イエギクは丈夫だけれど下葉が枯れがち

イエギク(Chrysanthemum × morifolium)は日本の秋のお花として定着していますが、平安時代に中国から渡来したのだとか。20種類ほどある在来種のノギクとは区別されます。学名の表記は複数あるけれど、キク属=クリサンセマム(Chrysanthemum)属とするのが一般的なのかな。属名はギリシャ語の「黄金の花」に由来するそうです。黄花をイメージしているのでしょうね。

この時期、お散歩していると、畑の縁に色んな色のイエギクが咲いています。頭花の花径が9cm未満の小菊がほとんど。軒先の鉢植えには凝った姿形の大菊も見かけます。ケロの駐車場のイエギクは小菊で、元から生えていたらしきピンクの一重咲きと黄色の八重咲き。花弁の先が浅く3裂する舌状花は色違いですが、筒状花はどちらも黄色です。筒状花は周辺から咲き出し、蕾も葯筒から2裂した柱頭が突き出す様子もかわいらしいの。

ここからは「2011-11-07 手間のかかる園芸植物 イエギクもさまざま」です〜。→野生のノギクもありますが、栽培されているイエギクは大昔に中国で交配によって作られたそうです。日本で作出された和菊、欧米で作出された洋菊に分けられます。「キク(Dendranthema×grandiflorum)、キク科キク属、耐寒性多年草、草丈は30〜120cm、花期は夏菊(5〜7月)、秋菊(10〜11月)寒菊(12月〜1月)」

花径は9cm未満の小菊〜18cm以上の大菊までいろいろ、花色も白、黄、赤、紫、桃、橙などと豊富。日照時間が短くなれば開花する短日植物ですが、品種改良によって初夏や冬にも咲くのですね。和菊は豪華な仕立て方をするみたい。ケロは手間暇かけた園芸品種とは縁がなくって、刺身のつまや酢の物にする食用菊くらいしか知りませんw

日当たりと通風のよい場所を好み、病害虫は特にないけれど肥料は欲しがります。丈夫ですがきれいに咲かせるには「連作を避けて毎年植え替える、挿し芽で株を更新する、摘心や切り戻しで草丈を抑えて脇芽を出させる」などの作業が要るようです。う〜ん、どれもしたことがない…。どうりで開花の頃には茎の下のほうは木質化し、下葉が枯れ上がっちゃってる。

キク2007-09-08.jpg

キク2010-11-13.jpg

キク2010-11-13-2.jpg

キク2011-11-04.jpg

キク2011-11-04-2.jpg

もともと生えていたのか、どこからか紛れ込んだのか、品種は全く不明。完全放置で7年目の今年も元気に咲いているから、たぶん一番丈夫な野良菊なのでは(笑)。1枚目は2007/09/08で、ヨモギかなと思っていたら蕾があがってきました。2・3枚目は2010/11/13で、小輪の黄色の八重咲き。最後は2011/11/04で、こちらも小輪のピンクの一重咲き。←ここませでした〜。

イエギク(Chrysanthemum × morifolium)はとても丈夫で、地植えにすれば栽培は簡単(豪華な園芸品種は育てたことがないのでわかりませんけど、それは鉢植えにするはずw)。ただ、日照・水はけ・通風がよくないと下葉が枯れ上がるのが難点です。生えている場所の環境に問題があって、開花する頃には葉が枯れていて見た目がもう一つ…。地下茎で横に殖え広がるので、その管理は必要かも。手間なしですから、日当たりの良い所に白と赤のイエギクも植えてみようかな〜。

スピードリオンはケロネ・リオニーの早生品種

ケロネ・リオニー2011-10-08-4.jpg

ケロネ・リオニー(Chelone lyonii)の早生品種がスピードリオンの名前で出回っています。学名の属名をカタカナ読みしてケロネまたはチェロン、種小名のカタカナ読みが変化してリオンといろいろな呼び方あり。ケロ的には、英名のピンクタートルヘッド(Pink turtlehead)が一番しっくりくるかな〜。お花は唇形花で、「萼片は5個、花冠は2唇形、下唇に髭状突起がある。稔性おしべは有毛で4個、短い仮おしべが1個」だそうです。

