬から開花するので、養蜂のためにも栽培された
そうです。
葉はあまり食用にしないということです。

ケロは春先に咲く黄色いお花はみんなアブラナだと思ってたの。
ガーデニングショップでハナナを見たときは、
畑や道端に生えているのに買う人がいるのかなと不思議だった。
o(〃^▽^〃)oあははっ♪

菜の花はアブラナ科栽培植物の花の総称なのですね。
いろいろなナノハナがあるわけで…。
ハナナはアブラナとは別の食用あるいは園芸品種のようです。

菜の花といって、最もポピュラーなのはアブラナ=ナタネ
だと思います。
ヨーロッパが原産で、菜種油の原料として有名です。

在来のアブラナに比べて栽培しやすく油の収量も多い
セイヨウアブラナが明治時代に導入され、
栽培面積の多くはセイヨウアブラナが占めるようになりました。

しかし、良質の食用油の成分であるリノール酸とオレイン酸が
あまり取れないために、アブラナの作付面積は減っています。
在来のアブラナは赤褐色、セイヨウアブラナは黒色と
種子の色が違うそうです。

2.ハーブで健康生活日記
以前にも、在来のアブラナとセイヨウアブラナの区別が
気になって記事も書いたはずです。

しかし、アブラナの作付け面積は減っており
あまり見かけなくなっているはずです。
では、近所の道端や空き地に群生している菜の花は
いったいナニモノなのか?

草丈がずいぶん高いものがあります。
アブラナの草丈は50〜80cmほどですが、
ケロの背丈ほどもあるのです。
(⌒▽⌒;) オッドロキー

肥料が効いているのかなと思ったり。
でも、管理しているようには見えないし。
(・・?でした。。

近年、河川の堤防などで大群落を形成しているのは
セイヨウカラシナだそうです(笑)。
アブラナやハナナと同じアブラナ科アブラナ属の1年草です。

ロシアで栽培されていたクロガラシが野生化したもの
なんですって。
在来のカラシナの種子からはカラシが、
クロガラシの種子からはマスタードが採れるそうです。

マスタードの原料がそこらへんに雑草化しているの?
Σ('◇'*)エェッ!?
花蕾や若葉は漬け物などにして食べられるらしいですけど。
辛いのでしょうか?
「(´へ`;ウーム

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
菜の花

野草のデンジソウ

1.ハーブ栽培&野草栽培38の下:野草のデンジソウ
今回は野草のコメツブツメクサとデンジソウの画像があります。
Wikipedia の画像なので久しぶりにマトモな画像です(笑)。

野草のコメツブツメクサの画像は下のほうにあります。
お話はいきなりデンジソウに飛びます。
(*- -)(*_ _)ペコリ

野草のデンジソウはデンジソウ科に属する夏緑性の多年草で、
シダ類では数少ない水草だそうです。
水生のシダ植物なのですね。

野草のデンジソウ
Wikipediaから転載↑

画像のデンジソウは栽培品ということでかわいらしい雰囲気ですが
野生のデンジソウはもっとワイルドな感じです。

ネット上で検索すると群生して沼を埋め尽くしている画像がありました。
葉の差し渡しも大きく、葉柄も長いようです。

デンジソウ科の仲間には単葉、2小葉のものもありますが、
デンジソウは4小葉で四葉のクローバー扱いされることもあります。
クローバーはマメ科のシャジクソウですからちょっと違うかな(笑)。

4小葉の形が漢字の「田」に見えるので「田字草」と呼ばれます。
水田の雑草だったそうで、繁殖力もありそうに思えますが…
現在では激減して絶滅危惧扱いなのですね。

農薬や水田放棄の影響といわれています。
園芸品種がビオトープ用の水生植物として売られていますから
自生種の減少には気がつきにくいのです。

ケロの近所のお店にもウォータークローバーの名前で
デンジソウが売られています。

ウォータークローバー・ムチカというのはオーストラリア原産の
4小葉の斑入り大葉品種なのですね。
在来品種のデンジソウとはまた別物なのですね。

フギレデンジソウは南アフリカ原産ですね。
4小葉ですが葉に切れ込みが入ってデンジソウとは異なる印象です。
こちらもお店で見かけます。

水生シダ植物ですからスイレン鉢などで育てるのでしょうね。
夏緑性ですから冬は地上部が枯れますが、根は生きていて春に芽吹くと。
耐寒性は強くて屋外で冬越しできます。

むしろ夏の水温の上昇で腐ることに注意します。
風通しのよい場所において、遮光してあげるとよいです。
葉は就眠運動をするのですね。

シダ植物ですから花は咲きません。
秋〜冬にかけて茶色の胞子の入った袋を作り、胞子や地下茎で殖えます。
夏の暑さを乗り切れるなら管理は難しくなさそうです。

ケロもトロフネのミニミニ池に一鉢買ってこようかな〜。
季節はずれだから、もうウォータークローバーは残っていないかも
しれませんね。

2.ハーブで健康生活日記
日本に自生するデンジソウの仲間にはもひとつナンゴクデンジソウがあります。
デンジソウとよく似ていますが、こちらは常緑性です。
九州南端から琉球列島に分布し、水田に生育するそうです。

あと、お約束の野草のコメツブツメクサの画像です。
野草のコメツブツメクサ
Wikipediaから転載↑

これで、クローバー関係の記事はオシマイです。
次回は春に新しい葉を伸ばし出した頃にまた。
消滅していなければ出すけど。
(T▽T)アハハ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのティントルージュ

緑肥作物のキカラシって知ってますか?

