ハーブと草花・種子栽培-2カテゴリの記事一覧

バレリアンはセイヨウカノコソウ♪

バレリアンはどこでゲットできるのかな〜」
バレリアンはオミナエシ科カノコソウ属の多年草です。
ヨーロッパ〜西南アジア原産で、和名はセイヨウカノコソウ
草丈が50〜80cmで、開期が6〜8月となっています。

楽天市場をのぞくと「セントランサス(バレリアン)」とあり、
花色は赤と白がありました。
画像を見ると芳香のある小さな花が球状に集まって咲くのですね。

花色は赤、白、ピンクとあって、
赤花のレッドバレリアン(ベニカノコソウ)がよく知られています。

「冬に地上部分は枯れるが−10℃ぐらいまで耐える。
耐暑性もあり、こぼれ種でも殖える。
花数は減るがある程度の耐陰性もある。」
ということで、丈夫なハーブです。
原産地では道端の野草なのだとか(笑)。

酸性土を嫌うので苦土石灰で中和する、
湿り気のある肥沃な場所を好む、
などの注意点はあるようですが…。
土質を選ばず、病害虫も特にない育てやすいハーブです。

とここまで書いてきましたが…。
「オミナエシ科セントランサス属のセントランサスは主に鑑賞用、
薬効のあるハーブとして利用されるのはコモンバレリアン」
だそうですね〜。
(^^;)

コモンバレリアンの種も売られていました。
欧州原産のオミナエシ科カノコソウ属の耐寒性多年草です。
「花色は淡桃色、発芽適温は15〜25℃で春か秋に蒔く。
発芽に2〜3週間かかる。」とありました。

セントランサスと育て方はほほ共通です。
草丈は60〜150cmと少し大型なのかな〜。
葉にも花にも香りがあるけれど、芳香とは言い切れないみたい。

バレリアンといえば精神を安定させる効能のあるハーブで、
疲れ、不眠、神経障害などの症状に効果があるんですって。
根の部分を乾燥させて利用するようです。
お味はまずいのでブレンドしてハーブティーにも使われると。

ちなみに、カノコソウは湿り気のある山地に自生する在来種で、
オミナエシ科カノコソウ属の多年草です。

「草丈は50〜60cmで、花期は5〜6月。
葉は対生で羽状に裂け、2〜4対の小葉は先の尖った卵形。
で先と基部が尖っていて葉の縁には鋸歯(きょし)があります。
花茎の先に散房状の淡紅色の小花がたくさん付く。」

バレリアンと見た目も、育て方も共通点が多いですね。
根茎を乾燥させたものが生薬の吉草根で、
クセのある独特の香りがあるそうでして…。
「よい香りと感じる場合にはヒステリー気味。」

そうなん?
中毒性のない精神鎮静効果の点では
セイヨウカノコソウよりもカノコソウのほうが上だとか。
香りをかいで、ケロのヒステリー度をチェックしてみたいなっと。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

Wikipediaの「セイヨウカノコソウ」によりますと
「英名はヴァレリアンでヨーロッパ原産。
根や茎を不眠症や精神高揚等に効果がある薬草として用いる。
サプリメントとしては「バレリアン」と呼ばれる。
過剰摂取による副作用や、
長期服用による習慣性や副作用発現も報告されている。」

なるほど、ま、効能があればそれに見合った副作用もあります。
ケロは鑑賞用として楽しむことにします。
(^ー^)ノ

Wikipediaの画像を借りてきましたが、
お花がないのでチョコット印象がつかみにくいですね。
シモツケに似たお花が咲くんよ。
セイヨウカノコソウ

で、国華園にセントランサスの種子が売られていたのです。
国華園の「50円 花たね」は去年さんざん利用させてもらったん。
全ての種類が問題なく発芽してとっても優秀やった。

んで、そろそろ春まき用に種を買おうかなとのぞいてみると、
春まき用の種にセントランサスの種子がございません〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ
秋まき用の種として登場するの??

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
国華園の「50円 花たね」
国華園の「50円花たね」の発芽率は?
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪

カラスビシャクはヘソクリ?

カラスビシャクもハーブかな〜」
カラスビシャクはサトイモ科ハンゲ属の多年草です。
日本全土にみられる畑の雑草だそうですが、
ケロは実物を見たことはないです。

花期は5〜8月で、草丈は20〜40cm、
苞な長さは5〜6cmとなっています。
この筒状で上部が開いた苞(仏炎苞)はサトイモ科の植物に
共通なのだそうです。

ケロの山小屋の土地にもマムシグサが生えていました。
マムシグサはサトイモ科テンナンショウ属の多年草ですね。
草丈は50cmを超え、大きなものは1mに達します。
秋に毒々しいといってもよいような赤い実をつけます。

ケロは野草に好き嫌いはあんまないし、
マムシグサは湿った半日陰に生えるのでケロの駐車場向きです。
けど、まあ、これは移植して育ててみたいとは思わなかった。
(^^;)

で、種子交換サイトの「雑草ちゃうで」で、
カラスビシャクのムカゴを見つけまして…。
草丈もたいしたことないし試してみようかなと。

苞の中の肉穂花序の根元のほうは雌花が
その先は雄花が密生していて、
さらにその先のむち状の付属体が苞から飛び出して見えます。

地中にある直径1cmほどの球茎が分球して殖えますが、
3小葉の葉を展開し葉柄につくむかごでも繁殖します。
繁殖力は強くヤッカイな畑の雑草とされています。

Wikipediaの「カラスビシャク」によりますと、
「葉は長い葉柄があって立ち上がり、先端に3枚の小葉をつける。
塊茎は、半夏(はんげ)という生薬で鎮吐作用がある。
乾燥させず生の状態では、蓚酸カルシウムを含んでおり食用は不可。
北アメリカの一部では、侵略的外来種として問題視されている。」

苞の形が柄杓に似ていて人が使うには小さいので、
「カラスのヒシャク」。
農家の人が除草の時に集めた球茎を売ってお小遣いにしたので
「ヘソクリ」。

吐き気を鎮めるので、つわりの時なんかに使われたんですって。
ただ、今では国内の生産量は少なくて、
ほとんどが中国および朝鮮半島からの輸入品だそうです。

雑節の半夏生の頃に生えるのでハンゲという別名もあります。
雑節というのは季節の移り変りをより適確に把むために設けられた
特別な暦日のことでして…。
ポピュラーなものは「節分、彼岸、八十八夜、入梅、土用」
などでしょうか。

半夏生は「カラスビシャクが生える頃で毎年7月2日頃」です。
発芽する時期ではなくって、生えている時期というか
開花して独特のの苞が目立つ時期のことなのでしょうね〜。

Wikipediaの画像を借りてくるとこんなんです〜。
ジミな野草ですけれど実物を見てみたいなっと。
カラスビシャク
侵略的外来種になるくらいの繁殖力ですから放任可能でしょう。
ほっておいても自力で殖え広がってくれそうです。

それでですね。
2008/09/25に蒔いたカラスビシャクのムカゴなのですが…。
全く反応ナッシング。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

ええと、カラスビシャクのムカゴの栽培記録がありまして、
「地上に落ちたムカゴは葉と根を出して少しずつ地面にもぐる。
約1ヵ月で半分ほどムカゴは根の収縮によって地中に沈む。」
とありました。

他の球根植物にも牽引根がありましたね。
けど〜、ちっとも沈まないよorz
別に腐ってるわけやないけど、心配になって埋めなおしてあげたの。

あ、ビミョウに根が出ているみたい。
初夏にお花が咲くんやから、発芽は春になるのかな。
せっかちに掘り返してはあきません〜。
(・・;)

根が乾かないように速攻で埋めな直したのでした(笑)。
ま、強健な野草のようですから大丈夫でしょう。
でもさ、早く芽が出てくんないと、
水やりを忘れてミイラにしてしまいそうで怖いのです〜。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

ショウジョウバカマの発芽率は?

ショウジョウバカマは丈夫な野草のはずなんやけど…」
ショウジョウバカマはユリ科ショウジョウバカマ属の多年草です。
花期は3〜5月、草丈は20〜30cmほどで
日本全国に自生している在来の野草なのかな。

ショウジョウ○○という植物名はよくあります。
「ショウジョウ(猩々)は中国の伝説上の怪物で
酒好きで赤ら顔」ということで、赤系統のお花につけられます。

「早春に葉がロゼット状に広がる様子を「袴」に見立てた」
のだそうです。
ジャパニーズ・ヒヤシンスという別名もありますが、
ヒヤシンスとは姿かたちに共通点はない気がする(笑)。

高山性の山野草として紹介されていることもありますが、
人里や低地の湿原などに広く分布して、
日本全土でよく見られるとありますが…。
ケロは実物を見たことはなかった。。

湿り気のある半日陰を好むそうです。
花色はピンクが基本ですが、濃淡に差があって紫色に
近いお花もあります。

沖縄に自生するオオシロショウジョウバカマや
コショウジョウバカマ(ヒメショウジョウバカマ)は
白花なのですね〜。

光沢のあるヘラ状の根生葉のロゼットから
20cm程度の花茎を伸ばしてピンクのお花を咲かせます。
「花が開ききる前にめしべの柱頭が顔を出す雌性先熟」で
雄性先熟のヤツデと反対です〜。

花後も花茎は伸び続けて60cm以上にもなるとか。
かなり背が高くなります。
「糸くずのような種子」ができるのです。

種子交換サイトの「雑草ちゃうで」で
ショウジョウバカマの種子を譲っていただいたのですが…。
ホントに糸くずにしか見えませんでした。
(≧∇≦)ブハハハ!

画像は2008/11の上旬です。
2008/09/25の種まきで2008/10/30の発芽です。
えらく時間がかかった。。
春のお花ですから秋まきでよいはずですよね?
ショウジョウバカマ

双葉を見てもよくわかんないけど、
なりすましの雑草の芽ではないですよね!?
ショウジョウバカマ

続いて2008/12の上旬です。
2本目の芽が出た〜。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ
ショウジョウバカマ

けど〜、よく見るとなんか違う。
双葉がサイズも形もちがうんよね。
・・・( ̄  ̄;) うーん
ショウジョウバカマ

そして、2008/12の下旬です。
あ、お花の心霊写真になってしまいました〜。
(・・;)
ま、これしかないので失礼しましてと。
ショウジョウバカマ

本葉が出たところで明らかにベツモノデス。。
どちらかが成りすまし君?
そうなん?
最悪、どっちゃも雑草の芽だったりして…。
o( _ _ )o ショボーン

ま、引っこ抜かないで、もチョット様子を見てみよう。
片一方だけでもショウジョウバカマであって欲しいレス〜。

Wikipediaの「ショウジョウバカマ」によりますと、
「花の色は生育場所によって淡紅色、紫色、白色と変化に富む。
花被は花が終わった後もそのまま残り、
色あせはするものの咲いたときの姿を残しているので、
夏に緑の花が咲いている、といった姿となる。
繁殖は種子のほか、葉の先にできる不定芽によっても殖える。」

Wikipediaの画像を借りてくるとこんなお花です。
めしべとおしべが長く飛び出して繊細な感じ。
ショウジョウバカマ

葉先にできる不定芽で殖やすのが簡単そうですね。
マザーリーフのように殖えるのかな。

えっと、なんと近所のお店の山野草のコーナーに
ショウジョウバカマの苗が売られてる〜。
ちっこい鉢植えが380円ですか。
お正月やし、買うてまうかな…。
``r(^^;)ポリポリ 

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
オドリコソウとヒメオドリコソウ
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

オドリコソウとヒメオドリコソウ

オドリコソウは踊り子に見えるかな〜」
オドリコソウはシソ科オドリコソウ属の多年草です。
草丈は30〜50cmで、花期は3〜6月とあります。
花色はピンクか白のようです。

花期は地方によってずれますし、花色も濃淡の差があります。
お花はシソ科らしい唇形花で、
花びらが一体化して筒状1つの筒になっています。
開いた筒先の下唇は2裂していますね。

葉っぱは先の尖った卵形で節ごとに十字対生につきます。
在来種で野原や道端によく群生しているそうですが、
ケロは実物を見たことはないです。

お花を踊っている踊り子に見立てて、
オドリコソウという和名になったとか。
まあ、風情のあるネーミングやないでしょうか。
(^◇^)

Wikipediaの「オドリコソウ」によりますと、
「野山や野原、半日陰になるような道路法面に群生する。
唇形の花を数個輪生状態で茎の上部の葉腋に数段につける。
花のつき方が、笠をかぶった踊り子達が並んだ姿に似る。」

Wikipediaから画像を借りてきました。
花姿が美しい野草ですね。
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン
オドリコソウ

地下茎で殖え広がるようです。
実物のお花が見てみたくて
種子交換サイトの「雑草ちゃうで」で種をいただいてきました。

「秋に発芽して冬には葉を展開する」とあるので、
秋まきでよいはずなのですが…。
発芽いたしません〜。

画像は2008/12の上旬です。
種まきが2008/09/25で
発芽が2008/12/01ということなんやけど…。

やっと1芽だけ発芽したのですが、
ホントにオドリコソウかな?
もしかしたらなりすましの雑草だったりして。。
オドリコソウ

とっても成長が遅くって野草らしい力強さが感じらんない。。
やっと本葉が出たところです。
はたして開花までもっていけるかな〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?
オドリコソウ

ヒメオドリコソウは強健な帰化植物〜」
同じシソ科オドリコソウ属の仲間のヒメオドリコソウは
ヨーロッパ原産の帰化植物です。
繁殖力が強くて北米や東アジアにも帰化しているんですって。
こちらは1年草(越年草)ですね。

花期は2〜5月とオドリコソウより早めです。
秋に発芽して早春から咲き出す耐寒性1年草ですが、
雑草の花期はアバウトで秋から開花しているものもあります。

今日は2008の大晦日ですが、
道端にヒメオドリコソウとホトケノザのお花が咲いています(笑)。
どちらもシソ科オドリコソウ属の越年草で
似てるって言われるけど…。
葉っぱや全体の印象に共通点はないと思うな〜。

葉の鋸歯が深く切れ込む帰化種のモミジバヒメオドリコソウは
ヒメオドリコソウとホトケノザの交雑したものとか、
ヒメオドリコソウの変異種とか言われているみたい。

草丈が10〜20cmと低くく、葉や花の大きさも小さいので
ヒメオドリコソウと命名されたのですが…。
鋸歯のある葉は卵形で丸っこいし、
上部の葉は暗い紫色で見た目に共通点はないです〜。

Wikipediaの「ヒメオドリコソウ」によりますと、
「花は明るい赤紫色の唇形花で、
上部の葉の脇から外側に向かって開き上から見ると放射状に並ぶ。
温暖な地域では年間を通じて開花。
オドリコソウでは花の段の間が広いのに対して、
ヒメオドリコソウは互いに接近してつくため、
見かけの印象はかなり異なる。」

