ルドベキア・タカオの耐陰性

ルドベキア・タカオも開花中♪」
宿根ヒメヒマワリ(キクイモモドキ)を
ルドベキア・プレーリーサンか?と書きまくったケロですが…。
そちらのお話は一段落で、今回はルドベキア・タカオです。
(^▽^)

Wikipediaの「ルドベキア」によりますと、
「ルドベキアは、キク科オオハンゴンソウ属の植物の総称。
北米に15種ほどの自生種があり、ほとんどが多年草。
植物学者ルドベックにちなんだ命名。
帰化したオオハンゴンソウは、非常に繁殖力旺盛な多年草で、
特定外来生物に指定されている。
よく栽培されるグロリオサ・デージーはヒルタ種の改良種で、
和名はアラゲハンゴンソウ。
本来は多年草だが、耐寒性一年草扱い。」

ルドベキアに関しては何度か書いたので、
ウンチクはこのまとめで省略してと。
(^^;)

多花性です。
黄色の舌状花とこげ茶色の筒状花の小花が
分岐した茎の先にたくさん付きます。
花期は7〜10月で夏から秋までお花を楽しめます。

耐寒性も耐暑性もあって丈夫です。
トリロバ系の品種で多年草ですが株に寿命は短いそうです。
う〜ん、2年目ですけど、特に弱った様子もないです。

こぼれ種からも発芽するそうなので、
株の寿命はあんま気にしなくてもよいかもです。
ケロはまだ、こぼれ種からの発芽を確認しておりませんが…。

もしかしたら、宿根ヒメヒマワリの芽と混同して、
引っこ抜いているかもしれません。
(・・;)
宿根ヒメヒマワリは今年は大ブレークで、
そこいらじゅうから発芽しています。

大好きなお花ですが、草丈が2mを超えて株立ち状になるの。
草丈の高い大株ですからそんなにいっぱいは無理〜。
スペースの関係で90%以上間引いています。

ルドベキア・タカオの草丈は70〜120cm、
茎は赤く、先のとがった葉は3裂しています。
この葉っぱの様子から、和名はオオミツバハンゴンソウと。

耐陰性もありますが、成長も花付きも悪くなります。
ケロは、耐陰性あり&ルドベキアは強健ということで、
コンクリート塀際に植えました。

周りを、キョウチクトウ、ローズマリー、ゼニアオイ、
マーシュマロウ、レディースマントルなどに囲まれていて、
写真を撮るのも一苦労です(笑)。

さらに今年は、宿根ヒメヒマワリの新しい株が大きくなって、
いよいよ日照と通風が悪くなりました。
半日陰というか、完全に日陰です〜。

それでも枯れませんから、確かに耐陰性はあります。
が、ヒョロヒョロと徒長して、
7月下旬になっても開花しません。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

こぼれ種からの発芽がないうちに枯れられたら
d (>◇< ) アウト!ですがな。。
あわてて、ゼニアオイ、マーシュマロウ、宿根ヒメヒマワリ
を切り戻しました。

完全に雑草化しているゼニアオイと宿根ヒメヒマワリは
容赦なく地際でバッサリ刈り取りました。
これで、かなり日照と通風はよくなったの。

で、8月に入って無事に開花いたしました。
「耐陰性はあるが、日当たりと風通しのよい場所が好き」
という当たり前の結論です。
(^◇^)

ルドベキア・タカオの発芽率は?」
今のところ、こぼれ種からの発芽はありません。
来年は、生育条件を整えて丈夫に育てて、
充実した種子ができるようにしたいです。

宿根ヒメヒマワリは3年目の今年は、雑草並みの発芽率です。
あたり一面から、こぼれ種が発芽してるの。
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪

けど、最初の年はこぼれ種からの発芽はゼロでした。
株の状態に大きく左右されるようです。

最初の画像は、2008/06の下旬です。
草丈は80cmくらいでしょうか。
左手前の葉っぱは宿根ヒメヒマワリ(キクイモモドキ)です。
ルドベキア・タカオ

続いて、2008/07の上旬です。
草丈はギリギリ1mを超えたかな〜。
コンクリート塀が日照と通風を遮っています。
2年目なのに、株のボリュームがありません。。
ルドベキア・タカオ

次は、2008/07の中旬です。
手前でジャマしているのが宿根ヒメヒマワリ、
右がローズマリー、白い花はヒメジョオンかな。
どんどん日当たりが悪くなってます〜。
ルドベキア・タカオ

さらに、2008/07の下旬です。
弱弱しく徒長しております。。
宿根ヒメヒマワリとゼニアオイを切り戻して、
写真が撮りやすくなりました。
茎の先に小さなお花が見えるような気がしませんか(笑)。
ルドベキア・タカオ

最後は、2008/08の上旬です。
よやっと開花です〜。
(´▽`) ホッ
ルドベキア・タカオ

後ろのコンクリート塀の高さが約1.3mほどです。
草丈は伸びていますが、地植えなのに株が貧弱orz
ただ、なぜか倒伏しませんね。

少し、アップにしてみます。
日陰で徒長した株でも花つきはそこそこあります。
さすがは強健なルドベキアですね。
ルドベキア・タカオ

お花のアップです〜。
ルドベキアは種類が多くて同定が困難なものがありますが、
この中心の黒に近い筒状花の色がポイントです。
ルドベキア・タカオの花

来春、こぼれ種からの発芽があるでしょうか。
今年は、株の状態が悪いからチョット無理かな。
次をめざしてがんばるぞっと。
p(*^-^*)q がんばっ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ルドベキア・トリロバ・タカオはこぼれ種で殖える♪
ルドベキア・タカオは丈夫ですか?
ヒメヒマワリと宿根ヒメヒマワリ
ルドベキア・サンプレーリーかな?

カクトラノオとルリトラノオ

カクトラノオルリトラノオは違う〜」
先日、行きつけのお店でハーブと野草の苗を物色中、
ルリトラノオを見かけました。
花穂が長くて小花が密生するタイプのお花は、
○○トラノオという命名が多いです。

ケロの駐車場のカクトラノオ(ハナトラノオ)は
白とピンクのお花です。
青花もよいなとお値段を見ましたら、650円〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

ケロが今までに買った中で、一番の高額商品は
「パンパスグラスのポット苗が580円」です。
これは例外中の例外で、大半が1ポット200円未満です。
ルリトラノオはパスやね。。

姿かたちは共通点もありますが、
カクトラノオはシソ科フィソステギア属の多年草で、
ルリトラノオはゴマノハグサ科ベロニカ属の多年草です。

ルリトラノオの花期は5月〜7月ですから少し早めです。
花色は青紫が基本ですが、白やピンクもあります。
草丈は20〜100cmと種類によって大きく違います。

あ、四季咲き性で花後に切り戻せば秋にも咲くそうです。
花期は長いですね。
ケロが見たのは山野草コーナーの鉢植えで
青花が密集した花穂がきれいやった。
草丈は50cmくらいでしょうか。

「日本固有種は伊吹山頂のみに自生する絶滅危惧種。
花期は7月末〜9月、草丈は、50〜70cm、
花は青紫色で長さ10〜20cmの花穂がつく。」

ハイカラな名前なので、外国産だと思っていたら、
日本にも自生していたのですね。
クガイソウと似ている野草として知られているようです。

クガイソウはゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草で、
草丈が1m前後で花期は7〜8月。
画像を見ると、確かに似た感じです。
「クガイソウは葉は輪生、ルリトラノオは葉は対生」
で区別できるんですって。

ルリトラノオはベロニカ(ルリトラノオ)属ですが、
「ベロニカ属には約300種があり、日本には約20種がある」
ということで…。

ケロが見たルリトラノオの正体は不明です。
山野草のコーナーに置いてありましたから、
日本産のルリトラノオの園芸品種かもしれません。

でも、ここにはベニバナサワギキョウとか、
まぎらわしい名前の外国産のお花も置かれています。
ルリトラノオの名前で流通するものにはいくつかあって、

ヒメルリトラノオ(ベロニカ・スピカータ系の園芸品種)
北欧〜アジア原産、草丈は20〜60cm、花期は5〜8月、
花色は紫、白、ピンクで、春と秋に苗が出回る。

セイヨウルリトラノオ(ベロニカ・ロンギフォリア系の園芸品種)
北欧〜ロシア〜東アジア原産、草丈は50〜100cm、
花期は7〜9月、花色は紫、白、ピンクで、秋に苗が出回る。

ケロがお店で見かけたのは、6〜7月です。
ヒメルリトラノオっぽいですね。
花期がズレていますから、在来種のルリトラノオとは違うかな。

でも、外国産の園芸品種には丈夫なものが多くって、
この通称「ベロニカ」も耐暑性も耐寒性もあります。
もチョットお安くなったら、青紫色のルリトラノオがほしいな。
(*^.^*)エヘッ

カクトラノオのピンク花」
ケロのカクトラノオはシソ科フィソステギア属の多年草と
ハッキリしています。
花期の終わりに2ポット100円で売られていたの(笑)。

耐寒性も耐暑性もあって、土質も選びません。
病害虫の被害もない野草の優等生です。
花期は6〜9月のはずですが、7月の終わりに咲き始めました。

今年は開花が遅いし、株もあまり殖え広がっていない気がする。
去年、キバナコスモスに覆い隠されて、
日照と通風が悪くてダメージを受けたのかもです。

今年は、思い切ってキバナコスモスを間引いたのですが、
すでにかなり全面をふさぎつつあります。
これは、ちょこっと対策が必要ですね〜。
・・・( ̄  ̄;) うーん

画像は2008/05の中旬です。
もう草丈は80cmほどになっています。
去年に比べると勢いがないように思う。。
カクトラノオ

次は2008/05の下旬です。
後ろのコンクリート塀と比べると、草丈は1mくらいかな。
右側のサワフジバカマに押されているように感じます。
ハーブのヤグルマギクと混植状態です(笑)。
カクトラノオ

さらに、2008/06の中旬です。
生えている場所は塀際で、日照も通風も悪いです。
このあたりには建設残土のガレが埋まっていて、
植え穴もほとんど掘れませんでした。
この生育環境でジミに地下茎で殖えています。
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ
カクトラノオ

しつこく、2008/07の上旬です。
わかりにくいですが、手前がカクトラノオで、
奥がサワフジバカマです。
1.3mのコンクリート塀は覆い隠されて見えません。
('∇^d) ナイス☆!!
カクトラノオ

アップにしてみます。
もう、お花が咲いてもよい時期ですが、
ようやくつぼみが膨らみかけている状態です。
カクトラノオ・つぼみ

最後は、2008/07の中旬です。
梅雨で下の葉が傷みかけていますが、
草丈は1mを超えて順調に育っています。
カクトラノオ

再びアップです。
こんどこそ、つぼみが開花寸前です。
開花が遅れるのは、生育条件のせいかな。
日照不足で、株の状況がイマイチなのかもです。。
カクトラノオ・つぼみ

いま、7月の下旬です。
ピンクのお花がチラホラ咲きだしています。
ヽ(^◇^*)/ ワーイ

連日の強風を伴った雷雨でも倒伏しませんでした。
丈夫で手間がかかりません。
ケロの駐車場向きの野草ですね。
v(。・・。)イエッ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
カクトラノオの白花
カクトラノオの花色
ハーブじゃない?けれど・カクトラノオ

カクトラノオの白花

カクトラノオハナトラノオ
カクトラノオはシソ科フィソステギア属の多年草です。
属名は学名のカタカナ読みですね。

北米原産で、草丈は1.2mほどになります。
地下茎で増えて大株になります。

冬に地上部分は消えますが、耐寒性があって、
翌春に新芽が出ます。
耐暑性もあって放任で育ちます。

乾燥させすぎはよくないそうですが、
ケロは植え込んだ年くらいしか水やりはしていません。
乾燥にもよく耐えるほうだと思います。

茎が角ばっているのでカクトラノオ、
大きめの花穂が目立つのでハナトラノオ、
学名のカタカナ読みでフィソステギア
などと呼ばれます。

ケロが買ったポット苗はカクトラノオとなっていました。
ピンクのお花です。
こちらはまだ開花していないので、次回にしてと。

花色が白のアルバ種もあります。
涼しげで夏向きのお花です。
草丈は70cmほどと、ピンク花のカクトラノオよりも
少しコンパクトなようです。

白花のカクトラノオが先に開花して、いま、満開です。
苗を買ったわけでも、採集してきたのでもなく、
いつのまにか生えていました。
(・・?

侵入路際の乾燥する砂利の辺りに生えています。
2年目の今年も、草丈は30cmくらいでショボイです〜。
それでもジミに地下茎で殖え広がっているようです。

カクトラノオのアルバ種も丈夫♪」
画像は2008/06の中旬です。
去年の夏に白い花を見かけた時は1株だけでした。
今年は数株に増え広がっています。
右後ろはヨモギです。
カクトラノオのアルバ種

このあたりはヨモギが生えていて、
カクトラノオやモントブレチアの成長が
阻害されているかもしれません〜。

続いて2008/06の下旬です。
草丈30cmくらいでほとんど変化なし。
こういう品種なのか、生育環境が悪いのか。
カクトラノオのアルバ種

ヒメカクトラノオはないようですから(笑)、
本来の大きさまで育ちきっていないのでしょうね。
日照と通風はよいのですが、乾燥しすぎのやせ地です。
腐葉土を足してあげたほうがよいかな〜。

後ろのヨモギが消えています。
ヨモギのアレロパシー効果が気になって、
地下茎ごと処分しました。

次は2008/07の上旬です。
茎の先のつぼみが膨らんで開花寸前です。
ヨモギを除草してから、少しは状態がよくなったのかな。
カクトラノオのアルバ種

右後ろのタツタナデシコは種になっています。
今まで、こぼれ種からの発芽はありませんけれど、
今回はどうかな〜。

最後は2008/07の中旬です。
ようやく開花しました。
下のほうから咲きあがっていくようです。
カクトラノオのアルバ種

こうして見ると、去年よりははっきりと成長しています。
横にボリュームが出てきています。
左手前の葉はモントブレチア(笑)、奥のほうはフキです。

アップにしてみました。
シソ科らしいお花で、花色の白がさわやかです。
35℃に達する暑さです。
水やりをしていませんが特にダメージはないみたいですね。
カクトラノオのアルバ種・花

いま、7月下旬でカクトラノオのアルバ種は満開♪
放置しても、花付きのよいカクトラノオは
ケロの駐車場に適応しています〜。
(*TーT)bグッ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
カクトラノオはフィソステギア
カクトラノオの花色
ハーブじゃない?けれど・カクトラノオ
カクトラノオ=フィソステギア・バージニアナ

キバナコスモスとストロベリーチョコレート

キバナコスモスストロベリーチョコレートに進化?」
連日の激しい夕立です。
天気予報では少雨になっていますが、
落雷を伴った強雨です〜。
昨日は、停電もありました。

で、今朝、窓から外をのぞくとレモンマリーゴールドが
見当たりません。
(・・?

ケロはすごく目が悪いので、
あわてて駐車場に出てみると…。
株元でポッキリ折れています〜。
バタリ (o_ _)o 〜〜〜 †

ヤラレタリ〜orz
まだ、草丈20cmくらいですよ。。
なのに、株元から折れちゃってる。。
期待したハーブなのに、弱かったです〜。
ま、タイマツバナもこのパターンでしたから、
放置して様子を見ようかなと。

気を取り直して駐車場をながめると、
西半分はキバナコスモスに占領されています。
今年は6月に半分以上を間引いたのですが、
数が減った分だけ大株に育っているみたい。

キバナコスモスはキク科コスモス属の1年草
(本来は非耐寒性の多年草)です。
6〜11月と花期が長いうえ、強健です。
病害虫の被害もなく、土質も選びません。
耐暑性があって乾燥にも耐えるので、放任栽培できます。

ケロのキバナコスモスは草丈50〜100cmくらいで、
倒伏するものもありますが、
多くは放置して問題なし。

花色はオレンジと黄色です。
最初はオレンジだけでしたが、いつのまにか黄色も
混じって生えてきたのでした。

ただ、黄色は数が少なくて、
今年は、今のところオレンジ一色です。
間引く時に、黄色の株を引っこ抜いちゃったかな〜。
(・・;)

八重咲きの品種が多いそうですが、
半八重というかほとんど一重咲きですね(笑)。

園芸品種には赤花の黄色コスモスもありますが、
これはケロのイメージとは違うな。
けど、クリームイエローに近い黄緑色のお花は
とても美しいです。
(*TーT)bグッ!

