駐車場の草花・2008/08〜-2カテゴリの記事一覧

ヤシオネの青いお花♪

ヤシオネは耐暑性がありますか?」
ヤシオネはキキョウ科ヤシオネ属の2年草です。
学名のカタカナ読みはヤシオネ・ペレニースかな〜。

草丈は20〜50cmとコンパクトです。
地中海沿岸が原産地なので弱アルカリ性の土壌を好みそうですが、
「アルカリ性の用土は好まない」とありますね〜。
どうしてかな?

日当たりと水はけのよい場所に植えて、乾燥気味に管理します。
川砂を混ぜて水はけをよくするのがよいのだとか。

花期は5〜6月で「ボンボンのような可愛らしいブルーの花」
が咲きます。
ケロにはチャイブのお花のブルーバージョンに思えます。
(^◇^)

繁殖は株分けか実生です。
秋まきの越年草ですから、翌年の初夏に開花したら
花後に種子を採取しなくっちゃデス。

近所のお店では、種も苗も見たことはありませんが、
通販で種が売れれておりますね〜。

ヤシオネ・レイヴィス
キキョウ科の耐寒性多年草
直立した茎に花径3cmほどの青紫の小花が球形に咲く。
播種:9〜11・2〜4月、タネが細かいので覆土は不要。
発芽適温:13〜21℃、発芽まで:14〜21日、開花:6〜8月」

ヤシオネ属には30種類くらいあるそうで、
種類によっては多年草のものもあるようです。
ペレニース、レイヴィスの他にもモンタヌム、ヘルデレイキィ
などがヒットしてました。

「日照と通風のよい乾燥気味の環境を好む。
耐寒性は強いが、耐暑性はやや弱い。」
といった性質は共通みたい。

草丈、花期、花色は微妙に違うのでしょうね。
花色の濃淡の差は画像でもわかるかな〜。
青紫〜水色とバリエーションがあります。

ケロはブルーミングスケープでE様から苗を
譲っていただきました♪
オウゴンシモツケにオマケで同梱してくださったの。
ヾ(=^▽^=)ノ
品種は不明ですが、越年草だそうです。

ってことは、まず来年の開花まで持っていく→確実に種を採集
というスケジュールですね。
寒さには強いので冬越しは問題なさそう。
小苗ですから、大事をとって2階のベランダに置きましょうか。

問題は高温多湿の夏を乗り切れるかです。
画像は2009/08の上旬です。
う〜ん、ビミョウに下葉が腐って枯れているような気が…。
ヤシオネ

もチョット拡大してみたん。
ん〜、やはり、雨の日にお外に出しっぱなしがよくなかったかも。
けど、室内に置くと蒸れてしまうんよね。
ヤシオネ

栽培記録を検索すると、滋賀県でも育てている方がおりますね。
群馬なら、工夫次第で夏越しできるはずです。
なんとか後1ヶ月がんばってほしいなっと。
秋になれば、地植えにしてOKと思えるのです。
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
オウゴンシモツケとオウゴンテマリシモツケ

オウゴンシモツケとオウゴンテマリシモツケ

オウゴンシモツケは黄金葉〜♪」
オウゴンシモツケはバラ科シモツケ属の落葉性広葉樹の低木です。
中国南部が原産地とありました。
芽生えの新葉の色が黄金色なのでオウゴンシモツケなのですね。

ゴールデンプリンセスという園芸品種が流通しているみたい。
「成長は緩やかで樹形が整う。
葉色は春〜6月下旬まで黄金色、夏は明るいライムグリーン。
花期は6月で、濃い目のピンクの小花を茎の先に密生させる。」

耐寒性は−30℃、雪下でも冬越しできるそうなので、
北海道でもい植えでいけそうですね。
黄色〜ライムグリーンの品種は弱いことも多いのですが、
オウゴンシモツケは強健です。

「放任でも細く柔らかい枝が密集してこんもりと育つが、
強剪定もできる。
枝を切り戻すと開葉時の色が一層鮮やかになる。」

枝の切り戻し作業の適期は2月頃で、風通しをよくしてあげます。
春に新しく伸びた枝の先端にも花を咲かせるので
切り戻しの時期に神経質にならなくてもよいのですって。

日当たりと水はけがよければ、土質は選ばず丈夫です。
ある程度の耐陰性がありますが、日照不足だと
葉色がイマイチかもしれません。
アブラムシ程度で病害虫は特にナシと。

シモツケはケロの近所でもよく見かける庭木です。
耐寒性も耐暑性も強くて育てやすく、
挿し木で簡単に殖やせるそうです。

手がかからないみたいなので、去年の秋に挿し木してみたん。
春に芽が伸びてこないので、引っこ抜いてみると発根してない。。
冬の間もセッセと面倒をみてあげましたのに。。
挿したのが秋の終わりですから、時期が悪かったのかもです。

で、ブルーミングスケープでE様から
オウゴンシモツケをお譲りいただきました。
挿し木は自信がないので、無理を言って苗をゲット〜。
o(*^▽^*)oエヘヘ!

オウゴンシモツケも基本的な性質は同じですから丈夫ですが、
8月上旬という時期が気になります。
ケロは7月以降に手に入れた苗はいくつか枯らしてしまいました。
春の苗は6月までがよろしいようですね〜。

画像は2009/08の上旬です。
古い葉は傷んでいますが、茎の先から新葉が展開して来ました。
連日30℃を超える蒸し暑さなので、日陰で養生中でして…。
葉色は黄金色にはなっていません。
ま、これからです。
オウゴンシモツケ

針金のような細い茎ですが、落葉した葉の付け根からも
芽が伸びだしています。
今日は一日中雨です。
多湿は嫌うので、鉢植えを室内に取り込みました。
オウゴンシモツケ

植え付けは落葉している休眠期、芽の動いていない
11月〜12月、2月〜4月が適期なのだとか。
紅葉を楽しみ、落葉するのを待ってから植えつけるかな〜。
(^◇^)

オウゴンテマリシモツケオウゴンコデマリ
紛らわしい名前の植物も検索でヒットしてました(笑)。
オウゴンテマリシモツケはバラ科テマリシモツケ属の落葉低木です。

葉色やお花の形が似ているので
○○シモツケ、○○コデマリとなっていますが…。
シモツケもコデマリもシモツケ属で属が違います。

「原産地は北米北東部で、アメリカテマリシモツケの黄金葉品種。
耐寒性は−30℃に耐え、雪下でも冬越しできる。
病害虫は特になく、排気ガスなどの大気汚染にも強い。」

こちらも強健で放任栽培向きですね。
花期は6月で、茎先にコデマリに似た直径6〜7cm)の
花序が付きます。

「新葉は黄色or黄緑色で次第に緑色をおびる。
霜に当たると紅葉して赤味帯びた橙色に変化する。
強い霜があっても葉はしおれたり色あせることが少ない。」

冬に枯れた葉もなかなか落葉しなくて存在感があるのだとか。
冬も楽しめる落葉植物なん?
白花や赤い果実もかわいらしいです。
(*TーT)bグッ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
黄金シモツケはシモツケ・ゴールドフレームかな
黄金シモツケのめしべの謎
シモツケの挿し木♪

雪見イチゴの正体は?

雪見イチゴも丈夫です〜」
雪見イチゴはバラ科の多年草です。
白実イチゴ、雪実イチゴ、ホワイトベリーといった名前で
売られているみたい。
山野草として扱われることもあるのだとか。

ザッと検索してみたのですが、学名はわかりませんでした。
なので、正体はよくわかりません〜。
(^^;)

Wikipediaの「イチゴ」によりますと、
「狭義にはオランダイチゴ属の栽培種オランダイチゴを意味する。
イチゴとして流通しているものは、ほぼ全てオランダイチゴ。
広義には同じバラ亜科で似た実をつける
キイチゴ属やヘビイチゴ属を含め、これらを
ヘビイチゴ、ワイルドストロベリーと総称することもある。」

イチゴの定義もいろいろなのね。
ケロの駐車場にもオランダイチゴ属、キイチゴ属、ヘビイチゴ属
の仲間が入り混じって生えております。

ヒメバライチゴ、ピンクパンダ、ナワシロイチゴ、
ワイルドストロベリー、ヘビイチゴ、ブラックベリーなどです。
ん〜、ピンクパンダは園芸品種名でしょうね〜。

で、お話は雪見イチゴに戻りましてと。
ハーブのワイルドストロベリーの白実品種とは異なるそうです。
ええと、ワイルドストロベリーは和名がエゾヘビイチゴなのに、
ヘビイチゴ属ではないのでしたっけ?
紛らわしいんよね。。

前にどこかに書いたとおもうけど(笑)…。
「ワイルドストロベリーは欧州、北米原産のバラ科の多年草で、
草丈は50〜80cm、四季咲き性で、小さな赤い実をつける。
葉も茎も根も果実も利用できるハーブ」

ヨーロッパクサイチゴという別名もあります。
草丈はせいぜい20〜30cm程度の気がいたしますけれどもね。
「幸せを呼ぶワイルドストロベリー」でしたっけ?
(・Θ・;)アセアセ…

「ワイルドストロベリーという名で市場に出回っているものは
数品種混在している」んですって。
基本の白花+赤い実の他に、黄色or白の果実やピンクのお花の
園芸品種もあってさらに紛らわしいと。。

「ワイルドストロベリー白実
6月頃から白い花が咲き、8月頃から1cmほどの白い実がなる。
草丈約20cm。」
これも、葉や果実を利用できるハーブです。
白い実だと鳥に食べられにくいのですか?

あ〜、再び、お話は雪見イチゴに戻りましてと…。
雪見イチゴホワイトベリー
一季なり性、5弁花の白花、丸い白実(5〜6月に結実)。
1cmほどの小さな実は甘味と酸味があって食用になるが、
観賞用に植えられることが多い。」

たぶん、オランダイチゴ属なのでしょうね。
桃の香りとお味とありました。
来年、実がなったら確認したいです。

ランナーを出してよく殖えます。
暑さに弱いとか書かれてたけど、丈夫です。
病害虫も特にないみたい。

ケロはブルーミングスケープでK様から苗をいただきました。
画像は2009/06の下旬で植え付け直後です。
雪見イチゴ

その1週間後にはランナーが伸びて発根し、
子株が育ち始めていました。
w(゜o゜)w オオー!
雪見イチゴ

さらにその1週間後の親株です。
葉っぱは虫に食べられちゃってるけど、新葉が生えてきてます。
赤いランナーは四方に1m以上も伸びてるよ(笑)。
雪見イチゴ

夏の暑さは乗り切れそうです。
耐寒性がありますから、放任で来年は白い実が楽しめるでしょう。
(*^^)v

雪見イチゴとは違うとおもうけど、
白っぽい色をしたイチゴ「初恋の香り」の記事もヒットしたお。
これは園芸品種名かな?商品名かな?

「外見はほんのりとピンクがかった白色で、中の果肉は真っ白。
一見して熟していないようだが、実際は酸味が少なく、
しっかりとした甘みが口に広がる。
実が赤くならないため、食べごろの見極めが難しい。」

お値段は高めですが、紅白セットで贈答品にも使われて
ヒット商品なのですって。
生産者の方も工夫してるのね〜。
(^◇^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヒメバライチゴは食べられますか?
ピンクパンダはベニバナイチゴとは違うのでした〜。
ナワシロイチゴの挿し木
ハーブのワイルドストロベリーは生きてる?
ヘビイチゴ?

ブルークローバーの耐暑性って…

ブルークローバーブルーオキザリス?」
ブルークローバーはマメ科パロケツス属の常緑多年草です。
3小葉の形が似ていますが、マメ科トリフォリウム属の
クローバーとは別属です。

英名はブルーオキザリスなのかな〜。
けど、オキザリスはカタバミ科カタバミ属ですから
科も違いますよね…。

初夏の頃には匍匐して殖え広がるのでグラウンドカバーになる、
なんて通販の販売ページにはあるけれど…。
多年草として上手に育てられる環境は限られているのでは?

花径1.5cmほどの青いお花がきれいで人気があります。
ケロも数年前にこのお花につられてお店で買ってきました。
クローバーだから丈夫だろうと思ってたん(笑)。

例によって購入してから調べると、
・耐暑性は弱く、多湿も水切れも嫌う。
夏の直射日光や梅雨の長雨で枯れることがある。
・耐寒性もそれほど強くない。

う〜ん、鉢植えにして管理する高山植物みたいね。。
でもさ、這うようにして横に広がるタイプだから、
しょっちゅう挿し芽で更新して仕立て直しが必要なんでは?

原産地は「スリランカ、中国南西部、ヒマラヤなど」です。
スリランカだと暑さに強そうですし、
ヒマラヤだと寒さに強そうに思えるんやけど…。
耐寒性も耐暑性もあまりなしと…。

日照は好むけれど、直射日光に当てて乾燥気味になると萎れる。。
多湿だと根腐れですか。。
霜に当てるのもイケないと。。
グラウンドカバーに使えるのはそうとう限られた場所になるよ。

「花期は11〜5月で春と秋が中心。
マメ科特有の就眠運動(暗い場所や夜間は葉を閉じる)をする。
葉には赤紫の斑点がある。
低温期に黒い点が目立つが病気ではない。
基本的に丈夫で、耐寒性がありよく殖える。」」

通販のページですから割り引いてよまないと(笑)。
結局、ケロが買って来たブルークローバーは…。
初夏の頃にドンドン横に這う→真夏には枯れて消滅?→
秋に少し復活→開花しないまま冬に消えたorz

環境があっていないみたいで地植えでは無理ですね。
ケロの駐車場で生き残れるのは丈夫な野草です。
んで、ブルーミングスケープのB様からいただいた
ブルークローバーは鉢植えにしてみました。

ええと、植えつけたのが7月の初め頃かな。
時期的に厳しかったので、鉢植えにして西日の当たらない
軒下に置いてあげました。

画像は2009/07の中旬です。
あ〜、すでにかなり苦しい感じ。。
ブルークローバー

で、8月には枯れたっぽいです。
(・Θ・;)アセアセ…
あ、お送りいただいた挿し穂に問題はございません。

まあ、春に植えつけて根を張らせていると
夏越しがしやすかったとは思うけど…。
地植えと鉢植えの両方で実験は終了です。

ブルークローバーは耐暑性は弱いです(キッパリ)。
耐寒性も強くはありません。
ケロの独断と偏見ではそうなります。

ふむ、結論が出てすっきりいたしました。
次ぎ行ってみよう〜。
ニャハハ(*^▽^*)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブ?のブルークローバーの耐暑性

クラウンベッチはタマザキクサフジ♪

クラウンベッチも丈夫な野草ですか?」
クラウンベッチはマメ科タマザキクサフジ属の多年草です。
欧州原産で牧草として栽培され、北米や中近東に帰化しているとか。
日本でも野生化しているみたい。

草丈は50〜100cmとありますが、
直立せずに地面を覆うように匍匐します。
丈夫で耐寒性、耐暑性、耐乾性もあるので、
グラウンドカバー向けだそうです。

花期は5〜8月と長く、切り戻せば秋にも咲くのですね〜。
「上弁が桃色で下弁が白の2色咲きで、
長い花茎の先に長さ1cmほどの蝶形花を20個ほど球形につける。」

タマザキクサフジの名前の由来はこのお花にあります。
チョット見にはれんげのお花に似ているのでしょうか。
検索すると、清里つるれんげという商品名で売られてますね〜。

マメ科の花はふつう蝶形花といわれる形をしています。
「花びらは5枚で、上に大きく目立つ1枚の旗弁があり、
その下の組み合わさった2枚の竜骨弁or舟弁を
残りの2枚の翼弁がはさむ」というカッコになってます。

・マメ科ですから根粒菌の働きで空中窒素を固定できる→
やせ地でもOKで、緑肥としても利用できる。
・アレロパシー作用で雑草を強力に抑制する。
・耐寒、耐雪性あり→冬に地上部分は枯れるけど、
防寒なしで翌春に株元から新芽が出る。