そのとおりでヒメオドリコソウは節の間がつまって
寸詰まりな感じがするの。
Wikipediaの画像を借りてくるとこんな感じです。
ヒメオドリコソウ

白花の変異種のシロバナヒメオドリコソウもあるのね。
葉に悪臭があるそうですが、実験してみたいです。
駐車場にもアチコチに生えてますから、
ちょびっとちぎってこようかな〜。
ニャハハ(*^▽^*)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヒメオドリコソウの唇形花♪
ヒメオドリコソウ
ホトケノザ
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

アリウム・ロゼウムの花色

アリウム・ロゼウムのお花はニラに似てるかな〜」
アリウムの仲間では大球性のアリウム・ギガンテウムが
一番ポピュラーのようですが…。
ケロ的には植えっぱなし可能な小球性のアリウムがよいです。

で、小球性のアリウムの中ではアリウム・ロゼウムが
よく出回っています。
通販でもヤフオクでもチョコチョコ見かけます。

検索していると、
「百均にて6球入りを購入」とありました。
百均でも売られているのね!?
送料もかからないしお得です。
ケロの近所の百均でも置いてほしいなっと。

アリウム・ロゼウムはユリ科ネギ(アリウム)属の多年草で、
秋植えの耐寒性球根です。
植え付け時期は9〜11月で、花期は4〜6月となっています。

草丈は30〜40cmで、花茎の先に2cmくらいの
白い星型の花を傘状にいくつも付けます。

白い花弁にピンクのラインが入っているようです。
白〜ピンクまで花色には濃淡があるみたい。
お花の中心に見えるやくの黄色がチャームポイント♪

離れて見ると白花に見えてニラのお花に似ていませんか?
やくと花芯の部分の色は違うけど、
ケロ的には全体的な印象はカブッテル気がする(笑)。

花後に種ができやすく種まきでも殖やせますが、
普通は分球で繁殖します。
地植えなら3年くらい植えっぱなし可能なはずです。

ただ、この植えっぱなし球根にもいろいろあるようでして…。
地中海原産で耐寒性が強くて防寒なしで冬越しできる反面、
休眠期の夏に高温多湿で腐る恐れがあります。

地中海性気候は夏に乾燥しますから、
夏に雨の多い日本の温暖湿潤気候とちょうど逆なわけで…。
比較的耐性があるといってもダメージは受けるわけです。

植えっぱなし球根といわれる小球性のアリウムも
放任栽培だと1〜数年で消える品種もあるんですって。
・・・( ̄  ̄;) うーん

そんな中でアリウム・ロゼウムは繁殖力が強く、
分球して良く殖えると言われています。
ケロ的には一番期待してるんよね。
(^◇^)

いつもの東樹園の半額セールでゲットしてきました。
画像は2008/12の中旬です。
球根の状態は悪くないと思う。
アリウム・ロゼウム

えっと、芽は3〜5cm伸びてる。
ま、発芽球根なのである意味安心とも言えますね。
(^^;)
アリウム・ロゼウム
待ったなしで地植えにいたしました。
霜のダメージがないように深植えにしてあげましたせいか、
なかなか地上に芽が出てきません。

さて、植え付け適期から一ヵ月半遅れて植えましたが、
何球開花してくれるんやろ?
休眠期の掘り上げは夏になってから考えたいです〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アリウム・ロゼウム(ロゼア)にはピンクと白がある
アリウム・ネアポリタナム(コワニー)の発芽♪
アリウム・モーリーはキバナノギョウジャニンニク♪
東樹園の球根半額セール!?

イフェイオンの花色はいろいろありますよ♪

イフェイオン・ピンクスターは耐寒性あり」
イフェイオンはユリ科イフェイオン属の多年草です。
耐寒性のある秋植え球根ですね。

北米〜南米原産で、花期が3〜4月と早春に咲きます。
英名のスプリングスターフラワーがピッタリです。
和名のハナニラは食用の八百屋さんに売られているハナニラと
まぎらわしいです〜。

セイヨウアマナという別名もあります。
この手の細長い線形の葉っぱで草丈の低い星型のお花は
みんな○○アマナとされるみたいですね(笑)。

草丈は15〜20cmと小型で前景向きです。
日当たりと水はけのよい場所を好みますが、
耐陰性もあります。

ケロの駐車場に生えているイフェイオンは日陰にありますが、
今年の春もそこそこお花を咲かせています。
3年以上経っていますが放任です。
植えっぱなしOKの丈夫な野草で、
近所には野生化した株もチラホラ見かけますね〜。

植え付け適期は9〜10月と少し早めです。
日当たりのよいところに植え替えようかと、
11月にケロがのぞいてみますと…。
もう15cmほども葉が伸びておりました。

強い霜に当たってもダメージは少なく、
群馬では防寒なしで冬越しできます。

種まきもできるみたいですが、普通は分球で殖えます。
地植えにして5年ほどは掘り上げる必要はなく、
分球して良く殖えるそうです。

ケロのイフェイオンは日当たりが悪すぎるのか、
あんま殖えませんけれども…。

植え替えは球根を乾かさないようにすぐ植えつける、
とありますが、移植は容易です。
ケロは11月ごろに強引に鉢植えにしてみましたが、
葉も枯れずに問題なく根付いてくれました♪

花色は白と淡い水色が基本ですが、
濃い目の青や黄色、ピンクと豊富です。
いつもの東樹園の半額セールで
イフェイオン・ピンクスターを買うてきたん。

イフェイオン・ピンクスターは耐寒性がとても強く丈夫な
可愛いピンク色のハナニラ。
性質が強いので、植えっぱなしでも良く分球し毎年咲く。」

「植え付けた一年目は咲きにくく、
根が充実する二年目から本格的に咲き出す」のだとか。
植え付け適期を2ヶ月も遅れて12月の中旬に植えたので、
お花は再来年からになりそうですね〜。
(^^;)

画像は2008/12の中旬です。
細長い2cmほどの球根です。
イフェイオン・ピンクスター

状態は悪くないと思うんやけど、
イフェイオンの球根て乾燥保存してもええのかな?
乾燥させずにすぐに植え替えるのではなかったでしたっけ?
ま、たぶん、大丈夫なのでしょう(笑)。
イフェイオン・ピンクスター

イフェイオン・セロウィアナムは半耐寒性」
こちらも9〜10月頃に植えつけるとすぐに葉が生えてきますが、
半耐寒性なので暖地以外では防寒が必要です。

草丈は10cmくらいとイフェイオンの中でも小さめで、
花期は2〜3月と早くから咲き出します。

「5年ほど植えっぱなしOKで、毎年球根が増えていく丈夫な花。
鮮やかな黄色のハナニラでシベの色も黄色。」
うん、耐寒性以外は問題なしで、
鉢植えで植えっぱなしが可能なのね。
(^◇^)

葉っぱが他のイフェイオンより細めで繊細な印象です。
「ハナニラとは別のノトスコルダム属に分離されることあり」
ってありますね。
イフェイオンの黄花品種というわけではないのかもです〜。

画像は2008/12の中旬です。
2cmほどの小球です。
イフェイオン・セロウィアナム
ん〜、表皮は破れてるけど中は固くて問題なし。
分球しかけていますね。

「乾燥に弱いので、乾燥保存せずにすぐ植えつける」
というのが気になるんよね。
これは乾燥保存された球根ですね〜。
イフェイオン・セロウィアナム

発芽率がどうなるかの結論はすぐにわかります。
何球発芽してくれるんやろな〜。

あ、「葉がない休眠期間中も、控えめに水やりを続けると、
早く生育が始まる。」とありました。
そうなん?

これは他の球根が断水するのとちょっと違うね。
地植えにしていれば放任でよいけれど、
鉢植えのイフェイオン・セロウィアナムは注意しなくては!
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
イフェイオン・ピンクスターも爆殖系♪
イフェイオン・ピンクスターは赤茶のラインがポイント♪
ハナニラはイフェイオン♪
東樹園の球根半額セール!?
イフェイオンのその後

ミヤコグサ、種子から栽培・その1

ミヤコグサとセイヨウミヤコグサがあるみたいやけど」
ミヤコグサはマメ科ミヤコグサ属の多年草です。
日本各地の道端や空き地に自生する野草で、
ずっと昔に渡来した史前帰化植物ということです。

生育地は「日本全土の川原、海岸の砂地など」ともあります。
ケロは自生しているミヤコグサを見たことはなくって、
ザンネンなのです〜。

花期は4〜10月と長いので、法面緑化にも利用されるのだとか。
在来種のワイルドフラワーになるのかな。
(^○^)

お花は花径1cmほどの蝶形の黄花です。
花色は、開花後にしだいに赤くなるニシキミヤコグサ、
白花のシロバナミヤコグサもあります。

あ、シロバナミヤコグサは
「ミヤコグサの白花品ではなく別種で南西諸島に自生する」
そうです。

和名のミヤコグサの語源は
・奈良の大仏の前に多く生えていたから。
・京都の耳塚の辺りに多く生えていたから。
・根から伸びる細長い枝を血管に見立てた漢名の
脈根草(ミャクコングサ)がなまったもの。
などの諸説があるみたい。

貴族がかぶっていた鳥帽子ににているので
エボシグサという別名もあります。
まあ、わかりやすいのでミヤコグサがよろしいかなと。
(^◇^)

日本に自生するミヤコグサは
「分子遺伝学的解析に好適な形質を持つ」そうで、
近年は研究対象として注目されているんですって。

栽培は簡単です。
ケロは野草図鑑で見て気にいったんやけど、
お店や通販で苗も種も見かけません。
日本全土に生えているって言われても、
ケロの近所にはナッシング〜。

そんで、種子交換サイトの「雑草ちゃうで」で
種を分けていただきました。
蒔き時がわかんなかったけれど、
春から咲くなら秋まきやん?って勝手に決めて蒔いてみた。
(^^;)

2008/09/25の種まき→2008/10/01から発芽。
1週間もしないでサクサク芽が出揃いました♪
水やりを忘れて乾燥させたり、
雨の日に出しっぱなしにして加湿になったり、
あんま面倒見がよくないのに枯れません。
w(゜o゜)w オオー!

種まきの他に挿し木でも殖やせます。
病害虫の被害は特になし。
2階のベランダに置いて、夜は室内に取り込んでいます。

春になったら駐車場においてこぼれ種で殖やしたいです。
耐寒性は強くて、今朝は−2℃で冷え込みましたが
ダメージはないようです。
おそらく屋外で放任しても問題ないと思う。

「若い葉は油炒めなどにして食用とできる」
Σ(^∇^;)えええええ〜
ミヤコグサって食べられるのん?
ミヤコグサもハーブやったのれすね〜。

ごまのはぐさ様の「雑草ちゃうで」は
在来種の野草の種子の配布がメインですから、
いただいたのはミヤコグサの種で間違いないと思うねんけど。

最近では、ヨーロッパから帰化したセイヨウミヤコグサが
勢力を伸ばしておりまして…。
道端で見かけるものの多くはセイヨウミヤコグサなのだとか。

黄色のお花はソックリでパッと見た目には区別できんけど、
セイヨウミヤコグサは「花序に付く花数が2〜7個と多く、
葉や茎に毛を持つ」点で区別できます。

Wikipediaの「ミヤコグサ」によりますと、
「茎は根元で分枝して、地表を這う。
葉は5枚の小葉をもつ奇数羽状複葉であるが、
実際には葉柄の先端に三出しているように見える。
葉は白っぽい緑で粉を吹いたように見え、やや厚みがある。
花は長い花茎の先に1-3個まとまって付き、放射状に外を向く。」

海外のミヤコグサの仲間も観賞用や家畜の飼料として
活躍しているのですね。

画像もWikipediaから借りてきました。
黄色のお花がラブリーです〜。
葉っぱは確かに、小葉が3枚に見えてしまいます(笑)。
ミヤコグサ

ケロの画像は2008/12の中旬です。
イオノプシジュウムを植え換えたときに、
ついでにプランターに移してあげました♪

ミヤコグサ
真ん中の4ポット分はムシトリナデシコです。
周りの6ポット分がミヤコグサでして…。

草丈3cmくらいしかないのでチョコット寂しい。。
茎は地ぎわで分岐して匍匐します。
長さ15〜35cmになるので、成長すればプランターを
覆いつくすんちゃうかな〜。

ミヤコグサ

まだ根鉢が回っていなくて崩れちゃったけど、
植え替えのダメージはほとんどないです。
まだちっこいからハッキリしませんが、
葉や茎に毛はありません。
ミヤコグサということでよろしかなと。

あ、もう一枚あったん。
これは2008/10の初めです。
双葉が出揃って、本葉が出かけているとこですね〜。
ミヤコグサ

も少し育ったら若い葉っぱを試食してみます。
おひたしかサラダで味わってみたいなっと。
o(*^▽^*)oエヘヘ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
イオノプシジウム、種子から栽培・その2
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

イオノプシジウム、種子から栽培・その2

イオノプシジウムの開花〜♪」
イオノプシジウムはアブラナ科イオノプシジウム属の1年草です。
学名のカタカナ読みなので
イオノプシジューム、イオノプシディウムなどとも言われます。
ケロもラテン語の正しい発音は知りません。
(^^;)

北半球原産で生育適温は5〜25とありますが…。
耐寒性は強くて霜にもよく耐えます。
日当たりを好み乾燥気味に管理します。

ケロはよく水やりを忘れちゃって、
2号のポリポット苗なんかはすぐ枯れたりする。。
イオノプシジウムは葉っぱが黄色くなるけど、
枯れずに乾燥に耐えられます。
(^_^)ヾ(^^ )ヨシヨシ

種まきから開花までとっても早いのが特徴です。
ケロのイオノプシジウムの栽培記録はですね。
種まき:2008/09/25
発芽:2008/10/01
開花:2008/12/18

発芽まで1週間、開花まで1ヵ月半というところです。
早ければ1ヶ月くらいで開花するのだとか。

ケロはプラグトレーに種まき→2号のポリポット苗にして
日中は2階のベランダ、夜は無暖房の室内で管理してます。

自然状態では春に発芽して、花期は4〜6月になります。
こぼれ種でよく発芽するので野生化しているのですって。
3月になったら駐車場に置いてこぼれ種に期待したい。
バンバン殖えてほしいなあ。
(ノ^▽^)ノ〜〜〜〜『愛』

花期は10〜5月となっている情報も有りますね〜。
今は12月の中旬です。
早く咲き出すと早くお花が終わるのかな?
それとも、次々と初夏まで咲き続けるのん?