1.ハーブで健康生活・2007/07/19の野草:キカラシ
緑肥作物として北海道の畑地で広く栽培されているそうです。
作物の一般名はシロカラシで、キカラシ、ハルカラシ、ナツカラシというのは商品名なのですね。

5〜9月まで種まきが可能で、2ヶ月ほどで開花します。
開花後に刈り取って畑にすき込むのでしょうね。

他移動の畑作農家ではビート、馬鈴薯、小麦の順で輪作をして、小麦の収穫後に緑肥植物を植えて地力の回復を図るということです。
キカラシ、ひまわり、えん麦、スイートコーンなどが緑肥として利用されますが…

キカラシやヒマワリは畑一面が美しい黄色に染まり、景観植物にもなります。
キカラシはアブラナ科の1年草で、ナノハナの仲間です。

在来種のナタネ、セイヨウアブラナ(洋種ナタネ)、ナノハナ(菜の花)と区別されているようです。
緑肥用もあるのですね〜。

菜種油粕といえば、肥料の定番です。
緑肥に使うのは当然かもしれません。

チリメンハクサイに改良を加えてつくられた切り花用のナノハナは、開花期がナタネより早めで、花つきもよいです。

春先にガーデニングセンターでも売られています。
ケロの駐車場にも、近所のこぼれ種か、ナノハナが咲いていました。
いえ、あれはセイヨウアブラナでしょうか?

草丈30cmほどでショボショボでした。
近所のセイヨウアブラナは1,5mほどにもなっていますのにorz
来年もこぼれ種から発芽してくれるでしょうか?

2.ハーブで健康生活日記
ナタネはもともと丈夫な植物で、荒地などに咲いていたわけで、景観植物に利用されるのも分かります。

育てやすくて取れる油の量も多いことからセイヨウアブラナが在来種のナタネを圧倒しています。
道端や空き地で見かけるものはセイヨウアブラナの可能性が高いです。

来年の春はよく観察してみたいです。
\(*^▽^*)ノ

ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!な関連記事
菜の花

野草のノビルのムカゴ

1.ハーブで健康生活・2007/07/13の野草:ノビル
ユリ科ネギ属の多年草です。
花期は5〜6月で花茎の先に花序が形成されて、淡くピンクがかった白い花を咲かせます。
確かにニラに似た形をしています。
ニラの花期は8〜9月ともう少し後です。

茎の先にムカゴができ、その間から星型の花が飛び出しています。
種子は実らず、ムカゴで繁殖するそうです。

野草のノビル
↑後ろに見えるのは復活しかけているクワです…
ノビルの草丈は50cmを楽に越えています。。

ムカゴとは葉の根本に付く多肉で球状の芽のことです。
ムカゴはヤマノイモ類の他にオニユリやシュウカイドウなどにもできます。

ナガイモのムカゴは毎年送ってもらって、ムカゴ飯にしていただいています。
美味な上に栄養満点です。

しかし、ムカゴの発芽率はあまりよくなくそのほとんどが腐ってしまうようです。
ケロもいくつかばらまいてみましたが、ナガイモは生えてきませんね。
来年は本気で育ててみます。

ノビルのムカゴの発芽率はソコソコで、駐車場のアチラコチラデ新しい株ができています。
日本中で見られる野草ですから、気候も土壌も適応できているのでしょう。

けっこう殖えたので、そろそろ食用にしてもよい頃です。
葉は3〜5月にかけての若い柔らかい部分を利用します。
葉は丸い筒状で、ニラよりもハーブのチャイブやアサツキに似ています。

硫化アリルでしたっけ。
全草に独特のネギ臭があります。

しかし、ノビルといえば地下の球根(鱗茎)です。
こちらは1年中利用できます。
辛味が強いので刻んでソバや冷奴などの薬味にします。

ケロは夏は食欲がなくって、おそばか素麺で済ませることが多いです。
シソはよく利用します。
薬味を入れると、香りが食欲をそそります。
ノビルにも活躍してもらいたいです。

で、(*TーT)bグッ!なレシピを見つけました〜。
ノビルのしょう油漬け!です。
ノビルの球根(鱗茎)を広口ビンにしょう油と漬けこむだけです。
半年たったら食べごろだそうです。