涼しい気候を好むようで、
「暖地では8〜9月頃に株元が蒸れることがある」そうですが…。
栽培記録を眺めておりますと、あんま心配ないかもです。

ツル性で地下茎を伸ばして雑草を駆逐するほど繁茂するので、
適当に刈り取って緑肥にするのがよいのですって(笑)。
とにかく繁殖力は強いと。
(^^;)

耐寒性も−10℃とあるけれど、たぶんもっと耐えられます。
ケロはクラウンベッチをブルーミングスケープのE様から
お譲りいただきました♪
コルチカムの球根に同梱してくださったのでした。

E様がお住まいの北海道の某所は冬は−20℃になるはず。
そこで屋外で放任栽培されてるそうですから、
群馬では冬越しの心配はいりませんね。
(^○^)

クラウンベッチには斑入りや黄色の品種もあり、
お花に香りがあるのでハーブとして売られている。」
そうなん?
ケロはお店で見たことないですね〜。

画像は2009/07の下旬です。
茎は斜上しよく分岐します。
葉は7対ほどの無柄の小葉からなる奇数羽状複葉で、
カラスノエンドウやスズメノエンドウの葉を連想しますね。
クラウンベッチ

真夏の猛暑の時期に植えつけるので流石に心配です。
日差しはレモンバームが遮り、ツルマンネングサがマルチング、
そゆ狙いでここに植えたん。
日当たりを好みますが、半日陰でも育つはずです。
クラウンベッチ

実は今年の夏は苗をけっこう枯らしちゃってるのorz
いくら丈夫でも、真夏の植え付けはムチャです。
クラウンベッチも心配でした…。

が、ケロの祈りが天に通じて、今週は少雨が続いております。
今朝確認したところでは大丈夫みたいやね。
夏さえ乗り切れれば問題ナッシング。
もしかしたら、秋にはチョコットお花を見られるかもしれません。

ちなみに、クサフジはマメ科ソラマメ属の多年草です。
語源は「フジの花のような房咲きで、
フジの葉より小さい葉が付く草」だから。

5〜7月に青紫色の蝶形花を総状花序に多数咲かせるので、
花の付き方や花色は異なりますが…。

ツル性ですし、羽状複葉の葉っぱも似ているので、
同属なのだと思っていました。
あ、互生する葉は偶数羽状複葉ですね〜。

こちらは薬効もあるハーブかな(笑)。
若芽、若葉は食用になりますし、
葉や全草を乾燥して野草茶にもできます。

ええと、欧州原産で日本に帰化したナヨクサフジが優勢で、
クサフジよりも普通に見かけるようになっているのですね〜。
野生化している帰化植物は繁殖力が強いです。

ま、ケロの駐車場では帰化植物もウェルカム♪
クラウンベッチはガンガン殖えてくれるとよいです。
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
クラウンベッチ=タマザキクサフジは爆殖系
タマザキクサフジ=クラウンベッチ=ツルレンゲ=コロニラ・バリアは暴れる
コルチカムの球根はでかいです〜

黄花アッツザクラはコキンバイザサですか?

黄花アッツザクラヒポクシス・アウレアなん?」
コキンバイザサはコキンバイザサ科
コキンバイザサ(ヒポクシス)属の多年草です。
学名をカタカナ読みするとヒポクシス・アウレアとなるみたい。

アッツザクラはコキンバイザサ科
アッツザクラ(ロードヒポキシス)属の多年草です。
属が異なりますが、似ているから黄花アッツザクラなんですって。

コキンバイザサ(小金梅笹)は宮城県以南の本州〜沖縄に分布し、
山地の草地などに生えるそうです。

「草丈は20cmほどで、先端の尖った線形の根生葉を5〜6枚出す。
花期は4〜9月で、10cmほどの花茎の先に花径1cmくらいの
黄色い6弁花をつける。
花茎や花弁、葉には毛が密生している。
繁殖は種まきまたは分球で、植え替えは3〜4月。」

直径1cmほどの球根植物で、たぶん、春植え球根でしょう。
けど、球根が売られているのは見かけません。
春〜初夏の頃に鉢植えで出回っているようです。

う〜ん、アッツザクラとコキンバイザサは似てるかな?
細長い葉に繊毛が生えてるとこが共通点ですか…。
コキンバイザサのお花は花弁の先が尖っていて、
丸っこくってポッチャリしたアッツザクラの花とは違う気がする。
(^^;)

花期は「園芸種は4〜6月、野生種は7〜9月」とありました。
そうなん?
けっこう、ポツポツと長く咲き続けます。
花後に黒い種子ができます。
実生でも分球でもよく殖えるみたい。

寒さに遇うと地上部分が枯れて休眠するのですが、
10月まで咲いていたという栽培記録もありますね〜。

キンバイザサ(金梅笹)よりも葉が細く小型なので、
コキンバイザサです。
・キンバイザサ:キンバイザサ科キンバイザサ属。
コキンバイザサに比べて花茎は短く、葉は笹に似て幅が広い。
本州(紀伊半島以西)〜沖縄に分布。
・コキンバイザサ:キンバイザサ科コキンバイザサ属。
キンバイザサに比べて花茎は10cmほどと長めで、葉が細い。
本州(宮城県以南)〜沖縄に分布。

うん、これは見た目で簡単に区別できます。
で、ケロは6月にJAグリーンで黄花アッツザクラを買ってきたん。
コキンバイザサだと思う。

2009/06の下旬の購入直後の株です。
花も終わって、葉も倒れて枯れかけてる?
黄花アッツザクラ

黄花アッツザクラとアッツザクラの区別がついてなかったし、
どちらも秋植え球根でソロソロ枯れるだろうと思ってた。
ですから、仮植えのつもりで乱暴に植え替えたのですが…。
どうも、つぼみが立ち上がってきておりますね?
黄花アッツザクラ

繊毛は細くて見えにくいけれども、密生してます。
この後、すぐに開花しました。
黄花アッツザクラ

最後は2009/07の下旬です。
散りかけのお花ですが、まだまだ咲き続けてます。
黄花アッツザクラ

Wikipediaの「キンバイザサ科」によりますと、
「日本にはキンバイザサなど数種が自生するが、
アッツザクラなど園芸植物として導入されたものもある。
7属に分類すると、キンバイザサ属、コキンバイザサ属、
アッツザクラ属などが含まれる。」

このコキンバイザサ属のヒポクシス・アウレアが
黄花アッツザクラとして流通しています。
花径は1cmほどの小花です。

画像も借りてくると、こんな感じ。
コキンバイザサ
う〜ん、葉の幅は広めで波打ってますね!?
黄花アッツザクラの名前で売られているコキンバイザサとは
チョコット違う気もいたしますが…。

それで、検索していると、
アッツザクラ属の黄花アッツザクラもあるという記事もあって…。
「花径が2.5cmぐらいの大輪で、雄しべ、雌しべが露出している。
耐寒性があって常緑で越冬できる。
種はできにくく、分球もあまりしない。」

画像で確認すると、葉はアッツザクラともコキンバイザサとも
違っています。
学名が不明なので、チョット確認のしようがありませんね…。

ま、ケロ的には黄花アッツザクラ=コキンバイザサで
満足しております。
丈夫でよく殖える入門用の山野草なのです。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アッツザクラはロードヒポキシス♪

アッツザクラはロードヒポキシス♪

アッツザクラは春植え球根」
アッツザクラはコキンバイザサ科ロードヒポキシス属の多年草です。
南アフリカ原産なのですが、
「太平洋戦争中にアッツ島で日本軍が玉砕した時に、
アッツ桜の名前で売り出された」ので、この名前になったとか。

原産地の南アフリカのドラケンスベルク山脈では、
自生するアッツザクラはめったに見られないとありました。
でも、赤、ピンク、白、黄色などの花色の園芸品種が
多数出回っていて入手しやすいです。

アッツザクラは春〜秋に成長→冬は休眠
というパターンの春植え小球根植物です。
「1球から10枚以上の葉を伸ばし数本の花茎を立てる」
ので、花期の4〜6月にはけっこうにぎやかです。

Wikipediaの「アッツザクラ」によりますと、
「別名ロードヒポキシス。
原産地は南アフリカの高原(アッツ島が原産地ではない)。
球根植物で開花期は春。」

ロードヒポキシスというのは学名のカタカナ読みですね。
画像も借りてきました〜。
ケロ的には毛が密生して白く毛羽立って見える細い葉っぱ
がよい感じです♪
アッツザクラ

草丈は10〜15cmとコンパクトで、花径は2cmくらい。
花色はピンクが基本ですが、
画像のお花は赤に近い濃い花色です。

自生地が高地のせいか、夏の暑さは嫌います。
ただ、鉢植えならば半日陰に置けば、
九州でも問題なく育つみたい。

11月頃には葉が枯れだして、冬に地上部分がなくなるので、
水やりを止めて無暖房の室内などで休眠させます。
凍らせてはいけないけれど、寒さに当てる必要があると。

繁殖力が強くて、よく分球するそうです。
実生でも殖やすことがで来ます。
地植えならば3〜4年は植えっぱなしOK。
鉢植えなら毎年3月頃に分球して植え替えます。

地植えにすれば植え替えの手間が省けます。
耐寒性球根とか半耐寒性球根とかなっていて、
耐寒性はイマイチ不明です。
近所で庭植えは見ないから、群馬県では鉢植えなのでしょうね〜。

水はけのよい土に、2〜3cmの深さに植えつけます。
夏の西日は避けますが、日当たりは好むのね。
水切れに注意とありますが…。

むしろ、多湿を心配したほうがよいかも〜。
ケロはブルーミングスケープでH様から、
アッツザクラ(ピンク)をお譲りいただきました。

画像は植え付け直後で、ジョウロでお水をかけたとこ。
多湿も嫌います。
このあと、葉が腐って何枚か抜けましたorz
アッツザクラ

次はその1週間後の2009/06の下旬です。
いくらか回復しました。
(´▽`) ホッ
アッツザクラ

梅雨時に屋外放置で長雨が続くと、
やはり、多湿で葉が腐るようです。
乾かし気味に管理するほうが調子はよいです。

暑さには意外に強くて、特にダメージはありません。
病害虫も特にないし、簡単に根腐れもしないので、
丈夫な小球根と言えそうです。
来年はお花を楽しめることでしょう。

ちなみに、ケロはアッツザクラは秋植え球根で、
初夏には枯れると思い込んでおりました。
夏になってもしぶとく枯れませんね〜?とか思ってたん。

いえ、お店には冬〜早春に開花した鉢植えが出回ってるでしょ。
あれは促成栽培したものだったのですね〜。
(^^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ブルーミングスケープの植物・物々交換掲示板とは!

ハイオトギリは這いオトギリ

ハイオトギリは這い性ではないけれど…」
ハイオトギリはオトギリソウ科オトギリソウ属の多年草です。
高山の岩礫地や草原に咲くので highオトギリかと思ってました。
茎の基部がやや斜めになるので「這いオトギリ」なのですね。
(^^;)

立ち性で這い性ではありません。
草丈は10〜30cmと小型で、
長楕円形の葉には葉柄はなく黒い点があると。
秋にはキレイに紅葉するそうです。

「イワオトギリの変種に当たり、東北アジアから北海道まで分布」
とありました。
北海道の亜高山帯〜高山帯の草原に多く見られるのだとか。

低地→オトギリソウが、亜高山帯〜高山帯→ハイオトギリ
という住み分けで、
日本における分布は北海道〜本州の中部地方以北だそうです。

花期は7〜8月で、巴形の5弁花を付けます。
茎の先に数個付くお花は花径〜3cmで鮮やかな黄色です。
長く飛び出すしべも、その先のやくも黄色で
ケロはビヨウヤナギのお花を思い浮かべました。
花びらは少し波打っているでしょうか。

同じような場所に咲く似たお花にエゾヤマオトギリがあり、
「花柱が子房よりも短い」点で区別できるんですって。
画像をチェックしてみたけど、ケロにはよくわかりませんでした。
``r(^^;)ポリポリ

えと、オトギリソウといえば
「秘伝の薬を他人に漏らした弟を切り殺したときに
飛び散った血が花びらに付き青いシミとなった」というアレデス。

で、ハーブとしてはセイヨウオトギリソウがよく知られています。
セントジョンズワートのことですね。
ケロは何年か前にホームセンターで苗を見かけてことがあるん。

けど、そのときはパスして、それから全く見かけません。
今年の春にブルーミングスケープで発見〜。
H様から小苗を譲っていただいたのですが…。

何種類か送って頂いたハーブの苗の中で、
セントジョンズワートだけが枯れてしまいました。。
丈夫場ハーブのはずなのになんでやろ?

ま、枯れたものはしかたないです。
今度はオトギリソウにチャレンジしようと募集しましたら、
G様がオトギリソウの仲間を4種類セットで
まとめてプレゼントしてくださいました♪

ハイオトギリもその中のひとつです。
分布からして涼しい気候を好むと思われます。
夏は鉢植えで半日陰に置いて、秋に地植えの予定でした。

が、諸般の事情で真夏に強引に植えつけちゃいました。
う〜ん、暑さに負けそうだな〜と頭を抱えていたら、
ここ数日は恵みの雨です。
多湿なのが気になるけれど、何とか夏越しできて欲しいです。

画像は2009/07の中旬です。
株元から新芽も伸びていますから、イケそうに思えるん。
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ
ハイオトギリ

G様にいただいたミズオトギリもずいぶん大きくなりました。
今ちょうど開花中!
小さな薄い桃色の5弁花です。
ジミですが優しい感じのかわいらしいお花です。
ミズオトギリ

横からでしゃばってる糸状の葉っぱはホソイです(笑)。
水切れにさえ注意すればよい水生植物は
管理が楽チンでよいです〜。
(*^^)v

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
オトギリソウは日本の気候に合っている
ミズオトギリも湿地性の植物です〜。
セントジョンズワートはセイヨウオトギリソウ♪

ヒメバライチゴは食べられますか?