以前の記事のチョコレートコスモスも花色はステキですが、
性質が弱くてケロの駐車場にはチョット無理。
そう思っていたら、同じキク科のコスモス属に
ストロベリーチョコレートという園芸品種があるのです〜。

チョコレートコスモスとキバナコスモスとの交配種で、
香りは弱いが花色は豊富だとか。
楽天市場をのぞきますと、
ビターチョコ(ブラウン)
カカオチョコ(ダークブラウン)
ワインチョコ(レッドブラウン)

w(゜o゜)w オオー!
ケロ好みのシックなお花が勢ぞろいですね。
キバナコスモスの性質を受け継いでいて、
花期は長く生育旺盛でよく根が張ると。

チョコレートコスモスの性質も受け継いで、
花色は深みのある赤で、品種によって濃淡を選べます。
「咲き始めにほのかなチョコレートの香りがする」
というのは、アテにならないかも(笑)。

地植えにして大株になると、花付きがよくなるそうです。
真夏に切り戻せば、秋に2番花が楽しめます。
とここまでは、よいこと尽くめなのですが…。

半耐寒性なので、5℃以上で管理するとあります。
これはビミョウ。
キバナコスモスは耐暑性が強い1年草で、
チョコレートコスモスは耐寒性が強い多年草、
両者の「イイトコ取り」を狙っているのですが…。

原種のチョコレートコスモスは、耐暑性・耐寒性に優れる
多年草だったらしいです。
しかし、園芸品種のチョコレートコスモスは、
加湿に弱く耐寒性も強くはありません。

交配種のストロベリーチョコレートは、
香りが弱く花色が安定しないとも言われます。

さらに、「宿根草なのですが黄花コスモスの性質が強い為、
翌年も花を咲かせるのは難しい品種で一年草扱い」
ヽ(´∞`)ノ アウアウ?
園芸上の1年草なのね。

「黄緑色のキバナコスモスがほしい」
ストロベリーチョコレートはまだ進化の途中かな。
ケロ的には、強健で放置できるキバナコスモスがよいです。
黄緑色の花色のキバナコスモスはどこで手に入るのでしょう。

2年目以降も同じ花色で咲き続けるんかな。
2年目からは黄色に戻ったりしたらさみしいです〜。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

最初の画像は2008/07の上旬のキバナコスモスです。
オレンジの花色です。
一重か半八重かビミョウなところです〜。
キバナコスモス・花

草体全体はこんな感じ。
元気に葉が茂っています。
草丈は80cmくらいでしょうか。
キバナコスモス

黄色っぽく見えますがオレンジ花です。
今年はまだ黄色のお花は咲いておりません。。

違う角度から撮ってみました。
筒状花が盛り上がっているのが特徴です。
舌状花には縦に筋が走り、先端はギザギザになっています。
キバナコスモス・花

最後は2008/07の中旬です。
かなり間引いたのですが、今年もこのあたりは
キバナコスモスに占領されました(笑)。
キバナコスモス

後ろのヨウシュヤマゴボウは草丈2mを超えていますから、
キバナコスモスの花茎の先は1.5mほどに達しています。

もいちど、アップにしてみます。
筒状花がさらに盛り上がっています。
黒っぽい点は筒状花から飛び出しているめしべの柱頭です。
キバナコスモス・花

チョコレートコスモスやストロベリーチョコレートも
キレイですけれど、
ケロはキバナコスモスのほうがええな〜。
今年も、黄色のお花が咲いてほしいなっと。
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キバナコスモスvsチョコレートコスモス
キバナコスモスの花色
ハーブじゃないキバナコスモス・ポッキリ
キバナコスモスの筒状花と舌状花

キクイモモドキとヤナギバヒマワリ

宿根ヒメヒマワリキクイモモドキ
昨日の夕立にたたかれて、駐車場のハーブや野草は
うなだれているものが多いです。
そして、今日も最高気温は33℃を超えるもよう。
エリンジウムやマトリカリアが枯れないか心配です〜。

あまり心配しなくてよいのが宿根ヒメヒマワリです。
キク科ヘリオプシス(ヒマワリモドキ)属の多年草です。
キクイモモドキといったほうがわかりやすいけれど、
語感がイマイチなので宿根ヒメヒマワリにしときます。
(^◇^)

梅雨時の高温多湿で倒伏しがちになってきました。
傷んでいる花もありますが、
切り戻ししながら秋まで咲き続けます。

宿根そうですが短命とされています。
が、ケロの宿根ヒメヒマワリは4年目の大株で、
特に弱った様子もありません。

まあ、発芽率が年々よくなって、
今年は間引かなくてはならない状況です。
なので、親株の寿命は気にしなくてもよいのでした。
(^▽^)

日本でよく栽培されるヘリオプシス属の仲間には、
ヒマワリモドキとキクイモモドキがあります。
「茎や葉に短い固い毛が生えていて、
触るとざらざらした感じがする」のがキクイモモドキです。

切り戻す時に触って確かめてみました。
葉っぱに短毛が生えていて、手触りはゴワゴワしています。
キクイモモドキ=宿根ヒメヒマワリと決めてよさそうです。

ちなみに、ヒメヒマワリはキク科ヒマワリ属の1年草で、
ネーミングはチョットまぎらわしいです〜。

切り戻しをしなかったので、草丈は2mに達しています。
一部倒伏しましたが、以外に倒れません。
密生して支えあっているようです。

繁殖力と花つきはバツグンです。
1.3mのコンクリート塀を隠して、
生垣の代わりになってくれています。

難点は背が高くて密生するので、
他のハーブや野草の日照や通風を遮ることです。
レンギョウ、キョウチクトウ、アベリア、ガイラルディア、
シャスターデージー、ローマンカモマイル、ツルマサキ
などが被害者になっております。。

来年は、春と梅雨時に切り戻しをしてみようかな。
えっと、去年も、同じことを言った記憶がありますね。
(^▽^;)

ヤナギバヒマワリもあるよ」
お花が似た野草にヤナギバヒマワリがあります。
ヤナギバヒマワリはキク科ヒマワリ属の多年草です。
花径は5cmほどの多花性で、花期は9〜11月。
原産地は北米で、草丈は1〜1.5m。

耐寒性も耐暑性もあって、冬に地上部分は枯れて、
翌年に新芽が生えるパターンです。
強健な野草で育てやすいとされています。

宿根ヒメヒマワリとよく似ています。
相違点は花期ですね。
宿根ヒメヒマワリの花期は6〜11月ととても長いです。

もひとつは葉の形です。
宿根ヒメヒマワリの葉は三角形のお結び型ですが、
ヤナギバヒマワリはヤナギに似た細い葉です。

細い葉っぱは涼しげで夏向きかもしれません。
これもよいけれど、黄色のお花の印象はソックリ。
ヤナギバヒマワリの舌状花が多少細長い気もしますが、
お花だけみる特別は難しいです。
(^○^)

ま、かぶっちゃうし、大型の野草を植えるスペースは
限られていますからパスかな〜(笑)。
お店で見かけたことも内と思う。

画像は2008/07の上旬です。
今年の梅雨は雨量が多くてダメージを受けています。
徐々に斜めに傾いてるorz
宿根ヒメヒマワリ

徒長してる気もいたします〜。
株もとのガイラルディア(オオテンニンギク)が
草丈50cmくらいです。
(^^;)

でも、切り戻すと脇芽が伸びてきて、
秋の終わりまでこの状態です。
今は、7月の下旬で、さすがに花数は減っていますが、
9月頃には盛り返すでしょう。
Fight!!(o^-^)尸~''☆ミ☆ミ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キクイモモドキはヘリオプシス・スカブラ
ルドベキア「プレーリーサン」ではないみたい〜
ヒメヒマワリと宿根ヒメヒマワリ

キバナコスモスvsチョコレートコスモス

キバナコスモスvとチョコレートコスモス
「キバナコスモスは、キク科コスモス属の1年草」
と何度も書いてきましたが…。
本来は多年草で、耐寒性がないため日本では1年草扱いです。

「キバナコスモスは非耐寒性多年草で、
日本では園芸上の1年草」と言うのが正確かな。

メキシコ原産で、耐暑性は強いです。
真夏の乾燥にもよく耐えます。
土質は選ばず、肥料も不要です。

ケロが最初に見かけたキバナコスモスは、
歩道際のアスファルトの隙間に生えてたよ。
強健で発芽率がよい野草なので、
アチコチで雑草化しています。

日当たりと風通しのよい場所を好みます。
ただし、ソコソコ耐陰性はあります。
花つきが悪くなりますが、枯れはしません。

ケロの駐車場は、去年は間引かなかったので、
過密状態になってしまいました。
通風も日照もイマイチで、徒長したり倒伏したりと、
問題もありましたが…。
今年も、春にいっせいに発芽しました♪

同じキク科コスモス属にチョコレートコスモスがあり、
こちらはお店でときどき見かけます。
半耐寒性多年草なので、キバナコスモスよりは
寒さに強いのですね。

メキシコ原産で草丈は50cmほど。
キバナコスモスの園芸品種は八重咲きで
草丈が30〜50cmくらいのものが多いそうですが…。
ケロのは一重咲きで草丈は1mを超えます。
原種に近いのかな(笑)。

チョコレートコスモスの花期は8〜10月なので、
キバナコスモスの花期の6〜11月に比べると、
少し短いですね。

花色がダークブラウンというか黒に近い赤です。
チョコレートのような甘い香りがするというので、
人気があります。

けど、ケロが試しにお店で香りをかいだ時には、
よくわかりませんでした。
まあ、ケロはチクノウ気味ですけれども。
(^^;)

ケロは黒系のお花は好きです。
タチアオイならブラックホリホックがいっち好き♪
なので、チョコレートコスモスも買おうかなって迷ったけど、
止めときました(笑)。

弱そうに見えたからです。
近所のお庭でも見かけません。
検索してみると、予想通り手がかかりそうです。

・耐寒性は強くない(0℃前後まで耐える)。
・梅雨時の加湿を嫌う(うどん粉病が発生しがち)。
・真夏の乾燥を嫌う(水切れで萎れる)。

う〜む、鉢植えにして夏は半日陰に置き、
冬は室内に取り込むのがよいみたいね。
 
「性質はコスモスよりもダリアに近く、
根が球根のように肥大する。」
なるほど〜、キバナコスモスとはかなり性質が違います。
キバナコスモスですと、

・非耐寒性だが、こぼれ種で発芽する。
・病害虫の被害はなく、梅雨時にもグングン成長する。
・真夏にも水やりなしで問題ナッシング。

Wikipediaの「チョコレートコスモス」から、
画像を借りてきました。
チョコレートコスモス

花色はよいのですが、育てにくいようです。
「大正時代に日本に渡来したが、繁殖が難しく普及しなかった。
自生地では、絶滅の危機にさらされている。」

美しいお花には、育てにくいものも多いです。
「大輪で病害虫や暑さにも強く改良された品種」
も作出されているとか。
ケロの駐車場で生き残れるくらい丈夫になったんかな〜。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

キバナコスモスの発芽率」
キバナコスモスは非耐寒性の多年草で、
日本では1年草扱いですが、
こぼれ種からの発芽率がバツグンによいです。

なので、1年草でも問題ありません。
5月になると、いっせいに新芽が伸び始めます。
画像は2008/05の中旬です。
キバナコスモス

すでに、本葉が開いています。
右上の新芽は双葉から本葉が出かけているところです。

次は、2008/05の下旬です。
地面が一面、キバナコスモスの新葉で覆われておりますね。
今年はさすがに間引きました。
キバナコスモス

去年はこぼれ種からの発芽が大ブレークで、
まわりのハーブや野草たちがワリをくっていました。。
ガウラ、イトバハルシャギク、カクトラノオ、ヘビイチゴ、
タイマツバナ、リアトリス、ヒメツルソバなどが被害者です。

続いて、2008.06の下旬です。
半分、場所によっては9割もカットしたのですが、
一株が大株に育つので去年と大差ないかな〜。
(^▽^;)
キバナコスモス

最後は、2008/07の上旬です。
緑が濃くなり、大株に育っています。
この時点で、草丈は80cmほどでしょうか。
キバナコスモス

左下は、剪定したクワの枝を積んだエコスタックです。
何箇所かにあって、カナヘビが住み着いた模様です〜。
O(≧▽≦)O ワーイ♪

別の株を見てみると、もう開花寸前です。
一番基本のオレンジ色かな。
ケロ的には、開花寸前の開きかけのお花が美しいとおもうの。
バックの葉っぱはヘデラです。
キバナコスモス・花

で、この後、開花後の画像が続くのですが、
そちらは次回にしたいです〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キバナコスモスはコスモス・スルフレウス
キバナコスモスの花色
ハーブじゃないキバナコスモス・ポッキリ
ハーブじゃない?けど・キバナコスモス
キバナコスモスの筒状花と舌状花

フジバカマの発芽率

フジバカマサワフジバカマ?」
フジバカマはキク科ヒヨドリバナ(ユーパトリウム)属の
耐寒性多年草です。
−10℃まで耐えるとあるので、耐寒性は強いです。
群馬では、防寒なしで冬越しできます。

乾燥するとしおれやすいそうですが、
耐暑性もあって乾燥にも強い気がします。
ケロは、夏に水やりをしていませんが、
別に問題ナッシングです〜。

うどん粉病が発生することがあります。
植えてある場所がコンクリート塀沿いで、
通風が悪いせいかやられたことがあります。

梅雨後に切り戻して放置すると、
秋には復活して開花していました。
病害虫にも強い強健な野草と言えるかな〜。

3裂する葉は少し赤みがかっています。
特に茎の先の新葉は赤っぽいです。
茎は最初は緑色ですが、開花の頃には赤くなっています。

草丈は1mほどとありますが、
徒長気味なのか1.5mを超えています(笑)。
横に広がってボリュームもあります。

水切れと肥料不足で花つきが悪くなるそうですが、
肥料は要らないのでは?
放置しても草丈は1mを超えます。
これ以上徒長しても困ります(笑)。

日当たりと水はけと通風のよい場所を好みますが、
耐陰性もあります。

筒状花だけの小さな頭花を房状にたくさんつけ、
先端が2つに分かれためしべが糸状にはみ出しています。
青花フジバカマのお花とは形が違う気がします。

ええと、青花フジバカマの記事で
「近寄ってよく見ると、繊細な糸状の筒状花です。」
とか書きましたが…。
繊細な糸状の部分は、もしかして、めしべなのかな。
(・・?

秋の七草のひとつですが、近年では自生している
フジバカマはほとんどなおそうです。
市販されているフジバカマは園芸品種で、
フジバカマとサワヒヨドリの自然交雑種から作られたようです。

キク科にヒヨドリバナ属のヒヨドリバナという多年草があり、
これは白花です。
同じキク科ヒヨドリバナ属のサワヒヨドリという多年草は、
淡い紅紫色の花色です。

サワヒヨドリの花色は濃いものからほぼ白色のものまであり、
これから園芸品種のフジバカマやシロバナフジバカマが
作出されたの考えてええのかな〜。

フジバカマ自体が中国原産の帰化植物です。
乾燥する時のクマリンの香りが好まれたのですね。
ハーバルバスにも使えます。
葉っぱはたくさんあるので、フジバカマ湯を試してみたいな♪

サワフジバカマはこぼれ種から発芽します〜」
山野に自生するフジバカマは絶滅の危機にあるそうですが、
園芸品種のサワフジバカマは雑草化しています。
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪

ポット苗で買った後で、空き地のサワフジバカマに気が付いた。
アチコチで見かけます。
挿し木で簡単に殖やせるので、買う必要はなかったです〜。

画像は2008/04の下旬です。
すでにこんもりと茂っています。
茎の先の葉ははっきりと赤みがかっています。
サワフジバカマ

次は2008/05の中旬です。
元気に成長中。
草丈60cmほどでしょうか。
サワフジバカマ

もう、茎は赤くなっています。
去年は夏までは、茎は緑色だったと思うのですが…。
左の緑色の茎は、カクトラノオです。

この頃、こぼれ種からの発芽を発見!
ある程度大きくなっていたので、引っこ抜きませんでした。
初めから茎は赤くなっていますね。
(^^;)
サワフジバカマ

親株はコンクリート塀際に植えたのですが、
チャッカリ、条件のよい場所へ移動しています。
サワフジバカマはこぼれ種からも繁殖します。
株分けも、挿し木も必要ないかもです〜。

さらに、2008/05の下旬です。
大株になって、左のカクトラノオと張り合っています。
株元は砂利なので乾燥しがちなはずですが、
問題なく育っています。
サワフジバカマ

最後は、2008/06の中旬です。
ツタの絡まるコンクリート塀と比べると、
草丈は1.3mを超えています。
右端のイトハハルシャギクを圧倒しておりますね〜。
サワフジバカマ

アップにしてみます。
葉は深く3裂しています。
茎の先端の葉は、紅色です。
これはこれで美しいかな♪
サワフジバカマ

さらに、こぼれ種から発芽した株を発見〜。
上から写してみました。
やはり、茎の先の葉は赤みがかってる。
サワフジバカマ
ヤグルマギクのところに進出してきました。
この株は切り戻して、草丈は抑えたいです〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
サワフジバカマも和のテイスト♪
青花フジバカマはユーパトリウム・コエレスティヌム
ハーブのフジバカマの正体?
フジバカマはサワフジバカマなの?