ケロ的には、冬のお花のない時期にも楽しみたい。
やから、種も採集して早めに植えてみようと思うの。
で、ポリポット苗から育てたプランターの
イオノプシジウムが終わる頃、
こぼれ種から発芽したのが開花すると。
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

画像は2008/12の中旬です。
朝、気がつくと、つぼみが開きかけとったん。
イオノプシジウム

アップにしてみました。
開きかけのお花は紫色がハッキリしてる。
ケロはちっこくって丸っこい葉っぱもお気に入り。
サイズは小さいけれどリムナンテスの葉によく似てるよ。
イオノプシジウム

2号のポリポットではかわいそうなので、
プランターに植え替えてあげました。
草丈が2〜3cmのチビなのでチョコットさみいしいです。
草丈は5〜10cmになりますから、もチョット成長するはず。
イオノプシジウム

花つきはよくて、1株にいくつものお花が咲きます。
すでにいくつものつぼみが確認できます。
9ポット苗、19株を植えつけました。
チビ苗ですが、根鉢が回っていて植え替えは楽チン〜♪

植えつけている内にしっかり開花してきたよ。
植え替えのダメージはほとんどないです。
花径2cmほどのうす紫の4枚の花弁は
だんだん白っぽくなっていくみたい。
英名のバイオレットクレスがイメージにピッタリですね。
イオノプシジウム
めしべの柱頭と、6本のおしべのやくが黄色です。
ここがチャームポイントかな〜。
おしべは黄色の真ん中が黒くなっています。
ジット見つめると Too cute!

ケロが2008に種まきを始めて最初に開花したお花です。
すんごくカワユイ〜♪
来年はいっぱいに殖やしてあげたいです。
v(。・・。)イエッ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
イオノプシジウム、種子から栽培・その1

国華園の「50円花たね」の発芽率は?

プレーリーオニオンアリウム・ドルモンディイやったけど」
アリウム・ドルモンディイはユリ科ネギ属の多年草で、
英名がワイルドガーリックとかプレーリーオニオンとか言います。

アメリカ中部が原産地で草丈は10〜30cm、
花期は4〜6月とあります。
花色は白からピンクで、濃淡にはかなり差があります。

画像を見ると白花はアリウム・コワニーに見えるし、
ピンクのお花はアリウム・ユニフォリウムに見える(笑)。

葉は平べったくて細長い線形で、
伸ばした花茎の先に小花が集まって咲く散形花序をつけます。
ネイティブアメリカンが「葉を肉の香りづけに、
鱗茎 を食用にした」とか、ハーブなのですね〜。

"Prairie Onion"で検索すると英語サイトがヒットしますが、
機械翻訳で斜め読みしてもたいしたことは書いてないみたい。

「花期は7〜8月で、シロとピンクの花。
野生のニンニクのような香りと、薬用効果あり。
含有する硫黄化合物が血中コレステロール値を下げ、
消化器系への強壮剤となるのでダイエット効果あり。
花、葉、根が利用可能。
花はエディブルフラワーで生でサラダに付け合わせにできる。」

食べられるようですね。
ま、ハッキリしたことはわかんないので観賞用としておきます。

小球性のアリウムですから
・3年くらい植えっぱなしOK。
・6〜7月に分球するか、9〜10月に種まきで殖やす。
という点は共通のはずです。

とすると、
・実生株が開花するまで5年ほどかかる。
・種から育てた株は過湿に弱く枯れるリスクあり。
ということです。。

アリウム・ドルモンディイの秋まきは発芽率0で完敗〜。
来春、蒔き残しでリベンジする予定ですが、
種より球根から育てたほうがよいかもです。
・・・( ̄  ̄;) うーん

国華園の「50円花たね」の発芽率はどうなん?」
ハーブや野草に限りませんが、ヤフオクは完全に自己責任。
いつ採集された種か、落札者にはわかりませんし、
商品の紹介はセールストークがベースです。

半耐寒性のハーブが「冬も常緑で元気です♪」とかあって、
出品地を見たら沖縄だったりして…。
(^^;)

その点、国華園の「50円花たね」は安心です。
種を見ていつ採集されたのかわかんないのは共通ですが、
寿命が尽きてる種を売ったら信用問題ですから(笑)。

実際、発芽率はとっても優秀♪
1.ヤグルマギク(赤)、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/28から発芽。
2.リナリア、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/29から発芽。
3.ムシトリナデシコ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/30から発芽。
4.リムナンテス、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/29から発芽。
5.コバンソウ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/30から発芽。
6.リクニスローズ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/10/04から発芽。
7.黄金ヤグルマギク、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/29から発芽。
8.バーバスカム、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/10/01から発芽。
9.アガスターシェ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/10/02から発芽。
10.エキナセア、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/10/05から発芽。
w(゜o゜)w オオー!
発芽率100%レス〜。
しかも発芽までの日数も短いし。
(^○^)

ちなみに百均で買って来た種のほうも、
11.ハナビシソウ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/30から発芽。
12.ハナナ、発芽率◎、
2008/09/25の種まきで2008/09/28から発芽。
記録は残してないけど、去年買ったバジルの種も
発芽率は◎やった。

ネット通販でもリアルのお店でも
売られているのは発芽しやすい種ですから、
普通に植えれば発芽するのですね。
ただ、発芽してから開花までが長いのねん〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ〜

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
プレーリーオニオンはアリウム・ドルモンディイでした〜
ヤフオクの種の発芽率って!?

ニゲラ、種子から栽培・その1

ニゲラクロタネソウ
ニゲラはキンポウゲ科クロタネソウ属の耐寒性一年草です。
原産地は地中海沿岸かな。
葉っぱは糸状で繊細な印象です。
草丈は30〜100cmと種類によってかなり違います。

ケロがヤフオクでゲットしてきた種は
白、青、紫の花色混合で一番普通のヤツです。
草丈は40〜60cmくらいと予想してる。
花色は黄色もあって、これはいつか欲しいな〜。

葉も苞も細かく裂けています。
八重と一重がありますが、花弁に見えるのはがくだそうです。
花後に果実は風船状に膨らむのでフウセンポピーとも呼ばれ、
この果実はドライフラワーにも使われます。

果実の中の種子はゴマのような黒い種なので
和名はクロタネソウ。
学名も「黒い」というラテン語に由来するのだとか。

「ニゲラの種子は香辛料として使われる」
とありましたが、どんなお味になるのでしょう?
種はメロンの香りがするんですって。
(・0・。) ほほーっ

2008/10/08の種まきで2008/1019日に発芽しました。
けっこう時間がかかって発芽率がよいはずなのに。。
って悩んだものです。

「嫌光性種子なので厚めに覆土する」のを知らなくって、
後から土をかけたせいもあるかもです。
発芽率はソコソコで、こぼれ種から発芽という感じじゃなかった。

日当たりと水はけさえよければ、
土質を選ばずに成長する丈夫な草花のはずです。
直根性で移植を嫌うそうですが、
プラグトレー→ポリポット→プランターと植え替えても、
幼苗のせいか特に植え痛みはなかったと思う。

現在ジミ〜にプランターで成長中です。
寒さには強いみたい。
ま、夜間はベランダから室内に取り込んでいますけれど。

イマイチ印象が薄くって発芽の証拠写真もありません(笑)。
お花が咲いたら画像をアップしていきたいです。

「ハーブと野草の耐寒性は植えて見ないとわかんないです〜」
昨日あたりから霜が降りて、キバナコスモスが一気に枯れました。
コンフリーもクタッとなっていたけれど、
日が差して復活しています。

管理を楽にしようと、耐寒性が強いと言われる野草は
セッセと地植えにしたのですが…。
植えつける時期が遅くて根が十分に張れていないのか、
苗は霜でダメージを受けています。

ヤグルマギクが意外と弱かったです。
今は霜でやられても昼には回復しているけれど、
本格的な寒さの1・2月は乗り切れそうにありませんorz
春まきにしたほうがよかったんかな〜。

今日、キバナカタクリとシラー・ペルビアナを
駐車場に植える予定なのですが…。
迷うのねん。
シラー・ペルビアナは2球あるから、
いっこは鉢植えで室内に置いたほうがええんかな〜。
・・・( ̄  ̄;) うーん

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤフオクの種の発芽率って!?

フウセンカズラの種はハートマーク♪

フウセンカズラは1年草」
フウセンカズラはムクロジ科フウセンカズラ属の
ツル性の1年草です。
種の蒔き時は4〜5月で、お店で種袋を見かけます。

花期は7〜9月で3mmほどの小さな白い花が咲きますが、
これはジミで注意していないときがつきません(笑)。

北米南部の原産で耐寒性はないのですが、
発芽率はよいみたい。
こぼれ種から発芽したフウセンカズラが道端に生えています。

ケロは実がなる8〜10月の時期に気が付きました。
風船状の丸い実はお店で何度か見たことがあって、
すぐに気付いたのです。
この実の形からバルーンバインとも呼ばれるのだとか。

Wikipediaの「フウセンカズラ」によりますと、
「つる性の植物で一年草。
多数の風船状の果実がぶら下がった姿はなかなか面白い。
家庭の壁面緑化にも使われる。」

画像もWikipediaから借りてきました。
ツルは2〜3mも伸びるようです。
巻きひげをベランダの手すりに巻きつかせて、
日よけ代わりにしようかなと計画したの。
フウセンカズラ

中が空洞の果実は直径3cmくらいで、
熟すにつれて黄緑→茶色と変化します。
茶色の風船も枯れた風情があってよいかなと。
フウセンカズラ・果実

種子は5mmくらいの球形で、
黒地に白いハート形の部分があってユーモラス。
サルの顔に見立てることもあるそうですが、
ケロは仮面ライダーを思い浮かべましたね。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

フウセンカズラの栽培上の注意点は
・発芽適温が20〜25℃と高いこと。
これは「発芽温度:15℃〜20℃」となっていることもあって、
どちらが正しいのかな〜?
ま、成長は早いので、ゴールデンウィークあたりがよいのかも。

・移植をやや嫌うので直播きかポット蒔きにする。
・摘心して脇芽を出させ、ツルが伸びたら支柱に絡ませる。
・肥料を好むがチッソ分が多いと果実が落ちやすくなる。
こんなところみたいですね。

丈夫な野草ですから、水はけと日当たりがよければOKのはず。
KとPが多めの肥料をあげればよいのでしょう。
ケロもベランダのプランターで栽培することにしました。

で、種を採集しようとノラのフウセンカズラをチェックしてた。
これから種子が熟成するかなって楽しみにしてたんやけど、
10月に雑草と一緒に刈り取られてしまってた。。
Σ('0'*)(・・*)(・・、)。・゜゜・(>O<)・゜゜・。

来年はこぼれ種から発芽したらすぐ採集するかな〜
とも思ったんやけど…。
ハクチョウゲを落札する時に一緒にヤフオクでゲットしてきた。
だって、20円なんですもの。
同梱だから別に送料はかかりませんし。
(^ー^)ノ

画像は2008/11の中旬のフウセンカズラの種子です。
大粒で扱いやすそうな種です。
フウセンカズラ・種子
白いハートマークがうまく撮れんかった。
q(T▽Tq)(pT▽T)p

種まきは来年の5月になります。
ベランダに園芸用の麻縄のネットを張って絡ませる予定なの。
ガンガン茂ってくれるとよいです〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
フウセンカズラは花弁状の花盤に注目〜
ハクチョウゲは生垣向きかな〜

コリセウムアイビー、種子から栽培・その1

コリセウムアイビーツタバウンラン
コリセウムアイビーはゴマノハグサ科ツタバウンラン属の
ツタ性の耐寒性多年草です。
学名をカタカナ読みしてキンバラリア(シンバラリア)、
ツタ性植物なのでツタカラクサなどとも言われます。

ツタバウンランという別名がよく知られているかもです。
「花の形がウンランに、葉が掌状でツタに似ているから」
だそうです。

コリセウムアイビーというのは英名です。
ケロはコロセウムアイビーって覚えていたのですが、
英語の表記するとコリセウムアイビーが正しい発音みたいです。
(^^;)

原産地が地中海沿岸の帰化植物です。
花期は4〜5月がメインですが、10月頃まで咲くとか。
四季咲き性なのかな〜。

Wikipediaの「ツタバウンラン」によりますと、
「ヨーロッバ原産であるが、北海道から本州に帰化している。
ほふく性で開花期は初夏から夏。
花は唇形で、薄い青紫色をしており距(きょ)がある。」

画像もWikipediaから借りてきました。
茎は長さ50cm以上に伸びて匍匐し、節から発根します。
1mほどになることもあるので、かなり横に広がります。
けど、草丈は10くらいだからあんまジャマにはならないかな。
コリセウムアイビー

「繁殖力が強く、こぼれ種から発芽して野生化している」
そうですが、ケロは雑草化したツタバウンランは見たことないな。
乾燥に強く日当たりを好みますが、耐陰性もソコソコあると。

浅く5〜7裂した掌状の葉っぱもかわいいけれど、
薄紫色の小花がキュートです。
コリセウムアイビー
唇形花の上唇は2裂して直立し、下唇は3裂するのですが、
上の2枚がウサギのお耳に見えるのです〜。
ヾ(=^▽^=)ノ

シンバラリア・ムラリスという品種が一般に流通しています。
薄紫色の小花が咲くタイプです。
他に、白花のシンバラリア・アルバ、
お花が大きくつるが伸びないシンバラリア・パリダ
などもあるみたい。

ケロがヤフオクでゲットして来たのは普通タイプの
シンバラリア・ムラリスだと思う。
「発芽適温は20℃前後、発芽までおよそ10日くらいかかる」
とありましたが…。

2008/10/08の種まきで、2008/10/19日に発芽しました。
発芽率はよいです。
画像は2008/11の中旬で、いまさっき撮りました(笑)。
コリセウムアイビー

気温が低いせいかサッパリ大きくなんないの。。
やっと双葉が出たくらい。。
ポット苗にしちゃいたいのですけれどもね〜。
ま、今日は最低気温が0度ですからしかたないか。
(^◇^)

「鉢植えで日当たりのよい窓辺に置くと冬にも開花する」
とありますから、何株か鉢植えにしてもよいな。
耐寒性は強いので、春になれば急成長してくれると期待してるの。

「ヤフオクの種の発芽率のまとめ」
結局、ヤフオクでは多年草20種、1年草17種をゲット。
春まきのみの4種を除いた33種を蒔きまいて29種が発芽したよ。

ダメだったのは、
・タカサゴユリ
・ナガミヒナゲシ Σ(^∇^;)えええええ〜
・アリウム(プレーリー・オニオン)
・ルエリア・フリミス

まあ、タカサゴユリはおまけやし、
アリウムは球根にしておくべきだったかな。

けど、こぼれ種で雑草化するはずのルエリア・フリミスは
いったいどしたん?
っていうか、雑草並みの発芽率のナガミヒナゲシが全滅??
ヽ(´∞`)ノ アウアウ〜

蒔き残しがあるので、春にも一回リベンジします。
ケロはシブトイです〜。
☆^∇゜) ニパッ!!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤフオクの種の発芽率って!?