ヒメバライチゴバライチゴ
ヒメバライチゴはバラ科キイチゴ属の多年草です。
本州(中南部、房総半島以西)、四国、九州の
山地の林縁など等に生える落葉低木とあります。

分布地域からすると、あまり寒さには強くないのかな〜。
乾燥と高温に弱いそうですから、夏越しが問題みたい。

花期は4〜6月で、花径3〜4cmの白い5弁花を
上向きにつけます。
バライチゴのお花は下向きに咲くので、
区別のポイントになります。

地下茎で横に広がるタイプで、樹高は20〜40cmと小型ですが、
樹高の割りに大きめのお花です。
バライチゴよりも全体的に小さいので、この名前になったみたい。

「葉は互生し、小葉は2〜3対or3〜5対で縁には鋸歯がある。
萼片は尾状に長く伸びている。
茎には上向きに曲がったとげが生える。」

8〜9月に熟す果実はオレンジ色でしょうか。
バライチゴの実が食べられますから、
ヒメバライチゴの実も食べられると思うよ。
お味は不明です〜。
(^^;)

ケロはブルーミングスケープでG様からヒメバライチゴを
お譲りいただいたのですが…。
検索しても育て方は良くわからないのです。
で、同じバラ科キイチゴ属のバライチゴを調べてみました。

「別名はミヤマイチゴ
互生する葉は3〜7の羽状複葉。
小葉は先の尖った披針形で長さ3〜8cm、縁に鋸歯がある。
花柄や茎、葉の軸にはトゲが生えている。」

分布地域、地下茎で繁殖、小葉の縁は重鋸歯、花は一重で平開、
などバライチゴとヒメバライチゴは共通点が多いです。
んと、葉の縁がギザギザに切れ込むのが鋸歯で、
その切れ込みの一つ一つがさらに切れ込むのが重鋸歯です。

花は花径3〜4cmほどの白or淡紅色の5弁花で上向きに咲きます。
花期は6〜7月と遅めです。
赤く熟す果実は1.5cmほどになり食べられます。

「細長い小葉を5〜7枚つけた奇数羽状複葉がバラを連想させる」
のでバライチゴだそうです。
えと、「葉の軸の先端に小葉が1枚ついていると小葉の数が
奇数枚になりるので奇数羽状複葉」なのですね。

う〜む、やっぱり育て方は良くワカンナイデス(笑)。
地植えにするなら西日が当たらない場所でしょうね〜。
今の時期ですと、半日陰のほうがよさそうです。

画像は2009/06の下旬です。
素焼きの鉢に植えつけてみたん。
ヒメバライチゴ

でもさ、なんだか下葉の色が茶色っぽくってきになるの。
枯れかけてるわけではないですよね!?
ヒメバライチゴ

不安になったケロは地植えにしちゃいました〜。
もう、自然に任せるのが一番かなって。
ただ〜、時期がまずかった。。

天気予報の梅雨明け宣言はいつだか知らないけど、
群馬の梅雨は7月の初めには明けてました。
んで、いきなり35℃近い猛暑が訪れまして…。
真夏に植え替えてはいけませんがな。

ヒメバライチゴは高温に弱いとあったので、
これはダメかも〜と弱気になったのでした。
(・・;)

が、2009/07の中旬になっても枯れません。
曇りの日のフラッシュ撮影なので葉色は冴えませんが、
鉢植えのころよりも調子がよいみたい。
(´▽`) ホッ
ヒメバライチゴ

○○イチゴというのは丈夫なのが多いです。
・ヘビイチゴ:バラ科ヘビイチゴ属の多年草。
黄色のお花がかわいらしいケロの駐車場の先住民。
他の植物を植えるためにずいぶん処分したのに、
しぶとく生き残っております。

・ワイルドストロベリー:バラ科イチゴ属の多年草となってるけど、
別名がエゾヘビイチゴやからヘビイチゴ属なのでは? 
「ワイルドストロベリーという名で市場に出回っているものは
数品種混在している」のだとか。
白花の丈夫なハーブです。

・ナワシロイチゴ:バラ科キイチゴ属の落葉低木。
ピンクのお花がラブリ〜♪
去年、挿し木して、今年の春に植えつけたのに、
匍匐枝はすでに1.5mほどに伸びています。
これも強健です〜。

ヒメバライチゴも負けずにがんばって欲しいです。
来年は大き目の白花が見られたらよいな〜。
(^▽^)/

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヒメバライチゴは地下茎で爆殖します〜
ハーブじゃない?けれど・ヘビイチゴ
ヘビイチゴ?
ハーブのワイルドストロベリー
ハーブのワイルドストロベリーは生きてる?
ナワシロイチゴの挿し木

ギボウシはホスタ♪

ギボウシにはミズギボウシもありますね〜」
ギボウシはユリ科ギボウシ属の多年草です。
学名をカタカナ読みしてホスタと呼ばれることも多いです。

語源はわかりやすくって、
・ホスタは、19世紀のオーストリアの医者の名前に由来する。
・ギボウシは、橋の欄干の上にある装飾物の擬宝珠に
花のつぼみの形が似ている。
ということです。

東アジアが原産地で、日本の各地にも自生していて、
山菜としても利用されているんですって。

山菜のウルイというのかな。
春に若葉を茹でて和え物なんかにするらしいです。
あ、「若葉が毒草のバイケイソウに似ており誤食事故が多い」
とありますね〜。

耐陰性が強いのでシェードガーデン向きの植物として人気です。
シーボルトがヨーロッパへ持ち帰って、
欧米で多くの品種が交配・作出されたのね。
改良された品種は数百種を超えてるそうです〜。

欧米のガーデニングで見直されたパターンかな〜。
タケニグサなんかも近所では道端の雑草ですが、
海外では庭園に取り入れられていたりして。
シルバーリーフの大型でかっこよい多年草ですもの(笑)。

ギボウシの魅力は種類が多くてコレクションが楽しめる、
そして、丈夫で枯れない、といった点でしょうか。
ケロは移り気なので、コレクションする気はないけれど、
強健で枯れないのはよいです♪

・耐陰性は強くて半日陰でも育つ。
・耐寒性も耐暑性もある。
・鉢植えでも庭植でも楽しめる。

夏の直射日光に当てると葉焼けするそうです。
湿り気のある半日陰で育てるのがよいとされますが…。
日なたの乾燥する場所に生えてるギボウシも見かけます。
かなり広範囲の環境に適応できるのでしょう。

早春か花後が植え替えの適期で、この時期の株分けで殖やせます。
えと、ケロは真夏の7月上旬に植えつけました。
連日、最高気温が35℃近くあって熱帯夜だった頃です。
が、ほとんどダメージなく根付いてくれたのでした。
w(゜o゜)w オオー!

採り蒔きして実生で殖やすのも簡単みたい。
翌春に発芽します。
こぼれ種からの発芽もあると。
ただ、斑入りなどの親の形質を受け継がせたい時は株分けですね。

検索すると、マニアックなサイトがいっぱいありまして、
何も付け加えることはございません(笑)。

オオバギボウシコバギボウシの2系統があり、性質は共通。
オオバギボウシは大きくなるので鉢植えには不向き。
・4〜10月の成長期には日に当てて育てるが、夏の西日は避ける。
・乾燥にも強く、地植えなら植え付け直後以外は水やり不要。

ケロが近所のお店で見かけるのは小型の鉢植えですから、
コバギボウシの系統なのでしょう。
耐陰性はあるけれど、日に当てたほうが元気に育つし、
意外と乾燥にも強いのでした。

かえって、神経質に水やりすると、
時期によっては根腐れを起こしちゃうみたい。
湿地性植物とはチョット違うようですね〜。

・根生葉はヘラ形で横に広がる。
花期は6〜7月で、長い花茎を伸ばして
白or淡紫色or淡青色の短命な一日花を咲かせる。
・5月以降に苗を地植えにすると、
高温で地面が乾きやすく根付きにくいので
翌年の3月まで待った方がよい。

普段は見過ごしがちですが、花茎が長いので
花期には道端やお庭で咲いているのが目に付きます。

植え替えは、普通は3月ですが、
真夏に地植えにしても問題なかったよ(爆)。
ま、品種によっては大事をとったほうが無難でしょう。

Wikipediaの「ギボウシ」によりますと、
「種間雑種ができやすく、江戸時代の日本で変異個体が
多数園芸品種として固定された。
夏に総状花序に青or白の細長い花をつける。
英語名Plantain lilyはオオバコユリの意味で
葉がオオバコに似ることから。」

うん、サイズは違うけれど、葉っぱはオオバコに似ております。
画像も借りてくると、こんなんです〜。
ギボウシ

こちらは、ブルーミングスケープでM様からいただいた
ギボウシの苗です。
紫苑と一緒に月曜発送〜金曜到着の長旅で届いたん。
郵便局さん、月曜の発送ですから水曜には届けてね〜。
ギボウシ

2009/07も上旬で、暑い日が続いていたけれど
強引に地植えにしちゃいました。
不安はあったのですが、アッサリ根付いてくれたの。
かな〜り丈夫です!
(*^^)v
ギボウシ

ちなみに、ユリ科ギボウシ属にはミズギボウシもあります。
「愛知県以西の本州、四国、九州に分布する多年草。
湿原の周辺に生育し、コバギボウシに比べて葉は細長く、
葉柄との区別ははっきりしない。
8〜9月に細長い花茎を伸ばし、まばらに花を付ける。
花の内側には濃紫色の筋があり、花の付け根の苞は舟形にくぼむ。

葉は幅が1.5cm、長さは30cmほどで、
日本のギボウシの仲間では最も細いとあります。
お花はあんまり開かず、花数は少ないみたい。

水辺のギボウシということで、こちらは湿地性植物かな〜。
JAグリーンでチラッと見かけた記憶があります。
探してみようっと。
(・-・*)ヌフフ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
シオンはオニノシコグサ♪

ヤナギバチョウジソウとチョウジソウ

ヤナギバチョウジソウは区別できますか?」
ヤナギバチョウジソウはキョウチクトウ科チョウジソウ属の
耐寒性多年草です。
学名をカタカナ読みするとアムソニア・タベルナエモンタナで、
16世紀の植物学者の名前にちなんで付けられたそうです。

キョウチクトウ科チョウジソウ属の仲間には
日本に自生するチョウジソウの他に、
北米原産のヤナギバチョウジソウとホソバチョウジソウも
あるのですが…。

Wikipediaの「チョウジソウ属」によりますと、
「20ほどの種に分類され、多くが北米大陸と東南アジアに分布。
一年生または多年生の草本で、茎は直立し匍匐茎は持たない。
披針形の葉は互生し、集散花序に青または薄青色の花を咲かせる。」

花期が春で青紫色の五弁花、キョウチクトウ科なので有毒、
病害虫の被害は特になく丈夫、
ここらへんは共通のようです。

チョウジソウ:日本では本属の中で唯一の自生種。
葉幅が広めで丸みを帯び、茎は多少黒みを帯びる。
ホソバチョウジソウ:チョウジソウに外観が似るが葉が細い。
日本国内では園芸用に栽培され、チョウジソウの名で流通する。
ヤナギバチョウジソウ:園芸用に栽培されチョウジソウの名で
流通している。

ヤナギバチョウジソウは草丈が30〜90cmとなっていて、
生育環境で幅があるみたい。

花期はチョウジソウが4月頃から咲き出すのに対して、
5月頃からと少し遅れるのだとか。
集散花序は穂状に植えに咲きあがりボリュームがあると。

花色が淡くて薄め、葉がほっそりしていて柳の葉に似ている、
などが特徴のようです。
同じく葉の幅が細めのホソバチョウジソウとの比較では、
葉柄がやや広く短めなのだそうです。

う〜ん、画像をみてもよくワカンナイデス。
近所のお店で、春にチョウジソウの鉢植えを見かけるけれど、
その正体はどれなのでしょう(笑)。

画像は2009/05の下旬のチョウジソウです。
ブルーミングスケープでM様からいただきました。
地植えのほうが花つきが良いというので庭植えにしたのですが…。
チョウジソウ

モグラに何回も掘り返されました。。
下や回りにトンネルを掘られて、苗が傾いたりとか。。
チョウジソウ
続いて、2009/07の上旬です。
モグラの地下攻撃に耐えて生き残ってます。

草丈は40cmくらいでしょうか。
夏の暑さにもダメージはないようで強健です〜。
葉っぱはこちらも柳の葉に似てるように思ふ…。
(^^;)

さらに、2009/07の上旬です。
ブルーミングスケープでK様からヤナギバチョウジソウの
挿し穂をいただいてまいりました。
ヤナギバチョウジソウ

しっかり発根していて、挿し穂というより抜き苗に近いです。
さっそくポリポット苗にしてみました。
ヤナギバチョウジソウは湿った林縁などに生えるみたいですが、
ミニ苗でも暑さには意外と強いです。
ヤナギバチョウジソウ

脇芽が伸びだしてます。
茎と葉の感じはキョウチクトウによく似てますね〜。
真夏に挿すことになっちゃいましたが、現在もジミ〜に成長中。
(*^^)v
ヤナギバチョウジソウ

冬に地上部分は枯れますが、株は屋外で越冬可能で、
早春に株元に大きな芽をつけます。
秋に地植えにするか、来春まで待って植え付けか、
迷うところです〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
チョウジソウは丁字草?

ツルコケモモってクランベリーのことなん?

ツルコケモモも湿地性植物♪」
ツルコケモモはツツジ科スノキ属の常緑小低木です。
湿原や高山のミズゴケの群落に育ちますが、
樹高は15〜20cmと小型です。
茎の直径も1〜2mmとごく細くて、草本類と間違えちゃいそう。

花期は4〜5月で、根を出しながらミズゴケの上を這う茎から
花柄を立ち上げて花径1cmほどの花を咲かせます。
花冠は4裂して付け根まで切れ込みそり返る錨型ですね。

9〜11月に結実した果実は直径1cmほどの赤い実で、
食べられますが酸味が強いので、生食よりはジャムにするみたい。
クランベリーやクランベリージュースは頻尿に薬効ありされます。

えと、「ツルコケモモはクランベリーとも呼ばれ、
ブルーベリーやカウベリー(コケモモ)の近縁種。
改良された実つきのよい品種が栽培され、
健康食品として入手しやすくなっている。」

検索するとクランベリージュースをはじめとして、
いろんな商品が通販で売られています。
けっこうなお値段です(笑)。

「冷涼な気候を好むので、夏場は涼しく風通しのよい半日影がよい。
耐寒性はあるけれど、霜には当てないほうがよい。
水分が少なくて日持ちはするが、収穫まで2〜3年かかる。」

う〜む、山野草は注文が多いですね〜。
あ、けど、埼玉県南部で地植えOKという栽培記録があるよ。
やったら、群馬でもイケソウデス。

冬に葉は紅葉というか赤茶色になるそうですが、
霜や雪にあっても枯れ葉しないそうです。
ただ、平均気温が高すぎると、果実は真っ赤になる前に
腐って落ちることがあるのだとか。
「(´へ`;ウーム

土もいろんなことが書いてありますね〜。
「鉢植え:ピートモス、鹿沼土、腐葉土、赤玉土、川砂」
これらを適量ずつミックスするんですって。
ケロにはとっても無理〜。

ピートモスってミズゴケのことでしょ。
ミズゴケ栽培でよいのでは?
そんで、枝垂れてもよいようにハンギングにすると。

「庭植え:川砂をすき混んだ水はけの良い砂質の土壌」
乾燥に弱いので、夏場は水切れに注意です。
水やりは地植えにして自然に任せるほうが楽チンですが…。

クランベリーは関東での夏越しはやや難しい、とありました。
が、病害虫は特になく、夏の暑ささえ乗り切れれば丈夫です。
夏場は水受け皿にお水を溜めたままの栽培記録もありました。
これがケロ向きかな〜。

Wikipediaの「クランベリー」によりますと、
「北半球、寒帯の酸性の沼地に見られる。
語源はツルの好物であることからだが、
花が開く前、茎、萼、花弁がツルの首、頭、くちばしに
似ているからだという説もある。
高さ10cm程度の矮小な低木で、枝は細く小さな常緑の葉をつける。
花はダークピンクで反り返った花弁をもつ。」

湿地性の植物ですね。
腰水栽培でもよいかもです。
4種類あるクランベリーの仲間のひとつがツルコケモモなのね。

ついでに、Wikipediaの「ツルコケモモ」も見てみると、
「茎は細く、長さ20cmくらいになり、まばらに分枝する。
葉は無柄で茎に互生し、形は先の尖った卵状長楕円形または狭卵形。
花期は7月で花柄の先に下向きの淡紅色の花を1個ずつ咲かせる。
日本では、北海道、本州の中部地方以北に分布し、
寒地の高層湿原でミズゴケ類の中に自生する。」

画像も借りてきました。
お花はツルに似てますか?
ツルコケモモ

球形の果実は渋い赤に染まります。
まるで珊瑚みたいな色です〜。
ツルコケモモ

画像は2009/07の中旬です。
素焼きの鉢に植えつけた小苗です。
西日の当たらないお家の東側に置いてあります。
ツルコケモモ

ケロ的には山野草はハードルが高いんやけど、
水切れに注意して夏を乗り越えたいです。

ツルコケモモはブルーミングスケープで
G様にお譲りいただきました。
このとき、オマケで同梱してくださったミズバショウの種は
17粒中9粒が発芽いたしました!

やはり、大きくて充実した種子から発芽し始めるようです。
早いものは、もう双葉?になりかけております。
(*^^)v

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ミズバショウってトロフネでも開花するん?

サルココッカってなに?

サルココッカは日陰に強い常緑樹♪」
サルココッカはツゲ科サルココッカ属の耐寒性常緑広葉樹です。
中国南部〜東南アジアが原産地の低木で
樹高は30〜50cmとコンパクトです。

(・・。)ん?
樹高が60〜120cmと成ってるデータもありますね〜。
成木は2m弱まで成長するみたいです。
まあ、成長は緩やかで、あんまり大きくならないと。

「花期は2〜4月で雌雄異花。
葉腋につく白い小花には強い芳香がある。
花弁はなく、萼片が花弁のように見える。」

検索してみると、いくつも集まったがくから飛び出した白いしべが
白花のように見えているのでした。
ジミです(笑)。

花後にできる果実は品種によって色が違うみたいで、
コンフーサは黒、ルシフォーリアは赤とありました。
果実の色は黒いが熟すと赤くなるとも書いてありますね。
(・・?