マツカサアザミはエリンジウム

マツカサアザミの耐暑性は?」
マツカサアザミはセリ科の耐寒性多年草です。
属名は学名をカタカナ読みしてエリンジウム属とか
和名からヒゴタイサイコ属と言われます。
英名はシーホーリーかな。

過去記事を見ると、まぐまぐブログに記事を書いたようですが、
まぐまぐはブログサービスが打ち切られています。
検索できないので、も一回書くかな。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

種類はいろいろあるようです。
楽天の市場をのぞくと、ブルーホビットという品種があります。
草丈20cmの矮性種ですね。

エリンジウム・アルピナムは草丈70〜90cmほどで、
花の下の羽状の総苞が青紫色に色づき美しいと。
確かに、画像でみるとエキゾチックな感じがよいです。

セリ科ヒゴタイサイコ属(エリンジウム属)には
100〜200種もあり、全世界的に分布していて、
棘はあったりなかったりします。
いずれも青みがかった花をつけます。

一番よく出回っているのは、エリンジウム・プラナム
「アザミに似た姿と花をつけるのでマツカサアザミ」
と説明されていることが多いです。

お花は楕円形の卵形で、棘だらけのマツカサに見えます。
アザミの「花」とは共通点がないのでは(笑)。

根生葉は丸葉ですけれど、茎に上のほうの葉は
細長くて端は先がとがったギザギザです。
この葉と総苞のあたりがアザミに似ているのでしょうね。

和名のマルバノヒゴタイサイ
「花はキク科のヒゴタイ(ルリタマアザミの仲間)に、
茎葉はセリ科のミシマサイコ(三島柴胡)に似ている」
ので命名されたんですって。

同属にヒゴタイサイという野草もあるみたいですが、
検索しても画像が見つかりません〜。
ひまな時にまた探してみたいです。

エリンジウム・アルピナムが高山性の野草で、
耐暑性が弱く園芸上の1年草なのに対して、
エリンジウム・プラナムは比較的暑さに強いとされます。

「原産地はヨーロッパで、花期は6〜8月。
耐寒性は強くて、−15℃まで耐える常緑性多年草。
草丈は1m弱くらいで、葉茎に小さなトゲがある。」

あ、棘なんかあったかな。
気がつきませんでした。
アザミなら、触れると痛いからわかるのですが、
小さい棘なのでしょうね。

花もちがよいので、切花やドライフラワー向きですか。
いかにも乾燥した印象のお花です。

日当たりと風通しのよい場所で乾燥気味に管理します。
「比較的強い」と言っても耐暑性は弱くて、
夏越しに失敗して園芸上の1年草ななることが多いみたい。

栽培日記をハシゴすると、「夏に枯れた」
という記述が多いです〜。
ただ、「花後に切り戻したら、9月に新葉が生えてきた」
という記事もあって、宿根化する例もありました。

移植を嫌うので、もう動かせません。
ケロの計画では、ヤグルマギクが西日を遮る予定でした。
今、7月中旬でマツカサアザミは満開です。
多湿でやや倒伏しかけていますが元気です。

でも、ヤグルマギクは最後の花がポツポツ残っている程度で、
ほとんど種になって茎葉は枯れています。
「(´へ`;ウーム
とりあえず、腐葉土でマルチングしようかな。

なんて思いながら検索しておりますと、
謎の巨大エリンジューム 〜 Eryngium pandanifolium 〜
という記事が目に付きました。

「臙脂色の花はワレモコウにそっくりで大きさも同じくらい。
花の高さは250cmまで 茎が伸びています。
葉は常緑でグレーがかった色がきれいです。」

リュウゼツランのような葉っぱで、花は異臭がするそうです。
草丈2.5m!
画像を見ると、窓より高いです〜(笑)。
倒伏しないのでしょうか。

これは、レアなお宝です。
ケロも欲しいな〜。
ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ

「エリンジウム・プラナムは美しい♪」
予備知識なしの衝動買いでした。
後で調べると、耐暑性の弱い園芸上の1年草。
ほとんど期待しないで、地植えにした直後に、
一度紹介しただけでした。

画像は植えてから1ヵ月後の2008/05の下旬です。
根生葉を見ると、確かにマルバノヒゴタイサイコ。
エリンジウム・プラナム

続いて、2008/06の上旬です。
ほとんど変化なし。
ジミです。
エリンジウム・プラナム

次は、2008/06の中旬。
家計が伸びだしました。
茎とか上の方はアザミに似た雰囲気かもです。
エリンジウム・プラナム

アップにしてみると、つぼみをもっています。
どうやら、夏に枯れる前にお花は見られそうです。
(^▽^;)
エリンジウム・プラナム

さらに、2008/06の下旬です。
茎が分岐して、花つきはよいです。
草丈は60cmほどになりました。
右下はトリトマ、左後ろはゼニアオイとヤグルマギク。
エリンジウム・プラナム

少しアップにしてみます。
総苞が大きくて目だっています。
右後ろはセリ、左後ろは宿根ヒメヒマワリ。
エリンジウム・プラナム

最後は2008/07の上旬です。
とうとう開花♪。
メタリックブルーに色づき始めました。
梅雨の加湿のせいか、斜めに傾いているのが心配〜。
後ろの黄色いお花は宿根ヒメヒマワリです。
エリンジウム・プラナム

少し近寄ってみます。
よく分岐した茎の先にお花がいっぱい付きました。
カタナンケのようなショボイのを想像していたので、
うれしいサプライズです。
(^○^)
エリンジウム・プラナム

もっと近寄ってみます。
これはケロ好みのお花です。
1年でお別れはさびしいなっと。
株本はマルチングして、花後には切り戻してみます。
宿根化してくれるとよいな〜。
マツカサアザミ・花

アップをもう一枚。
ん〜、離れて見ても、近寄って見ても(*TーT)bグッ!
花色も涼しげな青で、夏にピッタリです。
マツカサアザミ・花

1年目を乗り切ってくれれば、来年からはパンパスグラスが
日陰を作ってくれるはず。
夏越しできるでしょうか?
秋には結論が出ます〜。
(^^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
マツカサアザミとシソバタツナミソウの画像

ヒメヒマワリと宿根ヒメヒマワリ

ヒメヒマワリヘリアサンス属
しつこく続けてきた「ルドベキア・プレーリーサン」
のネタもそろそろ最終回が近いです(笑)。

ケロは2週間前かな。
行きつけのお店で売られていたヒメヒマワリを見て、
思わず「これです〜!」って思ったのでした。

ヒメヒマワリは、キク科ヒマワリ属の1年草です。
学名をカタカナ読みしてヘリアサンス属とも言います。

Wikipediaの「ヒメヒマワリ」によりますと、
「北米原産で、草丈は1.5mくらい。
花期は7〜9月で、花色はオレンジ色・黄色・ピンクなど。
花径は8cmほどで、淡黄色で管状花が黒い品種が有名。
やや暑さに弱く、日本ではあまり栽培されない。」

梅雨時の高温多湿が苦手なのかな。
ヒメヒマワリといっても、1.5mの高さで倒伏しそうです。
切り戻しが必要ですね。

ヒメヒマワリに似た同じキク科ヒマワリ属の仲間に
しろたえひまわり(銀葉ひまわり)があります。

「葉が銀色を帯び、よく分枝して、夏から秋に10cmくらいの
黄色い花を咲かせる。
淡黄色の「大雪山」という品種が有名。」

シルバーリーフなのね。
その他は、ヒメヒマワリとほぼ同様です。
ケロは店で見かけたことはないです。
あまり出回っていないのかもしれませんね。

しろたえひまわりの種子が売られておりました。
そのパッケージには、
「キリッとした花姿は特に目をみはる美しさ。
花は鮮やかな黄色、中心部は紫黒色でコントラストは抜群。
花数も多く、花壇の背景にすれば、より一層美しい。」
とあります。

今、ケロは、駐車場のナゾのルドベキアの正体を探してるの。
キク科ヒマワリ属のヒメヒマワリやしろたえひまわりは
1年草ですから対象外。。

キクイモモドキヘリオプシス属
姿かたちはよく似てるノニね〜って思っていたら、
キク科にはヒマワリモドキ属もあります。
学名をカタカナ読みしてヘリオプシス属とも言います。

Wikipediaの「ヘリオプシス属」によりますと、
「属名は、太陽の花つまりヒマワリによく似たという意味。
ヒマワリモドキと、キクイモモドキがあり、短命な多年草。
北米原産で、草丈は1〜2m。
花期は7〜9月で、花径7cmほどのヒマワリによく似た花。
キクイモモドキは、葉がざらざらしている。
「宿根姫ひまわり」と呼ばれることもある。
比較的よく発芽し、よく生育する。寒さには比較的強い。」

花期は6〜10月とチョットズレますが、
草丈2mに達するヒマワリに似た花と葉ですから、これみたい。
自然交配の雑種や園芸品種もありますから、
多少の違いはありますよ(笑)。
画像はWikipediaから借りてきました。
キクイモモドキ・宿根ヒメヒマワリ

比較的というか、寒さに強い耐寒性多年草です。
群馬では防寒なしで冬越しします。
発芽率もかなりよいです。

1年目はこぼれ種からの発芽はほとんどなし。
発芽率は悪いのだろうと思ってたら、
2年目はポツポツ発芽して殖え広がって…。
3年目の今年は駐車場のアチコチで黄色のお花を咲かせてる。

草丈の高い大株になるので、引っこ抜いて整理してます〜。
(^∧^) ゴメンゴメーン
株の寿命は短いの?
3年目ですけれど、親の大株は枯れる気配はありませんけれど。

「ヒマワリ属のキクイモに似るが、地下に塊茎がない。」
塊茎を食用にするキクイモに花や草体は似てるのに、
イモが無いからキクイモモドキと。
明治中期に観賞用として渡来したそうです。

ヘリオプシス (ヒマワリモドキ)属にはキクイモモドキと
ヒマワリモドキがありますから…。
キクイモモドキと呼ぶのが誤解がないとは思うけど。

「ヒマワリモドキ属のキクイモモドキ」っていうのはどうもね。。
ヒマワリ属の1年草のヒメヒマワリとまぎらわしいけれど、
宿根ヒメヒマワリと呼ぶことにしたいです。

これにて、1件落着〜。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キクイモモドキはヘリオプシス・スカブラ
ルドベキア「プレーリーサン」ではないみたい〜

シロバナキキョウ

キキョウ(桔梗)は秋の七草」
一葉さまのお好きなキキョウです〜♪
キキョウはキキョウ科キキョウ属の多年草で、
1属1種の植物ですから近縁種はなしと。

日本に自生していて気候に順応しているので、
育てやすい野草です。
草丈は50〜60cmくらいですが、
30cmほどの矮性種もあります。

秋の七草ですが、花期は6〜9月で初夏から咲き出し、
秋にもう一度咲くパターンです。

花色は紫が基本で、白やピンクもあります。
八重咲きや袋咲きの品種もあるのですね。
つぼみが膨らんでいる様子から、
バルーンフラワーとも言われます。

ケロはこのつぼみのときの様子が好きです。
つぼみが長期間開花しないままの袋咲きもよいですね。

Wikipediaの「キキョウ」によりますと、
「キキョウの根はサポニンを多く含むことから生薬(桔梗根)
として利用されている。
去痰、鎮咳、鎮痛、鎮静、解熱作用があるとされ、
漢方方剤に使われる。」

民間療法では、咳止めに使われていたそうです。
ジャパニーズハーブといってもよいかな(笑)。

ケロは放置していますけれど、
摘芯をしないと間延びする&花数も少なくなる、
ということです。

春と花後に思い切って切り戻したほうがよいのですね。
そういえば、2年目の割りに花数が少ないかな〜。
お花が咲いて頭が重くなっています。
倒伏したら切り戻すことにしたいです〜。

シロバナキキョウはつぼみがキレイ」
キキョウは種か挿し木で殖やします。
こぼれ種からも発芽するのかな?
ケロは経験がありません。

大株になると株が弱るそうですから、
来年当たりは挿し木で株の更新を考えなくっちゃです。

画像は2008/05の上旬です。
冬に地上部分は枯れますが、春に元気に復活します。
耐寒性は強く、群馬では防寒なしで冬越しできます。
スギナだらけですね〜。
後ろにはヤローも見えているかな。
シロバナキキョウ

次は、2008/05の下旬です。
草丈が伸びて40cmほどになっています。
手前はこぼれ種で発芽したゼニアオイ。
もう開花しております〜。
左後方はムスクマロウと3尺バーベナです。
シロバナキキョウ

いきなり、2008/07の初めに飛びます(笑)。
見づらいのですが、キキョウのつぼみが膨らんでいます。
中央付近の白花はヤロウです。
右側はタチアオイの園芸品種。
左側は、ムスクマロウ、3尺バーベナ、ヤローの白花、
倒伏しかけたアーティチョークなどいろいろです…。
シロバナキキョウ

最後は2008/07の上旬です。
開花いたしました。
星型の白花です。
薄いピンクの筋が走っています。
夏向きの涼しげなお花です。
後ろは立ち性のローズマリー。
シロバナキキョウ・花

別の角度から撮ってみました。
後方のルドベキアと見比べて、草丈は1m近くあります。
ヒョロヒョロしていて花数が少ない。。
切り戻してあげるべきでしたね〜。
シロバナキキョウ・花

釣鐘状の合弁花のようです。
撮影に失敗したのですが、この左横の開きかけのつぼみが
美しかったの。
シロバナキキョウ・花

淡くピンクに色づいて膨らんでいる様子がラブリ〜♪
ケロ的には、開花直前のつぼみが最もキレイやと思う。

お店に行くと、草丈も花色もさまざまな品種が売られています。
シンプルな紫の一重咲きがキキョウらしくてよいかな。
今のところ、ボリュームはたいしたことはなく、
他のハーブや野草のジャマになりません。
もう一株ほしいなっと。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キキョウはプラティコドン・グランディフロラス
オミナエシは秋の七草

ナツシオンは宿根アスター

宿根アスターも種類が多いです〜」
暑さで頭が(=゜∇゜)ボーとしていて、
歩道際の植栽にも生えているナツシオンを買っちゃった。
o(=^○^=)o アーン♪

しかも、正体がよくわかりません。
ま、雑草化しているので、耐寒性や耐暑性は強そうです。
枯れる心配はなさそうですが、
草丈が高くて倒伏するのが心配かな。

多年草とラベルに書かれているので、
たぶん宿根アスターの仲間でしょう。
キク科シオン属の多年草を総称してこう呼びます。

ケロの駐車場にはクジャクアスター?があります。
?がついているのは、連続してウドン粉病にやられていて、
マトモに花が咲かないのでよくわからないからです。

「クジャクアスターは、ユウゼンギクとシロクジャクを交配した
園芸品種で花色が豊富」とありますが…。
ケロのはシロクジャクかも知れません(笑)。
お花が咲いたら、画像つきで再チェックしたいです。
(*- -)(*_ _)ペコリ

シオンは、秋に道端や空き地で見かけます。
草丈は2mに達するそうで、確かにでかいです。

小型のシオンという意味でヒメシオン(コジオン)も
あります。
こちらは舌状花が白ですから、花色が違います。
小型といっても草丈は1mほどになるようです。

まぎらわしいのは、北アメリカ原産の帰化植物の
ヒメジョオンで、こちらはキク科ムカシヨモギ属の1年草。
ロゼッタで冬越しするので越年草ですね。

ヒメジョオンより少し花期が早くて、
お花がソックリなハルジオンもあります。
春に咲くシオンです。
花色は白〜ピンクなのですが(笑)。

ハルジオンはキク科ムカシヨモギ属の多年草です。
どちらもケロの駐車場に勝手に生えています。
このくらいの草丈なら、それほど邪魔にならないのにね。

ユウゼンギクというのもあります。
北米原産のニューヨーク・アスターの園芸品種で
ミカエリマス・デージーというのが代表的な品種かな。
ヨーロッパで品種改良されたものが日本に伝わったそうです。

花色は豊富ですけれど、桃色と青紫が基本でしょう。
草丈は1mになる品種もありますが、
50cm程度のものが多いと。

宿根アスターは耐寒性も耐暑性もあって丈夫、
というのが一般的な評価です。
ケロ的には、ウドン粉病に弱い園芸品種、
といった印象なのですけれど。

草丈が高くて倒伏しがちな場合は、
春から初夏にかけてきり戻せばよいのですね。
ナツシオンは1年目ですから、放置して観察してみたいです。

ナツシオンはたぶん強健」
植えて1週間ほどですから、草丈40cmほどで変化なし。
日照と通風のよい場所で乾かし気味に管理するのが、
正解でしょう。

日照と通風はよい場所です。
水はけは×なのですが、梅雨時の連日の雨にも平気の様子。
つぼみはポツポツ開花しております。

画像は全て2008/07の上旬です。
まず、全体像から。
ヒョロヒョロしていますが、まだ草丈が低いので倒れません。
ナツシオン

お花が見える角度から取り直しました(笑)。
花色は薄いです。
ショボショボのお花が2輪ですか。。
株元は、カラスとニャンコに備えてケナフの茎でブロック!
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!
ナツシオン

アップにしてみたよ。
紫というより、明るい青紫色です。
チコリのお花の色と似てるかな。
筒状花の黄色とのコントラストが(*TーT)bグッ!
ナツシオン・花

ケロは青系のシンプルなお花は好きです〜。
半八重咲きのようですね。
このお花につられて衝動買いしたのでした。
《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜

普通のシオンの花期は9〜10月、も少し広げても
8〜11月あたりですから花期は早いデス。
6月から咲き始めていますものね。
いつ頃まで咲くのかな〜。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ナツシオンはチョウセンヨメナ
ナツシオンの正体は?
ビヨウヤナギとジャノヒゲとクジャクアスターの画像

ナツシオンの正体は?