黒花オダマキ、種子から栽培・その1

黒花オダマキアクイレギア・ビィリディフローラ
黒花オダマキはキンポウゲ科 アクイレギア(オダマキ)属の
耐寒性多年草です。
中国西部〜チベットが原産地で耐寒性は強いです。

草丈は40cmほどで、花期は3〜4月となっています。
セイヨウオダマキの多くは4〜5月に咲きますから、
少し早咲きのようです。

チョコレート・ソルジャーという流通名で売られているのかな。
ケロはお店で見たことはないです。
「黒紫と白のコントラストが美しい花で
柑橘系のよい香りがする」のだとか。

種蒔きは春(採り播き)か秋で
「春に播くと翌年の春、秋に播くと翌々年の春に開花する。」
短気にケロには春まきがあっているのですが、
「春まきの苗は夏越しが難しい」とありますね。。

ケロはオダマキとは相性が悪くって、
最初に採集してきた日本産?のオダマキはまだ生きてるけど…。
今年の春には咲いていましたが、来春はどうかな〜。

夏の暑さに弱くて半日陰がよい、ということで、
駐車場の東側に植えたのですが…。
周りを大型のハーブと野草に囲まれて、
日照も通風も悪くなってしまいました。

こぼれ種を期待したのですが、ツルニチニチソウがジャマしてる。
ツルニチニチソウがあたりの地面を覆い隠しちゃってるの。
オダマキは株の寿命が短いそうですから、
来春は種をマジメに採集したいです〜。

次の買って来たセイヨウオダマキは
たしかカナダオダマキではなかったかなと。
ピンク、白、青、紫とカラフルなセイヨウオダマキの中から
赤橙色のアクイレギア・カナデンシスを選んだように思う。

とっくに枯れているし、証拠写真もないのでアヤフヤです。
北米原産でお花の大きなタイプでした。
花の終わりかけに安売りしていたので買って来たのですが…。
夏に枯れてそれっきりorz

多年草ですから、春に芽がでるだろうと思ってたのに、
復活はなくって1年きりのお付き合いになっちゃいました。。
こゆのを「安物買いの銭失い」といいます〜。

セイヨウオダマキの栽培データは
「春まきは3〜5月、秋まきは8〜10月。
発芽日数は30〜40日、発芽適温は20℃前後。
本葉3〜4枚のころにポットに植え替える。
定植は寒さが厳しくなる前に20cmの株間で植えつける。」
とあります。

黒花オダマキの種は「雑草ちゃうで」の
ごまのはぐさ様に分けていただきました。
ケロはブラックホリホックとかヤグルマギクブラックボールとか
黒系統のお花が好きなんよ。

けど、黒花オダマキにはあんま期待していなかった(笑)。
だって、発芽に1ヶ月以上もかかるのですもの。
お水をあげ忘れてミイラにしちゃいそうやん。。

でもでも、2008/09/25の種まきで2008/10/10の発芽です。
半月ほどで芽が出て、発芽率もよかったです。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

画像は、2008/10の上旬です。
ヤフオクでオマケでもらった品種不明のオダマキの種なの。
ヾ(=^▽^=)ノ
先の尖ったゴマ粒みたいな黒い種でした。
セイヨウオダマキなのかな?それとも日本産?
オダマキ・種子

こちらも2008/10/05の種まきで2008/10/25に発芽したよ。
やはり発芽率はよかったです。
条件さえ整えば、こぼれ種で殖えてくれそうです。

今は11月の中旬で、本葉が数枚生えています。
黒花オダマキも謎のオダマキもポット苗にしてあるの。
黒花オダマキは少し大きくなっていますけど、
地植えにしてもよいかのかな〜。

ん〜、来週は最高気温が11℃、最低気温が3℃とかなってる。
ここからは来春を待ったほうがよいのかな〜。
しかし、ベランダでポット苗を管理するのはメンドイ。。
ちっこい2号ポットの苗が400以上あるのです〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

オダマキはどちらも再来年の開花ですね。
ま、気長にポチポチいきたいです。
(^◇^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
黒花オダマキはアクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー'
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪
アクイレギアはセイヨウオダマキ
ヤマオダマキとセイヨウオダマキ
アクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー' の繁殖力は?

イオノプシジウム、種子から栽培・その1

イオノプシジウムダイアモンド・フラワー♪」
イオノプシジウムはアブラナ科イオノプシディウム属の一年草で、
英名はバイオレットクレスかな。

cressというのはカラシナ類を指す英単語です。
カラシナはアブラナ科アブラナ属の越年草ですから、
アブラナ科のお仲間ということでしょう。

画像で確認すると、パッと見には白花ですが、
4枚の花弁は薄紫色なのでvioletなのね。
お花の様子からダイアモンド・フラワーとも呼ばれます。

草丈10cmほどの可憐な1年草です。
花期は2〜5月とありますが、
早いものは年内から咲き出すようです。

耐寒性が強く、冬から早春のお花の少ない時期に咲き続けます。
「こぼれ種でよく殖える」というのが気に入って、
ケロもヤフオクでゲットしてきました。
数年前は種が入手しにくかったらしいけど、
今はアチコチに出回っています。

多湿を嫌うので、日当たりと水はけのよい場所に植えます。
秋まきの1年草で、植え時は10〜11月。
寒さに負けず、防寒なしで冬越しできます。

梅雨時には枯れますが、こぼれ種でも殖えて
グラウンドカバーにも使えるのだとか。
けど、小さめのお花ですから、プランターに植えてあげようかな。
ビオラ・ラブラドリカとの寄せ植なんていかがでしょうね。
(^◇^)

成長も花付きもよくって、種まき後1ヶ月ほどで開花します。
画像は2008/10/06のものです。
2008/09/25の種まきで、2008/10/01に発芽しました。
イオノプシジウム・発芽

でも、その後の成長はユックリで、
丸っこい小さな本葉が2,3枚出たところです。。
1ヶ月で開花なんてしませんよ(笑)。

多湿もダメですが、苗は水切れにも弱いみたい。
乾燥するとすぐにクタッとなっちゃいます。
まだ草丈2〜3cmなのですがポット苗に植え替えました。

少しでも成長がよくなるかなって。
植え替えてみると、あんまり根が伸びていません。。
こんなんで大丈夫なんかな〜?

できれば、今月中にプランターに植え込んでしまいたいけど、
間に合うかな。
かなりビミョウな気がいたします〜。
(^▽^;)

「とっても悲しいお知らせ。。」
ケロは地植えやプランターへの植え替えを急いでいるのですが、
それには理由がありまして…。
・ポット苗を置くベランダのスペースが足りなくなってきた。
・水やりを忘れてポット苗を枯らしてしまう。

特に後者が問題なのねん〜。
プラグトレーは出窓に置いているのでさすがに忘れないけど…。
ポット苗にしてベランダに出すと、
安心して水やりを忘れるの。。

苗だから水切れに弱くって。。
寒くなってきたから乾きも遅いかなって油断してると、
3日目に見たら苗がミイラになってたりして。。
1ヶ月以上かけて育ててきたのにさorz

ちなみにここまででd (>◇< ) アウト!になった苗は、
・レンゲ 1ポット
・プレーリークローバー 1ポット
・カナダシロレンゲソウ 1ポット
・カラミンサ 4ポット
・ハルシャギク 2ポット
・ノースポール 4ポット
う〜む、開花までたどりつけるかな。。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤフオクの種の発芽率って!?

ノースポール、種子から栽培・その1

ノースポールはクリサンセマム・パルドーサム」
ノースポールはキク科クリサンセマム属の耐寒性1年草です。
クリサンセマム属パルドーサム種の代表品種がノースポール
ということで、この流通名で出回っていますね。

原産地は地中海沿岸で、草丈は20cmほど。
普通は早春から咲き出すそうですが、
この時期、すでにお店には花付きの苗が売られています。

Wikipoediaの「ノースポール」によりますと、
「キク科フランスギク属の半耐寒性一年草植物。
12月から翌6月にかけ、白い花を咲かせる。
花付がよく株全体を真っ白に覆うように見えるところが
北極を連想させることから命名された。
クリサンセマム(キク)属は旧属名で、
現在はマーガレットなどと同じフランスギク属に属している。
比較的強健で、こぼれ種でもよく増え、
雑草混じリの場所などでもよく育つ。」

あっと、属名は変更されてたのね。
(^▽^;)
半耐寒性なの?
耐寒性は強いはずですけれども…。
ま、霜よけくらいはしたほうがよいのかもです。

画像もWikipediaから借りてきました。
花弁は白で、芯は黄色く
「マーガレットを小さくしたような花」が咲きます。
ノースポール

低温で発芽するので「秋まきは9〜11月で、花期は3〜6月。
発芽適温:15〜20℃前後」

ケロはヤフオクで50円で種をゲットしてきました。
画像は2008/10/15のものです。
ノースポール
2008/10/08の種まきで、2008\10/12に発芽しました。

「丈夫な植物だが発芽率は以外と低く50%程度」ってあったけど、
発芽率はよかったですよ。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!
ノースポール・発芽

花が終わりかけたら切り戻すのがよいそうです。
切り戻した茎で挿し木もできるんですって。
ケロ的にはこぼれ種で殖えてほしいなっと。
(^○^)

注意点としては、
・アブラムシはオルトランで防除する。
・加湿で根腐れにしない。

オルトランはお値段が高いからテントウムシに期待したいです。
加湿はさあ、下が粘土だからどうしようもないです〜。
日照と通風はそこそこよいので、がんばってほしいな。

ノースポールの耐寒性って?」
ノースポールというと年内から咲き出す
「寒さに強いお花」というイメージなのです。
黄色いお花のムルチコーレはあんま耐寒性はないけれど、
パルドーサムは耐寒性は強いと思い込んでいたの。

2階のベランダがきゅうくつになってきたし、
気温もドンドン下がってくるのでサッサと地植えにしちゃった。
画像は2008/11の上旬です。
まず、記念撮影。
ノースポール・苗
手前がソープワート、右がホテイマンテマ、左がノースポール。

本葉が4,5枚になってから定植とあったけど、
まだ本葉は2,3枚しかないです。
草丈は5cm強かな〜。
ノースポール・苗

地植えにしてみましたが…。
ノースポール
う〜ん、ショボイです〜。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

2号ポットに3本ずつ植えたので、順調に育ったら間引きます。
ノースポール
で、問題はノースポールの耐寒性なのですけれども…。
「強い霜には弱く、冬場に−3℃以下になると枯死する。」

エッ!!Σ( ̄ロ ̄; マジデ?
群馬は−5℃の日が何日か続きます。
もう地植えにしちゃったよ。。

あ、まだ、ベランダに16ポット=48本分の苗が残ってるから
問題ナッシングやけど。
どうかな〜。
ホントに半耐寒性で枯れるのでしょうか??

ケロは真冬にもノースポールのお花を見た記憶がありますよ。
ご近所でも地植えにしてるとこは多いです。
大丈夫っぽく思えるねんけどな〜。

今年さえ乗り切れば、ないねん以降はほったらかしで、
こぼれ種に頼るつもりのケロですが…。
加湿気味の駐車場だから、種を採取して苗を作ったほうが
よいかもしれませんね。
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤフオクの種の発芽率って!?

スイセンノウ、種子から栽培・その1

「一人娘はスイセンノウ
スイセンノウはナデシコ科シレネ属の多年草です。
属名はセンノウ(リクニス)属になっていることもあります。

学名をカタカナ読みしてリクニス・コロナリアとも言われますが、
フランネルソウという別名がピッタリです。
「白い毛で覆われビロードのような風合いがある」からです。
手触りはどんなかな?

花期は6〜7月とか5〜9月とかなってます(笑)。
切り戻せば秋に2番花が咲くということでしょうか。
花色は赤が基本ですが、白やピンクもあります。

ポピュラーなお花のようで、
ヤフオクにもよく出品されています。
近所のお店でも「一人娘」という流通名で売られてたな〜。

南欧原産で草丈は50〜70cmくらいになります。
ヒョロっとして背が高いので支柱が必要そうです。
ケロ的にはお花よりは柔らかそうな葉っぱに触れてみたい。
シルバーリーフが美しいです〜。

でも、空き地や駐車場でも見かけます。
挿し木で殖やせるのでそのうち採集しようと思ってたけど、
ヤフオクの種が50円なので買っちゃった。
(^^;)

種まきの適期は3〜4月or9〜10月。
耐寒性も耐暑性もあってこぼれ種でも殖えると。
花芽を作るのに冬の低温が必要ですから、
秋まきにして翌年に開花させるのがよいみたい。

土質は選ばず、多肥も不要です。
乾燥気味に育てるのがポイントかな〜。

・種が簡単に自家採取できる。
・夏に多湿で枯れることがある。
・株の寿命が短い。
などの理由で園芸上は1年草(越年草)とされるようです。

多湿は問題になりそうです。。
こぼれ種に期待しようかな。
まあ、種まきにも慣れたから、種を採集してもよいですね。

画像は2008/10/15のスイセンノウです。
発芽したての芽なのですが、ピンボケです〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ
スイセンノウ

2008/10/08の種まきで2008/10/15に発芽しました。
発芽率はよく、その後の成長も順調です。
本葉が出たので、そろそろポット苗に植え替えます。

で、今月中に地植えにするべきか、
定植は来春にするべきかが迷うところです。
ちっこい株ですから寒さで全滅したら困るし、
けど、2階のベランダはポット苗の育苗箱で満員。。

いま、ポット苗が300以上あって、あと200くらい増えるはず。
絶対植えきれないと思うよ。
置き場所もないしさ。
どうすんの?ケロ。
o(=^○^=)o アーン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
フランネルソウはリクニス・コロナリア
フランネルソウの赤と白♪
ヤフオクの種の発芽率って!?