「サルココッカとはギリシャ語で「肉質の液果」という意味。
果実の中には半透明の果肉に包まれた黒い種子がある。」
語源はギリシャ語ですか…。
おサルさんには関係ないのね。
(^^;)

果実がなるのは雌株のみですが、
鉢植えなどで売られているものはすべて雌株です。

早春にはハチミツのように甘い香りがするので「香りの木」
と呼ばれるとか、
花を近づけても香りはわからないとか、説が分かれてます。
種類の違い?生育状態の違い?

サルココッカの名前で流通する植物には何種類かあって、
サルココッカ・コンフーサが最も出回っているようです。
英名がスウィート・ウッドで芳香のある白花種として
知られています。

「肉厚で光沢のある葉は先が尖った長卵形で暗緑色。
多少紅葉するが冬にも常緑を保つ。
株元から芽が出て地面を密に覆うのでグランドカバーに適す。」

えっと、耐寒性も「−3℃まで耐える、庭植えは関東以南」とか、
「耐寒性は強、北海道南部以南では地植えにできる」とか、
マチマチなんですけれども。。

原産地からすると暖地向きかもしれませんが…。
栽培記録を見ても、寒さで枯れた例はヒットしませんね〜。
ケロ的には耐寒性はありそうに思うので、
秋には駐車場に植えつけるつもりです。

病害虫は特になく、大気汚染に強くて、耐陰性に優れています。
成長が遅いので、剪定しなくても暴れることもナシと。
実生、株分け、挿し木などで容易に殖やせます。

ケロは名前の面白さにつられて、ブルーミングスケープで
N様からお譲りいただきました。
こぼれ種からの一人生えでしょうか?

画像は2009/06の下旬です。
根が3cmほどで、本葉が数枚出かけている状態です。
サルココッカ

葉っぱが土で汚れているのは、
堀り上げ直後で根が張れていないのにシェイクされちゃったから。。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

郵便配達のおじさん、送り主様の「こちらが上」
の表示をちゃんと見てね。
逆さまになってたおorz

裸根状態で土まみれになった2〜3cmの抜き苗を見て、
これは苦しいかも〜とか思ったんやけど…。
なんと、全員無事に定着いたしました!
w(゜o゜)w オオー!
サルココッカ

予想以上に丈夫です。
ゆっくりと新葉を展開中です。
乾燥を嫌い半日陰でもよく育つって言われてるから、
コムラサキシキブの木陰で管理しております。

小苗ですが暑さにも強いです。
これは拾い物やった♪
耐寒性はケロが実験してみますね。
北関東ならまず問題ないでしょう。
(*^^)v

ところでさ。
丈夫なはずのウォールジャーマンダーはどこいったん?
消えてしまったのですか。。
そうなん?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
サルココッカ・コンフサは植え替えも容易♪
ウォールジャーマンダーの挿し木

トリフォリュウムのハーレクインとグリーンアイス

「トリフォリュウムの園芸品種名と流通名って…」
クローバーと言えば、マメ科トリフォリュウム属の多年草で、
シロツメクサとアカツメクサが代表かな。
道端の野草です。

どちらも街中の道端や空き地などで普通に見られます。
アカツメクサは草丈が高くて大株になりますが、
シロツメクサよりは見かけることは少ないです。

アカツメクサは耐暑性がやや弱いとか、
街中の低地には少ないとか、書かれていたりするけれど…。
野草ですから、並みの園芸植物くらいの耐暑性はあります。
昨日は35℃を超える猛暑でしたが、別に平気です(笑)。

市街地でも空き地などに生えています。
ケロも初めは少ないかと思っておりましたが、
一度見つけると次々に目に付くようになりました♪

そして、○○クローバーと呼ばれるものには
トリフォリュウム属以外のものも混じっています。
例えば、ブルークローバーはマメ科パロケトゥス属の多年草です。

耐寒性は強いけれど、暑さに弱くて…。
連日の猛暑でダウン寸前かな〜。
(^^;)

で、Trifolium repens‘○○’というのは、
シロツメクサの変異を固定した園芸品種のようです。
交配して葉色が変化したものを作出しているのでしょう。
シロツメクサは交雑しやすいですからね〜。

それでですね。
この‘○○’には園芸品種名が入るわけですが…。
園芸品種名の命名のしかたにも当然決まりはありますが、
何語でどのように名付けることも可能です。

銅葉カトレアクローバーのトリフォリウム・レペンス‘ホイトフェン’
と‘ウィリアム’ はどちらもマメ科トリフォリウム属の多年草です。
検索した画像の葉色を見る限りでは区別は難しいです。

他とはっきり区別できる特徴があるかはよくわかりませんが、
学名が違うのでベツモノと判断してよいのでしょう。
たぶんですけれど…。

さらにわかりにくいのが流通名、商品名、販売名などです。
「 園芸的に改良された植物が流通する場合、
園芸品種名がありながら販売上の都合で
別の呼称を付与される場合がある。
販売名は園芸品種小名であるかのように
一重の引用符で括って表記してはならない。」

要するに、売れそうな名前をつけて売り出すわけです。
ま、商売ですから当たり前のことなのですが…。

「日本では、植物の流通名を付ける際の規制がなく、
業者や生産者が新しい名前を自由に付けて売り出しているのが現状。
違う種類の植物が同じ名前だったり、
1つの植物が違った名前でよばれていたりすることもある。」

これはマギラワシイノデス。
名前が違ったら、よく似ていてもベツモノかも〜って思うやん?
んで、買って来てよく調べたら、もう持ってるよ〜orz
とかってことが何度かありました。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

シロツメクサと同じ白花が咲く
Trifolium repens‘○○’関係をチェックしてみますと…。

・トリフォリウム‘プルプラスケンス’
Trifolium repens‘Purpurascens
四葉の出現しやすい黒葉のクローバーで、
交雑して葉色が変化しやすいです。
これはたぶん、ティント・ネーロのことかな〜。

トリフォリュウム‘ハーレクイン’
Trifolium repens‘Harlequin’
小葉の中央にエンジ色のラインが入ります。
これはおそらく、ティント・ルージュのことでしょうね〜。

画像は2008/04のティント・ルージュです。
この頃は少し繁殖力は弱いかと思ってたん。
けど、今ではこぼれ種でアチコチに進出しております。
ティント・ルージュ

2008/05には、けっこう伸びてきました。
成長期にはよく殖えます。
ティント・ルージュ

最後は2008/09です。
夏に一休みして、秋から復活です。
小葉中央のラインはルージュというような鮮やかさではなく、
赤茶色と言ったほうがしっくりきます。
ティント・ルージュ

トリフォリュウム‘グリーンアイス’
Trifolum repens‘Green Ice’
グリーンの濃淡がクッキリとでるタイプです。
これはもしかして、ティント・ヴェールですよね〜。

画像は2008/05です。
かなりの悪環境に耐えております(笑)。
一時的に爆殖いたしましたが、引っこ抜きまくったあとは
ソコソコの殖え方になりました。
ティント・ヴェール

夏の暑さでお休みした後の2008/09なのですが…。
小葉の周辺部分はシルバーグリーンで
付け根付近は黒に近いダークグリーンです。
これに赤茶色のラインが入るとティント・ルージュになるのね。
ティント・ヴェール

以前から生えているクローバーの仲間は問題ないけれど、
新顔のイエロークローバーは夏越しは難しそう。。
秋に何種類残っているのでしょうか?
弱気なケロです〜。
(^▽^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
トリフォリウム・レペンス"ホイトフェン"と"ウィリアム"
トリフォリウム・レペンス‘プルプラスケンス’とは?

トリフォリウム・レペンス"ホイトフェン"と"ウィリアム"

銅葉カトレアクローバーのは色って」
カトレアクローバーはマメ科トリフォリウム属の多年草です。
葉の模様ではなく、濃い目のピンクのお花を楽しむタイプですが…。

銅葉のカトレアクローバーもありまして、
銅葉一色ではない微妙な色合いのカラーリーフなんですって。
葉の色からチョコレートクローバーと呼ばれることもあります。

葉色は赤茶色かな〜赤紫かな〜。
時期や状態によっても変化するので、
画像だけからは判断が難しいです。

小葉の全面が赤茶色のものとか、
付け根は濃い茶色で、葉先は色が薄く赤みが強いもの、
モスグリーンが混じっているものなどと様々です。

欧州原産の耐寒性常緑多年草で、丈夫で繁殖力は旺盛。
水切れに注意すれば、茎を匍匐させて殖え広がります。
マメ科ですから肥料は多く必要なくて、
多肥にすると花色が薄くなるそうです。

通販のページに「普通のシロツメクサに比べ丈は低くコンパクト」
ってあったけれど…。
葉柄はけっこう長いのでは?
栽培記録には、「ティント・ネーロより背が高く暴れる」
ともありました…。

花期はシロツメクサと共通で5〜6月、
濃い目のアカツメクサのお花って感じです。

ケロはトリフォリウム・レペンス"ホイトフェン"と"ウィリアム"を
ブルーミングスケープでB様に譲ってもらったん。
画像は2009/07の初めです。
こちらはホイトフェンかな〜。
トリフォリウム・レペンス

現在養生中なので、葉色ははっきりいたしませんが…。
赤茶色とくすんだ緑色のようです。
トリフォリウム・レペンス

こっちはウィリアムかな〜。
トリフォリウム・レペンス

小葉の付け根の方がモスグリーンで、葉先が赤茶色…。
(・・。)ん?
ホイトフェンによく似てないですか?
トリフォリウム・レペンス

銅葉カトレアクローバーに限らず、クローバーは暑さを嫌います。
春に成長→初夏に開花→花後に夏休み→秋から成長再開
といった生育サイクルです。

気温や日照条件によって、葉色や斑の入り方が左右されます。
水切れに注意しながら日に当てて育てると、
気温が下がるにつれて葉色は鮮やかになります。

検索していたら
トリフォリウム・レペンス"ホイトフェン"を買ったつもりが、
プランツタグにトリフォリウム・レペンス"ウィリアム"とあった。
赤葉クローバーで出回っているのはホイトフェンのみで、
ウィリアムというのは生産者がつけた名前では、と言われた」
なんて記事がありました〜。
Σ(^∇^;)えええええ〜

でも、Trifolium repens 'William'とTrifolium repens 'Wheatfen'
って、学名は別になってるよ。
園芸品種名は当てにならないけれど、
「他と明確に区別可能な特徴があり、固定されたもの」なんでしょ?

んで、楽天市場をのぞいてみると
「赤葉クローバーのホイトフェン、Trifolium repens 'Wheatfen'
葉色がややグレーがかった赤紫で花はローズレッド。
気温があがると葉色は少し緑を帯び、冬のロゼットは赤くなる。」

「赤葉クローバーのウィリアム、Trifolium repens 'William'
「ホイトフェンにそっくりだが、微妙に模様が違う。
鮮やかなローズピンクの花が咲く。
乾き気味のほうが間伸びせず綺麗な葉色を保てる。」

どうやらベツモノのようです。
(´▽`) ホッ
でも〜、画像からは「微妙な違い」とかはわかんないよ。。

気温や日照によっても変化するんでしょ?
この両者の特徴は明確に区別できるのかな〜。
ま、秋になったら、ケロがこの目で確かめたいです。

日に当てて乾燥気味のほうが葉色はよくでるみたい。
ただ、水切れを起こすと、葉は萎れて枯れやすいです。
そこらへんの管理がチョコットめんどい。

一番楽なんは、地植えです。
丈夫ですから、根付くまで水やりに注意すれば後は放置でOKです。
自分で好みの環境へと移動しますから(笑)。

ん〜、そやけど、駐車場で放任栽培すると交雑しそうです。
いろいろ混じって葉色はさらに複雑になっちゃうのかな〜。
(^^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
カトレアクローバーはバイカラー♪
トリフォリウム・レペンス‘プルプラスケンス’とは?
トリフォリウム・パラテンセ・ニナとティント・ネーロ

カトレアクローバーはバイカラー♪

カトレアクローバーはピンクのお花〜」
カトレアクローバーはマメ科トリフォリウム属の常緑多年草です。
原産地はヨーロッパとあります。
学名はTrifolium repens cv. Cattleya Cloverです〜。

cv.てことは園芸品種ですね。
たぶん、シロツメクサを品種改良したのではないかなと。

ブルーミングスケープでB様からお譲りいただいたクローバーの
第3弾です。
ケロはこれは持ってないお。
ヾ(´▽`*)ゝあーい♪

近所のお店で見かけます。
ちっこい鉢植えが300円くらいやったと思う。
お譲りいただけるからよいんだ〜ってパスしてました(笑)。

花期は4〜6月で、花色は濃いピンクなのですが、
よく見ると先端が白くなるバイカラー咲きなの。
クローバーの仲間のお花では、一番華やかだったりして。
(*^^)

葉っぱは普通の緑の3小葉で、斑も入っていませんから、
葉ではなくて花を楽しむタイプですね。

ラン科カトレア属の洋ランの女王、カトレアとの共通点は
花色しかありませんけれども…。
(^^;)

草丈は10cm前後とコンパクトで、
「シロツメクサよりも背丈が低く、ツルの伸びも少ない」
そうですが…。

このへんは確かめてみないとわかりません(笑)。
ティント・ネーロにも似たようなことが書かれてたけど、
シロツメクサに負けずに繁殖しまくりますから〜。

マメ科に共通ですが、根に付く根粒菌の働きで
空中の窒素を固定できますから、多肥は必要ないです。
窒素を含む肥料が多すぎると、葉がどんどん茂るばかりで
お花は咲かなくなっちゃいます。

「日当たりを好むが、乾燥も嫌う。」
カトレアクローバーに限らず、
クローバーは水切れに弱いところがあります。

特に根を張るまでは、水切れで萎れることが多いかな〜。
クローバーというと、日当たりと風通しのよい野原を連想しますが、
意外と乾燥に弱いみたい。

ただ、しっかり根を張った後は、
萎れても水やりすれば復活しますし。
古い葉は枯れても、茎の先から新葉を展開します。

「成熟し開花が一巡すると、下葉から自然に枯れこむ。」
うん、そのようです。
そしてですね、自分好みの環境のほうへと茎を伸ばして
セッセと移動いたします。

他の植物の中に乱入されますと、根張りがよいので、
引っこ抜くのはけっこうたいへんです。
鉢植えにして、毎年、株分けや挿し芽で更新するのがよいのかも。

クローバーは特に病害虫はありませんが、
アブラムシが発生するのだとか。
ケロはまだアブラムシの被害の経験はないですね〜。

ティント・ネーロの葉が赤茶色に変色して枯れたり、
アカツメクサがウドン粉病になったりすることはありました。
そゆとき、ケロは放置しております〜。

ほっておけば、病変した葉は枯れ落ちて、
新しいマトモな葉が生えてまいりますから(笑)。
気になるときは、環境のよいところへ植え替えてもいますけれど。
(^▽^)

・イエロークローバーは乾燥気味がよい。
カトレアクローバーは湿り気があるほうがよい。
クローバーも性質はいろいろなようです〜。

画像は2009/07の初めです。
痛んだ葉っぱをカットしたのでちょっと寂しいですが…。
根がしっかりしていれば問題ナッシング♪
カトレアクローバー

西日の当たらないお家の東側に置きました。
お花の画像がないのがザンネンですが、
花色は紫に近いピンクになるはずです。

「普通、種はできないので繁殖は株分け」
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪
交雑の心配がないので、結実しないほうがよいのです〜。

ちなみに、アカツメクサのお花は花色の濃淡に差があります。
ケロのアカツメクサはレッドクローバーという名前で
ハーブのコーナーで売られておりました。
花色は白に近い薄いピンクです。

画像は2009/07の上旬です。
花びらの先端がうっすらと桃色になってるかな。
アカツメクサとは言い難いのです〜。
アカツメクサ

んで、その後しばらくして、近所の道端にアカツメクサを発見!
大量に生えておりました。。
しかも、ケロのより赤みが強いお花です。。
なんてこったい…。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
トリフォリウム・レペンス‘プルプラスケンス’とは?
トリフォリウム・パラテンセ・ニナとティント・ネーロ

トリフォリウム・レペンス‘プルプラスケンス’とは?

トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンス
ティント・ネーロですか〜?」
トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンスは
マメ科トリフォリウム属の耐寒性多年草です。

欧州原産の半常緑多年草となっています。
栽培記録を検索してみると、
・冬には葉は枯れる。
・常緑で冬越しする。
の両方がありますね〜。

「シロツメクサの変種でクロバツメクサとも呼ばれる。
四葉の出現率が高く「四葉のクローバー」の名前でも流通する。
葉色は濃い紫でふちに少し緑が入いる。
花期は5〜10月で、シロツメクサと同じ白花。
日当たりと水はけのよい場所を好み、やや高温多湿に弱いが、
基本的に丈夫で生育旺盛。」

3小葉と4小葉のタイプがあるとか、
栽培環境によって4小葉の出現率が変わるとか、
いろいろかかれてますね。

ケロがブルーミングスケープでB様からいただいてきた
クローバーの第2弾です♪
送料の差額がありますのに、「それはよいよ」って。
ホントに恐縮です。
(*- -)(*_ _)ペコリ

画像は2009/07の初めです。
痛んだ葉っぱはカットして植えつけました。
トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンスが一番丈夫みたい。
トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンス

こんな模様の葉っぱです。
状態がよくなれば、斑もクッキリしてくることでしょう♪
トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンス

とここまで書いてきて、なんや不安になってしまうケロ…。
学名をチェックしてみると、
Trifolium repens var. nigricans
Trifolium repens 'Purpurascens'

var.ってことは、シロツメクサの変種ということかな〜。
'○○'ってことは、シロツメクサの園芸品種なのでしょうね〜。

検索して画像をチェックしてみると、
ティント・ネーロというのは、
トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンスの流通名のひとつ。。
そゆことみたいですね。。

ティント・ネーロなら強健です〜(笑)。
茎を匍匐させてドンドン好きなほうへ移動するし、
こぼれ種でよく殖えるし、
交雑して葉の色のバリエーションも増えます(爆)。
群馬では冬にも枯れない常緑多年草ですし。

B様にはミズゴケでとても個別に丁寧に梱包していただきました。
ちょうど、ティント・ネーロは交雑して、
ビミョウな葉の色になっていたの。
いただいた株は鉢植えにして大事に育てたいです。
(o^∇^o)ノ

えっと、Wikipediaの「学名」を参考に適当にまとめてみますと、
「植物の学名は属名、種小名とそれを補足するもので成り立つ。
属名の初めの文字は大文字、属名、種小名はラテン語表記、
書体はイタリック。
園芸品種名は学名の後ろに ' ' で囲んで表す。
園芸品種名は何処の言葉を使ってもよく,大文字で始める。」

最後の園芸品種というのがクセモノデス。
「園芸品種は品種改良による形質がハッキリした特長を持ち、
変異が固定したものに付けられる。
統一されたカタカナ表記の標準和名にたいして、
園芸品種の和名は一番普及している通称が使われる。
営業政策上新しい和名をつけて売り出されることもある。」

学名の後ろの ' ' の中はけっこうアバウトなものなのね。。
(〃´o`)=3 フゥ

「属名+種小名+「ssp.」または「subsp.」+亜種名
属名+種小名+「var.」+変種名
属名+種小名+「f.」+品種名
という3名法の表記法もある。
園芸方面では、園芸品種名を
属名+種小名+「‘園芸品種名’」
属名+種小名+「cv.」+「園芸品種名」
と表記することもある。」

でさ、ティント・ネーロはなんなん?
園芸品種名のひとつ?
いえ、園芸品種名でさえない流通名=商品名ですか。
そうなん?

トリフォリウム・レペンス・プルプラスケンスの新品種!?」
では、ケロが作出いたしました新品種のご紹介です!

画像は2008/07の上旬です。
キバナコスモスの株元を見てみますと、
ビミョウな葉っぱのクローバーが…。
ティント・ネーロ

拡大してみます。
通常のトリフォリウム・レペンス・プルプラスケンス=
ティント・ネーロの葉っぱはデスね。

小葉の中心部も黒に近いこげ茶色です。
葉の外縁部の数ミリだけがグリーンなの。
けど、これは小葉の付け根の部分も緑色です。
ティント・ネーロ

ケロの駐車場にはマメ科トリフォリウム属のクローバーの仲間が
5種類ほど生えています。
完全に放置で、勝手に交雑してこぼれ種で発芽してるん。

ほら、赤シソと青シソを近くに植えると、
両方が混じったビミョウな色と味のハーフのシソができるでしょ。
ティント・ネーロもどれかのクローバーと混じっちゃったみたい…。

次は、2009/08の中旬です。
真夏ですが、長い葉柄を伸ばして元気です〜。
ピンボケですが、お花はシロツメクサとソックリおんなしやん。
ティント・ネーロ

「ケロ作出の新種のクローバーです♪」って、
ブルーミングスケープで募集してみるかな。
ヾ(・・;)ォィォィ

ちなみに、葉色が全面、ダークグリーンのタイプも生まれてるん。
クローバーって、交雑で簡単に新しい葉っぱの模様が
できるのですね〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
トリフォリウム・パラテンセ・ニナとティント・ネーロ
ハーブのティントネーロ

トリフォリウム・パラテンセ・ニナとティント・ネーロ

「幸せのイエロークローバーってなに〜?」
イエロークローバーとか黄金葉クローバーとかっていう名前で
流通しているようです。
トリフォリウム・パラテンセ・ニナという品種のようですね。

通販のページには「幸せのイエロークローバー」とありました。
3〜4小葉のクローバーの葉っぱに似ているものの商品名は
みんな「幸福の○○」となる傾向みたい(笑)。

前回のデンジソウはデンジソウ科デンジソウ属やけど、
幸福のウォータークローバーですし…。
カタバミ科カタバミ属のオキザリス・デッペイは
ラッキークローバーになっておりますし…。

けど、このイエロークローバーはマメ科トリフォリウム属の
耐寒性多年草です。
シロツメクサやアカツメクサの仲間ですね。

寒さには強く、暑さにもソコソコ強いはずです。
多湿を嫌うので乾燥気味に管理するのだとか。
今の梅雨時の乗り切り方がポイントですね。

「輝くようなゴールデンライムの葉が美しい。
アカツメクサの園芸品種で、花期の6〜7月にピンクの花が咲く。」
(・・。)ん?

白花となっている説明もあるんやけど。。
どっちが正しいのん?
ま、開花を待ってケロがこの目で確認いたします〜。

生育旺盛でグラウンドカバーにも使えるそうですが…。
「過湿に弱いので根腐れに注意!」とあるので、
グラウンドカバーはどうでしょうね〜。
草丈は15cmほどと適当なのですけれどもね。

ライムグリーンの葉を楽しむわけですが、
黄色とか黄金色というのとは違う気がするのです。
明るい黄緑色です。

誤解を避けるために学名のカタカナ読みの
トリフォリウム・パラテンセの方が適当かもしれません。
が、覚えにくいのでイエロークローバーで押し通します(笑)。

ケロはブルーミングスケープでB様から
クローバーを6種類もお譲りいただきました♪
コレクションしているわけではないのやけど、
いつの間にか11種類も集まってしまったのです〜。

画像は2009/07の初めです。
到着直後なので、蒸れて痛んだ葉をカットして
少し寂しい感じがしますけれども…。
イエロークローバー

根がしっかり付いた(*TーT)bグッ!な苗です。
根腐れにさえ気をつければ問題ナッシング〜。

で、植えつけた後、通風がよいとこにって
お外に出しておいたのですが…。
夜の雨でビショビショですがな。。
曇りの天気予報でしたのに。。

葉は緑の色素が薄い黄緑色です。
この手の葉っぱは葉焼けしやすいのです。
夏の直射日光は避けたほうがよいかもですね。
イエロークローバー

ティント・ネーロは強健です〜」
ティント・ネーロはマメ科トリフォリウム属の耐寒性多年草です。
学名がトリフォリウム・レペンスとなってるから
シロツメクサの園芸品種なのでしょうか。
ふつ〜の白花が咲きます。

耐寒性も耐暑性も強くて、乾燥にも多湿にも耐えます。
常緑多年草で、冬も葉に痛みは出ますが
こげ茶色の葉っぱを楽しめます。

とっても丈夫で成長も早いのでグランドカバーに使えます。
ただ、踏みつけには強くないです。も最適です。
野草というか雑草のシロツメクサやアカツメクサにも
負けない強健さです!

完全放任で育ってくれますが…。
茎を伸ばして匍匐します。
自分の好みの環境へとドンドン移動しちゃうのです。
(^^;)

こぼれ種からも発芽します。
しかも、ハーフのビミョウな葉色のクローバーになるの。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

画像は2008/04の下旬です。
スギナとこんしょく状態〜。
葉の色は黒に近い濃いこげ茶色です。
ティント・ネーロ

次は2008/05の下旬です。
お花はシロツメクサと同じですね。
葉柄が長〜く伸びております〜。
ティント・ネーロ

さらに、2008/10の初めです。
真夏にいくらか減りますが、秋には元気に復活します。
ティント・ネーロ

最後は2009/01の末です。
強い霜に何度も当たっていますが、あんま痛みもないみたい。
耐寒性はとても強いと言えます。
葉のふちの数ミリだけがグリーンなのですね〜。
ティント・ネーロ

こぼれ種から発生したハーフのティント・ネーロは
次回に登場いたします。
(^▽^)/

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのティントネーロ
デンジソウは幸せを呼ぶ四葉のクローバー?
ラッキークローバーを百均でゲット〜

イトラッキョウとキイイトラッキョウ

ラッキョウの仲間もいろいろあるみたい」
今回登場するラッキョウの仲間はすべてユリ科ネギ属の多年草です。
ケロ的にラッキョウといえばカレーライスの添え物ですね。
2〜3cmの卵型の鱗茎を甘酢漬けにしたやつです。

球根植物といってもよいのかな?
畑で栽培される野菜として扱われます。
ニンニクやニラと同じアリル硫化物を含むので特有の臭いがあり、
オオニラ、サトニラなどとも呼ばれます。

Wikipediaの「ラッキョウ」によりますと、
「中国、ヒマラヤ地方が原産。
白色または紫色を帯びた白色の鱗茎を食用とする。
特有の強い匂いと辛味を持つ。
鱗茎は生薬となり、漢方では胸のつかえ・痛みなどに
効果があるとされる。」

ふむ、ラッキョウも薬効のあるハーブと言えるかも(笑)。
画像も借りてきました。
ラッキョウ
花茎の先にピンクの小花が散形状にまばらに付いてます。
飛び出したおしべとその先端のやくが赤紫色でキレイです。

ニラやノビルもそうですが、ユリ科ネギ属のお花って
かわいらしいのです。
葉っぱの形はチャイブに似てると思ふ。

で、イトラッキョウなのですが、こちらは長崎県の平戸の
日当たりのよい岩場にだけ自生する固有種なのだそうです。
小型で葉が糸のように細いことから命名されています。

「鱗茎は狭長楕円形。
根生葉は長さ10〜20cmのごく細い円筒形。
花期は10〜11月で、20cmほどに伸ばした花茎の先に
紅紫色の花が散形状に10個前後付く。
突然変異の白花(オトメラッキョウ)もある。」

・日当たりの良い岩場や乾いた草地などに生える
・湿った岩場に自生する
う〜ん、どっちがホントカナ?
両方ともありっていう可能性もありますけれど…。

ええと、ヤマラッキョウは花茎が30〜60cm、
葉っぱも20〜50cmに伸びるので少し大型のようです。
花茎の先に紅紫色の小さな花が散形状にいくつも咲くところは
イトラッキョウと共通ですね。
お花は多めで目立つみたい。

ヤマラッキョウは日照と通風のよい乾いた場所に自生すると。
耐寒性、耐暑性があり、乾燥にも強くてよく殖える丈夫な野草で、
株分けでも実生でもOKなんですって。
これも強健そうでケロの好みかな〜。

あ〜、お話はまたイトラッキョウに戻りまして、
こちらはどうも低山地の水辺の岩場に生えているようですね〜。
草丈が低い割りにお花は大きめなのだとか。

日当たりのよい場所に植えてあげれば元気に育つみたい。
お水のあげすぎはよくなくって、
季節によっては鱗茎が腐ることもあると。

このイトラッキョウの変種のキイイトラッキョウ
「和歌山県・愛知県・岐阜県・山口県の渓流沿いの明るい岩上や
岩の隙間に生えている希少種」だそうです。

ケロは黄花のイトラッキョウ=キイトラッキョウかと思ったの。
けど、紀伊地方に多く分布する紀伊糸ラッキョウやったのね。
(^^;)

「地中の長さ20〜25mmのラッキョウ型の鱗茎から
長さ10〜20cmの細い糸状の葉をより数本出す。
葉は中空でニラ臭がある。
花期は11月頃で15〜30cmの細い花茎の先に赤紫色の花を付ける。
稀に白花もある。」

イトラッキョウとキイイトラッキョウはお花や
葉の断面で区別できるらしく
・イトラッキョウ:上を向いて平開する。
花被片は5mmほどで、おしべは短め。
葉の切断面に空洞はない。
・キイイトラッキョウ:半開きの状態でうつむいて咲く。
花被片は3〜4mmほどで、おしべは長め。
葉の切断面に空洞がある。

「お店でイトラッキョウの名前で出回っているものは、
実際にはキイイトラッキョウであることが少なくない」んですって。

ケロはブルーミングスケープでM様からイトラッキョウを
お譲りいただきました。
これはどちらなのかしらん?
葉っぱを1本ちぎってチェックしてみたいです。

画像は2009/05の下旬です。
その後、モグラの攻撃にあったりして苦しんでます〜(笑)。
イトラッキョウ

ただ、強健なのは間違いないみたいです。
最近の梅雨時の多湿も、30℃を超える高温にも耐えております。
今のところほとんど変化はなく、ジミ〜に生存中〜。
秋に開花してくれるかな?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のノビルのムカゴ
ハーブのニラ
ハーブのチャイブのその後

ハンゲショウはカタシログサ♪

ハンゲショウは丈夫な野草です〜」
ハンゲショウはドクダミ科ハンゲショウ属の多年草です。
日本では本州以南に分布するのかな〜。
語源にはいろんな説があるようです。

・夏至から11日目の7月2日頃を半夏生と言い、
この頃に花をつけるから。
・葉の一部が白くなり目立つので半化粧とされた。
・ハンゲとも呼ばれるカラスビシャクと花期が重なるから。

ちなみに薬草としても有名なカラスビシャクは
サトイモ科ハンゲ属の多年草です。
お花は6月頃から咲き出すはずです。

「暦の上では半夏生」といってもわかる人は少ないでしょう。
白いペンキを塗ったように葉の一部分だけが真っ白になるから
半化粧がイメージしやすいかな〜。

葉の片面(表面)だけが白くなるので、
カタシログサという別名でも呼ばれます。
こちらも覚えやすいですね。

葉緑素が抜けて白化する葉は茎の先端部の数枚だけです。
葉の先端部分は緑のまま残ります。
葉っぱのどのくらいまで白化するかはマチマチです。

花期に合わせて6月下旬〜8月にかけて白化して、
お花が終わる頃には緑色に戻ります。
完全には元の葉色にはならないのかな。

草丈は50〜100cmで、分枝した茎の先に長さ10〜15cmの
クリーム色がかった花序を形成します。
白い小花が穂状に密生しているのですね〜。

たぶんジミ〜な花序なので、葉っぱが派手な色で昆虫を誘う
花弁の役割を果たしているのではないでしょうか。
ってことは虫媒花かな〜。

Wikipediaの「ハンゲショウ」によりますと、
「日の当たる湿地などに太い地下茎で分布を広げて群生する。
葉は互生、長さ5〜15cmほど、卵形で、基部がハート形の細長い形状。
開花期にはドクダミに似た独特の匂いを出す。」

湿った半日陰がよいとされることもありますが、
3〜9月の生育期間中は日照は好むようです。
腰水栽培にして水切れを防ぎ、日に当てるとよいかもです。

ただ、夏は水温が上がりすぎるでしょうから、
西日の当たらない半日陰かビオトープに沈めるのがよいかなと。

画像も借りてきました。
花期のこの葉はみればひと目でわかります(笑)。
ハンゲショウ

繁殖は春か秋に株分けで行います。
植え替えは3〜4月が適期のようですが、
丈夫なので真夏と真冬以外は大丈夫みたい。

ええと、真夏の8月に植えつけた栽培記録もありました。
(^^;)
病害虫も特になく強健です〜。

で、ケロが前回、オオハンゲの記事でハンゲショウも欲しいなって
ぼやいておりましたら…。
G様がオマケで送ってくださいました〜。
いっつもアリガトウデス♪

画像は2009/06の下旬です。
連日30℃に達する暑さで、抜き苗は無事かな〜って心配してたん。
第4種郵便ですと普通は中一日で届きますが…。
今回は翌日の午後に到着したのです。
ハンゲショウ

思ったよりも太い根が粗く伸びていました。
おそらく腰水栽培していると根が長く伸びてくるのでしょう。
ミズゴケで丁寧に根がガードされているので、
ほとんどダメージはありません。

丈夫な野草で、普通に地植えにしてもイケると思うんよね。
けど、モグラが大暴れしてるから鉢植えで腰水栽培にします。
冬に地上部分は枯れるのかな。
でも、耐寒性があって屋外でも冬越しできると。

開花すると、ドクダミに似た臭気があるそうです。
あの苦いテイストの臭いは、ケロは嫌いじゃないよ。
実物で確かめてみたいです。
(〃^∇^)o_彡☆あははははっ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハンゲショウの花序
オオハンゲとカラスビシャク

ハマアザミの耐暑性は?