フード状に覆いかぶさる上唇の先から白いめしべが下向きに付き出し、柱頭が少し膨らんでいます。下唇は盛り上がって黄色っぽい毛が絡まり合っているみたい。おしべの白い花糸が何本か見えるけれど、本数や葯は確認できません。解剖して写真撮影しておくべきだったな〜。亀が葉をむき出して笑っているような、なんかユーモラスな見た目なのです。

ここからは「2011-01-31 ギリシア語の亀? スピードリオンはケロネ・リオニー?ケロネ・オブクリア?」です〜。→ケロネ・リオニーのケロネとはギリシア語で亀を意味するのだとか。お花の形がカメの頭に似ているそうで、英名はピンクタートルヘッド。このケロネ・リオニーの早生品種・スピードリオンがよく流通しています。やや花が大きめのケロネ・オブクリア(Chelone obliqua)もあるけれど、よく似ていて区別は難しいらしい。ケロが買って来た苗はたぶん、スピードリオンだったと思う。「ケロネ・リオニー(Chelone lyonii)、ゴマノハグサ科ケロネ属、耐寒性多年草、北アメリカ南東部原産、草丈は60〜90cm、花期は7〜10月」和名はジャコウソウモドキですが香りはありません。

北海道でも露地植え可能なのですから耐寒性は十分。日陰だと花付きが悪くなるけれど、強い西日で葉焼けすることがあるそうです。広葉樹の株元が良いのかな。乾燥を嫌うので湿り気のある場所がよいみたい。乾燥するとハダニも発生するそうです。湿り気のある明るい日陰に植えれば、放任でお花の少ない夏に咲いてくれるはずでした…。地植えならば植えっぱなしOKで、株が混んできたら秋に株分けして植え替えます。繁殖はさし芽も容易。対生する肉厚で濃い緑色の葉は、鋭い鋸歯のある先端が尖った卵型。花期には茎の頂きに総状花序を作り、花径2〜3cmの筒形の花を穂状に咲かせます。花色はピンクが基本ですが白色もあり。直立する茎は四角でよく分岐します。

ケロネ・リオニー2008-09-06.jpg

ケロネ・リオニー2008-09-14.jpg

ケロネ・リオニー2009-06-06.jpg

1枚目は2008/09/06で、お彼岸の頃に咲く蕾つきのポット苗です。2枚目は2008/09/13で、開花しかけのお花は亀とか蛇の頭に見えないこともないかな。3枚目は2008/09/22で、斜め上を向いた唇形花の中には細かい毛が絡みついた花柱や雄しべが見えるはずなのですが…。画像からは分かりませんね(汗)。「花冠は2唇形、下唇に髭状突起が有り、稔性雄シベは有毛で4個、短い仮雄シベが1個」だそうです。最後は2009/06/06で、ずいぶん遅い発芽ですが冬越しはできたようです。が、その後お花を見ないまま行方不明orz 冬も夏も小苗で乗り切れたのですから、耐寒性や耐暑性はクリアできていたと思う。半日陰に植えたので強い乾燥もなかった気がするのだけれど…。「ケロネは丈夫で育てやすい。繁殖も容易」とあります。もう一度チャレンジしてみたいです。

ここからは「2011-10-20 ケロネの英名はピンク・タートルヘッド ケロネ・リオニーは丈夫なの?」です〜。→ケロネは名前がかわいい(笑)。お花の形がカメの頭に似ているから、英名はタートルヘッドとかスネークヘッドとかなっています。苗で売られていたケロネ・リオニーの早生品種・スピードリオンを地植えにしたことがあるのですが…。「ケロネ・リオニー(Chelone lyonii)、ゴマノハグサ科ケロネ(ジャコウソウモドキ)属、耐寒性多年草、北アメリカ南東部原産、和名はジャコウソウモドキ、草丈は60〜90cm、花期は7〜10月」寒さに強く、植えっ放しでよく殖える丈夫な多年草のはず。病害虫も特にありません。そこそこ耐暑性もあるはずなのにいつの間にか消えてしまった。湿り気のある明るい半日陰を好むそうだから、乾燥がよくなかったのかな?