ニンニクしょう油のノビル版です。
ノビルの語源は野のヒル(ニンニクの古い呼び名)というくらいだから、似た利用方法ができるのは当然かもです。

これは手間要らずです。
ニンニクしょう油と食べ比べてみたいです。

2.ハーブで健康生活日記
ニンニクしょう油は炒め物などに気軽に使えて、簡単にスタミナ料理ができてしまいます。
ノビルしょう油も利用範囲が広がりそうです。
v(。・・。)イエッ♪

ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!の関連記事
ノビルは珠芽と分球で殖えます
ハーブ?のニラとノビル・主役交代

ハーブじゃない?けれど・ヘデラ

ハーブじゃない?・ヘデラ
Wikipediaから転載↑

ハーブではなくて観葉植物のヘデラです。
アイビーの名前でも売られていますね。

常緑のフユヅタです。
乾燥にも強く、耐寒性もある丈夫な多年草です。

種類が多いですね。
葉っぱの形がいろいろあって、コレクションしても楽しめます。

冬に紅葉する種類もありますね。

観葉植物に凝っていた頃に買いました。
パキラやシェフレラなどと一緒に一番最初の頃に購入したはずです。

小さな素焼きの鉢にチョコンと植えられていました。
10cmくらいだったでしょうか。

何度か植え替えを繰り返して、今は10号鉢に180cmのヘゴ材を立てて、これに絡みつかせています。
元気な時は4m以上になりました。

最近は根詰まりで、2mほどしかツルを伸ばしません。
植え替える時期はとっくに過ぎているのですが…
面倒くさくて、先延ばしにしています。「(´へ`;ウーム

耐寒性は強くて、屋内の無暖房の部屋で冬越しできます。
ただし、年によっては葉をすべて落とす時もありましたね。
それでも、春には復活して生き延びています。

最近は室内に取り込んでいません。
1年中外に出しっぱなしです。
群馬の冬は−5℃になりますが枯れません。(゜゜;)エエッ

挿し木で簡単に根付きます。
駐車場の日陰部分のグラウンドカバーにいいかなと何本か挿し木しました。

枯れはしないのですが、大きくもなりません。
まるで休眠中のようです。
環境が悪いので、順応するのに時間がかかっているのでしょうか。

とりあえずグラウンドカバーにはなりそうもないです。
意外と神経質なところもあるようです。

それでも、鉢植えの観葉植物なのに−5℃の屋外で越冬可能ですから…
室内で管理する手間がかからなくて樂チンです。v(。・・。) オッケー♪

ハーブじゃない?けれど・ミズヒキ 

ハーブではなくて茶花ですね(笑)。

タデ科の多年草です。
耐寒性もあって、丈夫です。
半日陰で湿気のある場所を好みます。
こぼれ種で殖えます。

春に草取りをしていると、模様の入った葉っぱがあります。
黄緑色の葉に、褐色の八の字型の班が入っています。
きれいなので抜かないでおきました。

真夏はグッタリしていましたが、いつの間にか花をつけています。
ミズヒキだったのですね〜。v(。・・。) オッケー♪
どこからまぎれこんだのでしょうか?
道路沿いには、あちらこちらに生えています。

半日陰ですが、乾燥気味の場所なので条件はよくないです。
来年はこぼれ種で殖えてくれるのかな?

細い茎に、まばらに花が付いています。
なるほど、上から見ると赤で、下から見ると白ですね。
紅白に見えるところから、慶事に使われる水引にちなんで命名されました。

けっこう花期も長いですよ。
夏から花をつけて、10月も咲き続けています。
草丈は、50cmを超えていますね。

ただ、トクサと同様にアサガオとマルバルコウソウに絡みつかれています。
その重さで、しなっています。「(´へ`;ウーム

葉に班の模様があるものとないものがあります。
花色は赤ですが、白花もあるのですよ。

花の付き方が似ているところから、キンミズヒキと呼ばれる植物もあります。
花色が黄色です。
こちらは、バラ科でまったく別の種類です。
葉の形も違います。

管理人は、春の班入りの黄緑色の葉がお気に入りです。
来年はもっと殖やしたいな。

ハーブじゃない?けれど・オオバコ

ハーブじゃない?・オオバコ
Wikipediaから転載↑

オオバコもハーブではなくて雑草なのでしょうね。
このフレーズは、ワンパターン化してきました(笑)。

でも、今回は久しぶりにダイエット関係です。

オオバコの種子や葉は、乾燥させて咳止めや利尿効果のある生薬になります。
有用植物ですよね?
成熟した種子は乾燥させて、漢方でも利用されます。

車前草の別名があります。
踏みつけに強く、人の歩く道に生えているということでしょうか。
確かに、駐車場で車に轢かれてもシブトク耐えています。

身近な庭先や道端に生えているので、ご覧になっていると思います。

直根性の根が深く張って、根ごと引っこ抜くのは困難です。
ヒゲ根の単子葉類に比べて、このオオバコ、ギシギシ、タンポポなどは除草が厄介です。

緑色の花穂は、成熟すると茶色になります。
これが地面に落ちて水分を吸収すると、粘液を出してゼリー状に変化します。
そして、靴の裏や車のタイヤにくっ付いて運ばれ、アチコチの道端で発芽するわけです。