ソープワート、種子から栽培・その1

サポナリアソープワート
サポナリアはナデシコ科サポナリア(シャボンソウ)属の
多年草です。
1年草のナデシコ科バッカリア(ドウカンソウ)属の
ドウカンソウも旧属名のサポナリアで流通していますが…。
ベツモノデス(笑)。

葉を水に浸けると泡が出るので、昔は石鹸として使われたため、
シャボンソウまたはソープワートと呼ばれるハーブです。
学名をカタカナ読みするとサポナリア・オフィシナリスかな。
サポナリアとはラテン語の石鹸の意味なのだとか。

原産地は欧州〜西アジアで、草丈は50〜60cmほどになります。
花期は6〜10月で、花色は白かピンクで花付きはよし♪
一重咲きと八重咲きがあります。

日当たりと水はけがよければ土質は選ばず、
アブラムシがつく程度で病害虫の被害も特になし。
耐暑性も耐寒性もあって育てやすいハーブのはずです。

実生、株分け、挿し木で殖やせますけれど、
地下茎で殖え広がるし、こぼれ種からも発芽します。
放任栽培で勝手に殖えてくれそうですね。
(^ー^)ノ

多肥にすると徒長して倒伏しがちなので肥料は控えめにします。
草丈の低いヒメシャボンソウという品種もあるんですって。

「根にサポブラニン、葉にサポナリンを含み、薬用効果あり。
内服はできない。根は有毒である。」
ま、観賞用にして楽しむのがよいですね。

ただ、葉や茎から抽出されるシャボン液には、
優れた生地再生能力があって今でも高級織物の洗浄に使われると。
ソープワートは現役のハーブと言えます。
うん!(^^)

ソープワートの発芽率は?」
ケロは例によってヤフオクでソープワートの種を
ゲットしてまいりました。
50円でしたけど15粒くらいしか入っていない。
(^^;)

こぼれ種で殖えるとあるので発芽しやすいはずですが、
検索すると「発芽率はよくないorz」なんていう記事もあって、
ちょこっとビビリました。

種の蒔き時は3〜4月と9〜10月。
耐寒性は−15℃まで耐えるとあるので防寒不要で冬越しできます。

慎重にプラグトレーに5粒だけ蒔いてみました。
残りは失敗した時の春まき用です。
4粒発芽したよ♪

画像は2008/10の中旬です。
種が大きくて扱いやすかったし、双葉も大きいです。
ソープワート

あ〜、ピンボケですけれども。。
2008/10/08の種まきで2008/10/12のに芽がでました。
発芽率は8割で、その後も成長は速かったです。
ソープワート・双葉

現在、ポット苗で順調に育っています。
もう11月の中旬になりかけています。
早いとこ地植えにしてしまいたいけれど…。
春まで2階のベランダで育てたほうがよいのかな〜。
激しく迷うケロです〜。
o(´^`)o ウー

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤフオクの種の発芽率って!?

ヤフオクの種の発芽率って!?

ドウカンソウの流通名はサポナリアですけれど…」
ドウカンソウはナデシコ科バッカリア(ドウカンソウ)属の
1年草で、サポナリアの名前でも流通しています。

ヨーロッパ原産で薬用植物として導入されたそうです。
道灌山の薬園で栽培されていたのでドウカンソウなのね。

画像を見ると、葉っぱはムシトリナデシコを思わせる長卵形。
花径1.5cmほどの薄いピンクの5弁花をたくさん付けます。
お花のがくの部分が膨らんで星形に角張っています。
よく分岐して小花が咲く様子はカスミソウに似ているのだとか。

9〜10月が蒔き時で、翌年の4〜5月に開花します。
移植を嫌うので直播き、耐寒性が強いので防寒は不要。
日当たりと水はけがよければ育てやすいお花のようです。
草丈が70cmくらいになるので、支柱は必要みたいね。

ええと、ケロはヤフオクでサポナリアの種を落札してきて、
現在ポット苗にして育てているところです。
検索しながら書いていてなんか変。。って思っていたのですが…。

「宿根草のサポナリアは、シャボンソウとも呼ばれる。
バッカリアあるいはドウカンソウとも呼ばれる一年草のことを
サポナリアと呼ぶ場合があるが、この一年草はバッカリア属で、
サポナリア属ではない。」

あ〜、属名が変更になったけど、
「昔の名前で出ています♪」というヤツですね〜。
よくあるパターンです。。
ま、タイトルを変更してこのまま記事にしちゃいますよ(笑)。

んと、ケロが落札したのは多年草のサポナリアで、
シャボンソウ=ハーブのソープワートです。
ちょこっと気力が萎えたのでそれは次回にしてと。

ヤフオクの種の発芽率はどうですか?」
いきなり話題が変わりまして、今年の秋まきの発芽率の
成績発表になります〜。
「種を蒔いた日→最初の発芽の日、
発芽率:○6割以上、△6割未満、×発芽せず全滅。。」

まず、1年草から。
1.ヤグルマギク・ブラックボール
2008/09/25→2008/10/01、△
2.ハルシャギク
2008/09/25→2008/10/01、○
3.ムラサキハナナ
2008/09/25→2008/09/30、△
4.ナガミヒナゲシ
2008/09/25、×
5.オオマツヨイグサ
2008/09/25→2008/10/07、○
6.レンゲ
2008/09/25→2008/09/28、○
7.イオノプシジウム
2008/09/29→2008/10/01、○
8.ヘリオフィラ
2008/09/29→2008/09/28、○
9.アグロステンマ
2008/09/25→2008/10/01、○
10.ビスカリア
2008/09/25→2008/10/07、○
11.ラグラス
2008/10/08→2008/10/12、○
12.ノースポール
2008/10/08→2008/10/12、○
13.ニゲラ
2008/10/08→2008/10/19、○

ヤフオクの1年草は13種中12種が発芽したよ♪
けど〜、ナガミヒナゲシが発芽しないのは(・・?
ナガミヒナゲシはなんの手間もなく育つはずです。
発芽率バツグンで雑草化しています。
これは種に問題があると思ふ。。
・・・( ̄  ̄;) うーん

次に多年草。
14.ニワゼキショウ
2008/09/25→2008/10/09、○
15.クコ
2008/09/25→2008/10/09、△
16.タカサゴユリ
2008/09/25、×
17.ヒメヒオウギ
2008/09/25→2008/11/05、△
18.ラティビア
2008/09/25→2008/10/01、○
19.パープルプレーリークローバー
2008/09/25→2008/10/01、○
20.ルエリア・フリミス
2008/09/25、×
21.カナダシロレンゲソウ
2008/09/25→2008/09/28、△
22.アリウム
2008/09/25、×
23.トードフラックス
2008/09/25→2008/10/03、○
24.ノースポール
2008/09/25→2008/10/04、○
25.カラミンサ
2008/09/25→2008/10/19、△
26.ペレニアルフラックス
2008/09/29→2008/10/03、○
27.ポテンティラ・メルトンフャイア
2008/10/05→2008/10/10、○
28.ゲラニウム・ピレネカム
2008/10/05→2008/10/10、○
29.ホリホック・赤の一重咲き
2008/10/05→2008/10/15、△
30.オダマキ
2008/10/05→2008/10/25、○
31.バーバスカム・白
2008/10/05→2008/10/12、○
32.コロセウムアイビー
2008/10/08→2008/10/19、○
33.フランネルソウ
2008/10/08→2008/10/15、○
34.ソープワート
2008/10/08→2008/10/12、○

ヤフオクの多年草は21種中18種が発芽したよ♪
タカサゴユリはオマケだからよいとして、
ルエリア・フリミスはこぼれ種で雑草化するって
書いてあったのにな〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

アリウムは種子だと休眠が深いのかもです。
アリウム・ロゼウムの球根もヤフオクにありましたね。
球根に乗り換えるかな〜。
まあ、春まき用の種を残してあるから、
春にリベンジしてみようかなと。

ヤフオクの1年草と多年草を合わせては34種中30種が発芽♪
種子の採取年月日が不明ですから、
古くて発芽しない種子が多いかもと不安でした。
でも、発芽率は思った以上によかったです。

年があけたら春まき用の種子を落札しなくっちゃです。
☆^∇゜) ニパッ!!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪

ミゾホオズキは秋まき?春まき?

ミゾホオズキの園芸品種がミムラスなの?」
ミゾホオズキはゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草です。
湿り気のある場所を好み、草丈は10〜30cmほど。
よく殖える黄色の小花が咲く水辺の植物のはずです。

袋状の果実は赤く色づくことはなくて
ホオズキに似ているといえば言えないこともないかなと。
葉は卵形で柄があり、柄のあるオオバミゾホオズキの葉と
区別できるそうです。

オオバミゾホオズキは草丈が20〜35cmと大きめなのですが、
画像で見る限りではよく似ていて区別がつけにくいです。
生えている場所も花期も重なっていますし。

今日はブログがサーバメンテ中で更新できないし、
テンション低く反省会です(笑)。
ミゾホオズキは2008/09/25に秋播きして全滅。。
ケロの完敗です。
(≧∇≦)/□☆□\(≧∇≦ )カンパーイ!!

花期は6〜8月とあります。
初夏から咲き出す野草ですから春まきだったのかもです。
ふつう蒔き時に自信がないときは、
半分は春まき用に残すものですが…。
ケロは一気に蒔ききってしまいました。
o(=^○^=)o アーン

いちおう、発芽適温などをチェックしたはずなのですが、
過去記事を見てみるとミゾホオズキは調べていませんね。
(^^;)

「ミゾホオズキの園芸名がミムラスで花色も多数ある。」
たぶんこれを見てミムラスで判断したのでしょう。

ミムラスはゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草です。
耐暑性が弱いので園芸上の1年草扱いだそうです。
北米・南米原産で花期は3〜6月とあって、
夏越しできずに枯れることが多いのだとか。

花色は黄・橙・赤・桃色・白と豊富です。
花弁の斑点状の模様がサルの顔に似ているので
別名はモンキーフラワー

10月中旬頃に種まきして、暖かくなった3〜4月に植えつけます。
好光性種子なので薄く覆土して暖かい場所で管理します。
う〜ん、耐暑性も耐寒性も弱いらしいので、
ケロの守備範囲外です。。

本来湿地を好むので水切れにも弱いです。
耐陰性はありますが、半日陰では徒長するのね。

ただ、環境があっていればよく成長して次々に開花します。
放任でもこんもり茂って育てやすいのかな。
そして、「発芽率は良好でこぼれ種でよく殖えます♪」

これを見たんでしたね〜。
園芸品種のミムラスがこぼれ種で殖えるくらいなら、
原種のミゾホオズキはもっと簡単だろうって…。
でも、花期も全然ずれてるものね〜。

でもさ、野草って春でも秋でも条件さえ合ってれば、
発芽するようにも思うの。
9月下旬ですから発芽適温はズレテないでしょうし。
蒔く前は冷蔵庫に入れておいたから
休眠も打破できてるっぽいけどな〜。

ま、いろいろイイワケしても全滅で失敗。。
ミゾホオズキの種はヤフオクにもないよ(笑)。
「雑草ちゃうで」のごまのはぐさ様にオネダリするしかないかも。
前回、強引なことしちゃったからリクエストしにくいなっと。
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
発芽適温て難しいですね〜 
彼岸まきとは?
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪

オニマツヨイグサ、種子から栽培・その1

オニマツヨイグサとオオマツヨイグは似てるけど…」
マツヨイグサはアカバナ科マツヨイグサ属で、
ケロは種子をヤフオクでゲットしてきました。

商品の説明には
「ハーブ草マツヨイ草の種50粒 ??
英名、イーヴニング・プリムローズと呼ばれるマツヨイ草の種。
学名[ Oenothera lamarckiana ]
二年草/もしくは多年草。
こぼれ種でも増えるタイプで強健なので土質も選ばない。
花は5〜7cmの花径で明るい黄色の花。
午後から咲き出し夜を通して開花。
強健な品種で寒さにも強く−5℃程度までなら越冬する。」

なにか「?」が気になるの。。
前前回の記事までで、だいたい候補は4つに絞られました。
たぶんこの中のどれかでしょう。

・オオマツヨイグサ(エノテラ・エリスロセパラ)
花径7cmの大きな花を咲かせ、草丈1.5mほど。
花がらは赤くならない。
葉っぱは幅が広くて波打っていますが、形はさまざま。

・マツヨイグサ(エノテラ・ストリクタ)
花径3cmほどで、草丈0.6〜1mくらい。
花がらは赤くなる。
葉っぱは細長い。

・メマツヨイグサ(エノテラ・ビエニス)
現在日本で一番よくみかける種類で、完全に雑草扱い。
花径3cmほどで、草丈1.2mくらい。
花がらは赤くならない。
葉っぱは卵形で、ケロの見た画像ではオオマツヨイグサに似てた。
アレチマツヨイグサ(エノテラ・パルビフロラ)は
メマツヨイグサに含めて考えるそうです。

・コマツヨイグサ(エノテラ・ラシニアタ)
花径2〜3cmほどで、草丈0.2〜0.5mくらい。
花がらは赤くなる。
葉っぱは縁がギザギザ。

オオマツヨイグサは欧州で改良された園芸品種らしいけど、
だいたいは北米原産の帰化植物です。
マツヨイグサは多年草とされることもありますが、
普通はいずれも越年草扱いです。

日当たりがよくて乾燥気味の場所を好みますが
こぼれ種から殖えて雑草化するくらいですから…。
そこそこ耐陰性もあって、耐暑性・耐寒性も強いです。
土質を選ばず、病害虫の目だった被害もなしと。

強健でケロ向きのハーブですね。
開花が夕方からになり朝には萎んでいるのが残念〜。
夜にはスズメガも集まってくるのかな〜。

で、エノテラ・○○というのは学名のカタカナ読みですが、
商品の学名はエノテラ・ラマーキアナ?
よくわかんないので「Oenothera lamarckiana」で検索すると…。

英語のサイトがズラッと並んで
「グランディフロラの別名。
南部では多年草、北部では越年草。」
とあります〜。

オニマツヨイグサエノテラ・グランディフロラ
瀬戸内沿岸では特によく見られる。
花は大きく花径8cmほどで、花弁の間が透ける。
茎は赤く、葉は波打たず鋸歯がハッキリしない。

どうもこれのようですね〜。
環境によっては宿根化するのでしょうか?
ま、群馬では越年草で間違いなしです。

種まきは3〜5月か、9〜11月で
「秋まきは、開花が翌々年になる」って。。
越年草というか、3年草ですか(笑)。
放任で手がかからないからよいけれど、気長に待つしかないです。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

画像は2008/10/09です。
2008/09/25の種まきで、2008/10/07に発芽しました♪
発芽率は良いです。
オニマツヨイグサ

アップにしても、かわりばえのしない双葉ですが…。
順調に育っています。
きょう、ポリポットに植え替えるつもりなの。
オニマツヨイグサ

んで、11月中にサッサと地植えにしてしまおう。
じゃないと、お水をあげ忘れて枯らしちゃったりしますから。
あんま栽培するハーブではないみたいですし、
種が飛ばないように管理しなくては。
(^^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
エノテラ・ラマルキアナかな
マツヨイグサとツキミソウ
マツヨイグサとスズメガ

ビオラ・ラブラドリカ、種子から栽培・その1

「ビオラの発芽適温て…」
ビオラ・ラブラドリカはスミレ科スミレ属の耐寒性多年草です。
花色はオーソドックスな紫ですが、
葉っぱが銅葉で黒葉スミレとも言われます。

北米原産で耐寒性は強く、冬には葉色が濃くなるのだとか。
草丈は10〜20cm、cm、花期は10〜5月で、
常緑性なのでお花のない時期も葉っぱが楽しめます。
冬は黒に近いこげ茶色で、夏は緑がかった色になるそうです。

耐暑性もあって、夏に枯れることもなく宿根化すると。
日向〜半日陰に適応しますが、ケロは地植えにしますから…。
夏越しを考えると、西日の当たらない場所が良いかな。

春がお花のピークですが、秋までチラホラ咲くんですって。
こぼれ種でも殖えるし、種を採取してもよし。
丈夫でケロ向きのビオラのようです。

ケロとビオラのファーストコンタクトは一昨年だったかな。
春に小さな黄色のお花が咲いとって、
キバナスミレか!?って思ったのですが…。
ビオラでした(笑)。

どこからかのこぼれ種だったのでしょうか。
植えても採集してもいないのに生えてきました♪
けっこう遅くまで咲いていました。
夏にもお花を見かけたと思う。

去年の春も見かけたのですが、今年は見当たらないorz
原因はハッキリしていて、駐車場の東側は藪状態なの。。
アーティチョークとオミナエシが大株になって、
侵入が困難になりまして…。
(^▽^;)

手を入れないでいたら、ツルニチニチソウが地面を覆ってる。。
なんか、ササもはびこってるしorz
強健なビオラも発芽しようがなかったのかもです。

あと、去年の宿根ビオラ(パンダスミレ)は
冬にアッサリ枯れました。。
<(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!!
あんま耐寒性はないんとちゃうかな〜。

で、耐寒性は十分あるビオラ・ラブラドリカに期待したいです〜。
ケロ的には、こぼれ種で殖えるくらいやから、
種さえ蒔けばすぐ発芽して年内に開花すると思ってたの。

なのでハリキッテ9月に種まきしました。
自信がないのは秋まきと春まきに分けて蒔くのですが、
ビオラ・ラブラドリカはいっぺんに蒔ききりました。

が、全く発芽いたしません。。
(・・?
おかしいなあって、検索してみると…。

ビオラは種まき直後に気温が高いと休眠してしまうのだとか。
ですから、暑い時期に種まきしたら、
・種まき後の半日くらい、クーラーで室温を低めに保つ。
・クーラーボックスに保冷剤を入れて低温で発芽させる。
などのワザがいるみたいなの。。

そゆことはケロがてねを蒔く前に言ってくれなくっちゃデス。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ
もしかして休眠が打破されるのは来年の秋ですか???