「繁殖は株分けかさし芽。対生する肉厚で濃い緑or黒紫色の葉は光沢があり、鋭い鋸歯のある先端が尖った卵型。茎の頂きに総状花序を作り、花径2〜3cmの筒形の花を穂状に咲かせる。花色はピンクか白。直立する茎は四角でよく分岐する」栽培記録を検索してみると、強健で繁殖力旺盛とあったり、いつの間にか消えてしまうとあったり…。環境があっているかがポイントなのでしょうね。頂き物の苗を湿生植物コーナーの脇に植えて再チャレンジ!が、6月に植えて、夏には行方不明orz 高温多湿で根腐れしたの?う〜ん、暑さに弱いのかな?どうも育て方がわからない。

ケロネ・リオニー2011-10-08.jpg

ケロネ・リオニー2011-10-08-2.jpg

ケロネ・リオニー2011-10-08-3.jpg

予備の鉢植えで1株がかろうじて生き残っています。草丈20cmのチビ苗ですが、このサイズでもけっこうお花をつけています。画像はすべて2011/10/08で、斜め上を向いた唇形花が次々に開花中♪「花冠は2唇形、下唇に髭状突起がある」一本突き出しているのが雌しべかな。奥の方には絡みつく細かい毛と、白い雄しべが4〜5本見えています。うん、牙を生やしたガメラの頭に見えるよ。お花の造形が面白いからもっと人気が出てもよいのにね。北海道で地植えにできますから冬越しは問題なし。鉢植えでこちらの気候に慣らしてから地植えにしよう。←ここまででした〜。

ケロネ・リオニー(Chelone lyonii)の早生品種スピードリオンは、繁殖力もあって丈夫と言われています。強い乾燥を嫌うので、夏の西日を避けるくらいで問題なく育つはずなのですが…。購入した苗と頂きものの苗を地植えにしたのだけど、2度ともいつの間にか消滅orz 頂きもの苗は越冬して2年目も開花し、宿根化したと喜んでいたら…。3年目は行方不明orz ケロの印象では、扱いにくい寿命の短い多年草です。何がいけないのだろう?

関連記事「スピードリオンはジャコウソウモドキ

アケボノソウの蜜標

アケボノソウ(Swertia bimaculata)は美しいお花で知られる湿生植物。白い花弁の先の方に黄緑色の斑点が2個、黒紫色の小さな斑点も数個あります。昆虫を誘引する蜜標のようです。おしべの葯の色は薄紫〜灰褐色と時期によっていろいろ。黄緑色の子房の上の白い柱頭もかわいらしいな。頂き物の種から育て、発芽率は良かったの。シックな配色のお花をこの目で見てみたかったのですが…。

ここからは「2011-04-03 2年草の湿生植物 アケボノソウのお花が見たい」です〜。→昨日の最高気温は19℃でしたが今朝は1℃、明日の朝は−1℃…。油断していたら屋外に出しっぱなしの苗が傷んでしまったorz 週の後半は9〜20℃の予報なので、春本番が近いのは間違いありません。ま、多少葉が傷んでも根から枯れるわけではないから、放置しようかな(笑)。アケボノソウは去年の秋に小苗を頂いた2年草の湿生植物です。「花冠の裂片に緑色の2点と黒紫色の細点があり蜜腺となっている」検索して画像を確認すると、ケロ好みの繊細なお花なの。これはがんばって種を採集しようと思ったのでした。「アケボノソウ(Swertia bimaculata)、リンドウ科センブリ属、2年草、別名はキツネノササゲ、草丈は50〜80cm、花期は8〜10月」

日本では北海道〜九州の湿地に分布し、1年目は根生葉だけのロゼット→2年目は茎を長く伸ばしてお花を咲かせます。「茎は四角形、葉は全縁の先の尖った卵形で対生する、茎頂や葉腋から花柄を出し花径2cmほどの白花をつける、合弁花は深く5裂し蜜腺には昆虫がよく集まる、雌しべの柱頭は短く2岐し、雄しべは5本で花糸は白、葯は灰白色」お水を好む湿生植物です。北海道にも分布しているのですから耐寒性もあるのでしょう。星型の5弁花で離弁花に見えますが合弁花なのですね。和名は花弁の斑を夜明けの星に見立てたロマンチックな命名。繁殖力はどうなのでしょう?こぼれ種で殖えてくれると手間なしなのだけれど。