このオオバコの種子の性質を利用するのが、オオバコダイエットです。
インド産のオオバコの皮の粉末が使われています。

食物繊維が80%以上も含まれていて、水分を含むと約30倍に膨張してゼリー状になるので、水に溶かして飲むのですね。
空腹感を感じないでダイエットができるそうです。
便秘にも効果があるでしょうね。

飲みにくいという方には、カプセル錠もあります。

オオバコダイエットとか植物繊維サプリなどで検索するといろいろあります。
けっこういいお値段です。「(´へ`;ウーム


庭のオオバコの成熟種子を乾燥させて、すり鉢ですって代用できないかな?
うまく膨張しないのかな?
味がまずいとか。
無理がありそうですが、時間のあるときに試してみようかな。

めんどうなことが苦手な管理人ですが、数千円節約できるのなら手間ひまかけてトライしてもいいかなと…
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ


利用したハーブ:ニンニク。生の味噌ニンニクです。食べすぎは逆効果なのですが、ついつい食べてしまうのです。














ハーブじゃないけれど・三尺バーベナ

ハーブじゃない?・三尺バーベナ
Wikipediaから転載↑

ヤナギハナガサとも言います。
ハーブではなくて観賞用の草花、あるいは雑草でしょうか。

一番の大株のキバナコスモスがポッキリ折れてしまいました。
昨日は一日雨でしたが、小降りで風も穏やかでした。

草丈は1.5mくらいで、茎の直径も2cm以上あります。
見た目には丈夫そうなのですが、意外ともろいですね。

初夏の頃一度折れています。
それがちょうど、摘心のようになって、脇芽が成長したのですが…
今回は、時期的にこのまま枯れて終わりでしょう。

キバナコスモスは、他にもたくさん咲いているので問題ありません。
来年もこぼれ種から、発芽してくれるでしょう。

切り戻しは、よくしています。
風通しが悪くなって、下葉が枯れ始めてからあわててすることが多いですが…

摘心は……していなかったです。
来年は、早い時期に摘心したいです。


今年は、背の高い植物は軒並み折れたり倒れたりでした。
フェンネル、ゼニアオイ、タンジー、ヤロウ、ダイヤーズカモマイル、オカトラノオなどたくさん倒伏させてしまいました。

そんな中で、安心なのが三尺バーベナです。
草丈が三尺=約1mほどになることから名付けられました。

南米産の帰化植物ですが、野生化して道端に生えています。
日当たりのよい乾燥した場所で見かけますが
梅雨時の加湿も平気です。
コンクリートの塀際で日照が悪くても、花をつけます。

病気も、虫の食害もなし。
家の駐車場の優等生ですね。U\(●~▽~●)Уイェーイ!

挿し木もできるのです。意外でした…
去年は2株でしたが、今年は5株に増やしました。
耐寒性のある多年草で、屋外の冬越しも問題なし。

花期も長いです。検索すると7〜9月とありましたが
まだ花はしっかりしています。
6〜10月の間咲き続けていますよ

角ばった茎がスラッと伸び、上方で分岐した先に小さな花がまとまっています。
ピンクがかった紫色がステキです。
チョウ達にも人気があります。

でも、ご近所では雑草として引っこ抜かれていますね〜。(;´д`)トホホ

この三尺バーベナ=ヤナギハナガサの仲間にアレチハナガサがありますが
花を見ると人目で区別できます。
茎の先の花がまばらで、パッとしません。
こちらは、完全に雑草扱いです。

利用したハーブ:シソ。ニンニク。ステビア。ドライにしてもステビアはクセがあるな〜。( ̄~ ̄;) ウーン

ハーブじゃない?けれど・ミニパピルス

ハーブじゃない?・ミニパピルス
Wikipediaから転載↑

ハーブではなくて、観葉植物のミニパピルスです(笑)。

紙(paper)の語源として有名なパピルス(papyrus)の園芸品種です。
パピルスは原産地のアフリカでは、2〜3mにまで成長しますが
こちらの草丈は1以下です。

カヤツリグサの仲間で、茎が三角形などの共通点があります。
駐車場にも、雑草のカヤツリグサはたくさん生えています。
確かに、茎の先が分かれて花穂をつけているところは似ているでしょうか。
ただ、カヤツリグサは1年草ですが、パピルスは多年草です。

ハーブじゃない?・カヤツリグサ
Wikipediaから転載↑

細い茎が直立して、涼しげな姿です。
湿地性の植物なので、鉢を池に沈めてもよく、夏向きです。
水切れに注意して、日当たりのよい場所で育てます。
春から秋にかけては、できるだけ屋外で日光に当てるようにします。