ナツシオンは夏に咲くシオンやけど」
今週は雨続きで、しかも気温は30℃以上が続きます。
ズバリ、高温多湿ですね。
駐車場のハーブや野草も倒伏しています。
切り戻さなくっちゃデス。

来週あたりから梅雨明けでしょうか。
こんどは高温で乾燥します。
今年の苗のお買い物は、秋までお休みです。

先週の日曜日に4個ポット苗を買ってきました。
そのうちのひとつがナツシオンです。
ナツジオンとも言います。
キク科シオン属の多年草だと思うのですが、
イマイチはっきりいたしません。

ネットで検索しても、
「夏に咲くシオン。アスター・コリアナのことらしい。」
程度の情報しか見つかりません。

アスター・コリアナで検索しても
「キク科植物。薄紫の美しい花を7月から長期間咲かせる。」
くらいしかわかりませんでした。

宿根アスターの仲間で、シオンに準じると考えればよいのかな。
ケロ的には、宿根アスターというとクジャクアスターです。
駐車場にも生えていますけど、すぐにウドン粉病になって、
花を咲かせないうちに枯れてしまいますorz

でも、ナツシオンは丈夫そうです。
とりあえず、シオンについて調べてみました。

シオンはキク科シオン属の耐寒性多年草で、
別名はオニノシコグサ。
日本に自生する野草です。
花期は9月〜10月で、紫色の花をたくさんつけると。

草丈は2mに達する。
Σ(^∇^;)えええええ〜
ボリュームもありそうです。
これはでかすぎるかも〜。

あ、画像を見るとわかりました。
これは、秋に道端や空き地で見かけます。
かなり大きくて倒伏してることが多いので、
採集する気にならなかった野草です。。

紫苑という美しい名前ですけれど、
ケロ的にはかなりワイルドな印象です。
「(´へ`;ウーム

土質は選ばず耐寒性は強いが、高温多湿を嫌う、
とあります。
乾燥のしすぎもダメみたい。
これからの夏越しがポイントかな。

株分けで殖やせますが、地下茎で殖え広がって大株になる
みたいですから必要ないかも。
(^◇^)

う〜ん、うどん粉病が出ることもあるようです。
いっけんした感じでは丈夫な野草ですが、
1年経ってみないとなんともいえません。

ナツシオンは雑草ですか…」
駐車場に紫のお花がほしいなって、ついで買いしてしまった。
元気な紫の花がミヤコワスレに似ているように思えたの。
ミヤコワスレもキク科の多年草で、
シオン属に分類されることもあるから当たり前かな(笑)。

なんにも調べない、いつもの衝動買いですが、
ナツシオンは失敗したっぽいです。

花期がズレルだけで、紫苑と同じなら、
草丈が高くて倒伏します。。
ケロの駐車場には向かない野草です〜。

ポット苗は草丈40cmほどでかわいらしいの。
秋までにどれくらい成長するのでしょうか。
今年は植えたばかりですから、来年の秋にチェックしたいです。

画像は、2008/07の上旬です。
お花が見えませんね〜。
でも、この先のとがった楕円形の葉はシオンとそっくり。
なんだか、葉に斑点が出ていて不安ですけれども…。
ナツシオン

左上はルドベキア?とクローバーのネロです。
日照と通風はよい場所です。
来年はでっかくなっているかな〜。

衝動買いはヨクナイデス。
シオンなら、雑草化して生えている場所を知っています。
200円出して買うこともなかった。。

まあ、「夏に咲く珍しいシオンなのだから」
と自分を納得させたのですが…。
お散歩の時に注意してると、ナツシオンがアチコチに生えてる。

いえ、ノギクに似たのがあるのは知ってるの。
近寄って葉っぱを確認するとナツシオンのようです。
お庭よりも、畑の縁取りで見かけます。

やはり、雑草化しておりますね。
あ〜、歩道際の植栽のところにも生えてる。。
・・・( ̄  ̄;) うーん
買う必要はナッシングやった。。

雑草化しているくらいですから、丈夫で繁殖力もありそうです。
草丈はそれほど高くないですね。
シオンとは草丈に差があるのかな?
来年の研究課題にしたいです〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ナツシオンはチョウセンヨメナ
ミヤコワスレは日本の野草
ビヨウヤナギとジャノヒゲとクジャクアスターの画像

リシマキア・ファイヤークラッカーの開花♪

リシマキア・ファイヤークラッカーリシマキア・キリアータ
リシマキア・ファイヤークラッカーはサクラソウ科
リシマキア(オカトラノオ)属の耐寒性多年草です。

リシマキア・キリアータの流通名なのですが、
暗めの紫色の葉色をイメージしやすいです。
なので、以下ではリシマキア・ファイヤークラッカーでいきます。
チョット名前が長いです〜。

リシマキア・キリアータは緑色の葉の品種が基本で、
そのうちの暗めの紫色の葉の品種が
ファイヤークラッカーという名前で出回っているそうです。

北米原産で、草丈は60〜80cmになります。
クラッカーの名前からわかるように、
花径1cmほどの小さな黄色の花をたくさんつけます。

花期は6〜7月。
今年は6月下旬から咲き始めて、今、満開です。
一重咲きのシンプルでかわいらしいお花です。
葉っぱの黒に近いチョコレート色とも合っています。

銅葉を楽しむカラーリーフですけれど、
黄色の小花が一面についているとにぎやかでよいです♪

このお花はボンヤリと記憶にあるような気もする。
たぶん、去年も咲いていたのでしょうが、
花数は少なくて花期も短かったのではないかな〜。

草丈は60cmほどで倒伏しないので放置していますが、
春に摘心したほうがよい状態を保てるんですって。
ただし、時期を誤ると花が咲かないそうなので、
まあ、ケロは放置でよいです〜。

耐寒性があって−5℃まで耐えると。
群馬では、防寒なしで冬越し可能です。
常緑の耐寒性多年草ですが、冬には地上部分は枯れて、
翌春に復活します。

あ、冬はロゼット状の葉になって越冬するそうです。
もしかしたら、葉は残っていたのかも。
ケロは冬はほとんど外に出ませんから、ハッキリしません。
(^▽^;)

耐暑性も強いです。
湿り気のある半日陰の場所を好むとありますが、
乾燥する日向にも適応できる強健な野草です。

ケロの駐車場は夏はからからに乾燥して、
この時期に乾燥に弱いハーブや野草は枯れたりします。
サラダバーネットがやられたかな。。

でも、リシマキア・ファイヤークラッカーは
一度も水やりなしで問題ナッシング。
コンクリート塀際で、日照と通風が悪いけど、
元気に育っています。

リシマキア・ファイヤークラッカーは丈夫です〜」
地下茎で殖え広がります。
あ〜、だんだん思い出してきました。
去年は、もっと株がちっこかったの。
だから目立たなかったのね。

リシマキア・ファイヤークラッカーはケロが植えたのではなく、
いつのまにか生えてきました。
たぶん、他の植物を採集してきた時についてきたのでしょう。

去年は、まだ数株目に付く程度でした。
今年はけっこう殖え広がっています。
ランナーで横に広がっていますけれど、
こぼれ種からの発芽はどうなのかな?

「花が咲く頃には銅葉が薄くなり、緑色が出てくる」
そうです。
リシマキア・キリアータの本来の葉の色なのでしょうね。
リシマキア・キリアータの画像を見ると、
葉色は明るい緑色です。

葉っぱの色が変わったら、証拠写真を撮りたいです。
去年は気がつきませんでした。。

画像は2008/04の下旬です。
新葉が伸びだしました。
チョコレートブラウンの葉色がステキ♪
草丈は左となりのフキより低いですね〜。
リシマキア・ファイヤークラッカー

次は、2008/05の下旬です。
摘心をしていないのでヒョロヒョロ伸びています。
左は花が終わったアジュガです。
リシマキア・ファイヤークラッカー

さらに、2008/06の下旬です。
確かに、地下茎で殖え広がっていますね(笑)。
つぼみが膨らんで開花寸前です。
ん〜、摘心したほうがこんもりと茂って
花付きもよくなりそうですね。
リシマキア・ファイヤークラッカー

最後は、2008/07の下旬です。
小さなお花がいっぱい咲いて、明るい空間になりました。
葉の色は確かに少しあせてきています。
草丈は隣のフキを完全に追い越しました。
リシマキア・ファイヤークラッカー

アップにしてみるよ。
梅雨で花弁が傷んでますけど、スッキリしたお花です。
真ん中の赤い模様と白いおしべがワンポイントかな〜。
リシマキア・ファイヤークラッカー・花

ケロはリシマキアといえば、這い性のヌンムラリアでした。
けど、ファイヤークラッカーも好きになりました。
注意点は、殖え過ぎることでしょうか。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
リシマキア・キリアータ 'ファイアークラッカー'の銅葉
リシマキアの消滅…
ハーブじゃない?けれど・リシマキア

タチアオイの園芸品種の開花

タチアオイホリホック)の園芸品種って…」」
タチアオイはアオイ科ビロードアオイ属の多年草
または1年草または2年草です。
う〜ん、スッキリいたしません。

わかる方には、これで十分なのでしょうけれど、
ケロには(・・?です〜。

苗についていたラベルを転記してみます。
「タチアオイ(ホリホック)
アオイ科タチアオイ属1年草
学名:Althaea rosea
草丈:1〜1.5m
開花期:6〜8月
育て方のポイント:加湿を避ける。
定植時に緩効性の肥料を与え、その後月に1回追肥する。」

Σ(^∇^;)えええええ〜
追肥なんてしてないよ。
去年の春に地植えした時に緩効性の肥料を2、3粒混ぜたけど。

園芸品種だから、肥料をあげないと花つきが悪くなるの?
けど〜、去年はハマキムシに丸坊主にされてました。
多肥は株が軟弱になるし、倒伏もしやすいし…。

毎月追肥するなんて、ケロ的にはピンと来ないです〜。
やせ地で無肥料ですけど、草丈は1.5mになりました。
倒伏もしていません。
無肥料で正解やった気がするねん。
(^◇^)

んと、ケロの疑問はですね。
苗のラベルには、キッパリ「1年草!」と書いてあるんやけど、
ホントは2年草なの?
それとも多年草なの?
ということです〜。

タチアオイは耐暑性があって乾燥に強いです。
十分に乾燥して株元が木質化しないと倒伏します。
ケロの野草のタチアオイは2年連続で倒伏しちゃってます。
株元に日が当たらないのが原因かもです。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

ところが、園芸品種のタチアオイは倒伏してないの。
(⌒▽⌒;) オッドロキー
こちらのほうが日照と通風がよいせいでしょうね。

「本来は多年草ですが、園芸種として1年草、2年草がある。」
・春にまいてその年の夏に花を咲かせる一年草タイプの園芸品種。
これは違う。
春まきの苗を買って来て、開花は翌年の夏ですから、
1年草ではありません。

・暖地で環境がよければ宿根化する。
これは疑問。
野草も園芸品種も耐寒性は強いです。
冬に地上部分は枯れるとありますけど、群馬では枯れなかったよ。
葉は傷みましたが、常緑で冬越しできてたはずです。

・環境がよければ宿根草になるが、花がしょぼくなるので、
園芸上は1年草扱いとする。
花後に切り戻し、毎年株分けする。

春まきで翌年開花の多年草タイプの八重咲きタチアオイ、
これかな〜。

ハッキリしないのは、開花して株の寿命が尽きる2年草なのか、
多年草だけどキレイなお花は咲かなくなるのか、
どっちなのでしょう。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

ま、花後に消滅すれば2年草、常緑で残るようなら多年草です。
冬なるまでに結論はでます。
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン

ホリホックタチアオイの英名ですけど」
葉の形がヒイラギ(ホーリー)に似ていて、
茎の節がくるぶしのように節くれ立つ(ホック)様子から
ホリホックとも呼ばれるんですって。

ヒイラギの葉に似てますか?
タチアオイのほうがイメージに合っておりますよ。

ちなみに、野草のタチアオイはこぼれ種から
ソコソコの割合で発芽します。
でも、園芸品種のタチアオイは種が採集できないっぽいです。
お花は1日花でポトポト落ちていき結実しませんね。
なるほどね〜。

園芸品種の八重咲きのタチアオイは3色あります。
画像はいずれも2008/06の下旬です。
今のところ倒伏もせず、ハマキムシの被害もありません。
順調です〜♪

・イエロー
草丈1.5mくらい。
花付きはよいです。
さわやかなクリーム色です。
花径10cmを超える大輪で、見た目も華やか。
w(゜ー゜;)wワオッ!!
タチアオイ

タチアオイ・花

・スカーレット
草丈1.2mくらい。
日照が悪い分小型化しちゃいましたけど、花つきはよいの。
アップは手振れで失敗ですけど(爆)、
真紅の美しいお花です。
タチアオイ

タチアオイ・花

・ダークパープル
草丈1.5mくらい。
これが一番大株で、ケロがほしがっているブラックホリホック
に近い花色です。
ビロードのような光沢があって、人目を引きます。
タチアオイ

ええと、逆光で花色がわかりませんね。
しかも、アップの写真は…。
これはいくらなんでも公開できないレス〜。
お時間があったら、撮りないしたいナット。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
タチアオイは1年草かな〜
タチアオイの白花が満開♪

オミナエシは大株です〜

オミナエシは2年目に開花するかな〜」
オミナエシはオミナエシ科オミナエシ属の耐寒性多年草です。
黄色い小さな花が集まって傘状に咲く様子から、
アワバナとも呼ばれます。

「秋の七草に数えられる、人気の宿根草。
丈夫で手がかからず、切花にも向く」そうです。
日本に自生している野草らしく、環境に順応しています。

耐寒性があって、群馬では防寒なしで冬越しできます。
冬に地上部分は枯れますが、翌春、元気に復活します。

耐暑性もあって、根付いたあとは夏も水やりなしでOKです。
さらに、耐陰性もあって半日陰でも栽培可能と。
種まきと挿し木で殖やせます。

大株ですから、1株あれば十分ですね(笑)。
こぼれ種からも発芽するのかな?