ハマアザミハマゴボウ♪」
ハマアザミはキク科アザミ属の多年草です。
海岸の砂地などに群生する海浜植物なのでこう命名されました。
砂浜の内陸側の草地に多く生えるようですが、
民家の周りにも見られるようです。

検索していると、海岸沿いの岩壁に自生している画像がありました。
潮風が当たりそうなかなり過酷な環境に思えます。
強健な野草なのでしょうね〜。

草丈は30〜60cm、花径は3cmほどで花色は紅紫色。
アザミらしい花色で、花期は6〜12月と長いです。
白花のシロバナハマアザミもあります。

ケロはいつものブルーミングスケープでG様から、
オマケで頂いてきたのです。
小さな小苗が3株でした。

E様からお譲り頂いたチシマアザミは耐暑性が不安ですが、
いまのところ梅雨にもメゲズニ成長中です♪
あとは真夏の暑さを乗り切れるかがポイントです。

検索してもチシマアザミの耐暑性はよくわかんなかったの。
やから、夏越しが不安なのですが、
現状では強健で多湿にも暑さにも耐えられそうに思うな〜。

で、ハマアザミのほうは「伊豆半島以西に分布」とか
「千葉権威性に分布」とあったので、耐寒性が不安です。
アザミは地植えにして、野草らしい野趣を楽しみたいですし。

G様にお尋ねしてみると、「滋賀県育ちで雪下でもOK。
群馬でも路地植えでイケるよ」という頼もしいお返事♪
腐葉土でマルチングして地植えで越冬させてみます。

肉厚の根生葉も互生する茎葉も光沢があり、
羽状に深裂してトゲが多数生えてます。
アザミはトゲがありますから、植え場所は選ばなくっちゃデス。
ケロもドイツアザミのトゲで痛い思いをしております(笑)。

Wikipediaの「ハマアザミ」によりますと、
「形態的にはノアザミに近いが、葉の照りや厚み、棘の様子などで
はっきり区別できる。
根はゴボウのように野菜として利用される。
また葉は山菜として食用とされ、茹でてお浸し等に用いられる。」

ゴボウに似た形の根は香味があって食用になると。
葉っぱもおひたしでいただけるのですね〜。

画像も借りてきました。
深く裂けた葉は照りが強く、先は尖っています。
かなり激しく波打っておりますね〜。
ハマアザミ

管状花の色はピンク〜紫まで濃淡の差があるみたい。
画像のお花は開ききっていませんね。
ハマアザミ

んで、ケロのハマアザミなのですが…。
生きております〜。
昨日、雨で取り込んだ時にフラッシュ撮影したら
ピンボケなんやけどこれしかないのです〜。
ハマアザミ

2〜3枚付いていた葉が1枚ずつ落ちていって、
とうとう最後の1枚に。。
どうなることかと心配しておりましたら、
ようやっと新葉が展開し始めました♪
(´▽`) ホッ

メチャクチャな植え方ですが。。
イジリまくるのもよくないでしょうから、
本葉が5枚くらいになってから3ポットに植え替えます。

育ち具合を見て秋に1株は地植えにしてみましょうか。
2株は用心して鉢植えで冬越しして、来春に庭植えかな〜。
ま、もう一回り大きく育つまではビップ扱いですね。
早くでっかく育って欲しいです。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
チシマアザミはエゾアザミ♪
ドイツアザミの花つき

オオハンゲとカラスビシャク

オオハンゲはハンゲよりでかいのかな〜」
オオハンゲもカラスビシャクもサトイモ科ハンゲ属の多年草で、
サトイモ科独特のラッパ状の総苞(仏炎苞)が特徴です。

開花が初夏の頃なのでカラスビシャクの別名がハンゲで、
その大型のものがオオハンゲということかな。
ちなみに、半夏生とは7月2日頃のことですね。

オオハンゲのほうが大型ということの他に、
次のような違いがあるとされています。

・オオハンゲ:日陰の林内や湿り気のある場所に生える。
3深裂するが、中心が合着している単葉。
ムカゴはできない。
花の付属体は長くて緑色。

・カラスビシャク:日当たりの良い畑に生える。
3小葉。
葉のつけ根に小さなムカゴが付く。
花の付属体はは短くて基部が黒い。

去年の秋、カラスビシャクのムカゴをいただいてきて、
ポリポットに蒔いておきました。
直径3cmほどの球形の根茎は上方にひげ根を伸ばすそうです。
ムカゴの植え方ってわからないので、浅めに埋めてみました。

画像は2009/5の上旬です。
すっかり諦めていましたのに、ジミ〜に発芽〜。
カラスビシャク

1週間後の画像です。
ジミ〜に2枚目の葉っぱが伸びだしてます。

カラスビシャク

さらに1週間後。
待ちきれなくて地植えにしちゃいました。
日当たりと風通しのよい屋外でグングン育って欲しいと思ったの。

カラスビシャク

が、見当たりませんね。。
すでにどこに植えたかも記憶の彼方です。。
本葉が4〜5枚展開するのを待ってから
植え付けたほうがよかったかもですね〜。

畑の雑草扱いされているので、丈夫でよく殖えると思ったのにorz
発芽まで半年以上かけて、3週間ほどで行方不明…。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

傷心のケロがお店をのぞいておりますと、
オオハンゲが山野草のコーナーに売られておりました。
カラスビシャクと同様、根茎を乾燥させたものは生薬になります。
オオハンゲもハーブと言ってよいかな(笑)。

好き嫌いが分かれそうなオオハンゲですが、
耐陰性があるのでシェードガーデンにも使えます。
大き目といっても、草丈は20〜50cmほどです。

花期の5〜8月には、花茎の先に仏炎苞に取り囲まれた
肉穂状花序をつけます。
「緑色の仏炎包の下部には雌花群、
中軸の基部の雄花群は上部の花序軸を囲む。
10〜25cmの細長く鮮緑色の付属体がある。」

葉っぱは根生葉なのかな。
葉柄の長さは20〜30cmで、10〜20cmの緑色の葉をつけます。
大きめの葉ですが、1株に2〜3枚みたい。

画像は2009/06の中旬です。
3小葉に見えますが、深く切れ込んだ単葉なんですって。
オオハンゲ

まだまだチビ苗ですが、斑入りタイプです。
ムチのような付属体も付いていたのですが、
グッタリと萎れかけております〜。
(^^;)
オオハンゲ

ムカゴはできませんが、こぼれ種でよく殖えるそうです。
冬には地上部分は枯れますが、それまでに
お花が咲いてくれるでしょうか?
とりあえず、西日の当たらない場所に植えつけました。

ちなみに、ドクダミ科ハンゲショウ属の多年草にハンゲショウ
というのもありますね〜。
「葉の半分が白く変色する。夏に穂状花序に白花を咲かせる。」

こちらも湿地性の植物で、耐陰性もあります。
繁殖力も強いのですって。
ふむ、これも欲しいな〜。
o(*^▽^*)oエヘヘ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
カラスビシャクはヘソクリ?

風鈴ダイコンソウは西洋ダイコンソウ♪

ゲウム西洋ダイコンソウのことなのね〜」
ダイコンソウはバラ科ダイコンソウ属の多年草です。
日本全国に分布する山野草で、根生葉の羽状複葉が大根の葉に
似ていることから命名されました。
茎の上の方に付く葉っぱは卵型の単葉です。

草丈は30〜50cm、花期は6〜8月で、
茎の先に花径1〜2cmの黄色のお花をまばらにつけます。
5弁花で、めしべとおしべがたくさんありますね〜。

「めしべの柱頭の途中に節があり、花後に伸びた花柱の先が
強くS字状に曲がる。
この部分が人や動物の体にかかって果実が運ばれる。」
ひっつきむしの仲間だったのね。
(・0・。) ほほーっ

種まきの適期は春の4月か秋の9月で、
直根性で大苗の移植は難しいと。

Wikipediaの「ダイコンソウ」によりますと、
「耐寒性の多年草で、ロゼット(根生葉)が大根に似ているが、
アブラナ科のダイコンとは科も違い、太い根もない。
貧血やむくみに使う薬草として知られ、
また生の葉は打ち身の時の外用薬として使われた。
園芸種には八重咲きもあり、花色は、赤と橙色が多いが、
白や紫のものもある。」

紅花ダイコンソウの画像を借りてきました。
紅色って言うかオレンジ色です。
本来の花色はもっと赤に近いはず…。
左側にはトゲトゲでひっつきむしの果実も見えてます〜。
紅花ダイコンソウ

紅花ダイコンソウは、日本に自生するダイコンソウとは違って、
欧州で品種改良された園芸品種の西洋ダイコンソウです。

西洋ダイコンソウは大根草と同属の耐寒性多年草です。
学名をカタカナ読みしてゲウムということもありますね。
花径が3cmほどと大き目になのが特徴かな〜。

北半球温帯などが原産地で、草丈は40〜60cm、
花期は4〜6月とあります。
すらりと伸びた茎の先に、赤、黄、オレンジ色などの
お花をつけます。

繁殖は実生か株分けです。
種まきの適期は秋の9〜10月で、発芽温度は15〜25℃。
株分け・植え替えなどの適期は春の3〜4月か秋の9〜10月。

耐寒性は強くてロゼット出越冬するから問題ナッシング。
乾燥を嫌いますが、高温多湿もダメなので
夏越しが問題になるみたい。

ダイコンソウよりは耐暑性があるようですが、
梅雨〜真夏の時期が苦手なのですね〜。

で、ケロがブルーミングスケープでK様から頂いてきたのは
西洋ダイコンソウの一種の風鈴ダイコンソウです。
学名をカタカナ読みするとゲウム・リバレかな。

画像は2009/05の下旬です。
植え付け直後です。
柔らかい黄緑色の葉っぱの幼苗です。
風鈴ダイコンソウ

こちらは1週間後何やけど…。
まあ、3裂した葉が少し伸びて、大根の葉に見えないこともない。
けど、イマイチ元気がないの。
風鈴ダイコンソウ

「北米原産で草丈15〜40cmの耐寒性多年草。
ブロンズ色の萼にベージュ色の花弁のベル状の花を
うつむき加減に付ける。
湿気がある土地に自生するので、水切れに注意する。」

お水は欲しがるけれども、高温多湿に弱いです。
ただ〜、ケロの風鈴ダイコンソウがパッとしないのは
モグラのせいなのですorz

前回のポリガラの隣に植えたのですが、
何度もモグラに株元を掘り返されてるんよね。
さすがにダメージが溜まってる気がする。。
無事に夏越しできるか不安です〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ポリガラ・ダルメシアナの耐寒性は?

ポリガラ・ダルメシアナの耐寒性は?

ポリガラ・ダルメシアナかな?トキワヒメハギかな?」
ヒメハギはヒメハギ科ヒメハギ属の常緑多年草です。
日本全土の日当たりのよい乾いた場所に自生する山野草で、
花期の4〜7月には紅紫色の小さな蝶形花をつけます。

「硬い茎に花径1cmほどの小花がまばらに付く。
5枚のがくのうち2枚は大きく花弁のように見える。
3枚の花弁のうち2枚が合わさって筒状になり、
残りの1枚の先は細かく裂けて房状になる。」

このお花がマメ科の萩に似ていて、草丈が10〜25cmと
小型なのでヒメハギと命名されました。

互生する長さ1〜3cmの卵型の葉っぱもかわいらしいです。
根を乾燥させたものを煎じて飲むと
滋養強壮 疲労回復の薬効があるとか。
ヒメハギもジャパニーズハーブの仲間かな(笑)。

Wikipediaの「ヒメハギ科」によりますと、
「草本または低木。花は両性で左右相称。
サポニンを含み、イトヒメハギは薬用(去痰・鎮咳薬)になる。
ヒメハギの左右相称の花は一見マメ科の蝶形花に似ている。」

画像も借りてきました。
うん、和のテイストですよね♪
茎の感じからすると、多年草って言うより小低木の印象です。
ヒメハギ

で、ケロはブルーミングスケープでK様からポリガラを
頂いてまいりました。
ケロ的にはポリガラ=ヒメハギという固定観念がありまして、
届いた苗についているラベルを見て首をかしげます。

「ポリガラ:ヒメハギ科ポリガラ属、南アフリカ原産の小低木。
日当たりのよい場所で乾燥気味に水やりする。
冬は凍らないように室内で管理する。」
(・−・)・・・ん?