耐寒性は種類によって違います。
パピルスは寒さに弱いので、冬は室内に取り込みます。
一方、シュロガヤツリは関東以西なら屋外で冬越しできます。

ミニパピルス(シペラスハスパン?)は半耐寒性です。
原産地が赤道に近いのに意外ですね。
0℃以上ならば、地上部分は枯れても根が生き残るようです。

群馬はどうでしょうか?
−5℃の日が何日かありますが…
来年は地植えにして試してみたいです。


カエルの棲む池のあるビオトープガーデン」が目標なので、これははずせません。
去年の秋に、処分品価格で買ってきました(笑)。
たしか198円だったような…

2階の無暖房の部屋で冬越しです。
地上部分は枯れてしまって心配しましたが
春には芽を出し、茎がドンドン伸びて夏には1mにとどきました。

茎が細いので、この草丈になると倒れて折れることもあります。
ビニタイでひとまとめにしてみました。 
これで、今まで倒れずにもちました。

茎の先の糸状の花穂がカサ状に広がっていい感じです。
でも、そろそろ花穂の先が茶色くなってきましたね。
今年は、室内に取り込んで冬越しさせます。
冬の間は成長が止まるので、乾かし気味に管理します。

成長が早いので、根詰まりになっているはずです。
来年の春に株分けして、半分を地植えにして耐寒性を試してみます。

一見して無理そうなのですが、挿し木もできるのですね。
ビックリです。これも試してみます。

今年は、水受けさらに水を張って外水栓の側に置いています。
早く、池に沈められるようにしたいなp(´∇`)q ファイトォ~♪


利用したハーブ:ステビア。ドライにしてみましたが、やはり味にクセがあります。もう一工夫必要です。
レモンバーム。チャーハンの香り付け。









ハーブなど(笑)の冬越し準備・オウバイ

オウバイもハーブではありませんね(笑)。

落葉性の小低木です。
春先に、小さな黄色い花を枝一杯につけます。
見た感じは、エニシダに似ています。

枝が横に這う性質があるので、石垣などの上から垂らしてやるといい感じです。
近所の石垣にも、ヒメツルソバやオウバイが植えられています。

去年の秋に、挿し木してみました。
簡単に根付きます。発根しやすいようです。

冬の間室内で管理しましたが、休眠状態のようです。
葉っぱ一枚ない棒の状態です。
枯れてはいないけど、どうしたものかと思ってましたが
春になるとちゃんと芽が出て、葉も茂ります。

寒さには強いので、三月頃に庭に植えました。
問題なく、新しい環境に順応しているように見えます。
10cmほどの小枝です。


あまり除草に熱心ではなく、思い出したように草取りをする程度です。
目標は「カエルのすむ池があるビオトープガーデン」なんです。
草がなくては、カエルのエサになる虫たちがすめません。
当然、カエルも飼えません。
それでは、意味がないのです(・・。)ん?

見た目は悪いですが、除草を最小限にしています。
そのおかげで、面積の割に昆虫は多いはずです。
バッタたちを狙って、オオカマキリもノソノソ歩き回っています。

種が飛んでは、ご近所迷惑なので、地上部分は刈り取ります。
根っこを引っこ抜くことは少ないです。

ただ、今年は八月の初めに本格的に除草しました。
生い茂った雑草に囲まれて、植えた植物が加湿で枯れてしまったからです。
一区画ごと、根から引き抜きました。
スッキリしたなと、作業の後を眺めたわけですが、何か変です…

春に植えつけたオウバイが見当たりません。
あわてて抜き取った草の山を見ると、瀕死のオウバイが(。>0<。)
やはり、横着せずに少しずつ手入れすることは必要なようです。
貴重な教訓でした。ヾ(´▽`;)ゝ

オウバイはすぐに根を湿らせて、鉢に植えなおしました。
何とか助かって、30cmくらいになったので、再び植え直します。
思ったほど根が張っておらず、根鉢が崩れてしまいました。
完全には、回復していなかったのかもしれません。

少し不安ですが、3株とも庭に植え込み完了です。
手順はステビアと同様です。←テヌキデス

耐寒性は、問題ありません。
根の張り方が弱くて心配ですが…
来年の二月頃には結果が出ます。どうなるかなヽ(~〜~ )ノ ハテ?


ハーブでダイエット(9/17)
腹筋運動:70回×2=140回。一歩後退…
体脂肪率:24.7 大差なし。誤差の範囲内。
ウェスト:パス
利用したハーブ:日本ハッカ


ハーブじゃない?けれど・カタバミ

ハーブじゃない?・カタバミ
↑Wikipediaから転載↑


ハーブではありませんが、カタバミをご存知ですか?
どこの道端にも生えています。
耐寒性のある多年草で、繁殖力が旺盛です。

いろいろな種類がありますが、よく見かけるのは
カタバミ、アカカタバミ、ムラサキカタバミでしょうか。

葉は、ハートが三つ集まったかわいらしい形です。
日周運動をするので、夜間には傘をたたんだように葉を閉じます

管理人の駐車場では、あまり根を張れないようです。
簡単に、手で引っこ抜けてしまいます。
しかし、地中に残った根から復活するので、厄介な雑草とされています。

花期は長く、冬を除いて一年中黄色のかわいらしい花を目にします。
直径1mmm 程の小さな種子をつくり、これで繁殖します。
果実をはじけさせて、自力で散布しますがかなりの勢いです。