これがデスね。
ケロが買って来た種なら(ー_ー )ノ" パスしてるはず。
やって、夏に乾燥させて終わりになりそうですもの。
ヤフオクで落札して蒔きなおしたほうが早いよ(笑)。

けど、このビオラ・ラブラドリカの種は
「雑草ちゃうで」で譲っていただいたものなのです〜。
「大事に育てたいです♪」とか言っておねだりしましたのに、
蒔き方間違えたからなかったことにしたいです〜っていうのは、
それはチョコットよろしくないかもです。

んで、あきらめ半分でお水だけあげてたら…。
なんと、芽がでてきました〜!
2008/09/25の種まきで2008/10/17の発芽です。
長かったです〜〜。

今日数えたら8芽ありました。
十分だお。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!
証拠写真は後ほどアップしたいです。

ビオラは一般に
「発芽適温:15〜20℃、
種まき:9〜10月で発芽適温を維持すればいつでも可能。」
となっていて、早ければ5日ほどで発芽します。

ケロの場合は種まき直後に2階の窓際に置いたので、
おそらく気温は25〜30℃くらいあったのでしょう。
その後も、セルトレーには別の種類の種が発芽していて、
2階の窓際に置きっぱなしでしたが涼しくなって発芽したのかな。

「ビオラは種まき直後は日陰で低温管理を!」
ケロはひとつカシコクナリマシタよ。
10月中旬の発芽ですから、開花は来春かな。

まだ、性質が飲み込めていないので、
1年目はプランターに植えて2階のベランダに置く予定。
種も採取しなくては。
(o^∇^o)ノ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ビオラ・ラブラドリカのおしべ
パンダスミレの耐寒性って
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

ゲラニウム・ピレネカム、種子から栽培・その1

ゲラニウム・ピレネカム・アルバムって丈夫?」
ゲラニウムはフウロソウ科ゲラニウム属の多年草です。
高山性で涼しい気候を好むので、
品種によっては園芸上の1年草扱いをされるのかな。

ブルー系のお花が多いそうですが、
品種がいっぱいあって花色もさまざまです。

ケロ的にはゲラニウムって、マニアの方が栽培する
気難しいお花かも〜という印象でした。
ほら、殻をむいてから種まきしてくださいとか、
表皮処理&吸水処理をしてから蒔いてくださいとか。。

なんだかめんどくさそうです〜。
ってことで敬遠していたのですが、
前回の記事のポテンティア・メルトンファイヤーを落札する時に
送料がもったいないかなと同梱の種を物色したの。

その時、商品の画像を見て気に入ったのが
ゲラニウム・ピレネカムやったのでした〜。
ケロの駐車場にはヒメフウロが生えております。
これはフウロソウ科エロディウム属の耐寒性多年草ですね。
この手のお花が好きなの。

ヤフオクに出品されていたのは2種類で、
ピンクのサマースカイと白花のアルバムやったと思う。
アルバではなくってアルバムというのですね?

で、ザッと検索してみると
「こぼれ種からの発芽がすごく、無数のの小花が繰り返し咲く。
花期は6〜9月。」
四季咲き性なのでしょうか。
ケロの先入観に反して育てやすいみたいですね。

ゲラニウム・ピレネカム・アルバムは立ち性で
草丈50cmほどの大株になるそうです。
咲き進んで花茎が伸びると1mに達するのだとか。
思った以上にでっかいです〜。

耐寒性−20℃とありますから冬越しは問題なし。
種まきから3ヶ月ほどで、小さいうちから開花すると。
花つきがよくて、開花まで短期間ですから(*TーT)bグッ!

問題は夏越しで、夏に枯れたという栽培記録もありました。
種が取れるので1年草扱いでもよさそうですが…。
ゲラニウム・ピレネカム・アルバムは比較的
宿根化しやすい丈夫な品種らしいのでいけるかもしれません。
群馬の夏も暑いけれど、夏越しに挑戦してみるお。
(^ー^)ノ

ゲラニウム・ピレネカム・アルバムの発芽率は?」
それで、なんかケロでも育てられそうな気がしてきて落札したの。
「表皮処理・吸水処理の後に播種:3〜6月、9〜10月
発芽適温:18〜24℃
発芽日数:10〜120日」

発芽日数が120日っていうのはなに???
芽がでなくても4ヶ月はお水をあげてね♪という意味ですか。。
とっても不安なのですが。。

2008/10/05の種まきで2008/10/10に発芽いたしました。
6日目に発芽してるよ。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

画像は2008/10/04です。
長さが5mmほどの茶色の楕円形の種だったかな。
サイズはよく覚えておりません〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム、種子

まず表皮処理。
紙やすりでこすります。
ゴシゴシと。
あれっ、中の白いのが飛び出しちゃった。。
一葉さま〜、ケロってバカ力?
(^▽^;)
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム、表皮処理

次に吸水処理。
んで、翌日に種まきしたのでした。
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム、吸水処理

こちらは2008/10/09のが画像です。
お隣のペレニアル・フラックスのほうが目立ってるけど…。
ゲラニウム・ピレネカム・アルバムも元気に発芽したよ!
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム

アップにしても、何のへんてつもない双葉ですが、
発芽率もよく成長も順調です。
ゲラニウム・ピレネカム・アルバム、発芽
ひと手間かけたかいがあったというものです。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

秋植えですから、開花まで3ヶ月というわけではなくって、
お花が見られるのは来年の初夏のころかな。
寒さに当てて丈夫な株に育てたいです。
夏越しできるかな〜。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ゲラニウム・ピレネカムの白花と桃花♪
ポテンティラ・種子から栽培・その1
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪

ポテンティラ・種子から栽培・その1

ポテンティラ・メルトンファイヤーの発芽率は?」
ポテンティラはバラ科キジムシロ属の耐寒性多年草です。
花いちご、西洋キンバイなどの別名もありますが、
食用ではなくってお花を楽しむ観賞用ですね。

原産地がアルプス、ヒマラヤで−20℃まで耐えるとありますから、
耐寒性は強いです。
逆に梅雨時の高温多湿は嫌いなのね。

でも、耐暑性もそこそこあって丈夫で、
這い性で殖え広がるみたいです。
品種がいろいろありますが、グラウンドカバーにもなります。

ケロ的にはポテンティラといえばポテンティラ・ベルナです。
おそらくポテンティラの中では一番繁殖力が強いでしょう。
ランナーを伸ばしてドンドン殖え広がります。
お花ではなくイチゴに似た葉っぱを楽しむのですね。

国華園にも売られていました。
「ポテンティラ・ベルナ→3号40個入 7600円」
これは業務用かな〜。
個人でもグラウンドカバー向けにまとめ買いするんかな?

お花を楽しむ種類は、多年草のコーナーにありました。
「アーギロフィラ、1袋、210円
マクビース 、1袋、210円
クランジ、1袋、210円
ポテンティラセット、上記3種3袋1組、500円」
1袋50円ではないのね。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

花色は赤、黄色、真ん中が赤で周りが黄色とさまざまです。
葉っぱもイチゴに似ているのも似ていないのもあります。
楽天市場にも何点も売られています。

・ポテンティラ・メガランサ
「産毛に包まれたふわふわの葉に大輪の黄色い花」
・モナークスベルベット
「クリムソンレッドの花弁にダークレッドの目が入る」
・ファイヤーボール
「オレンジ、イエロー、レッドなどのミックスで八重咲き」

いっぱいあって目移りするのですが、
ケロがお買い物したのはポテンティラ・メルトンファイヤー

中心のストロベリーレッド&周りのレモン色かった赤の
バイカラーがかわいらしいです。
見た目よりも丈夫で、草丈50cmほどの
ブッシュ状の大株になるはずです。
花期は5〜7月ですね。

「発芽適温:15〜20℃
発芽まで:14〜30日
春蒔き(4月〜5月)、秋蒔き(9月〜10月中旬)」

蒔き時はバッチリでしたが…。
検索していると「発芽率がよい」という記事と、
「全く発芽しなかったorz」という記事がありまして…。
なんか不安やった。。

あ、入手したのはヤフオクです。
確か30円が開始金額だったんやけど、
ここは人気があって落札できんかった(笑)。
んで、60円で即決のとこでゲットしたのでした。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

送料の70円を入れても130円ですから、国華円より安いお♪ 
あ、種類勝ちがうんか。
ま、ケロは細かい違いは気にしないです〜。

画像は2008/10/15のものです。
名札が2つあるけど、どっちもポテンティラ・メルトンファイヤー。
2008/10/05の種まきで、2008/10/10に発芽しました!
ポテンティラ・メルトンファイヤー

アップにしても、まだ小さな双葉です〜。
霧吹きでお水をあげた後なので水滴がついております。
ポテンティラ・メルトンファイヤー・発芽
思ったよりも発芽は早いんやない?
発芽日数ってかなりアバウトなものなのですね〜。

多年草ですし、発芽率が心配で30粒くらいを全部ばらまきました。
100%に近い発芽率だったのは良いのだけれど…。
植えるのは3株が限界かな。
1株でも大株になりますからね。

う〜ん、涙を呑んで間引くしかないか。。
あと、一葉さまにプレゼントするとか。
(*^.^*)エヘッ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ポテンティラ・ネパレンシス‘メルトンファイアー’の花色♪
国華園の「50円 花たね」
リッピアはヒメイワダレソウ♪

エリゲロン・種子から栽培・その1

エリゲロン源平小菊
エリゲロンはキク科エリゲロン属の耐寒性多年草です。
北米原産で草丈は30cmくらい、花期は5〜7月かな。
−10℃まで耐えるとありますから、寒さに強いです。

アズマギクもこの仲間なので、
ヨウシュアズマギクとも言われます。
ええと、ハルジオンやヒメジョオンも仲間なのね。
学名を見るとエリゲロン・フィラデルフィリクス、
エリゲロン・アンヌスとかってなっています〜。

みんなエリゲロン(ムカシヨモギ)属なのですか。
つぼみのときは下向きで開花すると上を向くというのは、
ハルジオンと同じですね〜。

花径が4cmほどの高性種のエリゲロン・スペシオサは、
草丈が50〜70cmくらいで花色はピンクや藤色。
花径が2cmほどのわい性種のエリゲロン・カルビンスキアヌスは、
草丈が15〜20cmくらいで花色は白→ピンク。

エリゲロン・カルビンスキアヌスがポピュラーなようです。
咲き始めは白の花色が、時間とともにピンクに変化します。
この花色の変化から源平小菊とも呼ばれると。
確か、源氏と平家の旗が白と赤だったんですよね?

ケロは図鑑で「エリゲロンはすごく丈夫!」
というのを見て、実物を植えてみたかったのですが…。
お店には苗も種も売られておりません。
野草というか雑草に近い扱いのようなのです。
(^▽^;)

で、ヤフオクをのぞいてみるといくつも出品されています。
けど、ケロのエリゲロンは「雑草ちゃうで」で
分けていただいたものです〜。

ペラペラヨメナという名前になっとって気がつきませんでしたが、
種まき前に検索してみると
「葉が薄くペラペラしてヨメナに似ていることから命名。
エリゲロン(源平小菊)のこと。」とありました。
~(=^‥^A アセアセ・・・

詳しい品種はわかんないんやけど、
たぶんエリゲロン・カルビンスキアヌスだろうと予想します。
お名前が長いのでエリゲロンとしてお話を進めたいです。

耐暑性も耐寒性もあって、土質を選ばない強健な野草です。
多肥は徒長して花つきが悪くなるので不要。
アブラムシがつく程度で、病害虫の心配も特になし。

日当たりと風通しが良い乾燥気味の場所を好みますが…。
ある程度の耐陰性もあり、湿地にも順応できるそうです。
よく分岐して花付きもよいのでグラウンドカバーに使えます。

花の盛りは初夏のころですが、
梅雨時に切り戻せば秋にも開花するので…。
真夏を除いて花期は5〜11月となっていることもあります。
かなり長期間お花を楽しめますね♪

耐暑性はありますが、大株になると高温多湿で
株が枯れるリスクがあるので、切り戻すのが良いみたいです。
株分けや挿し木でも殖やせますが、
こぼれ種から殖えすぎて困るほどだとか(笑)。

う〜ん、完全にケロの趣味にハマッテいます〜。
ヒメジョオンの親戚みたいなものかな〜。
一度植えたら、放置してOKとみました。
うん!(^^)

エリゲロンの発芽率は?」
種まきは春まき(3〜4月)と秋まき(9〜10月)が可能です。
ケロは春が待ちきれないので秋まきにしました。

2008/09/25の種まきで、2008/10/04の発芽です。
発芽まで10日ほどかかったので、
何か間違えたかも〜って不安になったけど…。

発芽し始めてからは順調で、発芽率は良いです。
画像は2008/10/06です。
この段階ではタテヤマウツボグサに負けております。。
エリゲロン

アップにしても正体不明の画像ですが、
たぶんエリゲロン・カルビンスキアヌスの双葉です〜。
エリゲロン
今は10月の中旬でそろそろセルトレーが窮屈かな。
もちょっとしたらポット苗に植え替えてあげなっくっちゃです。

耐寒性は十分ですが小苗ですからね。
2階のベランダでポット苗で冬越し予定です。
植え付けは来春の3〜4月ごろになるでしょうか。
ま、問題なく開花すると思うの。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

ちなみに下の関連記事のタイトルなんやけど…。
「ハルジョンとヒメジョン」→「ハルジオンとヒメジョオン」
の間違いですね。。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪
ハルジョンとヒメジョン

ラナンキュラス・ゴールドコインとは?