強健で手間なしの野草なので、いっけんケロの好みです。
秋の七草というのにつられて買ってきました。
草丈は1mほどとあります。

お店で見たオミナエシのポット苗はヒョロットしています。
サイトで見かける画像は花茎の先のお花の部分が多いです。
スラッと伸びた茎が分岐していて、背丈は高くても、
あまりジャマにならないタイプの野草かなって思ったら…。

夏までは根出葉だけを伸ばしますが、
対性に付く切れ込みの深い羽状複葉はでかいです〜。
夏に長い花茎を伸ばしてお花をつけます。

花期が8〜10月で、そろそろ花茎が伸びだしました。
2年目の今年は開花しそうです♪

問題は、春から急成長した根出葉です。
葉はやや固くてしわがありますが、もろくて簡単に折れます。
茎はどうなのかな。
簡単に倒伏しそうで心配です。

で、茎の上のほうにつく細長い単葉はよいのですが、
下のほうのでかい葉っぱがあたりを覆いつくすの。
オダマキ、ムラサキツユクサ、ミヤコワスレ、イフェイオン、
ゴールデンクラッカーあたりが軒並み被害を受けてます。。

花茎の方は摘心して倒伏を防ぐ手があるけど、
根出葉はどうしたらよいのかな(笑)。
邪魔にならないように、奥のアーティチョークの手前に
植えたのです。

「根元から横に茎が伸びて先端に新苗を形成する」そうですが、
これは今のところないようです。
ただ、1株で1m四方くらいを占領していますorz

草丈も、摘心しないせいか、花茎の先は1.5mはありそうです。
草丈40cmほどのヒメオミナエシという品種もあります。
こちらにすればよかったかもです〜。

オミナエシの繁殖力は?」
オミナエシに関するケロの誤算は、大株過ぎること。。
草丈はともかくこれほどボリュームがあるとはね〜。

去年も大きく育って、でもお花は咲かないまま枯れました。
だいたい育ちきったかと思っていたら、
今年はさらにボリュームアップです。

これで地下茎が横に広がったらアウトです。
子株ができたら引っこ抜くしかないですね(笑)。

まず、2008/04下旬の画像です。
この段階の根出葉だけで、草丈は50cmを超えています。
右端に、日陰になってしまったイフェイオンが
チラッと見えております〜。
オミナエシ

この根出葉はさらに成長を続けて大きくなり、
お待ちかねの花茎も伸ばし始めます。
次は、2008/06の下旬です。
オミナエシ

えっと、逆光でシルエットになっちゃってますが、
単葉の付いた花茎はお分かりいただけるかなと。
下から見上げる形で撮っていますが、
草丈が1.5mを超えているのは明らかなようです。

次回はお花が咲いたら、画像をアップしたいです。
開花したとたんに倒伏したりしないでほしいなっと。
(;¨)(;・・)(¨;)(・・;) ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のオミナエシって知ってますか?
オミナエシは秋の七草

アクイレギアはセイヨウオダマキ

セイヨウオダマキは丈夫なはずやけど…」
ミヤマオダマキの園芸品種がオダマキですが、
お店で売られているのはセイヨウオダマキが多いと思います。

セイヨウオダマキもキンポウゲ科オダマキ属の多年草です。
日本のミヤマオダマキとヨーロッパ原産のセイヨウオダマキが
アメリカで交配されたのがアメリカオダマキかな。

この交配種がセイヨウオダマキとして出回っているようです。
学名をカタカナ読みして、アクイレギアとも言います。
近所のお店では、ただ「オダマキ」という名前になってます。
(^▽^;)

あれ、「セイヨウオダマキはアメリカオダマキオダマキの
交配改良種」となっているサイトもあります。

「セイヨウオダマキ(別名アメリカオダマキ)は、
欧州やシベリア原産で、一部が北アメリカに帰化し野生化。」
このアメリカオダマキの園芸品種がセイヨウオダマキとして
流通していると。
なるほどね。

3出3回羽状に分裂した葉、花弁のように見えるがく、
後ろに長く飛び出した距などはオダマキと同様ですが…。

オダマキに比べて、草丈が40〜60cmと大型です。
花色も赤、桃、青、白、紫、覆輪など鮮やかで豊富。
2色咲き、八重咲きもあります。

花期は5〜6月ですが、ケロのオダマキはもっと短いです。
これは生育環境が悪いせいです〜。
日当たりに植えるべきですが、半日陰になっていますから。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

耐寒性が強い耐寒性多年草ですが、
高温多湿を嫌うので園芸上は1年草扱いをすることもあります。
種を採取しやすいので、春か秋に蒔きなおしたほうが、
美しい花が楽しめると。

こぼれ種で殖えたという記事も見かけますが、
発芽率はどうなのでしょう。
「1晩お水につけてから蒔く」とありますから、
ソコソコの発芽率なのかもです。
ケロは、こぼれ種からの発芽の経験はないです。

「非常に交雑しやすい」そうです。
楽天のカタログを見て、濃いワインレッドの八重咲きが
ステキ♪って思ったのですが…。
2年目には、どんなお花が咲くかわからないのね。
びゃははは (≧ω≦)b

セイヨウオダマキは昇天いたしました〜」
オダマキは、オミナエシ、アーティチョーク、イエギクに
取り囲まれながらも何とか生きています。
日照と通風が非常に悪化したので、来年はどうかな〜。
植え替えてあげなくっちゃデス。

それで、セイヨウオダマキのほうですが、
買って来たのは花が終わりかけている処分品(笑)。
多年草はだから、次の年も楽しめるのでよいのです。

オダマキは耐暑性が強くないとは言っても、
近所のお庭では宿根化していますよ。
セイヨウオダマキは乾燥にも耐えるようです。

西日の当たらない場所ですけれど、
コンクリートの塀沿いにセイヨウオダマキが植えられていて、
これも宿根化しています。

歩道沿いで、見た感じではかなり乾燥する場所です。
毎年、大きながくの独特のお花を咲かせています。
花が貧弱になった感じもしません。
群馬の夏越しは問題ないようです。

ということで、安心して買ってきました。
花はすぐに終わってしまったけど、翌年に期待です。
耐寒性の方は問題なしですから、あとは放置。

しかし、翌年の発芽はありませんでした。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
枯れた株の跡が残っているだけorz

なので、Wikipediaの「オダマキ」から画像を借りてきました。
セイヨウオダマキ

花色は覚えていません。
こんな感じやったかな〜。

ケロの分析ではデスね。
花が終った後、放置していた真夏に乾燥で枯死した、
その可能性が高いかなと。

一度根付けば、乾燥にも耐えるのでしょう。
ケロがチェックしているセイヨウオダマキは植えっぱなしで、
真夏も水やりはしていないはずです。
けど、最初の1年目はもチョット面倒をみてあげなくっちゃ。
シッパイシッパイ(・_・ゞ-☆

面白い形のお花で、ケロは好きです。
今あるオダマキを大事にしてあげたいです。
(*^.^*)エヘッ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
オダマキのお花は独特のフォルム♪
ヤマオダマキとセイヨウオダマキ

ルドベキアはオオハンゴンソウ?

ハナガサギクも野生化していますね〜」
ルドベキアは、本来は多年草のものが多いのですが、
株の寿命が短くて1年草扱いされていることがあります。

ケロのルドベキア・タカオはルドベキア・トリロバ種の
高性種で草丈が1.2mくらいになる多年草です。
でも、株の寿命は短いとされています。

こぼれ種で殖えるから、問題ないはずなのですが、
2年目の今年はこぼれ種からの発芽はなし。。
o( _ _ )o ショボーン

フルギダ種やラキニアタ種も同様の多年草です。
ラキニアタ種というのはオオハンゴンソウのことですから、
これは株の寿命は短くないのでしょうね。

オオハンゴンソウは草丈が3mにも達する野草です。
筒状花が黄緑色で、舌状花が反り返るのが特徴の
キク科オオハンゴンソウ属の耐寒性多年草です。

北アメリカ原産の帰化植物ですが、
こぼれ種と地下茎で繁殖して空き地に群生しています。
外来生物法により特定外来生物(第二次指定種)とされ、
駆除の対象となっています。

「セイタカアワダチソウと同様に、地下茎から発芽抑制物質を
分泌して、近くに発芽させないアレロパシー作用がある。」
大群落を形成する植物はこのタイプが多いですね。

オオハンゴンソウの園芸品種で八重咲きの
ヤエザキオオハンゴンソウ(ハナガサギク)もあります。
頭花は舌状花ばかりにみえます。

こちらも、数は少ないですが、近所の空き地で見かけます。
う〜ん、園芸品種っぽい八重咲きと、
1.5mほどもあるワイルドな雰囲気がミスマッチかな(笑)。
しかも、倒伏しております〜。

これはですね。
お買い物の途中に、自転車で眺めるだけでよいです。
採集意欲は湧きません。
``r(^^;)ポリポリ

ルドベキア・ヒルタは1年草みたいです〜」
ルドベキアの園芸品種としてよく出回っているのは
ヒルタ種のグロリオサデージーです。
こちらは1年草とされています。

草丈は40〜70cmの中性種で、全体に粗い毛があるので
アラゲハンゴンソウとも言います。
舌状花は周辺が黄色で、中心付近が濃い赤などの
蛇の目模様になっています。
筒状花は黒に近い濃い紫色です。

1年草ですが、発芽率はよいらしく、
こちらも野生化して空き地に群生しているとか。
ケロは雑草化したグロリオサデージーは見たことないです。

それでですね。
前置きが長かったのですが、ここからが本論です(爆)。
ヒルタ種の中にサンプレーリーという品種があります。
販売されるようになったのは、比較的新しいことのようです。

画像検索をしながら、ケロは駐車場のルドベキアが
サンプレーリーかなって思ったの。

でも〜、気になってWikipediaで「オオハンゴンソウ」で
画像を検索してみると…。
う〜ん、似ています。
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪

オハンゴンソウ
過去記事のケロのルドベキアのアップの画像と見比べて、
舌状花の枚数は違うけどソックリ〜。

オハンゴンソウ
こちらの画像は、花弁が反り返り、筒状花が盛り上がってる。
開花してから時間が経つとこんな感じになるのです。
ケロのルドベキアは去年の画像を見ても、
筒状花が盛り上がる頃にも花弁は垂れ下がってないよ。

そやから、オオハンゴンソウとはちゃうと思う。
けど〜、ルドベキア・サンプレーリーとも違うみたいです。
重大な勘違いに、気がついてしまいました。
Σ(゜∇゜;)はぁうっ!

いつものケロの勘違いについては、
次回に続きます〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ルドベキア・サンプレーリーかな?
ルドベキア・タカオは丈夫ですか?
野草のルドベキア?

キンケイギクとオオキンケイギク

オオキンケイギク外来生物法の第2指定種です〜」
ハーブと野草が次々に開花しているの。
タチアオイ、キバナノコギリソウ、ヤローの白花、
タイマツバナ、シャスターデージー、ヒソップなどです。

で、草丈の高いものから倒伏しております〜。
コンフリー、タチアオイ、キバナノコギリソウorz
そして、今朝はチコリの大株がバッタリ。。

今日も一日雨ですね〜。
画像は取れません。
倒れたハーブや野草は切り戻して起こすしかないかな。

来週までほっておけませんから、
明日の朝でも面倒をみてあげましょうか。
ケロはam4:00頃には起床しております。
v(*'-^*)bぶいっ♪

昨日、雨の合間を縫って、ガーデニングセンターに行ったら、
キンケイギクが売られていました。
近所にオオキンケイギクが雑草化してあふれていますから、
買う人はいないと思うけど(笑)。

・キンケイギクはキク科コレオプシス属の一年草で、
草丈は50〜60cmほど。
花色は黄色に紫褐色の小さな蛇の目が入る。
・オオキンケイギクはキク科コレオプシス属の多年草で、
草丈は50〜90cmほど。
花色は濃黄〜淡黄色。

草丈は環境によって変化しますからアテになりません。
学名で検索してみると、英語のサイトに画像が見つかりますが、
ケロにはよくワカンナイデス。
英語は読めないし(笑)。

蛇の目の有無で区別できるなら一目瞭然ですが、
蛇の目が入らない黄色一色のタイプや
蛇の目の色が薄いオレンジでほとんど目立たないものなど
さまざまです。

舌状花が重なり合っているのがオオキンケイギクで、
重なり合いが少ないのがキンケイギクだそうです。
画像で見比べてみると、これがわかりやすいのかも。

オオキンケイギクは2006年から外来生物法で
栽培・譲渡・販売・輸出入などが禁止されています。
キンケイギクは規制対象外ですね。

キンケイギクは1年草だからでしょうか。
オオキンケイギクに比べて、繁殖力が弱いのかな。
ケロの素朴な疑問なのですが、両者の交雑の可能性はないの?

オオキンケイギクの繁殖力」
オオキンケイギクは花期が6〜8月で、
梅雨時から真夏にかけてマッキイロのお花を咲かせます。
帰化植物らしい派手なお花ですが、
真夏の太陽とマッチしているの。

土質は選ばず、肥料は不要。
日照を好みますが、耐陰性もある。
病害虫の被害はなし。
耐暑性があって乾燥に強い。
加湿は嫌うそうですが、梅雨時にも元気です。
耐寒性も強く、葉は傷みますが常緑で冬越しします。

めったに枯れない強健な野草とわかりますね。
(^◇^)
個人の観賞用のオオキンケイギクが逃げ出したのもありますが、
川原の土手などの法面緑化にワイルドフラワーとして
使ったことが一番の原因のようです。

ケロは個人の庭での栽培が生態系を破壊するとは
想像しにくいな。
業者が大規模に行う法面緑化を法規制する必要は
あるかもですけれど…。

花いっぱい運動が「きれいなお花ね〜♪」って、
喜ばれていた時期がありました。
その頃が懐かしいです。

在来種の保護は必要でしょうけど、
国際化の時代に、動植物を鎖国化するのは難しそうです。
「(´へ`;ウーム

ケロの駐車場は、あるがままでよいです。
丈夫な種類が生き残ります。
殖えすぎたら、適度に引っこ抜く。
発芽率がよいものは、結実前に刈り取る。
そんなとこかな〜。

画像は、とある駐車場に勝手に自生している野草です。
2008/05の中旬です。
3年目の株で、大株になっています。
オオキンケイギク

ロゼッタ状で常緑で冬越ししていたと思う。
春になってからの成長は早いです。
ヘラ状の葉っぱを直立させて元気いっぱいです。

こちらは2008/05中旬の2年目の株です。
日照も通風も×の環境なのに花つきは悪くないです。
このサイズならカワユイのですけれどもね〜。
オオキンケイギク

お花をアップにしてみます。
舌状花が重なり合っていますから、オオキンケイギクでしょう。
花弁の先はギザギザになっています。
オオキンケイギク・花

最後は、2008/06上旬です。
長雨で一部倒伏していますが、満開です。
この状態が8月いっぱいまで続きます。
草丈は1mくらい、1株でこのボリュームです。
オオキンケイギク

う〜ん、ケロの好みやけど、一般的にはでかすぎるかも。
(^▽^;)
見ごたえのある大株ですし、手間が全くかかりません。
緑化用のワイルドフラワーに採用されたのもうなずけます。

問題は発芽率です。
多年草で強健ということでは、コンフリーも負けません。
オオキンケイギクとコンフリーの差は、
こぼれ種からの発芽にあります。

画像の駐車場の所有者のKさんによりますと、
最初の年は花もポツポツ咲く程度で、
こぼれ種からの発芽は1株のみ。

全く問題なく思えたそうです。
が、2年目以降は大株に育って花つきがよくなり、
株の周りに大量の発芽を確認、かなり離れた場所にも
新しい株が見つかったそうです。

その後は、花後の結実前に刈り取り、
こぼれ種からの発芽は引っこ抜いているとのことです〜。
親株の周り一面に、あのヘラ状の葉っぱが生えてきて、
ビックリしたんですって。

「過ぎたるは及ばざるが如し」という格言がございますね。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
キンケイギクの花
オオキンケイギクの花色
オオキンケイギクと外来生物法
ハーブじゃない?けれど・オオキンケイギク

タチアオイは1年草かな〜

タチアオイの園芸品種のいろいろあります〜」」
タチアオイはアオイ科ビロードアオイ属の多年草
または1年草です。

ケロの駐車場には、2種類のタチアオイが生えております。
近所の道端に自生している白花の野草のタチアオイ、
これはこぼれ種からの発芽のようです。

3年前に道路工事をするまでは、塀の外にピンクのタチアオイの
株が生えていましたね〜。
近所には草丈2〜3mの白、赤、ピンクのタチアオイが
自生していて、ちょうど満開の時期です。

ケロの一重咲きの白花のタチアオイも開花中♪
大輪で草丈がありますから、人目を引きます。
親株は梅雨で倒伏しかけていますけど、
こぼれ種から発芽した株は元気にがんばっています。

直根性で移植を嫌いますが、春に株分けで殖やせます。
人所の道端の赤花のタチアオイで実験してみようかな〜。
来年の春には、忘れていそうですけど(笑)。

草丈は1,5〜2mと大型です。
土質は選びませんが、多湿を嫌います。
株元にまで日が当たる場所で、乾燥気味に管理します。

強い風が吹くと倒伏しがちです。
支柱が必要になります。
ケロの駐車場は支柱が地面に刺さりませんorz
草丈の高いハーブや野草はたいてい倒伏いたします〜。

ケロが買って来た園芸品種のタチアオイの花色は、
黄色、赤、紫やったと思う。
品種は不明ですが、1年草と明記されていましたよ。

去年は草丈50cmにも満たなくて、
ハマキムシに丸坊主にされちゃいました。
もちろん、お花は咲きません。

これで枯れたら、ケロは暴れます〜。
けど、葉は傷みながらも常緑で冬を越しました。

春蒔きで翌年の夏に花を咲かせるのは多年草タイプで、
秋蒔きで翌年の夏に花を咲かせるのは1年草タイプのはずです。
ケロは秋蒔きの苗を春に買ったのですから、
普通は去年のうちに開花するはずですよね。
(・・?