今朝、カタバミがヤブヘビイチゴの領土を侵害しているのを発見!
軽く除草しましたが、種子が顔にプチプチとあたります。
懸命の抵抗ですね…

冬でも、室内に取り込んだ鉢の中で花を咲かせています。
植えた覚えはないのですが…
種を発射して、周りの鉢全てで発芽します。
なるほど、はびこるわけです。

引っ越してくる前の借家にも、60坪ほどの駐車場がありましたが
全面、アスファルト舗装でした。
その隅っこの土の吹き溜まりに生えていたのがカタバミです。

思い入れもあって、今でも大好きです ヽ(^◇^*)/
他の植物と共存できていれば、好きにさせてあげています。

葉が黄緑色のカタバミと、赤紫色のアカカタバミが半々の割合です。
花はどちらも、黄色です。

ハーブじゃない?・アカカタバミ
↑Wikipediaから転載↑

アカカタバミの葉の色は濃淡がありますが、家のは濃いパターンです。

ハーブじゃない?・ムラサキカタバミ
↑Wikipediaから転載↑

ムラサキカタバミは、葉は黄緑色で、花がピンク色です。
花の色が濃いイモカタバミというのもあります。

こちらも、道端で見かけますね。
一株、連れてこようかな ヾ(´▽`;)ゝ

園芸品種のオキザリスもよいのですが、野草のカタバミの方が好みです。

絞り汁が虫刺されに効果があるので、有用植物ですが…
ハーブと言うには違和感がありますよね。

ハーブでダイエット2(9/10)
@腹筋運動:60回×2=120回←一歩前進。目標まで、あと一日につき180回。
A体脂肪率:23.3←焼肉を食べたのにほぼ変化なし。誤差の範囲内。
Bウェスト:計るのは一週間に一回にします。
C利用したハーブ:ローマンカモマイル△、コモンマロウ△

関連記事「カタバミの花柱

はーぶじゃない?けれど・エノコログサ

ハーブ?のエノコログサ
↑Wikipediaから転載↑

エノコログサは食べられるそうですが…
ハーブと言うには、違和感があります。
やはり、雑草ですね。

健康食ブームの中で、アワも見直されています。
このアワは、エノコログサの変異から作り出されたそうです。
インドでは、食用に栽培されているということです。
いかにも食べられそうなのですが…

若い葉と花穂は軽く火であぶり醤油などで味付けしたり、天ぷらにしたりして食べられる。ただし終戦直後大量に食べて中毒した学者がいる。
↑Wikipediaから引用↑

エノコログサを食べて中毒になったら、笑いものです。
管理人もお仕事してますので、変なもの食べてお腹痛いので休みますとは言えないです。
ほんのチョットだけ試してみます。

生で食べると、味がよく分かるのですがそれは危険です。
お米だって、生で食べるとお腹をこわします。

フライパンに油を敷いて軽く炒めます。
お醤油をたらして食べてみました。
味にクセはなくて、普通の葉っぱのてんぷらみたいです。
少し種の毛が、モシャモシャ、チクチクします。
ビールのおつまみにできるかな←スコシムリガアリマス…

駐車場にいくらでも生えていますが、もう一本とってきて食べたい…というレベルではないですorz


よく目にするのは、エノコログサ、キンノエノコログサ、アキノエノコログサです。
種を見て判断しますが、外観からも分かります。

キンノエノコログサは、穂が金色なので一目でわかります。
エノコログサとアキノエノコログサは穂の色は緑色で似ていますが、後者の穂は長くて垂れているので区別できます。

いずれも、ブラシ状の長い穂が特徴で、愛称は「ねこじゃらし」です。
お隣の猫を見かけたときは、コレで遊んであげてます。


成長はとても早いです。
「日曜日に刈り取ったのに、もう伸びている!」というパターンです。
例のC4植物の仲間なのです。

実験終了なので、キンノエノコログサを一株残して他は整理しようかな。
ハーブを植え込む場所が必要なのです。ごめんね〜。
根っこから引っこ抜いてしまいます(笑)。


追記1
C4植物とは、C4型光合成を行う植物のことです。

C4植物は、CO2を固定するのに余計にエネルギーを使っているので、普通より効率よくCO2を固定することができる。また、普通の植物は、高温の時にCO2を集めにくくなるが、C4植物はそういうことがない。しかも、水が少なくても光合成が十分に行える。高温や乾燥、低CO2、貧窒素土壌と言った、植物には苛酷な気候下に対応するための生理的な適応と考えられる。
Wikipediaから引用↑

C4植物は、CO2の濃度を高めて効果的に光合成を行えるので、成長速度が速いワケですね。
乾燥したやせ地である家の駐車場に、すっかり順応しています。

こんなに有利に思えるC4植物ですが、少数派です。
9割がたの植物は、C3型光合成を行うC3植物です。
なんでかな〜?