ラナンキュラス・ゴールドコインはとっても丈夫!」
ケロの駐車場には正体不明の野草がいくつもありまして、
徐々に解明が進んでいるのです。

前回のウマノアシガタを調べている時に、
キンポウゲ→ハナキンポウゲ→ラナンキュラスと進んで、
ラナンキュラス・ゴールドコインにたどりつきました。

ヨーロッパ原産のキンポウゲ科キンポウゲ属の常緑多年草です。
常緑といっても、群馬では冬は落葉していますね。
耐寒性も耐暑性も強くて、葉は落としますが
防寒なしで冬越しできます。

這い性でランナーを出してよく殖え広がるので、
グラウンドカバーとしても利用されるのだとか。
草丈は30cmほどで、花期は4〜6月とありますが…。

黄色の小さな八重咲きのお花は冬と真夏以外は
チョコチョコ目にいたしますよ。
四季咲きといってもよさそうです。

ラナンキュラス・ゴールドコインは去年、
突然にケロの駐車場に出現したのでした。
葉っぱは掌状で浅い切れ込みがあります。
雑草かなと思いつつ放置していたらお花が咲いて、
この八重咲きの小花は光沢があってかわいいの。

で、抜かずに見守っていたところ、
今年は駐車場のアチコチで大暴れです(笑)。
名前が知りたかったのですが、わかりませんでした。

春頃に近所のJAグリーンの山野草のコーナーで見かけて、
1株100円やった。
(^◇^)
「ポンフリー」って書いてあったんやけど…。
検索しても全くヒットいたしません。。

ラナンキュラスの仲間とは予想外です〜。
ケロのイメージするラナンキュラスって、
「病害虫に弱くて、球根は腐りやすいから1年草扱い」
という気難しい園芸品種です。

上級者の方向けの美しいお花で、
完全にケロの守備範囲外ですね〜。
(^▽^;)

「ラナンキュラス・ゴールドコインは、
ラナンキュラス・レペンスの園芸品種でハナキンポウゲとは別種。
別名は宿根ラナンキュラス、ワイルドラナンキュラス。」

種は作らないでランナーで殖えるそうです。
かなりはなれたところにも進出しているけれど、
あれもランナーで伸びたのかな?

花の盛りは4〜5月で花つきはよいです。
「農場の牧草に利用されるほど強健で放任栽培可能♪」

土質を選ばず、病害虫の被害もありません。
湿り気のある場所を好むそうで、
下が粘土のケロの駐車場でも元気です。

ラナンキュラス・ゴールドコインはどっから来たの?」
正体はわかったのですが、どこからまぎれこんだのでしょうか。
買って来たわけでも、採集したのでもなしと。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

注意してみると、お庭から逃げ出したらしいのが、
垣根の隙間から道路際に進出しています。
けっこうあちらこちらに殖え広がっている模様。

こぼれ種かと思っていたら「種はできない」とあるので、
全部ランナーで殖えたのかな??

可能性としては、道端で他の野草を採集した時に、
ランナーか球根がまぎれていたのかもです。

画像は2008/04の下旬です。
スギナと張り合っておりますね。
ピンボケです〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ
ラナンキュラス・ゴールドコイン

続いて、2008/05の上旬です。
1年でかなり勢力範囲を広げています。
左上はジシバリです。
ラナンキュラス・ゴールドコイン

最後は2008/07の中旬です。
茎は赤みがかっていて太いです。
伸びた先で発根してさらにランナーを伸ばします。
右下は友情出演のコニシキソウ(笑)。
ラナンキュラス・ゴールドコイン・花

お花は中央が黄緑色に色づいてプリティなの。
葉っぱを見るとウマノアシガタと多少は共通点もあるかな。
とにかく丈夫でよく殖えます。
ケロ好みの野草です〜。
☆^∇゜) ニパッ!!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ラナンキュラス・レペンス 'ゴールド コイン'はよく殖える
ウマノアシガタ・種子から栽培・その1
ヤクシマキンポウゲはヒメウマノアシガタです〜

ヤクシマキンポウゲはヒメウマノアシガタです〜

ヒメウマノアシガタの発芽率は?」
ヒメウマノアシガタはキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草で、
屋久島に自生するのでヤクシマキンポウゲとも呼ばれます。

花期が7〜8月なので、ウマノアシガタの4〜5月とは
ずれていますね。
草丈は15cmほどの這い性で、
茎の先に上向きに黄色のお花が咲きます。

深く3裂した葉や光沢のある5枚の花弁は
形も色もウマノアシガタとソックリなのですが…。
花径は1cmと大きさが半分くらいなんですって。

這い性で草丈が低くて鉢植えに向くので、
こちらは山野草として栽培されるようです。
ただ、あんまり流通はしていないと思う。
ケロは売られている実物を見たことはないです。

ヒメウマノアシガタの種子も「雑草ちゃうで」で
分けてもらったのです〜。
ケロがリクエストしたんやなくって、
ごまのはぐさ様がおまけに付けてくれたん。
☆^∇゜) ニパッ!!

なので、ウマノアシガタの仲間やろうなってくらいで、
2008/09/25に他の種子と一緒に種まきいたしました。
ウマノアシガタは2008/10/07に発芽したんやけど、
ヒメウマノアシガタは生えてこん。。

で、遅まきながら検索してみるとかわいらしい野草で
ぜひお花の実物を見たくなりました。
う〜ん、発芽適温とか発芽日数などを調べても、
ほとんどデータはアップされていないみたい。

ヒメウマノアシガタとウマノアシガタでは
そんなに発芽条件が違うとも思えないけどな。
いえ、ヒメウマノアシガタのほうは高山性の野草ですから、
発芽適温はもっと低いのかな?

「発芽しない原因のチェックポイント」
で、発芽しない原因を自己診断してみます。

・発芽率の低い種類か
これはわかんないな。
野草は種袋に発芽率○%とかって書かれて売られてる
わけではありませんから。

・土を乾燥させなかったか
毎日、お水をあげてるもんね。
(ー_ー )ノ" パス

・発芽適温はOKか
これはどうかな〜。
花期が夏だと春まきかもしれません。
ウマノアシガタと同じかと思ってぜんぶ秋まきにした。。
半分残しとくべきでしたがな〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

・湿度が高すぎないか
開け放った窓際に置いているので、
通風は悪くないはずです。

・未熟な土を使っていないか
普段は10リットルで99円の激安培養土&
18リットルで198円の激安腐葉土のブレンドを使っています。
(^▽^;)
けど、種まきには鹿沼土を使っておりますよ。

・水やりで種が流されていないか
スプレーで水やりしてるのねん。
(ー_ー )ノ" パス

・好光性の種に覆土したor嫌光性の種に覆土しなかった
ええと、ヒメウマノアシガタはどっちなのかな?
たしか、1〜2mm薄く覆土したと思う。

・水やりのしすぎで腐ったとか
これはあるかもです〜。
オニユリやカラスビシャクのムカゴとか
シロヤマブキの種子とかは気をつけなくっちゃデス。
大粒の種子は乾燥気味に管理するのね。

けど、ヒメウマノアシガタは大丈夫じゃあないでしょうか。
他の種子は同じ扱いで問題なく発芽しておりますし…。
・・・( ̄  ̄;) うーん

・発芽処理(表皮処理、吸水処理)をしたか
ゲラニウムってわけではなし、特に必要ないよね。
(ー_ー )ノ" パス

・種が古かったり、管理が悪かったりする
種の保存方法や鮮度については問題ないはずです。
山野草の中には採り蒔きじゃないと発芽率が落ちるものがあると
言われているのだそうですが…。

ケロ的にはごまのはぐさ様の「種子はこうして保存しています
が信頼できるかな。
伝聞ではなく、ご自分で実験してデータも公開されています。

ええと、結局、結論はでなかったのですが…。
春に芽がでる可能性もあると思うんよね。
乾燥させないでジミ〜に管理を続けたいです。
(^◇^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ウマノアシガタ・種子から栽培・その1
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪

ウマノアシガタ・種子から栽培・その1

ウマノアシガタキンポウゲ
ウマノアシガタはキンポウゲ科キンポウゲ属の多年草です。
5枚の花弁の黄色のお花の花色と形から、英名はバターカップ。
同じく花色から、八重咲きのもをキンポウゲというそうです。

ウマノアシガタというのは和名で、
「根生葉が馬の脚形に似ているから」とされていますが、
似ていない…という感想が多いみたいです〜。
そもそも、お馬さんの足跡を見たことがある人自体が
あんまいないのでは。。

全国に自生する野草といわれています。
「日当たりのよい野原の土手、道端などにごく普通に生える」
そうですが、ケロは見たことないです。。

草丈は30〜60cm、花期は4〜5月で、
花径2cmほどの光沢のある黄色の小花がかわいらしいです。
葉っぱは掌状に3裂すると。
有毒植物で牛の中毒事件もあったんですって。

画像はWikipediaの「ウマノアシガタ」から借りてきました。
まず全体像です。
ウマノアシガタ

次はお花。
バターカップという名前がピッタリです♪
ウマノアシガタ・花

最後は葉っぱ。
深く3裂しています。
ウマノアシガタ・葉

お花も葉っぱもケロ好みです〜。
実物を見てみたいと思ったんやけど、
もちろん、苗も種も売られておりません(笑)。

こゆかわいい野草を栽培してみたいと言うニーズは
あると思うのですが、商売にはならないでしょうからね〜。
普通は雑草として除草の対象かなorz

採集できれば良いのですが、お散歩の途中で気をつけていても
なかなか出会えません。
そゆ時にお役立ちなのが「雑草ちゃうで」です〜。
送料の切手代だけで野草の種子を分けていただけます。
ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

花後に直径5mmくらいの球形の集合果ができて、
中に長さが2〜3mmの倒卵形の種子ができるみたい。
あっと、種子の画像を撮り忘れてしまいました〜。

画像は2008/10/06のウマノアシガタの発芽です。
ウマノアシガタ・芽
って言っても、この段階では意味不明ですね。
(^▽^;)

ウマノアシガタ・芽
アップにしても変化ナッシング〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?
2008/09/25の種まきですから、発芽まで2週間かかりました。

なかなか発芽しなくって、不安になって検索しても、
ウマノアシガタの栽培記録は見当たりません。
まあ、それはそうですね。。

「ウマノアシガタの種子発芽には15℃のような低温が必要。
25℃のような高温は発芽を全く抑制する。」
というデータがありました。

ケロは9月の上旬に種が届いてから
3週間ほど冷蔵庫の野菜室に保存してました。
これがよかったんかな〜。

今は10月の中旬で、ウマノアシガタの発芽は3芽でした。
野草ですから、発芽率はこのようなものなのかなと。
1株、丈夫に育ってくれれば種が採れます。

園芸品種はお金を出せば手に入るけど、
身近な野草は自分で採集できないと入手ルートがないです。

ごまのはぐさ様に「ダメやったから、もっかい送って」
とかオネダリするのはかっこ悪いですし。。
いえ、ケロにも見栄がありますからね。
大事に育てなくっちゃデス。
(*^.^*)エヘッ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪

ルエリア・フミリスって丈夫ですか?

ルエリア・フミリスヤナギバルイラソウ
ルエリア・フミリス、種子から栽培としたかったんやけど…。
発芽いたしません〜。
(ノ゜凵K)ノあうぅ!!

ケロは以前にヤナギバルイラソウを育てたいと思ったの。
キツネノゴマ科ルイラソウ(ルエリア)属の半耐寒性常緑小高木
だそうです。
メキシコ原産の帰化植物で、花期が5〜10月と長いです。

草丈も1m弱と手ごろですし、
種子でも地下茎でも殖えて繁殖力旺盛とあります。
冬に地上部分は枯れても春に新芽が出るのね。

画像で見ると、細長い柳のような葉に薄紫のお花です。
土質を選ばず乾燥に強く、育てやすい野草のようでした。
けど、このときは「半耐寒性」というのが気になって
見送ったのでした。

ええと、ケロは観葉植物に請っていた時期がありまして、
室内に10号鉢が20個くらいあったかな。
夏場の水やりは一仕事でしたね〜。

なので、ハーブも野草も屋外栽培が原則です。
で、例えば、ゴールデンクラッカーも駐車場には生えています。
2回冬越しして3年目ですから、
「ゴールデンクラッカーは群馬でも地植えで冬越し可能」
と言えば言えますけど…。

常緑のはずが冬に落葉します。
春に痛んだ枯れ枝を切り戻して、秋に何とか回復したころに
また落葉して振り出しに戻ると。。
お花は咲きません。

寒さで枯死しないで生きているけれど、
生育環境としては無理があるわけですね。
なので、半耐寒性の植物を群馬で地植えにするのは、
チョコット強引やったと反省しているのです〜。

んで、お話は戻りましてルエリア・フミリスなのですが、
ルエリアの仲間は北米以外にもアジア、アフリカ、豪州にも
あるのだとか。
耐暑性は強いけれど、耐寒性は5℃程度までとそこそこです。

立ち性のものと這い性のものがあり、
暖かい地方では、こぼれ種で雑草化しているんですって。
温度さえあれば放任栽培できそうです。

耐寒性は種類度とに差があるわけで、
ルエリア・フミリス出検索してみたのですが…。
あんまヒットしないのです。。

ルエリア・フミリスはヤフオクで落札したのですが、
そのときの商品の説明ではですね。
「ルエリア・フミリス、別名はワイルド・ペチュニア
キツネノマゴ科ルエリア属の多年草。
タネが沢山でき、野生化する程強健。
夏にラベンダー色の5弁花を咲かせる。
草丈:約30〜40cm、花径:約5cm。」

ここまでは問題ナッシング、続いて、
「種蒔き:4〜5月または9〜10月
置き場所:霜に当たらない程度の5℃以上で越冬するので、
冬の間は室内で管理する。」

んと、栽培記録の記事には
「半耐寒性多年草、1日花だが夏中咲く。
耐寒性もかなりあり −5℃まで耐える。」
とありますね。
5℃と−5℃では10℃も違うんですけれども。。

通販でポット苗が売られていました。
「ルエリア、9cmポット、
学名:Ruellia humilis、半耐寒性一年草
草丈:20〜60cm、適温:15〜25℃(最低温度−5℃) 」
1年草?多年草なのでは?