八重咲き種は株が充実していないと、
開花しないこともあるそうです。
ハマキムシの食害でボロボロでしたから、このパターンかな。

楽天市場で、ホリホックのタネが売られていまして。
サマーカーニバルという品種が近いように思えます。
「完全八重咲きで、花色は豊富。花付きもよい。
花径は12cmほどで草丈150cmくらい。。
飾り付けに使う薄紙の花に似ている。」

これじゃないかな〜。
1年草になってます。
ただ、八重咲き種でも、耐寒性多年草タイプもあります。
ケロの好みのビロードのようなダークカラーの
ブラックホリホックも耐寒性多年草になっています。

う〜む、複雑です。
この1年草というのは、花が咲いたらキッパリ枯れる、
そゆ意味かな?

それとも、環境がよければ宿根化するけど、
お花はショボクナルという意味かな?
ま、来春になれば分かりますね。
(^◇^)

タチアオイの園芸品種の花色は?」
さんざん気をもたせてくれた園芸品種のタチアオイですが、
とうとう開花いたしました。
2008/06の第3週に3株ともそろってお花をつけました。

さっそく画像をアップしたいのですが、
今日は1日中雨なのレス〜。
明日も同じお天気です。。
梅雨時ですからね〜。

なので、とりあえずここまでの成長の記録を
アップしておきたいです。
(*- -)(*_ _)ペコリ

まず、2008/04の上旬の画像です。
常緑で冬越しできたので、成長は早いです。
すでに草丈40cmほどで、去年のピークと変わりません。
タチアオイ

次は、2008/05の中旬です。
葉っぱは虫食い状態ですorz
まだハマキムシは発生していませんが、
虫の食害は目立っています。
ビミョウにつぼみがついた花茎が立ち上がりかけているような
気がしませんか?
タチアオイ

1週間後の画像です。
つぼみのついた花茎がハッキリしてきました。
越年草タイプの1年草ということでしょうか。
タチアオイ

さらに、2008/05の下旬です。
3株とも花茎を伸ばして、草丈は1mを超えました。
とりあえず、支柱なしで倒伏していません。
タチアオイ

と思ったら…。
すでに一部、倒伏しておりましたorz
放置しておいたら、先っぽだけ立ち上がってお花をつけました。
w(゜o゜)w オオー!
園芸品種とは言っても、タチアオイは強健です。
タチアオイ

最後は2008/06の中旬です。
見上げるアングルで撮っていますけど、
黒く見える後ろのコンクリート塀は1.3mの高さです。
草丈は1.5mを超えましたね〜。
タチアオイ

ケロの密かな願いは、
・園芸品種のタチアオイが宿根化する。
・園芸品種のタチアオイがこぼれ種で殖える。
ということなんやけど…。

園芸品種はそういうわけにはいかないでしょう。
1年草が宿根化したり、こぼれ種で殖えたりしたら、
商売になりませんものね。
(^ー^)ノ

さて、どんなお花が咲いたのでしょう?
野生化してるタチアオイと大差なかったら、
笑っちゃいますよね。
ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪
次回の画像をお楽しみに〜。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のタチアオイとハマキムシ
タチアオイとハマキムシ
野草のタチアオイって知ってますか?
タチアオイの白花が満開♪

ルドベキア・サンプレーリーかな?

ルドベキアは種類が多いです〜」
ルドベキアはキク科ルドベキア属の1年草または多年草です。
オオハンゴンソウ属とされていることもあります。

北アメリカ原産の帰化植物で、繁殖力が強いので
野生化しています。
ケロの近所でも、空き地に群生しているよ。

草丈は50〜150cmで、普通は1mを超えますが、
草丈の低い矮性種もあります。
花期は6〜10月と長いです。

北米に30種ほど自生しているそうです。
園芸品種もあって種類が多く、1年草とされているものが
宿根化することもあるみたい。

きれいなお花が楽しめるのは最初の年くらい、
という意味の園芸上の1年草も混じっているようです。

和名はアラゲハンゴンソウ
別名はコーンフラワー 、マツカサギクとありますけど、
コーンフラワーはヤグルマギク、マツカサギクはエリンジューム
をさすことが普通かな〜。

ルドベキアはケロの駐車場の先住民です。
近所のルドベキアの群落からのこぼれ種で発芽したのかもです。
道端で野生化している多年草のルドベキアは
ルドベキア・ヒルタ(オオハンゴンソウ)が多いそうです。

オオハンゴンソウは花びらが反り返って咲きます。
ちょっと違う気がする。
黄色の舌状花で、真ん中の筒状花が黄緑色なので、
ルドベキア・ヒルタの園芸種のルドベキア・プレーリーサン、
これじゃあないかと思うのです。

花径は10cm弱ほどあって大きめです。
花色はいろいろで、舌状花の周囲が黄色で中心はだいだい色、
筒状花は黄緑色の画像を見かけました。
このタイプが多いようですが、ケロのルドベキアは
舌状花は黄色の単色です。
(・・?

Wikipediaの「ルドベキア」によりますと、
「草丈は1〜1.5mくらい。花は大きいものでは直径20cm以上。
一重咲きの他に八重咲きもある。
矮性種は、和名を「きぬがさぎく」というヒルタ種の改良種で、
品種名をグロリオサ・デージーという。草丈は40〜50cm。
本来は多年草だが、耐寒性一年草として扱われている。」

これは草丈が違います。
ケロのルドベキアは1.5mを超えていますし、
完全に宿根化しています。

グロリオサ・デージーも舌状花は、周囲が黄色で中心は茶色
のパターンが基本のようです。

ん〜、自信はないけど、
ルドベキア・ヒルタの園芸種のルドベキア・プレーリーサン
ということにしておきたいです〜。

水はけと日当たりのよい場所を好みます。
乾燥に強く、土質は選びません。
肥料も不要で、多肥にすると徒長して倒伏します。

放置して育っていく手のかからない野草です。
大株になりますが、多肥にしなければ倒伏しません。
病害虫の被害はなし。

ルドベキアも嫌われ者ですか?」
生態系の破壊が問題化してからは、丈夫な野草は嫌われます。
繁殖力の強い外来種は在来種を駆逐する侵略種として、
駆除の対象とされます。

ルドベキアも、強健すぎて嫌われています。
「日本には1930年頃から北海道や東北地方、さらに関東地方に
帰化し,現在では近畿地方や四国でも雑草化している。」
かなり、南まで進出しておりますね。。
「(´へ`;ウーム

まず、2008/05上旬の画像です。
北側のコンクリート塀沿い、つまり、南からの日が当たる場所に
並んで生えています。
通風と水はけはよくありませんorz
ルドベキア

次に、2008/06上旬の画像です。
草丈は1.5mほどになり、生垣状態です(笑)。
株元にガイラルディアが咲いております。
左端はタケニグサです〜。
ルドベキア

こちらは、今年、こぼれ種から発芽した株です。
すでに、草丈1mほどでお花をつけました。
成長が早いです♪
ルドベキア

アップにしてみます。
花弁には縦に筋が入っています。
ハンゴンソウに比べて、花弁が反り返っていないと思うの。
筒状花の黄緑色がワンポイントです♪
ルドベキア・花

続いて、2008/06中旬です。
大株で、しかも多花性なので、初夏から秋まで楽しめます。
株いっぱいに黄色いお花をつけるので、
駐車場が明るくなります。
(^○^)
ルドベキア

再び、アップにしてみます。
中央の筒状花が盛り上がりかけています。
時間の経過とともに、花の形が変化していくのですね〜。
ルドベキア・花

こぼれ種から発芽します。
殖え過ぎて困るというほどではありませんが、
ポツポツと春に新芽を見かけます。

こぼれ種で適度に殖えるので、株分けによる株の更新も
必要ありません。
かなり、ケロの好みです。
ただ、ハンゴンソウと似ているところが、チョコット不安かな。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のルドベキア?
ルドベキアはハーブじゃないけれど

タチアオイの白花が満開♪

「野草のタチアオイも倒伏〜」
ケロの駐車場には、近所の道端の野生種?のタチアオイと、
苗で買って来た園芸品種のタチアオイとがあります。

Wikipediaの「タチアオイ」によりますと、
「中国原産と考えられていたが、現在はビロードアオイ属の
トルコ原産種と東ヨーロッパ原産種との雑種とする説が有力」
だそうで、アオイ科ビロードアオイ属の多年草となっています。
タチアオイ属とされていることも多いです。

「花弁の根元が粘着質であり、引き抜いた花弁を顔などに付けて
ニワトリを真似て遊ぶことができるため、北海道の一部では
コケコッコ花、コケコッコー花などと呼ばれる。」

(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン
ケロが今のお家に引っ越してきて、塀の外のタチアオイを見て、
懐かしい気持ちになりました。
タチアオイのことはすっかり忘れていたのに、
記憶のどこかに引っかかっていたのでしょう。

タチアオイとかホリホックといわれてもピンときませんが、
コケコッコー花と言われると思い出します。
ピンクの花を使って遊んだはずです。

草丈は2mを超えます。
花期は6〜8月で一重咲きと八重咲きがあり、
花色は豊富です。

ケロのタチアオイは、花径は10ほどの大輪で一重の白花です。
草丈は1.5mくらいです。
近所には、ピンクと赤の花色のタチアオイも生えています。
草丈は2mを完全に越しておりますよ。

耐寒性も耐暑性もあり、特に乾燥に強いです。
肥料も不要で、多肥にすると徒長して倒伏します。
土質も選ばず丈夫ですが、ハマキムシの食害にやられます。

・宿根草の多年草であるが、品種により一年草。
・暖地では多年草となる越年性の1年草。
う〜ん、いろんな記述があってスッキリいたしません。

まず、品種によって多年草と1年草に分かれる。
多年草でも、環境によっては宿根化しない。
宿根化しても、美しい花が咲くのは1年目なので、
園芸上は1年草扱いにする。
ケロ的にはそゆ理解です〜。

近所に自生しているタチアオイは宿根化しており、
毎年、大輪のお花を咲かせておりますね〜。
日照と通風がポイントです。
株元に陽射しが当たり、木質化すると茎が丈夫になります。

ケロのタチアオイはコンクリート塀際に生えてきて、
日照と通風がもうひとつです。
去年も株元でポッキリ折れました。
そして、今年も…。

きれいな花を咲かせるには、花後に切り戻して、
毎年、春に株分けするとありますが。
これは園芸品種のタチアオイのことでしょう。
野生のタチアオイには必要ありません。

「赤花のタチアオイもほしいなっと」
移植は嫌いますが、春先の株分けはOKなのですね。
冬に地上部分は枯れて消えますが、春に新芽がでます。
この頃に掘り上げて株分けするとよいのかな。

赤花のタチアオイもほしいので、来春やってみようかな〜。
でも、根を掘るのは一仕事です。
種が採集できるとベストなのですけれども、
なかなかタイミングがあわないんよ。
o(´^`)o ウー

最初は2008/05中旬の画像です。
ツタの絡まっているコンクリート塀が1.3mの高さです。
こぼれ種から、去年の秋に発芽した株ですが、
すでに草丈は1.5m近くに育っています。
周りはヤグルマギクとヒメジョンがいっぱい(笑)。
タチアオイ

次は2008/06上旬です。
一重の白花が咲き出しました。
こちらは親株のほうです。
塀の外のススキは、一段低い場所に生えていますから、
草丈は2mを超しています。
タチアオイ

アップにしてみます。
中央付近がかすかにクリーム色がかっています。
夏向きのさわやかなお花です。
タチアオイ・花

明るい時間に撮ってみました。
順調に咲き続けています。
日照不足のわりには、花付きはよいと思う。
ただ、やはり環境に問題があるようでして…。
タチアオイ

最後は2008/06の中旬です。
ドワーフコンフリーの葉っぱが邪魔ですが、
親株のタチアオイが株元でポッキリ折れてます〜orz
去年と同じパターンですね。
2年目だから、耐えてくれるかなと期待してたんだけどな。
タチアオイ

これは、画像の向きを間違えたのではないです(笑)。
横倒しになって、ハーブのコモンタイムにのしかかってます。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ
タチアオイ

タチアオイは姿かたちもお花もケロ好みです。
水やりの手間もかかりません。
発芽率は高くないけど、こぼれ種からも殖えてくれます。
ホントはもっとふやしたいんやけど。

スペースの確保。
ハマキムシ対策。
倒伏の防止。
いろいろハードルは高いです。
「(´へ`;ウーム

で、去年から大騒ぎしていた園芸品種のタチアオイですが、
こちらは次回に続きます〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ブラックホリホックの花色は微妙
タチアオイは寿命の短い多年草
野草のタチアオイとハマキムシ
タチアオイとハマキムシ
野草のタチアオイって知ってますか?

バーベナ・テネラが満開♪

バーベナ・テネラ宿根バーベナ
バーベナは約250種と種類が多いのですが、
ケロは1年草タイプは育てたことはありません。

あ、前の記事でビジョザクラは1年草と言い切りましたが、
本来は多年草ですが園芸上は1年草扱いなのでした〜。
(*- -)(*_ _)ペコリ

ケロ的には、耐暑性も耐寒性もあって
毎年お花が楽しめる宿根バーベナが好みです。

先週、ガーデニングセンターで宿根バーベナの鉢植えが
売られていました。
草丈があるので三尺バーベナ(バーベナ・ボナリエンシス)
かと思ったら、バーベナ・リギタでした。
(^▽^;)

ケロの駐車場に生えているのは、
高性種の3尺バーベナと這い性のバーベナ・テネラです。
どちらも丈夫で繁殖力があり、ケロのお気に入りです♪

3尺バーベナは順調に育ちました。
問題点は倒伏することくらいかな。
この欠点も、根が張れて倒れにくくなってきました。
v(・_・)ヾ('-'*) エライエライ

で、バーベナ・テネラのほうですが、
クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草です。
草丈は30cmほどの這い性で、グラウンドカバーに使われます。

土質を選ばず、乾燥にも強いです。
茎を匍匐させてよく広がります。
株分けか挿し木で簡単に殖やせます。

お花屋さんでは、タピアンが定番の商品です。
バーベナ・テネラの園芸品種で白、ピンク、紫、青と
花色が豊富です。

南米原産で耐寒性はあまりない、と言われていますが、
群馬で最低気温は−5℃なら防寒なしで冬越しできます。
近所にも、野生化したバーベナ・テネラが
アチコチに生えており、問題なく宿根化しています。

細かく裂けた葉は冬には枯れますが、
一部は常緑で残っているようです。
春に新しい芽が吹き出します。
耐寒性はソコソコあるといってよいと思うな。

小さなお花が集まって総状花序になります。
殖え広がって、一面に花をつけるので
すてきなグラウンドカバーになります。
花期が5〜11月と長く、半年以上楽しめます。

「バーベナの敵はウドン粉病」
バーベナ・テネラはバーベナの仲間では、
ウドン粉病にかかりにくいと言われていますが…。

ケロは秋の終わりに野生化したバーベナ・テネラの茎で
挿し木したのでした。
耐寒性が不安で、一冬、室内のプランターで管理したのですが。

通風が悪かったのか、年明けごろにはウドン粉病になったのorz
とりあえず様子を見たけど、薬を使わないとダメみたいでした。
暖かくなったところで、プランターの土ごと捨てました。。
ゴメンナサイです〜。

忘れて放置していたら、いつのまにか復活しています。
病変していないようなので、一部を切り取って挿し木で
移植しました。

元の場所は駐車場の隅っこで、今はチカラシバやゼニアオイ、
ツルマンネングサに覆われて消えてしまいました。
でも、移植したほうは元気です。

去年は、1株だけで1,2輪しか咲きませんでした。
ショボカッタけど、どこか和風のテイストがあるお花で
ケロは好きだな。

まず、2008/04上旬の画像です。
冬の間に殖え広がっていたようです。
気がついたときは、枯れた茎に緑の葉っぱがいっぱいです。
白い花はバコパです。
移動して進出してきたの(笑)。
バーベナ・テネラ