まず、直感的にラベルの画像から探してみると、トキワヒメハギ
(ポリガラ・カマエブクススの変種のグランディフローラ)
と思えるのです。

ヒメハギ科ポリガラ属の欧州原産の常緑小低木で、
樹高は20〜30cmとコンパクト。
耐寒性はあるが、暑さと多湿に弱いと。

花期は3〜4月で、「花弁の先端が黄、翼弁が紫紅色」の
お花をつけます。
Wikipediaから画像を借りてきました。
トキワヒメハギ

うん、これです!
濃いピンクと先っぽの黄色の竜骨弁の対比が特徴的なの♪
ただ〜、原産地が南アフリカではありませんね〜。
・・・( ̄  ̄;) うーん

同属の常緑低木で南アフリカ原産と言うと
ポリガラ・ミルティフォリアになるようです。
こちらは樹高が60〜180cmとそこそこ高くなります。

花期は3〜5月がメインですが、適温ならば通年開花すると。
ポリガラと言えばポリガラ・ミルティフォリアを指すようです。
ただ〜、明るい紫桃色のお花には黄色の竜骨弁がありません。
花色が違うんよね。。
これもWikipediaから借りてきた画像です〜。
ポリガラ・ミルティフォリア

耐寒性は不明(笑)。
「耐寒性はなく5℃以上を保って室内管理する」
関東南部なら戸外で生育できる」
北関東だと、鉢植えにして冬は室内に取り込むのかな〜。

んで、最後の決め手は学名のはず何やけど…。
Polygala x Dalmaisianaとなっているので、
やはり同属の常緑低木のポリガラ・ダルメシアナのはずです。

「スイートピーに似た紫の花をたくさん咲かせ
シュラブ状に育つので、英名はスイートピーシュラブ
けど、トキワヒメハギもポリガラ・ミルティフォリアも
スイートピーシュラブの名前で流通していることもあるのだとか。
(*´ο`*)=3 はふぅん

「ポリガラ・ダルメシアナは、Polygala oppositifoliaと
Polygala myrtifoliaの園芸交配種。
花はmyrtifolia、枝葉の産毛や葉形はoppositifoliaからの
影響が強い」とありました。

樹高や性質はポリガラ・ミルティフォリアとほぼ同様かな。
「花期は3〜5月がメインだが、15℃〜20℃前後の気温なら
春から冬まで途切れずに咲く。
花は花径2cmほどで大きめ。
葉色はシルバーグリーンを帯びる。
繁殖は挿し木か実生による。」

これもしつこくWikipediaから画像を借りてきてと。
う〜ん、お花はポリガラ・ミルティフォリアと似てるね。
竜骨弁の先の房状のフリンジが白、そこが違うくらいかな。
ポリガラ・ダルメシアナ

ん〜、「耐寒温度は、−7〜−10℃前後」ってなってる。
これなら、群馬でも地植えでOKなんやけど…。
ポリガラ・ミルティフォリアの耐乾温度は0℃前後でしたっけ。
ずいぶん差があります。

結局さ、ラベルの学名はポリガラ・ダルメシアナで、
画像はポリガラ・カマエブクスス・グランディフローラ
(トキワヒメハギ)のものなんよね。
よくワカンナイデス〜。

あ、ケロのポリガラなのですが、モグラの地下からの
再三のアタックを受けておりまして…。
掘り上げて鉢植えにしようかと検討中なの。
画像は後日にアップしたいです。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ゼブリナの耐寒性はどうかな〜

エリゲロンは源平小菊♪

エリゲロンの実生苗はどうなったん?」
エリゲロンはキク科エリゲロン(ムカシヨモギギク)属の
耐寒性多年草です。
北米原産で、耐寒性は強く−10〜15℃まで耐えるとあります。

草丈が20cmほどで花径が2cmほどのカルビンスキアヌス種と
草丈が50〜70cmほどで花径が4cmほどのスペシオサス種とが
あるそうです。

ゲンペイコギクペラペラヨメナなどの別名で呼ばれて
よく見かけるのはカルビンスキアヌス種のようですね。
こちらは耐寒性も耐暑性も強い強健な野草みたい。

日当たりと水はけがよい場所を好みますが、
ある程度の耐陰性もあって半日陰でも育つと。
湿り気があっても乾燥していても、環境に順応して大株になります。

土質は選ばず、病害虫も特になし。
アブラムシが付く程度でしょうか。

花期は4〜11月と長い四季咲きで、
花色は時間とともに咲き始めの白からピンクへと変化します。

蕾は下向きですが、花が咲くと上向きになる性質があります。
最初は白く、徐々に赤みを帯びていきます。
うつむいて付くつぼみは、上を向いて開花します。
糸のように細い管状花だけのお花です。

ここらへんはハルジオンやヒメジョオンの仲間だなあって
実感できます。
どちらも同属のムカシヨモギギク属で、
学名はエリゲロン○○となっておりますものね〜。

挿し木や株分けで殖やせますが、普通は放置しても
こぼれ種で爆殖するんですって。
横に殖え広がるのでグラウンドカバーにもなるとあるけれど…。

常緑多年草ですが、たぶん北関東では冬に地上部分は枯れて
根が生き残るパターンでしょう。
踏み付けにも強くはないし、グラウンドカバーはどうかな〜。

また、大株にすると蒸れて梅雨時に腐りやすいかもです。
梅雨前に切り戻して脇芽を出させ、
秋から2番花を楽しむのがよさそうです。

「タネまきの適期は3〜4月、9〜10月」ということで、
去年の秋遅くに種まきをしました。
発芽率はよかったのですが成長が遅くって…。

冬はほとんど休眠状態で、年が開けても1cm未満のチビ苗。。
栽培記録なんかを読みますと、みなさん、
「すんごく丈夫!殖えすぎて処分に困る〜」とかおっしゃってます。
そうなん?

4月になって、ここから急成長するんやろ?って
はりきって2階のベランダに出しといたら水切れで昇天〜。
水やりを忘れたのはほんの2〜3日でしたのに。
<(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!!

ほじくり返すと根はけっこう張っておりました。
まだ復活の可能性はあったけど、「もうええわorz」
という気分になっちゃって処分したん。

で、先月、ブルーミングスケープで源平小菊の種を
M様からお譲り頂きまして、蒔いてみたの。
5月の末なので遅すぎる気はしたけれど、
問題なくいっせいに発芽してくれました♪

ふむ、やっぱし、発芽率はバツグンです。
発芽適温は神経質にならなくてもよいみたい。
今のところ順調に育っておりますがちょっと不安…。

エリゲロンは広く環境に順応できますが、
本来は日当たりと通風がよい乾いた場所に生えています。
発芽したてのミニミニ苗は梅雨〜真夏を乗り切れるかな?
なにせ枯らしてしまった前科があるので、なんや不安。。

んで、ブルーミングスケープでエリゲロンの苗も
K様から譲っていただいたのでした(笑)。

画像は2009/05の末です。
苗の植えつけ適期は10〜11月か3〜4月なので、
ちょびっと遅い気もいたいます。
(^^;)
エリゲロン

送って頂いた苗は大株でお花やつぼみがついていました。
まあ、梅雨の直前なので葉も含めてバッサリとカットして、
風通しをよくして植えてあげました。

植え付け直後でグッタリしていますが問題ナッシング〜。
週末に見ると、脇芽が伸びだしてました。
梅雨に耐えて、秋にまた開花してくれるとよいな。
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
エリゲロン・種子から栽培・その1

琉球アサガオのオーシャンブルーの挿し木に失敗。。

琉球アサガオと朝鮮アサガオは違うのでした〜」
○○アサガオという名前で出回っている植物は多くって、
ケロにはよくわかりません(笑)。

特に品種にこだわりはなくって、丈夫に育ってくれればOK♪
確か、どこかから紛れ込んだ正体不明のアサガオが
何年か前に咲きました。

ふつ〜の紫のお花です。
近所の道端にも野生化したアサガオ、ヒルガオ、ルコウソウなどが
いっぱい咲いております。

全く放任なので、支柱もなくて3尺バーベナに巻きついてたの。
それでも、こぼれ種で毎年たくさん発芽して、
セッセと引っこ抜いております。
(^^;)

今年は緑のカーテンで日差しをさえぎってみようと
2階のベランダのプランターにツル性植物を植えています。

・西洋アサガオのヘブンリーブルー:ヒルガオ科イポメア属の1年草。
花期は8〜11月、花色は青、つるがよく伸び多花性で昼咲き。
ヤフオクのオマケの頂き物♪
順調に成長中!

・カラスウリ:ウリ科カラスウリ属の多年草。
花期は7〜9月、独特の白花、真っ赤な果実が目立ちます。
試しに種を蒔いてみたら、アッサリ発芽〜。
順調に成長中!

・フウセンカズラ:ムクロジ科フウセンカズラ属の1年草。
花期は7〜9月、花色は白、果実の形を楽しむのかな。
これも頂き物で、順調に成長中!

・オキナワスズメウリ:ウリ科オキナワスズメウリ属の1年草。
花期は7〜8月、花色は黄色、カラフルな果実がキュート。
これはブルーミングスケープでB様からお譲り頂いて、
いま、続々と発芽中!

ベランダの手すりに園芸ネット180×80を3セット張って
スタンバイOKです。
どんどんツルを伸ばしちゃってください〜。
(^▽^)/

で、もひとつ、琉球アサガオを予定しております。
ケロは朝鮮アサガオとの区別がついていなくって…。

・朝鮮アサガオ:ナス科朝鮮アサガオ(ダチュラ)属の一年草。
華岡青洲の全身麻酔手術で有名なキチガイナスビですね。
こちらは育てにくいみたい。

・洋種朝鮮アサガオ:ナス科朝鮮アサガオ(ダチュラ)属の一年草。
熱帯アメリカ原産で野生化しています。
ケロも空き地や道端で見ている気がするな〜。

・木立朝鮮アサガオ:ナス科木立朝鮮アサガオ(ブルグマンシア属)
の多年草(というか常緑低木かな)。
これもよく見かけるエンゼルトランペットです。

このへんはいずれもナス科の有毒植物で、
なぜ○○アサガオと言うのか疑問なんやけど…。

さて、前置きが長かったのですが、
ここからが今日の琉球アサガオのお話です(爆)。
こちらはヒルガオ科イポメア属ですが半耐寒性多年草なので
宿根アサガオとも呼ばれます。

「花期は6〜11月と長く、短日性で1年目の咲き始めは遅いが、
越冬後は開花時期が早まる。
葉腋に花径10cmほどの大輪を数個付ける房咲きで多花性。
終日咲き続け、青→紫→赤紫と花色が変化する。」

時間とともに花色が退色するのでしょうね〜。
青花が基本ですが、白やピンクの品種もあります。
1日花ではなく数日咲いているのだとか。

「ツルが10mも伸び、葉は3尖葉と丸葉も混在。
亜熱帯原産のノアサガオの突然変異亜種といわれる。
日本に自生するノアサガオより色は濃く、花・葉ともに大型。
めったに結実せず、結実するのはノアサガオと交雑の可能性あり。」

種ができないので、挿し木で殖やします。
挿し木はごく簡単とされていて、ケロもやってみました。
挿し穂はブルーミングスケープでS様から頂きました。

とっても状態のよい挿し穂で、何本かは数cmくらい発根してる♪
もう楽勝かと思ったのですが…。
なぜか全滅。。
なんでやろ???

う〜む、原因がわかんないのですがとにかく枯れてる。。
.....(;__)/| ずぅぅぅぅん
注意1秒けが一生、油断大敵でございます。

近所のお店でオーシャンブルークリスタルブルー
などの名前で流通しています。
1株あれば十分でしょうから、198円で買ってきました。

苗から開花まで約2ヶ月かかりますし、
今年は1年目の株ですから開花は秋ですね。
来年、もっかい、琉球アサガオの挿し木にチャレンジします。
(^^;)

亜熱帯地方の植物にしては耐寒性もあります。
北関東では冬に地上部分は枯れるでしょうが、
根が生き残って翌春に発芽するはず。
耐寒性は0〜−5℃まで耐えるとありますね〜。

ツル性植物ですが、株元は木質化するみたい。
横へ這って殖え広がるので、2階のベランダから垂らすのに
よいかもですね。

ツルが地面に着くと発根して新しい株ができます。
放置すると琉球アサガオ屋敷になってしまうんですって。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

お花はノアサガオよりも青みが濃く、真ん中がピンクで涼しげ♪
結実しないから交雑の心配もありませんし。
開花したら、画像をアップしたいです〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのチョウセンアサガオ?
セイヨウアサガオのヘブンリーブルー♪
野草のアサガオ
オキナワスズメウリの蒔き時って?

チチコグサとハハコグサ

ウラジロチチコグサかな〜?」
チチコグサハハコグサもキク科のハハコグサ属です。
ケロは漠然と「ハハコグサはハハコグサ属の1年草(越年草)、
チチコグサはチチコグサ属の多年草」と思っておりました(笑)。
どちらもハハコグサ属だったのですね〜。
(^^;)

それらしいのが駐車場に生えているのですが、
似たようなのがいろいろあって区別が難しいです。
さらに、前回のエゾチチコグサ属とかヤマハハコ属とかもあって、
ややこしいです〜。

Wikipediaの「ハハコグサ」によりますと、
「春の七草の一つ(オギョウ)で、茎葉の若いものを食用にする。
ハハコグサ属は日本では5種ほど、それに新しい帰化種が加わる。
新芽がやや這うので「這う子」からなまったのではとの説もある。」

語源的には母も子も関係なかったのね。
昔は草もちに練りこまれていたそうです(今はヨモギ)。
全草を日干しにすれば健康茶にもなると。
ハハコグサもハーブと言ってもよいかもですw

道端や空き地に普通に生えています。
草丈は10〜30cmで、葉と茎には白い毛が生えているので
シルバーリーフに見えます。

根出葉がロゼットの状態で冬越ししますが目立ちません。
「花期の4〜6月で、茎の先端に頭状花序の黄花
(舌状花はなく、筒状花だけ)を多数つける。」

お花が咲いて気が付くことが多いです。
明るい黄色の筒状花のみの頭状花はけっこう目に付きます。
お花をアップにするとこんな感じ。
ハハコグサ

画像は2009/05の初めです。
日照と通風のよい場所が好みで、乾燥にはよく耐えます。
ま、道端の雑草ですから、環境適応力は高いです〜。
ハハコグサ

こちらは2009/09の上旬です。
花期からすると同属のアキノハハコグサかなとも思います。
「ハハコグサに似ている1年草だが花期は9〜11月。
草丈は60cmに達し上部で分岐、葉は披針形で互生する。」
ハハコグサ?

う〜ん、全体像はないのですが、枝分かれはしていなかったかな。
秋に咲いたハハコグサのような気がいたします。
雑草の花期はアバウトで、生育環境に大きく左右されますから。

で、こっちのは2009/05の下旬ですが…。
正体がイマイチ不明なのです。
ウラジロチチコグサ?

・チチコグサ:多年草、葉は幅のある線形で先は尖り気味。
葉の形も、お花の付き方も違いますね。

在来種のチチコグサやハハコグサに対し、
同属の外来種にチチコグサモドキ、ウスベニチチコグサ、
ウラジロチチコグサなどがあります。

・ウスベニチチコグサ:熱帯アメリカ原産の越年草、
葉はヘラ形で先は尖り気味。
これはお花が薄い紅色に見えるので花色が違います。

チチコグサモドキ:北米原産の越年草、葉はヘラ形で先は丸い。
花期は4〜9月、草丈は10〜30cm。
褐色の頭花は葉の脇にかたまって付き短い花穂のようになる。

うん、葉っぱの形やお花の付き方からしてこれでしょう。
葉の表面の白い綿毛が短いので表側は緑に近い色になります。

(・・。)ん?
もひとつ似たのがあるのです。

ウラジロチチコグサ:踏みつけに強い南米原産の多年草。
葉は幅が広い長楕円形で先は丸い。
花期は6〜8月、草丈は20〜25cm。
茎の上部に褐色の頭花を穂状に付ける。
ランナーを伸ばして増殖し、冬はロゼットで越冬する。
葉の表側は無毛で鮮緑色、葉裏は綿毛を密生させて白。

う〜ん、冬もロゼットを見かけた気がする…。
かなり繁殖力は強いけれど、ランナーかこぼれ種かは不明…。
あとで、葉っぱをめくって裏の色を確認してみます。
両方混じってる可能性まありますね(笑)。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
エゾチチコグサと紅花エゾチチコグサはベツモノデスか?

エゾチチコグサと紅花エゾチチコグサはベツモノデスか?

エゾチチコグサは丈夫かな〜」
エゾチチコグサはキク科エゾチチコグサ属の多年草です。
ユーラシアの寒帯や北米大陸北部などの寒い地方に分布していて、
日本では北海道北部に自生しています。

エゾツガザクラ、エゾアザミ(チシマアザミ)に続く
エゾ○○シリーズです(笑)。

「北海道の大雪、阿寒、知床、北見周辺の高山の砂礫地に育つ」
とあります。
どうも、高温多湿には弱そうに思えるな〜。

草丈は10〜25cmと小型で匍匐して殖え広がります。
小さなヘラ型の柔らかい葉がわりと密に付いていて、
銀色のシルバーリーフが美しいです。

英名は「ネコの耳」、フランス語だと「ネコの足」
と呼ばれるそうです。
葉っぱのふわふわした感じがニャンコを連想させるのかな?