しつこく追記2
管理人は、用賀の寮で暮らした経験があります。
周りには億ションもあって、渋谷の中でもリッチなエリアでした。
でも、その社員寮の衛生環境は最低ランクです。

ここには書けない、ゴキブリに関する最悪のエピソードが幾つもあります。

ですので、まともな食生活をされている皆様とは
感覚がズレまくっておりますm(o・ω・o)mゴメンヨ
一言お断りしておきますね♪

ハーブじゃない?けれど・ヒメツルソバ

ハーブ?のヒメツルソバ
↑Wikipediaから転載↑

ヒメツルソバはハーブに入るかな?
ちょっと、無理みたいです(笑)。

そばと同じタデ科なので、食用にできるのかなと思ったのですが
もっぱら観賞用らしいです。

そばは一年草ですが、ヒメツルソバは常緑の多年草です。
非常に丈夫で、雑草化しています。
こぼれ種で、ドンドン殖えます

小さなピンクの花を次々に咲かせます。
花期は五月から十一月と長いです。
乾燥に強いので、家の駐車場にピッタリです。

いつものお店で、189円のポット苗を衝動買いしてきましたが…
ふと見ると、ご近所の石垣にビッシリ生えています。
歩道にまで進出して、はびこっています。

調べてみると、挿し木で簡単に殖やせるとのこと。
買う必要なかったです(~ヘ~;)ウーン

気を取り直して植えつけました。
でも、あまり元気がよくないのです。
梅雨時には、葉の一部が枯れて腐りだします。

話と違います。
もしかして、アシタバの二の舞ですか?
いやな予感が頭をよぎりましたが、何とか乗り切ってくれました。

八月になると、真夏の猛暑の中ぐんぐん茎を伸ばします。
草丈は10cm程ですが、ほふくして1m四方に広がっています。
かわいい花もつけ始めました。
予想通りのグラウンドカバーになってくれそうですヽ(^◇^*)/

乾燥には強いですが、加湿には弱いようです。
環境への順応は早いです。

冬に地上部は枯れますが、来春には元気に芽を出すでしょう。
こぼれ種でも殖えるはずです。
来年以降は、逆に殖やさない工夫が必要になります。

すでに、離して植えたつもりのラッキークローバーと勢力争いをしています。

ハーブ以外の植物も加わって、生き残りをかけた最強決定戦はますます加熱します(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

関連記事「ヒメツルソバの繁殖力

ハーブじゃない?けれど・ムラサキツユクサ

ハーブのムラサキツユクサ
↑Wikipediaからの転載↑

ムラサキツユクサは、ハーブとは言いにくいですね。

草丈が50cm 程になる多年草です。
本来は、適度な湿り気と日照を好むのですが、悪条件にも耐えます。
コンクリート塀際の、乾燥した日陰に生えています。
耐寒性もあり、丈夫です。
雑草化して、道端のアチコチに生えています。

学校の理科で、植物の細胞を顕微鏡で観察しますよね。
アレに使われるのが、このムラサキツユクサの葉です。


スラッとした立ち姿は、ワイルドな感じでなかなかよいです。
春から夏にかけて咲く、紫色の花もいい感じです。

あまり注目していませんでしたが、いつのまにか白い花が混じっています。
あれっ、ムラサキツユクサの花は紫色ですよね?
草体は、どう見てもムラサキツユクサなんです。

もしかして、レアな品種かもしれない!

ネットで調べてみると……
オオムラサキツユクサでした。ややこしいですう¥(・_・o)ン?
同じく多年草で、花色は紫・白・ピンクがあるそうです。
花がムラサキツユクサよりも、一回り大きいとありましたが
ほとんど変わりませんでしたよ。

夏には枯れてしまいましたが、来春しぶとく芽を出すでしょう。
よく見比べてみます。


ん〜、周りの紫色の花もオオムラサキツユクサかも知れませんね(笑)。
その可能性のほうが高そうですヾ(´▽`;)ゝ

ハーブじゃない?けれど・ツユクサ

ハーブのツユクサ
↑Wikipediaから転載↑

ツユクサは、ハーブなのでしょうか?

ツユクサは、食べられると教えていただきました。
さっそく実験です。
柔らかそうなところを、ちぎってきました。
葉・茎・つぼみの部分です。
お醤油をたらして食べてみました。
少し青臭い感じもしますが、ほとんどクセはないです。
茎の植物繊維も楽に噛み切れます。
食用になりそうです。薬効もあるそうです。

ハーブの定義には、いろいろあるようです。
一般にハーブという場合、特にヨーロッパで薬用の薬草やスパイス等として有用な草全般を指す。
ただし、ハーブという植物は実際には存在しないし、このため、人により線引き、分類は大きく変わる。
Wikipediaから一部編集して引用↑