次は2008/05中旬の画像です。
深く切れ込んだバーベナ・テネラの葉が成長しています。
縁がギザギザの丸っこい葉っぱはバコパです〜。
バコパは花つきがよいですね♪
バーベナ・テネラ

さらに1週間後の画像です。
ピンボケですが開花いたしました!
バコパと精力を2分しております。
バーベナ・テネラ

アップにしてみます。
花弁が5裂した平べったいジミめのお花です。
けど、群生するとお花のじゅうたんになります。
ヾ(=^▽^=)ノ
バーベナ・テネラの花

2008/05下旬です。
花数が増えました。
後ろはバコパ、その後ろは這い性のローズマリー、
左端の葉はカロライナジャスミンです〜。
バーベナ・テネラ

最後は2008/06上旬です。
さらに花数が増えています。
葉も伸びて、バコパを圧倒しているかな〜。
右上に、アメリカセンダングサの芽が見えております。
ヒッツキムシの雑草です。
(^▽^;)
バーベナ・テネラ

アップにしてみるお。
花序が球形にまとまってよい感じです。
こんな感じで、冬の初めまで割き続ける強健な野草です。
バーベナ・テネラの花

日当たりを好み、乾燥気味に管理するのがよいのだけれど、
ここは日照は△です。
それでもこの花付きですから、耐陰性もソコソコあります。
ケロのイチオシのグラウンドカバーれす〜。
v(。・・。)イエッ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
バーベナ・テネラとアメリカンブルーと赤シソの画像
宿根バーベナの耐寒性
宿根バーベナ

3尺バーベナはバーベナ・ボナリエンシス

3尺バーベナはひと目でわかります〜」
3尺(サンジャク)バーベナはクマツヅラ科クマツヅラ属の
耐寒性多年草です。
学名をカタカナ読みしてバーベナ・ボナリエンシス

葉っぱの形が柳に似ていて、小さなお花が半球状に集まって
花序を作るのでヤナギハナガサ(柳花笠)とも言います。
中央アメリカ〜南アメリカ原産で夏が似合う野草です。

1尺は約30.3cmですけど、草丈はもっと高いです。
環境によって違いますが、ケロのとこでは1.5mはあります。
今のところ、倒伏もせずに元気です。

耐寒性も耐暑性もあって、土質も選びません。
病害虫もなし。
植えっぱなしで、全く手間がかかりません。

乾燥に強く、道端で野生化しています。
今の時期、お散歩の途中でよく見かけますよ。

ケロもスーパーの駐車場のアスファルトのスキマから
誘拐してきたのでした。
確か、挿し木をしたはずです。

見た感じは根付きそうもないと思えたのですが、
簡単に発根しました。
こぼれ種からの発芽率もソコソコで、
いま、3箇所で成長中です。

最初の一株はかなり大株になっています。
植えた場所は通風も水はけも悪いのに元気です。
かなり、丈夫な野草といえます♪

葉っぱは少なめで、花茎を長く伸ばしたすっきりした
シルエットがよいのです。
草丈が高いのに、他のハーブや野草のジャマになりません。

茎は四角で角ばっています。
株元は木質化して、草丈の割りに倒伏しません。
あ、過去記事を見ると、倒伏してた見たいね。
(^▽^;)
だんだん丈夫になってきてるのかもです。

ホントは、クマツヅラ科のハーブのバーベインがほしいんやけど、
近所のガーデニングセンターでは売られていないの。

ま、でも、3尺バーベナには満足しています。
昆虫もよく集まってきます。
ケロの図鑑には「紫の誘惑」ってあるのだけれど、
まさにピッタリです〜。
(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン

「宿根バーベナならバーベナ・ボナリエンシス♪」
バーベナの仲間は種類が多いです。
1年草のビジョザクラが有名ですが、
ケロ的には宿根バーベナが好みです。

中間の背丈のバーベナ・リギタより、這い性のバーベナ・テネラ
と高性種のバーベナ・ボナリエンシスがお気に入り。
どちらも丈夫でよく殖えてくれます。

まず、2008/05上旬の画像です。
これは、去年こぼれ種から発芽した株です。
去年の茎の切り口が見えます。
茎が角ばっているのがお分かりになりますか?
 3尺バーベナ

新しい株なので、株元も緑色です。
葉っぱは柳に似ていなくもないです〜(笑)。

続いて、2008/05中旬の画像です。
こちらは3年目の大株です。
株元は茶色で、木質化しています。
3尺バーベナ

10cmほどの挿し穂がアッという間に大きくなりました。
後ろのコンクリート塀は高さが1.3mくらいです。
見上げる角度で撮影しましたが、草丈は1.5mを超えています。

アップにしてみたお。
花径は5mmほどの小さなお花が集まって、
5cmくらいのかさ状の花序を形成しています。
明るい紫色で、愛らしいです〜。
3尺バーベナ・花

さらに、2008/05下旬の画像です。
明るい時間に撮ってみました。
スマートなシルエットがユーモラスな感じでしょ。
右後方はアーティチョークです。
3尺バーベナ

最後は、2008/06上旬の画像です。
3尺バーベナはラベンダー色、
右端のピンクのお花はドイツアザミです。
こちらも草丈が伸びて、去年より花期も長いです。
3尺バーベナ

右上はアーティチョークでつぼみが20個くらいついてます。
背景でアーティチョークが開花すれば、
よい感じの組み合わせでは?と期待してるの。

中央下の赤花は、真紅ノコギリソウ(ヤロウ)です。
この株は真っ赤ですね♪

3尺バーベナの花期は長く、この後、
秋の終わりまで楽しめます。
冬に地上部分は枯れますが、一部常緑で残っていたみたい。

枯れ切ったかに見える茶色の茎からも、
緑の葉がでていたと思う。
ま、花後に株元で刈り取っておいたほうが、
春にきれいな株ができますね(笑)。
(^◇^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのバーベインと宿根バーベナ
ハーブのバーベインはクマツヅラ?
宿根バーベナ
ハーブじゃないけれど・三尺バーベナ

ガイラルディアが満開です〜。

オオテンニンギクとは違うかも。。」
オオテンニンギクはキク科テンニンギク属の多年草です。
ガイラルディアという名前で流通しています。

原産地は北米南部〜中米で、花期は6〜9月と長いです。
耐寒性があり、群馬では防寒なしで冬越しできます。
地上部分が枯れて、春に新芽がでてきます。

日当たりを好み、加湿を嫌うとありますが、
梅雨時の雨にもそれほど傷みませんね。
園芸上は1年草だそうですが、2年目も花付きはよいです。
多年草として問題なさそうですよ。

草丈は60〜90cmくらいで分枝して大株になるはずですが…。
ケロのガイラルディアは草丈40cmくらいかな。
調子は悪くないので、背の低いタイプのようです。

テンニンギクと大型のオオテンニンギクを交雑した改良種が、
属名のガイラルディアの名で出回っている。
頭花の大きさはオオテンニンギクなみで、
舌状花が、赤、黄などの単色花が多く、八重咲きもある。」

う〜ん、ケロのガイラルディアは一重咲きですし、
「赤に黄の覆輪花」のベーシックなお花です。
オオテンニンギクの矮性種ということにしておきます(笑)。

花径は10cmと大きめで、舌状花の基部が赤、周辺は黄色、
という派手な配色です。
花びらの落ちた後、筒状花の部分がきれいな球状になります。
花がら摘みをサボっても、汚い感じにならないのです♪ 

種まき、挿し木、株分けで殖やせます。
花後に、株分けして殖やしてみてもええかな〜。
(^▽^)

ガイラルディアはとっても花付きがよいです〜」
画像は2008/05上旬で、つぼみが開きかけています。
ガイラルディア

アップで移してみました。
ケロ的には、この開きかけのお花がかわいいかな。
開ききると、チョコットくどいかも(笑)。
ガイラルディア

続いて、5月中旬の画像です。
大きなお花が、全開です〜。
外国産らしい派手目の野草ですね。
(^○^)
ガイラルディア・花

全体像を見てみますと、つぼみがいっぱいです。
次々に開花します。
草丈は低いですが、人目を引いて存在感がありますよ。
横のボリュームも出てきました。
ガイラルディア

さらに、2008/05下旬の画像です。
雨が続いて花は傷んでいます。
つぼみもグッタリうなだれています〜。
Σ(゜∇゜;)はぁうっ!
ガイラルディア

最後は、2008/06上旬の画像です。
復活して、順調に咲き続けております。
梅雨の加湿でも枯れる心配はなさそうです。
ガイラルディア

中央付近をご覧くださいませ〜。
ケロ花がら摘みをしていません(笑)。
真ん中あたりに、舌状花が散って筒状花だった部分だけが
残っている花がらがあります。

濃い赤のボール状で見た目も悪くありません。
手抜きで、花がら摘みをサボってもOKなとこも
ケロのお気に入りです♪
v(*'-^*)bぶいっ♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
オオテンニンギクとガイラルディアは違うのですか?
野草のオオテンニンギク?
野草のオオテンニンギク・開花
野草のオオテンニンギクって知ってますか?

ストケシアの花色

ストケシアは耐暑性がありますか?」
だんだん、ケロは堕落してきておりまして(笑)、
近所でタダで手に入るハーブや野草もお店で買っています。
ヾ(´▽`;)ゝてヘヘ

トリトマやパンパスグラスはともかく、ムクゲはアチコチに生えていて、
挿し木で簡単に殖やせるのにね。。
で、ストケシアの苗も買ってきました。

ストケシアはキク科ストケシア属の耐寒性多年草です。
青花が基本で、その花色からルリギクとも呼ばれます。
お店に出回っていますが、近所のお庭ではあまり見かけません。

これは苗を買ってくるしかないわけですが、
近所で見かけないのは気になります。
草丈は50cmくらいで、花期が6〜10月と長いです。

咲いていれば気がつきそうなものですが、
ガーデニングショップ以外で見た記憶がないのです。
北アメリカ南部が原産地で、耐暑性も耐寒性もあるはずです。

土質を選ばず成長旺盛、とありますから、丈夫な多年草のはずです。
病害虫の被害もなしと。
ケロの植物図鑑にも、ガーデナー初心者向きと書かれています。
乾燥には強く、加湿を嫌うみたいですから、
これからの梅雨時を乗り切るのがポイントですね。

今年買って来た苗の中では、エリンジューム(マツカサアザミ)が
加湿に弱いです。
いまのところ、草丈30cmくらいでなんだか不安です。。
ストケシアはエリンジュームよりは育てやすいと思うけどな〜。

ストケシア江戸紫が基本かな〜」」
検索した画像を見てみますと、花弁の先が深く切れ込んで
繊細な印象です。
ヤグルマギクの花に似ているということですが、
アップで見るとそうも言えます。

花色が白、赤紫、ピンク、黄色といろいろあるところも似ているかな。
ちょうど、ヤグルマギクの花期が終わる頃から咲き出すの。
ただ、全体的な姿かたちは違います。
ストケシアは茎が分岐して、横にボリュームがあるようです。

「江戸紫」がストケシアの代表品種で、青紫のお花です。
ケロ的には、黄色のストケシアが希望でしたが、
お店には青紫と白しかなかったです。
290円のポット苗だったかな〜。

来年にしようかなと思ったのですが、横を見ると似たようなのが、
180円で売られております。
けど、手書きで「宿根草」としか書かれていないのです〜。
ヽ(´∞`)ノ アウアウ

2つのポット苗を両手に持って見比べるケロです。。
たぶん同じですよ(笑)。
花色も不明ですし、茎も分岐していないショボイ株やけど、
大株に育てば問題なしです。
100円安いしね。
☆^∇゜) ニパッ!!

画像は地植えにしたストケシアです。
う〜ん、ヒョロットしていてひ弱です〜。
つぼみがありますから、今年から開花するのでしょうね。
ストケシア

ヤグルマギクは2008/06上旬はまだがんばって咲いています。
でも、そろそろ、梅雨の加湿で犯が終わりかけてるかもです。
秋には、黄金ヤグルマギクの種を蒔く予定ですけど、
夏から秋にかけてはストケシアのお花が楽しめるといいな♪
(*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ストケシア・ラエヴィスはルリギク♪
ストケシア・ラエヴィスの筒状花って…
オオトリトマトとヒメトリトマ
パンパスグラスとカラス
ムクゲはハマキムシが心配です〜

オオトリトマトとヒメトリトマ

トリトマには2種類あります〜」
トリトマはユリ科クニフォフィア属の常緑多年草です。
クニフォフィアというのは学名のカタカナ読みです。

南アフリカ原産で、草丈は1mを超えます。
花期は6〜10月ころ。
花茎の先に筒状花が下向きにまとまってつく総状花序です。

この花の様子から、シャグマユリ(赤熊百合)とも呼ばれます。
赤熊は赤い熊ではなくって、歌舞伎などに使う赤い鬘?
のことらしいです。
歌舞伎は見たことがないし、イミフメイです。。

蕾の頃オレンジ色→下から咲き進むと黄色に変わり、
上部がオレンジ、下部が黄色の2色咲きのように見えます。
英名のTorch lily(トーチリリー)のほうがイメージに
あってる気がします。

耐寒性も耐暑性もあります。
春植え球根とありますね。
球根でしたっけ?
植えっぱなしでOKなので、掘り上げる必要はないみたい。

トリトマで検索すると、
「花径を1m以上に長く伸ばし、15〜25cmの花穂をつくり、
細長い筒状の花をびっしりとつける。」
とあって、赤と黄色の大型の花穂の画像がアップされています。

これは草丈が1〜1.5mになるオオトリトマですね。
線形の細長い根出葉も大きくなり存在感があります。

これに対して、草丈が60〜80cmほどの小型のヒメトリトマ
あります。
サイズの他に、花付きもヒメトリトマのほうは、
まばらな感じがするのですが…。
区別の基準はよくワカンナイデス〜。

「ヒメトリトマの花色は?」
トリトマは近所に生えていません。
でも、耐寒性と耐暑性は関東では問題ナッシング。
日当たりと水はけに気をつければ、土質も選びません。

ムクゲ、パンパグラス、ストケシアと一緒に買ってきました。
これは買うしか入手方法はありませんし、
あまりお店で見かけないように思います。

鉢植えで草丈が30cmほどですから、
ヒメトリトマだと思うの。
1鉢しかなかったので、選択の余地なしです。

花つきはまばらです。
成長するともっと花穂は立派になるのでしょうか?
それとも、こういう品種なのかな。

さっそく、地植えにしてみました。
2008/06上旬の画像です。
う〜ん、ヒョロットしていて頼りないです〜。
後ろに見えているのは、マツカサアザミで、
こちらもショボイ。。
ヒメトリトマ

アップにして見ました。
つぼみですけれど、黄色ですね?
トリトマの花色は何種類かあるそうなので、黄色の花かな?
ヒメトリトマ・花

でもでも、それだと開花しても2色咲きにならないのでは。。
花穂の見た目も検索した画像とは雰囲気が違います。
ぐんぐんデカクナル強健でワイルドな野草かと思ってたけど、
なんだか、繊細な感じです。

ヒメトリトマも病害虫はなく、トリトマと同じ性質です。
放置して問題なく育つはずなのですが、
花は思ったよりもジミですね〜。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヒメトリトマの正体は?
パンパスグラスとカラス
ムクゲはハマキムシが心配です〜

シバザクラの移植

シバザクラは花色がいろいろです〜」
リッピアに似ているので、イベリスの苗を買ってきました。
繁殖力に期待したのですが、失敗したっぽいです。。

花期も短かったですし、草体もショボショボで
夏を乗り切れるか大いに疑問です。
リッピアの繁殖力とは大差です〜。

グラウンドカバー用の植物としては、
シバザクラが使われるようになっています。
扱いやすさに差がありますから当然かも〜。

シバザクラはハナシノブ科フロックス属の多年草です。
這い性で草丈は5〜15cmほどです。
花期は3〜5月で、常緑性の耐寒性多年草となっていますが、
ケロの駐車場では花期は短いです。
3月に咲き始めて、4月でほぼ花は終わります。