アケボノソウ2011-03-03.jpg

画像は2011/03/03で、明らかに食害にあっております(汗)。株元にヨトウムシが潜んでいるのかな?「縦に3本の葉脈が目立つ。初年度の根生葉には長い葉柄があり葉先は丸いが、開花年度の茎葉にはほとんど葉柄がなく葉先は尖り気味。開花期には根生葉は枯れる」鋸歯のないやや肉厚の緑葉には葉脈が目立ちます。根生葉と茎葉が混じって付いているように見える。「黄色味を帯びたやや太い側根を多数出す」

う〜ん、害虫に食い荒らされながらもジミに成長してはいますが、鉢底から根が伸びだしてきません。状態はもうひとつで、このままでは充実した種子は望めないかもです。迷った時は地植えにする!来週は湿生コーナーに植えつけて、アケボノソウのがんばりに期待したいと思います。お花を観察することができるかな〜。←ここまででした〜。

アケボノソウは折れた茎からも発根するそうで、弱い植物ではないはず。でも、冬に室内管理していたら、葉を虫に食われまくりorz 春に地植えにしたら開花しないまま消滅。2年そうなので種を採集できないとそれっきりです。環境が合わなかったのかも。近所のお店で見かけることはありませんが、山野草の通販サイトで売られています。実物をケロの目で見て、画像をアップしたいな〜。

リシマキア 'ミッドナイトサン'はブロンズ色のカラーリーフ

リシマキア 'ミッドナイトサン'(Lysimachia congestiflora 'Midnight Sun')は這い性でグラウンドカバーに使われ、独特の葉色が特徴です。赤茶色の茎はよく伸び、対生する葉は先の尖った楕円形。葉には細かい毛が生え、葉色はくすんだ赤褐色でモスグリーンの葉脈が走ります。葉色は時期によって変化し、出葉の頃はくすんだ緑色で秋には紅葉するはず。強い乾燥を嫌い、半日陰に植えるのが良いみたい。

ここからは「2011-08-18 リシマキアは丈夫でグラウンドカバー向きのはずなのに… リシマキア‘ミッドナイトサン’の微妙な開花」です〜。→今日の最高気温は38℃の予報orz これが暑さのピークだと思いたい…。夜の気温が25℃を下回らないので植物のダメージも大きいようです。地球温暖化のせいか35℃を超える猛暑日はあたりまえのことになってしまったみたい。

リシマキアと言えばケロ的にはリシマキア・ヌムラリアで、引っ越したときから生えていた先住民。雑草並みの強健さでグラウンドカバーになっているの。頂き物のリシマキア 'ミッドナイトサン'も丈夫なはずなのだけれど…。「リシマキア 'ミッドナイトサン'(Lysimachia congestiflora 'Midnight Sun')、サクラソウ科リシマキア属、耐寒性多年草、原産地は中国、草丈は10cm前後、花期は5〜6月」匍匐性で茎は長く伸び、対生する銅葉のカラーリーフを楽しみます。ブロンズ色のグラウンドカバーはレアなのだとか。

リシマキア 'ミッドナイトサン'2011-03-02.jpg

耐寒性、耐暑性があり、病害虫は特になし。強い乾燥や高温多湿による蒸れを嫌うので、湿り気のある明るい半日陰に植えるとよいのかな。植え場所を誤らなければ、地植えにすると放任でOKのはず。常緑性らしいけど、気温によっては冬に落葉します。1枚目は2011/03/02で、冬の間は頂き物の苗を鉢植えで室内管理していたのですが…。水切れで葉はチリチリになる、多湿で調子を崩す、この繰り返しだった。水やりの直後ということもありますが、葉は変にテカッテいます。アブラムシが大量にたかっていたのでしたorz

リシマキア 'ミッドナイトサン'2011-06-20.jpg

リシマキア 'ミッドナイトサン'2011-06-22.jpg

2・3枚目は2011/06/20と22で、春を待って半日陰に地植えにしました。大分回復して茶褐色の葉に緑の葉脈が走って確かによい感じ。5弁花は花弁も雄しべの花糸も葯も黄色、葉色と花色のコントラストも決まっている。花つきはよいそうですが、半日陰なのでポツポツと咲いている程度でした。そして、猛暑日続きで枯れかけている(汗)。下手に水やりしたら高温多湿で根腐れになりそうな予感がする。秋になって気温が下がったら復活すると信じて見守ろう。来年は環境に順応して、本領を発揮して欲しいものです。←ここまででした〜。