花期は6〜7月で、株元から立ち上がった花茎の先に
花径8mmほどのピンクのお花が咲きます。
画像で見たところ、花色にはずいぶん濃淡がありました。
薄くピンクがかっているものから紅色まで様々です。

乾燥には強いけれど、蒸れると根腐れするのだとか。
う〜ん、確かにケロのエゾチチコグサは調子がもうひとつです。

苗はブルーミングスケープでM様からいただきました。
とっても状態がよかったので、すぐに地植えにしたんやけど…。
その後、4日連続の雨が降ったりして、
下葉が腐って一部枯れているような…。

鉢植えで様子を見て、秋に定植したほうがよかったかもです。
このあと梅雨に入りますしね〜。
「やや酸性の土壌を好む」とあって、これはピッタリ。
西日が当たらず、乾燥気味の場所を選んだつもりですが、
1年目の梅雨〜真夏を乗り切れるかな〜。

画像は2009/05の下旬のエゾチチコグサです。
植え付け直後でグッタリしていますね。
ん〜、多湿で下葉が枯れております。。
M様ゴメンナサイです〜。エゾチチコグサ

その1週間後です。
枯れた下葉はしかたないけれど、何とか立ち直りました。
終りかけていますがピンクのお花も楽しめました♪
エゾチチコグサ

お花は開ききらない感じで咲いていました。
画像は小雨の日に散りかけたとこを撮ったのでイマイチですが、
実物はピンクの色がハッキリ出て可憐でしたよ。
(*^^)v

ケロ的によくわかんないのは、検索したお花に差が大きいこと。
花色は赤に近い濃さで開いている画像も見かけます。
おんなしものの別名かと思っていたのですが、
エゾチチコグサと紅花エゾチチコグサはベツモノデスか??
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

病害虫は特になく、山野草の仲間では丈夫なのではないでしょうか。
地植えで殖え広がってくれると手間なしです。
まあ、モグラの魔の手が迫っております〜。
したからほじくり返されたら、掘り上げて鉢植えにしますね。
(^^;)

このチチコグサやハハコグサの仲間は似たものが多くって
紛らわしいです。
ケロの駐車場にもハハコグサやウラジロチチコグサが生えてます。

ちなみにエゾハハコグサというのもあります。
キク科ハハコグサ属のたぶん越年草です。
「草丈は50cm以上になる。シルバーリーフで白い地味な花。」

ハハコグサは頭状花が黄色ですが、エゾハハコグサは褐色かな。
ジミです。。
道端の雑草とされております〜。

さらにちなみに、似た植物としてヤマハハコが挙げられていました。
キク科ヤマハハコ属の多年草です。
こちらも涼しい気候を好むようです。

「雌雄異株で地下茎でも繁殖するため、
山地の路傍や草原に群生する傾向がある。
草丈は30〜70cm、葉の裏面は毛が密生して白色。
花期は8〜9月で、枝先に多数の花を付ける。」

こちらは白花(花弁ではなく白い総苞片)です。
お花の真ん中は黄色で、アップで見るとかわいらしいよ。

ケロは漠然とチチコグサ=多年草、ハハコグサ=越年草
と覚えておりましたが…。
○○チチコグサの中には越年草もあり、
○○ハハコグサの中には多年草もあるのですね。

ま、どちらもキク科のハハコグサ属ですものね。
エゾチチコグサ属とかヤマハハコ属とかってハハコグサ属と
どこが違うのかな〜。
(・・?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
エゾツガザクラは北海道の高山植物♪
チシマアザミはエゾアザミ♪

エゾツガザクラは北海道の高山植物♪

エゾツガザクラの育て方は?」
エゾツガザクラはツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木です。
北海道〜本州北部に自生しているそうです。
和名は「北海道(昔は蝦夷と呼ばれた)に自生するツガザクラ」
という意味でしょう。

ツガザクラもツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木で、
常緑の葉が針葉樹のツガに似ていることから命名されました。
「亜高山〜高山帯の岩礫地などに生え、樹高は40〜50cmほど。
花期は6〜8月で、花径6〜7mmの淡いピンクを帯びた小花が
下向きに咲く。
交雑による雑種が誕生しやすい。」

葉っぱがツガに似ているというのはわかりますが、
お花のどこがサクラに似ているかと言いますと…。
白花で薄いピンクがかってる花色が似てるだけ(笑)。

本州中西部〜四国に分布するということで、
温暖な気候があっているのでしょう。
涼しいのを好むエゾツガザクラとは住み分けているのね。

さらにちなみに、Wikipediaの「ツガ」によりますと、
「ツガはマツ科ツガ属の常緑高木。
日本には温暖帯に生えるツガと亜高山帯に生えるコメツガの
2種が分布する。」

コメツガの画像も借りてきました。
うん、マツバ状の葉は似ております。
ただし、コメツガの樹高は20〜30mもありますので
サイズが全く違います〜。
コメツガ

で、エゾツガザクラにお話は戻りましてと。
「樹高は30cm前後で、茎は匍匐しよく分岐する。
密に互生する線形の葉は革質で、長さ1cm、幅2mmくらい。
7〜8月頃、枝先に数個の壷型の濃い赤紫色の花を下向きにつける。」

ケロは難しそうで高山植物にはほとんど手を出さないのですが、
釣鐘みたいにぶら下がる小さなお花がかわいくって…。
ブルーミングスケープでG様からお譲りいただきました♪

山野草は水はけのよい用土を好むものが多いはずです。
「山野草は比較的涼しく、水はけのよい環境で自生しており、
平地の蒸し暑い環境で水はけの悪い用土に植えられると
うまく育たない。
腐葉土は夏場に鉢の中が蒸れるので原則として使わない。」

ふむ、ケロ御用達の10リットル99円の培養土は危険かな〜。
種類によって使い分けるということですが
「富士砂・軽石砂・焼き赤玉土・桐生砂・ピートモスなどを
適宜にブレンドする。」
あ、ここまでは無理みたい。
(^▽^;)

「一般的には、鹿沼土3、赤玉土1、軽石1の割合でブレンドする。
鹿沼土、赤玉土は土の形が崩れにくい硬質タイプを使う。」
えっと、いただいた苗の土は軽石砂が混じってるようです。
ん〜、とりあえず、粗めの鹿沼土で植えつけました。

エゾツガザクラは「高山の湿った草地等にカーペット状に群生する」
とありますから、赤玉土を混ぜたほうがよかったかな?

前回のエゾアザミ(チシマアザミ)に続くエゾシリーズなのですが、
こちらも栽培に関する情報は少ないです。
エゾアザミとは違って山野草として通販でも売られております。
山野草ってけっこう高額なのですね!?

ただ、販売ページの情報はよくわからない。
「耐寒度0℃」となってるんですけど…。
ケロも道産子ですから言い切ってしまいたいのですが、
耐寒性が0℃やったら北海道で自生できないんでは?

「花色は、紫からピンク、橙黄色と多様。
アオノツガザクラとの自然雑種が多いため、花の形や色はさまざま。
エゾツガザクラに近い雑種がコエゾツガザクラで、
アオノツガザクラに近いのがニシキツガザクラと呼ばれる。」

お花の形と色は
・エゾツガザクラ:長楕円形に細長く、濃い赤紫色。
・アオノツガザクラ:つぼ型でクリーム色。

お譲りいただいた株はお花つきでした。
花色はハッキリと赤が出ていましたからエゾツガザクラですよね。

さらにしつこくWikipediaの「アオノツガザクラ」によりますと、
「ツツジ科ツガザクラ属の常緑小低木。北海道〜中部地方以北の
高山帯の適度に湿り気のある岩場や草地に群生する高山植物。
高さは10〜30cm。花期は7〜8月。花は淡い黄緑色で壷状の花冠は
6〜8mmですぼまった先が浅く5裂している。
名前は青っぽい花をつけるツガザクラからきている。」

花色以外はほとんどエゾツガザクラと共通です。
画像も借りてきました。
んと、お花は青っぽく見えませんけれども〜。
アオノツガザクラ

画像は2009/05の末のエゾツガザクラです。
明るい半日陰に置いたり、霧吹きで葉水をあげたりと
ケロ的には大サービス中です。
エゾツガザクラ

あ、花がらを摘んであげなくっちゃデス。
夏を乗り切ってくれたなら、秋には地植えにしたいなっと。
(*^^)v

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
チシマアザミはエゾアザミ♪

チシマアザミはエゾアザミ♪

チシマアザミの耐暑性はどうなん?」
チシマアザミはキク科アザミ属の多年草です。
エゾアザミという別名もあります。
千島列島のチシマと、北海道の昔の呼び方の蝦夷が語源でしょう。

キク科アザミ属の仲間をアザミと総称しますが、
チシマアザミは北海道ではポピュラーなアザミだそうです。
草丈は1〜2mと大型で、ひょろりと伸ばした茎の先に
1個または数個のピンクの頭花を下向きにつけます。

花期は7〜9月で、つぼみのときは赤みが強いのに、
花開するとくすんだピンク色になってしまいます。
観賞価値が低いとみなされているのか、
山野草のコーナーでも売られているのはみたことがないです。
(^^;)

「総苞は球状鐘形でくも毛がある。
総苞片は披針形〜線形で反り返る。
葉は全縁〜羽状に深裂するものまで形の変異が大きい。
葉の縁に鋭い刺がある。根生葉は花時には枯れる。」

くも毛というのは苞に付いている蜘蛛の糸状の毛のことです。
細くて白いイトのような毛がクモの巣状に絡み付いています。
葉は長さ17〜35cmと大きめですが、
羽状に裂けていたりいなかったりと形はいろいろです。

チシマアザミに似た仲間にエゾノサワアザミがあります。
チシマアザミは低地〜山地の草地、明るい林内などに生えますが、
エゾノサワアザミは低地〜山地の湿地などに生え、
草丈は100〜150cmと少し小型ですね。

両者は花期・お花の付き方・花色などの共通点が多いのですが、
「エゾノサワアザミは根生葉は羽状も中葉も羽状に全裂する」
という点で区別できるんですって。

いくつかの変種もあるそうです。
・リシリアザミ:利尻島の海岸草原に固有のアザミ。
頭花を直立させて咲く。
・ヒダカアザミ:日高山脈固有のアザミ。
茎葉がほとんど切れ込まず、赤黒い花を咲かせる。

ケロは帯広育ちなので、日高は地元の山です。
利尻にはおじさんがいたので、夏休みには長期滞在してた。
いろんなアザミを目にしている可能性もありますが、
全く記憶にないですね〜。

で、ブルーミングスケープでチシマアザミをE様から
お譲りいただきました♪
E様、いっつもアリガトウデス。
ヾ(=^▽^=)ノ

問題は耐暑性ですよね。
北海道に自生していて、花時には根生葉は枯れているのですから、
たぶん暑さには弱いと予想できます。

北関東はそろそろ梅雨に入るのかな。
ここから真夏の暑さまでを乗り切れるかが勝負です。
1年目の夏を乗り切って根を張れれば、順応できるかもしれません。
耐寒性は全く心配なさそうですし。

画像は2009/05の末です。
根が乾かないように土の中に埋めてあります。
百均の直径38cmの洗い桶です〜(笑)。
チシマアザミ

翌日、雨の中を植えつけ強行!
葉っぱは柔らかくて折れやすいです。
植え付け直後でグッタリしてますが、根がタップリ付いているので
大丈夫だと思うのです。
チシマアザミ

お家の東側に植えたので、西日は当たりません。
キクイモモドキを一株掘り起こしてスペースを作りました。
あさっての最高気温は29℃ですか。
ちょこっと不安なのです〜。

検索してみたのですけれども、栽培記録とかは見当たらなかった。
山や林で見かけたっていう記事ばかりです。
はたして本州で栽培可能なんやろうか?
結論は今年中にわかります〜。
(*^.^*)エヘッ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アーティチョークのお花はデカカッタです〜
ドイツアザミの花つき
アーティチョークのつぼみ
テラオカアザミはドイツアザミ

ニューサイランの耐寒性はどうなん?

ニューサイランは観葉植物やけど有用植物でもあります〜」
ニューサイランはリュウゼツラン科フォルミウム属の常緑多年草で、
葉っぱを楽しむ観葉植物として扱われています。
属名は学名のカタカナ読みですね。

ニュージーランド原産で繊維をとる原料にされていたため、
英名はニュージーランドアサかな。

「葉から繊維を採り製紙、帆布、ロープの原料とし、
根は薬用に、花からは蜜が採れる。」
ふむ、お役立ちの有用植物ですね。
ハーブといってもよいかもです〜(笑)。

「原産地名のニュージーランドがニューサイランと訛った呼び名が
広まった」そうですが…。
う〜ん、よくわからないな。
(^^;)

光沢のあるスラリと伸びた緑の葉に黄色や白の縦縞が入いる
ニューサイラン・バリエガータがよく出回っているそうです。
生け花の素材としても使われます。

「根茎から多数叢生する暗緑色の剣形の葉は互生し、
葉の幅は6〜10cmで長さは60〜100cmが標準。」
種類によってはもっと大きくなるみたい。
花茎を伸ばした時には2mを超えるのもあるのかな〜。

葉の色や斑の入り方はいろいろです。
楽天市場をのぞくとたくさんの種類がありました。
ケロ的にはニューサイラン・パープレアがよいかな。

「ワインレッドからパープルブロンズの陰影の深い葉色がシックで
生長が早く極めて強健」
放任栽培できそうでよいですね。

カイガラムシがつく程度で、特に病害虫はなしと。
多肥を避け、日によく当てて風通しと水はけのよい場所で育てます。

花期は6〜8月で、1〜2mほどに伸ばした花茎の先に
房状にだいだい色のお花をいくつも付けます。
筒状の花の長さは2〜4cmで、おしべが先端から飛び出して、
先っぽのやくは薄い金色ですね〜。

ちなみに、リュウゼツラン科リュウゼツラン属の多年草の
リュウゼツランは開花まで長い年月がかかるそうです。
画像で確認すると、お花のつき方はぜんぜん違うねw

ニューサイランにも赤花のテナックス種と黄花のクッキアヌム種が
あるんですって。
両者を交配させた園芸品種もたくさんあって、
区別が難しいものが多いのだとか。

で、ブルーミングスケープでM様からお譲りいただいたのですが、
例によっていただいてから泥縄で育て方を検索してるの。
アコルスと似たものを予想していたのですが、
予想以上にボリュームがありそうです。

ん〜、湿り気があって水はけがよい場所で、
通風も日照もよいところですか?
そゆとこにはモミジアオイとパンパスグラスが生えておりますね。

よし、キクイモモドキに2〜3株退場してもらおう。
草丈が2mを超えるし、横にも広がるのです。
発芽率もバツグンの多年草でちょっと手に負えないかなって。

スペースの次に問題になるのは耐寒性でしょうか。
M様は確か四国にお住まいですから、
問題なく地植えにしていらっしゃると思うのやけど…。

ニューサイランの耐寒性はいろんなことが書かれておりまして。
・半耐寒性多年草(0℃以上)
・葉は多少傷むが−5℃くらいまでは耐える。
・暖かい気候を好むが、-10℃度ほどまでなら耐えられる。

0℃と−10℃ではえらく差がございますよ。。
・福島、茨城・県南では庭植えで越冬できた。
・降雪にもある程度耐えられる。

当然、品種によって耐寒性は異なります。
「葉が派手でカラフルな品種の中に耐寒性の弱いものが多い」
うん、きれいなヤツは弱いことが多いんよね。

北関東でもギリギリ地植えでイケそうに思います。
常緑多年草ですが、寒さで葉は枯れるでしょうが、
防寒すれば根茎で冬を乗り切れるのではないかな〜。
痛んだ葉っぱは春に根元から切り取ればよいのだし。

株分けや植え替えの適期は3〜4月ですから、
ちょっと遅かったけど丈夫ですから問題ナッシング♪
今年が勝負で、2年目以降は環境に順応して、
枯れる葉が少なくなるかもしれません。

いただいたニューサイランは赤花のテナックス種で
ニューサイラン・バリエガータというものではないかなと。
通販ページにも少し小型のクッキアヌム種の情報がありました。

「海岸線〜1300mの高山帯まで自生する。
葉はほっそりしており、長さ60〜100cm。
−10℃の低温に耐える。
日当たりを好み、水はけが良くかつ湿り気のある土でよく育つ。
花茎を葉より長く伸ばし、暗赤or黄色の花を円錐花序につける。」

ニューサイランのテナックス種の耐寒性はケロが検証してみます〜。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!
画像は2009/05の中旬です。
多湿にしちゃいそうなのでこの後すぐに駐車場に植えました。
ニューサイラン

ん?植えつけたあとの画像が見つかんないお。
あとでアップしたいです。

あ、日曜日まで4日続きの雨なのです。
最近植えつけて根が十分張れていない苗たちの根腐れが心配です〜。
エゾチチコグサとかダイジョウブカナ。
「(´へ`;ウーム

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アコルスってセキショウのことなん?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。