群馬では、冬は地上部分はほとんど枯れています。
根が生き残って、春に新しい葉を出します。

学名はフロックス・スブラタですが、シバザクラの名前で
流通しています。
英名はモスフロックス。
ハナツメクサとも呼ばれます。

日当たりを好み、耐暑性も耐寒性もあります。
松葉に似た葉をつけた茎が分岐してよく伸びます。
乾燥に強くよく広がるのでグラウンドカバーに適しています。

土質を選ばず、病害虫の被害もなし。
挿し木か株分けで簡単に殖やせます。
そして、花付きがとてもよいのです。
早春に、株全体を覆うように開花します。
グラウンドカバーとして人気が出るわけです。

Wikipediaの「シバザクラ」によりますと、
「北米原産。4-5月頃にサクラに似た形の淡桃、赤、薄紫、
あるいは白色の花を咲かせる。葉形やその匍匐性などから
芝桜と名付けられた。葉は1センチ程度と小さく披針形で硬い。
よく枝分かれし地面を覆い尽くすように密生する。
寒暑や乾燥に強く常緑のため芝生代わりに植えられている。」

踏みつけには弱いので芝の代わりにはなりません(笑)。
このあたりですと、常緑で冬越しできていないと思うな。

「同属をまとめてフロックスと呼び、ツルハナシノブ、
スターフロックス、オイランソウ、クサキョウチクトウ等あるが
それぞれ別種である。」

う〜ん、フロックスの仲間はわかりません〜。
知ってるのが一個もないです。。

シバザクラは移植が簡単♪」
シバザクラは育てやすく殖やしやすいので、
アチコチで栽培されています。
近所でも、駐車場の縁取りに植えられて、
そこからあふれて野生化しています。

白、ピンク、青と花色も豊富です。
ケロがお散歩の途中で目にするだけでも、
花色の濃淡や霜降りなどのバリエーションが多いです。

市役所の駐車場のシバザクラをちぎってきました。
(^▽^;)
いえ、外にあふれている部分はそのうち除草されちゃうのです。
かわいそうかなって。
(*^.^*)エヘッ

5cmくらいの茎を、いきなり地植えにしたのだと思います。
かなり強引な挿し木でしたが根付きました。
翌年は、それほど殖え広がりませんでしたが、
白と赤の花が咲いたのでした。

しかし、植えた場所は西側の奥のほうで、
周りに植えたハーブと野草ですぐに日照と通風が×です〜。

とりあえず、去年、赤花を侵入路付近に移植してみました。
日当たりがよいせいか、順調に殖え広がって、
3月にはいっせいに開花しました。
花付きもよかったです。

シバザクラは日当たりがポイントというのはホントデス。
効果テキメンでした♪
画像は2008/04下旬のものです。
もう花は終わりかけています。
シバザクラ

左はアスファルトで、右は砂利の場所です。
土が少ない乾燥した場所ですが、元気に育っています。
ただ、ちょっと、花期が短かったかな〜。

元の場所のシバザクラはローズマリーの陰で
ヒッソリ咲いておりますが花数は少ないです。
殖え広がる勢いも弱いです。
移植して正解でしたね。

それで、今年は、白花を移植しました。
日陰にならない場所を選んだつもりなのですが、
コモンマローやブラックベリーが進出してきています。
場所の選定を誤ったかも〜。

ま、移植が楽にできますから、また動かしてあげますよ。
ええと、移植した白花の画像が見つかりません。
ケロは生理整頓が苦手です。
溜まった画像は、サクサク使わなくっちゃデス。
ヾ(´▽`;)ゝウヘヘ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
シバザクラのスカーレットフレームとエメラルドクッションブルーかな?
シバザクラの柱頭は3裂するはずだけど…
センダイハギとイベリスの画像
ローズマリー、4年目の開花♪

ドイツアザミの花つき

ドイツアザミノアザミですか?」
ケロの駐車場には、アザミっぽいお花がいくつかあります。
ハーブのアーティチョークはチョウセンアザミ属ですが、
アザミによく似た大きな花が咲きます。
2008/06上旬で草丈は2mに達して、開花すんぜんです♪

テラオカアザミは、今年、1株買い足して、
ピンクと赤がそろいました。
テラオカアザミはドイツアザミの園芸品種で、
キク科アザミ属の耐寒性多年草です。

原産地はドイツ…ではなくって、日本です〜(笑)。
日本に自生するノアザミの園芸品種なんですって。
ドイツアザミには他の品種もあるようですが、
近所のガーデニングショップで見かけるのは
テラオカアザミだけですね〜。

元が日本原産の野草ですから丈夫です。
耐寒性、耐暑性があり、ある程度の耐陰性もあります。
花期は4〜6月で、草丈は80cm程度かな。

ノアザミが親ですから春咲きですが、
花後に切り戻せば秋にも2番花が楽しめます。
ちなみに、ノハラアザミは秋咲きです。

「高温多湿にやや弱いので1年草として扱う。」
とあって心配しましたが…。
群馬の夏は問題なく乗り切りました。
これは園芸上の1年草としなくても良さそうです。

群馬も8月は連日、30℃を超えます。
35℃を超える日が1週間くらい続くこともあります。
これを乗り切れるのですから、耐暑性はあると思う。
品種によって差があるのかもしれませんね。

去年は、急成長して1年目から花が咲きましたが、
アブラムシだらけで花数も少なく花期も短かったです。
一部倒伏もしました。。

失敗した感タップリorz
梅雨時には株元でバッサリ切り戻して放置でしたが、
秋に2番花が咲きました。
こんどはアブラムシはたかっておりません。

見直したのですが、花色がケロのイメージと違うの。
ケロ的にはアザミは濃い赤か赤紫色のお花です。
白に近い薄いピンクはパステルカラーできれいやけれど、
ナニカチガウのです。。

テラオカアザミは花付きがよいです♪」
で、赤花のテラオカアザミの苗を買ってきました。
画像は2008/04下旬です。
3号のポリポット苗だったと思います。
地植えにすると急成長です。
テラオカアザミ・赤花

続いて、2008/05下旬の画像です。
植え込んで2ヶ月ちょっとですがつぼみをもっています。
1年目から咲いてくれるのがうれしいです。
後ろは、花が終わりかけているヤグルマギクです。
テラオカアザミ。赤花

アップにしてみました。
中央に開きかけのつぼみが2つ見えますが、
最初は下の状態のつぼみを見て「ピンクなのでは?」
と思ったのですが、赤花と確認できました。
(´▽`) ホッ
テラオカアザミ。赤花

植えの画像から週間後には開花しておりました。
普通より1ヶ月遅れですが、1年目ですから満足です。
しかも、アブラムシの被害がナッシング。
右上のでかい葉っぱはタチアオイ、左の葉はゼニアオイです。

こちらもアップにしてみました。
トゲトゲの葉に、針のような筒状花、
うん、ケロのイメージにピッタリです〜。
《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜
テラオカアザミ。赤花

で、去年植えたピンクのテラオカアザミですが、
2008/05中旬の画像です。
5月の初め頃から咲き出していました。
花茎が何本も立ち上がって、つぼみがいくつも見えます。
テラオカアザミ。ピンク花

日照も通風もあまりよくありませんが、
大株に育ちつつあります。
左は3尺バーベナの茎、後ろはアーティチョークです。
アーティチョークの草丈はこの段階で1.5mを超えています。

草丈は1m弱で、アブラムシの被害はなし。
土質を選ばず、肥料も特にいりません。
病害虫の被害さえなければ、丈夫な野草です。

アップにして見ました。
アッサリ系の上品な花色です。
ただ、ケロにはチョコット物足りないのです〜。
テラオカアザミ。ピンク花

上の画像から1週間後に、別の角度から撮ってみました。
ピンボケのバックは3尺バーベナとキョウチクトウです。
6月上旬に入って、雨が多いですが、まだ咲き続けています。
去年より、はっきりと花期が長いです。
テラオカアザミ。ピンク花

丈夫な多年草は、環境に順応すると年毎に大きくなるので、
みていて気持ちがよいです。
でも、大株になると加湿で枯れるリスクも増えます。

次は、株分けで更新することを考えなくっちゃデス。
でも〜、ドイツアザミもソコソコ大きくなります。
トゲ付きですし。
適当な空きスペースが残っているかな。。
(^▽^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ノアザミとシロバナノアザミ♪
野草のテラオカアザミって知ってますか?
テラオカアザミはドイツアザミ

ホタルブクロって知ってますか?

ホタルブクロも丈夫かな?」
この時期、国道沿いの歩道の植栽にはいろいろな野草が
生えております。
つつじが植えられているところが多いのですが、
その間から強健な野草が顔を出しています。

嫌われ者の強雑草のヤブガラシの茶色っぽいツルも見えます。
オオキンケイギクも目立っています。
マッキイロの花色が強烈です。

きれいなお花なのですが、繁殖力が強すぎて
外来生物法の第2次指定種になっています。
まあ、栽培しなくても道端で楽しめますね♪

タチアオイも6月の初めから咲き出しました。
群生していたナガミヒナゲシは全て散っています。
ボンヤリながめながら歩いていると、
桃色のお花のホタルブクロが咲いておりますよ。
(⌒▽⌒;) オッドロキー

ホタルブクロはキキョウ科ホタルブクロ属の多年草です。
よくお庭に植えられています。
庭から逃げ出して野生化しているものも見かけます。
こぼれ種から発芽するのでしょうか?

近所のJAグリーンにも売られています。
花色は白と桃色が基本ですが、濃い紫花もあります。
交配して作り出した園芸品種なのでしょうね。

花期は5〜7月で、5月の中ごろから咲き出していました。
釣鐘上の花がうつむいて咲きますが、5cmほどの大きさです。
筒状の花の中に蛍を閉じ込めると明かりが外へ透けて見える、
というのが名前の由来です。
風流です〜。

花弁は薄く和紙のような手触りです。
内側には毛が密生しています。
薄くて中が透けて見えそうですが、簡単にはちぎれません。
蛍の採集用には向いているかもです〜。

Wikipediaの「ホタルブクロ」によりますと、
「開けたやや乾燥した草原や道ばたなどによく見られる草本。
匍匐枝を横に出して増殖する。初夏に花茎を延ばす。
高さは80cmくらいで、数個の釣り鐘型の花を穂状につける。」
とあります。

けっこう大型の野草です。
大きめの花がいくつもぶら下がっている様子は、
にぎやかで目立ちます。

画像はWikipediaのものです。
これですね。
花色もピッタリです♪
ホタルブクロ

耐陰性もありますが、日当たりを好み、乾燥気味に管理します。
耐寒性はありますが、耐暑性は弱く、
花後の夏に地上部分は枯れます。

土質は選ばず、地下茎で殖え広がるそうです。
株元から横に這うほふく枝が伸びて新しい株を作ります。
これを切り離して株分けすると簡単に殖やせると。

ホタルブクロはほふく枝をたくさん出すみたいですから、
放置しても勝手に殖えそうに思えるな〜。
手間なしの丈夫な野草ではないでしょうか。
(^○^)

ホタルブクロヤマホタルブクロ
「ヤマホタルブクロはホタルブクロの変種で、山地に多く生育。
ほとんど外見は変わらないが、萼片の間が盛り上がっている。」

ヤマホタルブクロも平地で見られるようになっているようです。
花の付け根のがくのところを見て、
・反り返る付属片があればホタルブクロ。
・反り返る付属片がなければヤマホタルブクロ。

ケロのは、反り返る付属片があるのでホタルブクロですね。
採集は簡単でした。

ほふく枝の先の株なのかな。
端のほうに小さな株ができていたので引っ張ったら、
引っこ抜けました。
アセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ〜♪

茎葉折れてしまったので、カットしてポリポットに植えました。
5cmくらいの根っこのかたまりらしきものです。
すぐ地植えにしても大丈夫でしょうけど、
最近の雨で駐車場は水溜り状態なのです〜。

下が粘土なので、1週間くらいは水が引かないところもあるの。
梅雨があけるころに植えようかな〜。
来年、桃色のお花が楽しめるでしょうか。
(A゜∇゜)ハテッ?ナノラ

ということで、今回はオリジナル画像はなしです(笑)。
予定変更で、一葉さまのリクエストにお応えいたしました♪
一葉さま、ホタルブログではなくってホタルブクロれす〜。
ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!

植え替えが必要ですけれども、鉢植えでも育てられます。
マンションでも育てられますよ。
ハーブと野草の癒しをドウゾデス。
((((((/_ _)/□ ツマラナイモノデスガド~ゾ

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ヤマホタルブクロのおしべとめしべ
オオキンケイギクと外来生物法
オオキンケイギクの花色

シランとキツネアザミの画像

シランは紫花♪」
シランはラン科シラン属の多年草です。
日本にも自生していた在来種ですが、
野生のものは準絶滅危惧種なんですって。

ケロは、ときどき、お庭から逃げ出したっぽいシランを
見かけますけど…。
今の時期ですと、空き地でシランの紫花を見かけます。

シランはラン科には珍しく発芽率がよいそうです。
こぼれ種で発芽したのでしょうね。
野生化した栽培品種ということです(笑)。

Wikipediaの「シラン」によりますと、
「極めて丈夫な植物で、半日陰から日向まで適応し、
乾燥にも過湿にもよく耐え、栽培しやすい。
花期は4月から5月。花は紫紅色。」
とあります。

シラン
まず、マトモなWikipediaの画像からです。
こんな感じのお花が、細い花茎の先に付きます。
シロバナシラン、アオバナシラン、クチベニシランと
花色はいろいろあります。

近所のガーデニングショップでも、アオバナシラン以外は
売られていますから入手しやすいです。
ケロ的には、シランというと紫花のイメージです。

近所で野生化しているのを見ていますから、
「丈夫で地下茎で殖える」ということはわかっていました。
イモ状の地下茎?を採集してきて地植えにしたのですが、
葉が枯れて地上部分がなくなって忘れていましたよ。
(^▽^;)

お花が咲いたのは5月で、先に4月にシャガが咲き出したので、
シランは消えてしまったと思い込んでいました。
近所のシランはとっくに開花していましたから。

でも、シャガのはと思っていたのはシランの葉だったようで
ひと月遅れでシランも開花いたしました♪
画像は2008/05中旬のものです。
トクサが邪魔で、これ以上近づけません〜。
シラン

続いて、2008/05下旬の画像です。
ほとんど変化なく咲き続けていますね(笑)。
手前のトクサがさらに殖えてきました。。
右後方はイヌワラビ?
左後方はヤブガラシ。。
~(=^‥^A アセアセ・・・
シラン

真ん中右よりの直立した茎は、花後のシャガです。
シランもそろそろ、花が終わります。
消える心配はなさそうです。
来年はもっと殖え広がっているかな〜。
(・-・*)ヌフフ♪

トクサを掻き分けて、アップの画像をとって見ました。
w(゜o゜)w オオー!
確かにラン科のお花です!
葉を見るとワイルドな野草ですが、お花は美しいですね。
シラン・花

シランのウンチクは「シランは知らん?」でドウゾデス。
http://blog.mag2.com/m/log/0000223756/109732009.html

キツネアザミはショボショボ」
キツネアザミはキク科キツネアザミ属の1年草です。
花期は4〜6月で、花茎が立つと草丈は80cmほど。
ロゼット状になって冬を越すので越年草ですね。
葉の裏には、白い毛が密生していると。
こんど、確かめておきたいです〜。
(^○^)

糸のような筒状花が頭花の端からこぼれるように咲き、
アザミの花に似ていなくもないです。

道端の雑草です。
雑草は生育状態によってサイズはいろいろです。
ケロがお買い物行く途中の空き地では草丈1mは
楽に越しておりますね。

で、ケロの駐車場のキツネアザミといいますと、
草丈はせいぜい40cmくらいです。
空き地で群生している様子を見ると、
発芽率は良さそうですが、あまり殖えませんね。

画像は2008/05中旬のキツネアザミです。
根生葉は深い切れ込みの羽状複葉ですね。
花茎がヒョロリと立ち上がっています。
キツネアザミ

草取りをしていて気が付きました。
たぶん、花をつける前のは引っこ抜いてしまったと思う。
(^^;)

続いて、2008/05下旬の画像です。
初めの花はすでに散って綿毛になっています。
株元から、次の花茎が伸びて小さなお花が咲きました。
キツネアザミ

ん〜、つぼみと花はアザミに似ているところもあります。
葉も含めた全体的な印象は違う気がするのですが…。

で、どうかな。
こんなショボショボでは、充実した種子はできないのでは?
まあ、植えたわけではないです。
来年も、引っこ抜かないで観察してみたいです。

「キツネアザミはキツネアザミ属」もドウゾデス。
http://blog.mag2.com/m/log/0000223756/109744389.html

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
野草のシラン?
シャガも強健な野草です♪
テラオカアザミはドイツアザミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。