リシマキア 'ミッドナイトサン'の花つきはよく、「黄色の5弁花。おしべが5本で花糸は黄色、葯は白に近いクリーム色」めしべは1本、たぶん薄い黄緑色だと思うけれど、確認できませんでした(汗)。花弁は6枚のお花もあります。シックな葉色と明るい花色は良いコントラスト。成長が早く、茎からの発根も容易で株分けで簡単に殖やせる。育てやすいはずなのに、苗の段階から発育不良。地植えにしたのですが、夏に蒸れて調子を崩し1年で消滅orz 半日陰に植えたのに、何が悪かったのだろう?

関連記事「リシマキア・キリアータ 'ファイアークラッカー'の銅葉
リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'のお花も見たいな

リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'のお花も見たいな

リシマキア・ヌンムラリア(Lysimachia nummularia)は這い性のリシマキアで、グラウンドカバーとして利用されます。暑さ・寒さに強く、踏みつけにもある程度耐えて横に殖え広がるの。強い乾燥や夏の直射日光を嫌うそうですが、地植えで根付けば放任でOKだと思うな。成長が早く、自分が好む環境へと茎を伸ばして進出していきます。だから、過保護にしなくても大丈夫(笑)。

リシマキア・ヌンムラリアの対生する葉は緑色ですが、黄色がかった明るい黄緑色の葉を付けるリシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'(Lysimachia nummularia‘Aurea')も出回っています。葉腋から花柄を伸ばし、カップ状の黄色い5弁花を咲かせるの。「花被片は鮮やかな黄色。おしべが5本、花糸は黄色、葯は白に近い薄いクリーム色。めしべが1本、花柱は薄い黄緑色、柱頭は少し色が濃い」基本種のリシマキア・ヌンムラリアは強健で花つきもよいのですが、リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'はあまり開花しないみたい。

ここからは「2011-08-19 リシマキア・ヌンムラリアはグラウンドカバー向き リシマキア・ヌンムラリア’オーレア’の葉色」です〜。→今日は久しぶりに最高気温が30℃を下回るけれど、来週はまた32℃台に戻るようです。残暑が厳しそうな予感…。リシマキア‘ミッドナイトサン’はグラウンドカバーというには力不足の感がありますが、リシマキア・ヌンムラリアは強健!引っ越してきたときから駐車場に生えていて、あちこちに殖え広がっています。

「リシマキア・ヌンムラリア(Lysimachia nummularia)、サクラソウ科リシマキア(オカトラノオ)属、耐寒性常緑多年草、欧州原産、草丈は10cm前後、花期は5〜6月」別名はヨウシュコナスビで、確かに同属のコナスビ(Lysimachia japonica)と似ています。匍匐性で草丈はありませんが、丸っこい葉が対生する茎はよく伸びて横に広がります。土に接する部分から発根してさらに伸びるパターンです。

暖地では常緑ですが、群馬では紅葉した後は半枯れ状態で越冬します。冬に地上部分は傷むけれど、防寒なしの地植えが可能。高温多湿で蒸れるとか、強い乾燥を嫌うとか、霜除けをしたほうがよいとか、手をかければキリがありませんが…。地植えにして根付けば放任でOK。日当たり、水はけがよく湿り気のある場所を好みます。でも、かなり幅の広い環境へ順応力でき、数年経てば好みの場所へと自力で移動していきますw 暑さにも寒さにも強く、病害虫は特になし。多肥は不要で、踏み付けにも耐える。まさにグラウンドカバー向きのリーフプランツですね。繁殖は株分け、挿し木によりますが、地植えにすれば勝手に殖えます。殖えても邪魔にならないところもよい。

リシマキア・ヌンムラリア2008-05-23.jpg

リシマキア・ヌンムラリア2011-06-05.jpg

1枚目は2008/05/23で、午前中に日が当たる場所に生えていて夏でも葉に傷みはありません。夏の直射日光で葉焼けすることがあっても枯れる心配はないのですが、明るい半日陰が適当かな。このくらいの日照でも花つきはよいのです。2枚目は2011/06/05で、花径2〜3cmの5弁花は明るい黄色♪

リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'2008-05-17.jpg

リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'2008-06-06.jpg

葉が明るい黄緑色になるリシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'(Lysimachia nummularia‘Aurea')もよく見かけます。3・4枚目は2008/05/17と06/06で、たぶん挿し木で殖やしたオーレアのはず。日当たりがよいほうが黄色の発色も鮮やか。夏になると新葉の頃に比べて黄緑色になってくる。

リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'2008-12-20.jpg

最後は2008/12/20で、銅色にきれいに紅葉していますね。最初の年は完全に落葉して針金のような茎が地面にへばりついていたのだから、徐々に寒さにも適応しつつあるみたい。オーレアは基本種よりお花が咲きにくいけれど、葉色の美しさはそれを補って余りあるの。←ここまででした〜。

リシマキア・ヌンムラリアは初夏の花期以外は忘れられがち。でも、冬に赤茶色に紅葉した葉色も悪くないです。大きな違いはないのだろうけれど、リシマキア・ヌンムラリア‘オーレア'のお花も確認したいな〜。検索すると画像がヒットしますが、「夏に冷涼な地域以外ではほとんど開花しない」とありました。群馬の夏は暑いから、ちょっと無理かも(笑)。

過去記事では、「挿し木したリシマキア・ヌンムラリアが冬の寒さで消滅orz」と書きましたが、いつもの勘違いで翌春には復活!徐々に環境に順応して、紅葉して地面にへばりつきながら越冬するようになっています。殖えすぎたら適当に引っこ抜くくらいで、ほとんど手のかからない優秀なカラーリーフプランツです♪

関連記事「リシマキアの消滅…
リシマキア 'ミッドナイトサン'はブロンズ色のカラーリーフ

ヤナギトラノオは黄花

ヤナギトラノオ(Lysimachia thyrsiflora)は対生する細長い葉が柳に似ていることから命名されたみたい。ただ、葉腋に1対の総状花序をつけますが、主軸は長くないので虎の尾には見えないかも(笑)。「花序は短い花柄の先の6弁花が密生。黄緑色の萼は深く6裂。黄色の花冠も深く6裂。おしべは6本で花糸も葯も黄色、めしべよりやや長い。めしべは1本で花柱は黄色、少し膨らむ柱頭は白」初夏らしい明るい花色がケロの好みだったのですが…。

ここからは「2011-05-16 ○○トラノオ ヤナギトラノオの開花」の転載です〜。→→→花穂を虎の尻尾に見立てた○○トラノオという植物は多い。ケロの駐車場にもいくつか生えています。花色はヌマトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)は白、ミズトラノオ(シソ科ミズトラノオ属)が赤紫、ハナトラノオ(シソ科フィソステギア属)は白・ピンク・紫といろいろ。そして、ヤナギトラノオは黄色です。「ヤナギトラノオ(Lysimachia thyrsiflora)、サクラソウ科オカトラノオ属、耐寒性多年草、草丈は30〜80cm、花期は6〜7月」日本では北海道や中部地方以北の本州に分布しているそうで、涼しい気候が適しているのかな。

和名は「葉を柳に、花序を虎の尾に見立てた」のだとか。う〜ん、オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)の枝垂れる長い花序は虎の尾の形かもしれませんが…。茎頂ではなく葉腋から出るヤナギトラノオの総状花序は短くて、これはハズレているっぽいw 耐寒性があって、防寒なしで屋外越冬可能。育成期の3〜9月は屋外で日に当てて育てます。湿生植物なので腰水栽培が普通かな。病害虫は特になく、繁殖は株分けや挿し芽。乾燥しない場所ならば地植えでもOKです。

ヤナギトラノオ2011-05-15.jpg

ヤナギトラノオ2011-05-15-2.jpg

1枚目は2010/06/04で、頂き物の小苗を地植えにして順調に成長中。2枚目は2011/05/15で、対生する長さ10cmほどの葉は披針形で、葉柄が無く対生する。背が高くなりますが、切り戻せます。「葉腋から出る総状花序に花径1cmくらいの黄花を多数付ける。花冠は6深裂、雄しべは6個で花冠から長く突き出る。雌しべは1個」花冠から飛び出した黄色の葯がにぎやかです。花序は小さくて、ブラシ状と言うよりは球形に見えますね。株が充実すると花序も長くなるのかな?もう少しで、雑草と間違えて引っこ抜く所でした。早めに咲いてくれてよかった(笑)。←←←ここまでが過去記事でした〜。