ますますわかりません。。
パープルプレーリークローバーやカナダミルクヴェッチと
同様に学名のRuellia humilisで検索してみます。
いつものアバウトな機械翻訳です。

「耐寒性・耐暑性が有る強健な宿根草。耐陰性もある。
冬は地上部が消えるが、春になると新芽を出す。
花色はバイオレットorラベンダー。
乾燥に強く、直播き可能で、病害虫の被害は特になし。」

ルエリア・フミリスの発芽率って?」
不安はあるけど、丈夫な多年草と信じて種まきしました。
秋まきが可能なはずです。
が、発芽率ゼロ。。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?

あ、毎回言っておりますが、種の品質とかの前に、
ケロの栽培技術が大問題なの。

なにか勘違いしてるんかな?
種はこんな感じです。
直径5mmほどで平べったくて茶色ですね。
大きいので蒔きやすかったです。
ルエリア・フミリス・種子

吸水処理が必要とかとか特に書かれていませんけどね〜。
蒔き残しが半分あるんやけど、春まきにするかな。。
2008/09/25の種まきで、2008/10/12に発芽ゼロってのは、
何かが間違っているのでしょうね〜。
・・・( ̄  ̄;) うーん

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ルエリア・フミリスは5月から開花♪
ルエリア・フミリスの繁殖率
パープルプレーリークローバー・種子から栽培・その1
カナダミルクヴェッチ・種子から栽培・その1

コウリンタンポポ・種子から栽培・その1

コウリンタンポポエフデタンポポ
コウリンタンポポはキク科ヤナギタンポポ属の多年草です。
ヨーロッパ原産の帰化植物で、北海道では雑草化しているのだとか。

草丈は30〜50cm、掻きは6〜8月です。
長く伸ばした花茎の先に赤いお花が咲くので、
エフデタンポポ、エフデギクという別名もあります。

エフデギクはキク科エミリア属のカカリアの
別名にもなっていますからまぎらわしいですね〜。
カカリアは中国、インド原産の1年草ですが、
こぼれ種で殖えるそうなので来春植える予定です。
(^◇^)

タンポポはキク科タンポポ属の多年草ですが、
これ以外でもタンポポに似た花は○○タンポポと俗称されます。
フキタンポポなんていうのもありましたね〜。
アレはキク科のフキタンポポ属やったかな。

白い毛の密生するへら形の根生葉を出し、
花茎の先には複数の小花が付きます。
花色は赤からオレンジと濃淡の差があるみたいです。

お花はタンポポに似ていない気がする。。
色だけじゃあなくって形も違うと思うな。
好き嫌いの分かれる野草ではないでしょうか。

「毒々しい花色」と形容されることもあります。
ケロも近所のお店で実物を見たときはピンと来なかったです。
けど、丈夫な多年草らしいので、
「雑草ちゃうで」で種を譲っていただきました♪

コウリンタンポポというのは和名で、
学名をカタカナ読みするとヒエラシム・オウランティアクに
なるそうです。
ケロには覚えられそうにないので、
コウリンタンポポにしておきたいです。
(^▽^)

繁殖器官が「種子、匍匐茎」とありますから、
実生の他にランナーでも殖えるのでしょう。
「種子は10℃〜30℃で高い発芽率を示す。
土中寿命は10年にも及ぶことがある」はずなのですが…。

あんま、発芽率はよくないです〜。
発芽適温はかなり広いから問題ないはずです。
う〜ん、なにがまずいのやろ…。

種子はこんな感じです。
長さ5mm、幅1mmくらいの先のとがった円筒形ですね。
コウリンタンポポ ・種子

画像は2008/10/06のコウリンタンポポの双葉です。
ピンボケですがこれしかないの(笑)。
コウリンタンポポ・発芽
で、今日は2008/10/11なのですが、その後の発芽はナッシング。。
つまり画像の2芽がすべてです〜。

あ、種子の品質の問題ではないと思うよ。
ケロの栽培技術に課題が山積でございます〜。
枯らさずに春まで育てられれば、地植えにしてOKでしょう。
強健な野草ですから、勝手にランナーで殖えると期待できます。

ヒョロヒョロの芽が1人前の苗に育ってくれるかな〜。
北海道で雑草化するほどですから耐寒性に問題はなし。
イケルと思うんやけどな〜。
(^▽^)/

コウリンタンポポも単為生殖します〜」
在来種のタンポポとセイヨウタンポポの繁殖力の違いについて
よく言われるのは、
・在来種のタンポポは有性生殖→個体群が必要
・セイヨウタンポポは単為生殖→1固体でOK
なので、外来種のほうが有利ということです。

コウリンタンポポも単為生殖で殖えるそうです。
発芽率が高くて繁殖力が強いといわれていますけれど、
ケロはまだ雑草化したコウリンタンポポを見たことないです〜。

同属別種にキバナコウリンタンポポがあって、
コウリンタンポポと混生していることもあるとか。
こちらも北海道などで雑草化しているみたいです。

お花が黄色ですとイマイチインパクトがありません。
(^▽^;)
やはりコウリンタンポポのウリは
チョビットくどいくらいの濃い目の赤花でしょうか。

開花まで育てられたらお花の画像をアップしたいです。
たどりつけるかな〜。
?(^ー^; )"~サア?

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
コウリンタンポポの繁殖力
『雑草ちゃうで』は種子交換サイト♪
ハーブのダンデライオン

ビスカリア・種子から栽培・その1

ビスカリアコムギセンノウ
ビスカリアはナデシコ科シレネ属の1年草です。
以前の属名がビスカリアで、
これが英名にもなって残っているようです。
別名がコムギセンノウ。

ムギセンノウの別名があるアグロステンマとかぶってます。
(^◇^)
地中海地方原産で、花期は5〜6月。
草丈は30〜50cmほどとあります。

花径2pほどの5弁のお花が梅に似ているので、
梅ナデシコとも言ううんですって。
花色は白、赤、青紫などいろいろありますが、
ピンクのチェリーブロッサムという品種が
よく出回っているみたい。

ケロのビスカリアは例によってヤフオクのオマケです。
なので花色は咲いてのお楽しみかな〜。

秋まきの耐寒性1年草ですが、霜よけが必要なようです。
・播種:3〜4月(寒冷地)、9〜10月(温暖地)、
・発芽適温:18〜21℃
・発芽まで:14〜28日
・酸性土を嫌うので苦土石灰で中和する。

ケロは苦土石灰の中和はパスします。
たぶん、問題ないはずです。
茎は細くて、倒伏防止に支柱が必要かもです。
多肥は徒長させるので必要なしと。

日当たりと水はけがよければ、土質を選ばず丈夫です。
ポイントは加湿にしないことと、
冬の霜よけでしょうか。

検索すると栽培記録がいくつかヒットいたしまして、
冬に寒さで枯れた株もあるようです。

ええと、別のサイトには
・秋まき(暖地)9〜11月、花期4〜7月、
春まき(寒地)3〜4月、花期6〜8月、
・発芽日数:適温下で約7〜10日
・発芽適温:15〜25℃
とありました。

発芽適温はアバウトに20℃前後。
梅雨時にはお花の寿命でしょうから秋まきが基本です。
発芽日数はずいぶんズレがあるんですけれど(笑)、
1年草にしては時間がかかるほうかもしれませんね。

ケロのビスカリアは、
2008/09/29の種まきで、2008/10/07の発芽でした。
隣に蒔いたアグロステンマや宿根アマに比べて、
6日ほど発芽が遅かったです〜。

自信がないのでプラグトレーに蒔きましたが、
直播きでもいけるそうです。
けど、耐寒性がそれほど強くないのですから、
冬は室内管理にしてみようかな。

日中はベランダに出して、夜に無暖房の2階に取り込むの。
出し入れが面倒ですけれど、3ヶ月ほどのことですものね。

発芽は遅かったんやけど、その後は順調に生えそろいました。
んと、証拠写真が見つかんないんで、
後でアップしたいです〜。
(^^;)

追記です〜。
画像が見つかんないので、撮りなおしてみました。
2008/10/10のビスカリアです。
発芽率は良いです♪
ビスカリア

双葉はこんな感じかな〜。
ごく普通の双葉です。
早く本葉がでてくれるとよいな。
ビスカリア
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アグロステンマ・種子から栽培・その1

パープルプレーリークローバー・種子から栽培・その1

パープルプレーリークローバーはペタロステモン属」
パープルプレーリークローバーはマメ科ペタロステモン属の
多年草です。
属名は学名のカタカナ読みですね。

ペタロステモン・パープレアダレア・パープレア
といった別名もあります。
ケロはヤフオクでゲットいたしました。

ヤフオクの商品説明のページを抜粋いたしますと、
「北米の草原で見かけるワイルドフラワー。
パープルピンクの可愛い花が、下から順に咲く。
暑さ・寒さに強く、痩せた土地でも育つ。
種蒔き:春(4〜5月)または秋(9〜10月) 」

マメ科ですから根粒菌の働きで空中窒素を固定できます。
緑肥に使えるということです。
耐寒性も耐暑性もあり、土質も選ばない丈夫な野草のようです。

カナダミルクヴェッチもそうでしたが、
カタカナで検索してもほとんどヒットしませんorz
けど〜、Petalostemon purpurea、Dalea purpureaなどで探すと
英語のサイトがズラッと並びます。

栽培記録がアップされておりました。
4月16日に種まき→6日目に発芽→
秋に成長が止まって冬は落葉→春に新芽が出る→
約2年3月後の7月に開花。。

これも気の長い勝負になりそうです〜。
1年後の草丈が6cmなんですって。。

世界の花の種」のサイトにもありました〜。
「PURPLE PRAIRIE CLOVER (10粒)
販売価格 100円(内税)
ちょっと首が長いのが特徴。 
育て方はクローバーと同じ。」

「世界の花の種」はほとんどが100円均一です。
切手支払いもOK(2割増)で、送料は80円かな。
種類も豊富です。
こちらで購入して栽培した自家採取の種が
ヤフオクに出品されているのかもです。

80円切手が100枚以上余っています。
来春は「世界の花の種」も利用してみようかな〜。
もチョット商品の紹介が丁寧だとよいのにね。
育て方に関する情報は自分で調べるしかないです〜。

クローバーはマメ科シャジクソウ属(トリフォリウム属)
ですよね。
育て方は同じなの?

クローバーは夏の暑さに弱いですが、
パープルプレーリークローバーは夏越しに問題はないようです。

紫色の草原クローバーという名前ですが、
ピンクがかった薄紫色のお花で特徴のある形です。
スパイク状って言うのでしょうか、
プリムラ・ビアリのお花に似ていると思うのです。

英語のサイトを眺めてみますと、
「ラベンダー紫色の花が4cmほどの円筒形の花穂を
下から咲きあがる。
花期は5月〜9月。
根茎が発達していて乾燥にも耐える。
栄養価が高く家畜の飼料になる。
ネイティブアメリカンが食品、ティー、薬用として使った。」

ええと、機械翻訳を見ながらの斜め読みです。
間違ってる可能性はいっぱいあります。
(^▽^;)

牧草として大量に栽培されることもあるようです。
ということは放任栽培できる強健な野草なのかな?
苗を通販で販売している英語サイトもありました。
アメリカの山野草ですか?
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

パープルプレーリークローバーの発芽率は○」
◎まではいきませんけれど、そこそこの発芽率です。
2008/09/25の種まきで、2008/10/01の発芽でした。

画像は2008/10/06のパープルプレーリークローバーです。
何のへんてつもない双葉ですね…。
パープルプレーリークローバー・双葉

隣に同時期に蒔いたラティビアのほうが、
見た目にもハッキリと発芽率はよいかもです。。
パープルプレーリークローバー・双葉

大事をとって来春まで室内管理します。
2階の無暖房のお部屋の窓際に置く予定です。

春まきですと、秋に成長が止まり冬には枯れるそうですが…。
秋まきの場合も同様なの?
んじゃあ、本葉が数枚出たあたりで地上部分は枯れるの?

室内で管理したらどうなるのでしょう?
う〜ん、わからないです〜。
ま、もチョット育てていれば結論が出ますね。
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
カナダミルクヴェッチ・種子から栽培・その1

ペレニアルフラックス・種子から栽培・その1

ペレニアルフラックスは宿根アマ」
ペレニアルフラックスはアマ科アマ属の多年草です。
宿根アマとも呼ばれます。
ペレニアルフラックスというのは学名のカタカナ読みですね。
英名はリンシードかな。

フラックスはエジプトハーブとして知られていて、
茎からは亜麻糸、種からは亜麻仁油がとれるそうです。
種をお水につけるとゼリー状になってハーバルバスに使え、
美肌効果があるのだとか。
バジルシードやチアシードと似たようなものかな?

フラックスには1年草と多年草がありますが、
育て方に大差はないみたい。
土質は選ばず、病気もない丈夫なハーブです。

耐寒性は強いけど、高温多湿を嫌うので乾燥気味に管理します。
花期は5〜7月で、1年草の種がよく採れる青花のアマが
ポピュラーですが…。

鮮やかな赤花の1年草でベニバナアマ、
大き目の黄色のお花が咲くキバナアマ(イエローフラックス)
もあります。
キバナアマはキバナアマ属の常緑低木ですね。

で、多年草のペレニアルフラックス(宿根アマ)なのですが、
ヨーロッパ原産で、草丈は40〜60cmくらい。
5枚の花弁の青花です。
花色が白のホワイトペレニアルフラックスもありますね。

ケロのペレニアルフラックスは例によって、
ヤフオクのオマケでして(笑)。
今、検索して正体を知りました〜。
(^▽^;)

2008/09/29に種まきで、2008/10/01〜03に発芽です。
最初の発芽の日にちがハッキリしないのは
名札のついていないポット苗があってですね…。

ペレニアルフラックスとアグロステンマの芽が区別不能。
~(=^‥^A アセアセ・・・
種子の形は全く違いますのに〜。

これも発芽率はよかったです。
5日以内にほとんど発芽して芽が出揃いました。
w(゜ー゜;)wワオッ!!

秋まきで10月が適期とあるのでOKでしたね。
発芽適温は18〜21℃かな。

「移植を嫌うので直播き」がよいそうですが、
ポット苗を植え込んでも問題ないみたいです。
あ、プラグトレーのはさっさとポット上げしなくっちゃデス。

4月に種まきした栽培記録がアップされておりますが、
開花は翌年になったとのこと。
ケロは秋播きしたので、来春お花が楽しめるはずです。

「ニンジン、ジャガイモの畝の間に植えると成長がよい。
すき込んで緑肥にできる。
種はハーブティーにすると呼吸疾患に効果あり。」
コンパニオンプランツにもなるのかな〜。
立派なハーブです♪

夏越しがポイントですね。
今年は押入れにしまいこんだ8個のプランターを活用します。
真夏に西日の当たらないところに移動すればよいはずです。
うまく宿根化してくれるかな〜。
(^◇^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブと草花・種子栽培の開始〜♪
彼岸まきとは?
発芽適温て難しいですね〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。