ヨーロッパにこだわる必要はないでしょう。
ジャパニーズハーブも立派なハーブです。
この定義からは、食用になり薬効もあるツユクサはハーブと言えそうです。

図書館でハーブ図鑑を調べてみました。
著者によって、取り上げる植物の範囲は大きく異なっていました。
有用植物であれば、広く野草、野菜、果樹なども含めて取り上げている本もありました。

ハーブの○○とか、ハーブじゃない××とか強引なフレーズが目に付きますが…
狭く限定すると、ネタ切れになっちゃうんです。
違和感があるかもしれませんが、ユル〜ク解釈させて下さいねm(_ _;)m


ツユクサの花弁のブルーはクッキリと鮮やかです。
花の形も、ミッキーマウスみたいでユニークです。
一年草ですが、発芽率がよいのでこぼれ種で殖えます。
いろんな意味でお気に入り(∪。∪) ☆

根の張り方は浅いので、簡単に引っこ抜けますが…
茎から下は50cm以上もあり、強い生命力を感じさせます。

やっぱり、雑草かな?

関連記事「ツユクサの雄花と両性花

ネジバナもハーブじゃないけれど

Wikipedia
↑Wikipediaから転載↑

園芸図鑑で見て、一目ぼれです。

らせん状の小さな花たちがキュートです

土手や公園の芝生に生えているそうですが…
野生のネジバナは、なかなか発見できません。

JAグリーンで、買うしかないのかな?

迷っていたのですが……

六月頃に、なんと家の駐車場で見つけました(ノ´▽`)ノ
去年は、全く気がつかなかったな〜。

でもよく探すと、チラホラと何本か咲いています。

これは、鉢植えにして大事に増やさなくては!
珍しく、手間ヒマかける気になったのですが…

花はたったの2週間ほどで散ってしまいましたorz

15cmくらいの草丈です。
花が散ると、雑草に覆われて行方不明です(。>0<。)

草取りの時、引っこ抜いてしっまたかもしれません。。

根茎が生き残っていてほしいなあ。
来年も、花を咲かせてほしいです。
祈るような気持ちです八(^□^*)

ルドベキアはハーブじゃないけれど

季節の写真館
↑季節の写真館様から転載↑

ルドベキアは、もともと生えていました。

近くの空き地に大群落があります。
そこの種が運ばれてきたのかな?

高さも1.5mを超えています。
いろんな種類があるらしいのですが…

家のは多年草です。
いつものパターンで、これも丈夫です。
雑草化して、アチコチに生えてます

こぼれ種で、少しずつ勢力範囲を広げています。

梅雨時にも、下葉は痛まなかったし
真夏でも水遣りなしで元気です(⌒^⌒)b 

開花期間も六月から十月までと長いです。

夏の暑さに負けない、黄色の花びらがいい感じです。
発芽率はそこそこなので、一面にはびこる心配もないです。

完全にほったらかしで、毎年楽しませてくれます。
ナマケモノにピッタリの、お気に入りの花です(笑)。

ハーブじゃない?けれど、タケニグサって知ってますか?

Wikipedia
↑Wikipediaから転載↑

タケニグサは、雑草扱いされてます。

道端でよく見かけます。
荒地に、侵入する開拓者なんですね。
多年草なのですが、環境の変化とともに消えてしまいます。

ごつい外見ですが、センサイなのかな?


欧州では、園芸植物だそうです。
アオキやギボウシと似ていますね。

確かに、ワイルドな印象でカッコイイです!
二本抜かずに残してあります。

ただ、デカイです…
楽に2mを超えていますw( ▼o▼ )w
ここまでくると、ご近所の手前ちょっとマズイです。
種ができる前に、刈り取らないといけません。


全草が有毒なんですね。
皮膚炎や呼吸麻痺を引き起こすそうです。
以前は、ウジ殺しの殺虫剤として使われていたんですか?

かなり毒性が強いです。
汁が付かないように、注意しなくては……

ハーブのシソは虫に食われない?

シソの種は、北海道のHさんから送ってもらいました。
ハッカの送り主と同一人物です。

いろいろなハーブを送ってもらっています。
あまり、お返しはしてないです(笑)。

ワンポイントアドバイスが添えられていて
@肥料をあげるとよく育つ。
Aでも、肥料が多いとアブラムシがつく。
B虫に葉っぱを食われることはほとんどない。
とのことでした。


Hさんのところでは、そうらしいです。

が、ケロのシソは…
@肥料なしでも、大きくなりました!
発芽は遅く、始めはスロースタートでした。
ところが、八月になって急成長しました(= ̄▽ ̄=)V
A肥料はあげていないので、アブラムシの心配はないです。
テントウムシもたくさんいますし。
Bでは、絶好調かというと……
葉っぱが虫に食われて、ボロボロです(。>0<。)

犯人は、オンブバッタです!
観察していると、モノスゴイ食欲です。
アッという間に、葉っぱは穴だらけにされていきます(/´△`\)

他の草より、シソが好物のようです。

それでも、放置です。殺虫剤は止めておきます。
大自然の食物連鎖ですからね(笑)。


群馬と北海道では、バッタの好みも違うのでしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。