ヤナギトラノオ(Lysimachia thyrsiflora)は湿生植物ですが、それほど乾燥に弱くはない印象でした。いただき物の株は問題なく根付いて開花、地下茎で殖え広がるかに思えたのですが…。いつの間にか行方不明orz ギックリ腰で水やりをしなかった時期に、乾燥に負けたのかもしれません。いや、雑草と間違えて引っこ抜いた可能性が高いかも(汗)。ヤナギトラノオもお花の解剖写真を撮っておけばよかったな〜。

関連記事「カクトラノオはフィソステギア
ミズトラノオは花糸の毛がポイント

オランダカイウ=ザンテデスキア・エチオピカの仏炎苞が見たかった…

オランダカイウ=ザンテデスキア・エチオピカ(Zantedeschia aethiopica)は、ある程度の耐寒性がある湿生植物です。葉柄のある矢尻型の葉は肉厚で光沢があり、観葉植物としても流通しています。サトイモ科の特徴である白い仏炎苞の中心に小花の密生する淡いクリーム色の肉穂花序をつけるはず。

「属名のZantedeschiaはイタリアの植物学者ザンテデスキ(Zantedeschi)に由来し、種小名のaethiopicaは「エチオピアの」という意味。 エチオピアの国花」だそうです。カラー(Calla)の仏炎苞は白、黄色、ピンク、紫など色が豊富ですが、湿地性なのはエチオピカ種だけで他は畑地性なのだとか。

ここからは「2011-05-06 カラーには湿地性と畑地性がある オランダカイウは丈夫♪」の転載です〜。→→→モモイロカイウ・キバナカイウ・シロボシカイウなどのカラフルなカラー達は畑地性で、暑さにも寒さにもあまり強くないらしい。高温多湿で球根が腐ることもあるのだとか。ケロにはハードルが高くて、興味がなかったのですが…。湿地性のカラーはある程度の耐寒性もあって、無暖房の室内でも育てられそう。この湿地性カラーの代表品種がオランダカイウで、関東以西では地植えが可能とありますね。数年間は植えっぱなし可能で、株が混み合ってきたら3〜4月に株分けします。「オランダカイウ(Zantedeschia aethiopica)、サトイモ科オランダカイウ属、半耐寒性多年草、草丈は60〜80cm、花期は4〜7月」

地下茎が肥大して球根を作る春植え球根のようですが、頂き物の小苗はまだ球根に肥大してはいませんでした。春の初めにいただいて鉢植えにしたのですが、2〜3枚付いていた葉がだんだんと枯れていきまして…。とても心配しましたが、気温が上がると新葉が伸びだして復活♪半日陰&霧吹きで過保護に管理してきましたが、根付いた所で徐々に屋外の日向へと移しました。生育期の3〜9月は日に当てて育てる→夏は直射日光を避ける→晩秋に葉が枯れて休眠→冬は水やりを控えるが乾燥しきらないようにする、こんなパターンでしょうか。「株元から伸びる長い葉柄に長さ20cmほどの鏃形で肉厚の葉を付ける。純白の仏炎苞(漏斗状の総苞)の中心に棍棒状の肉穂花序(軸の周囲に花が密集し、上部が雄花で下部が雌花)がある。鉢植えなら8号鉢に1球を目安に浅植えする」

オランダカイウ2011-04-14.jpg

オランダカイウ2011-04-14-2.jpg

花茎の先の仏炎苞まで入れると60〜90cmに達する大型の湿生植物です。冬は休眠して地上部がなくなるのなら、腐葉土をかぶせて地植えで越冬できるかもです。大型多年草はできるだけ屋外で放任栽培したい(笑)。画像は2011/04/14で、新しい葉が伸びてきてひと安心です。葉の先は尖り、葉脈が美しい。今は屋外に出しているので、ワイルドになってきました。成長が早いとは言っても、まだ葉の長さは10cm弱で開花は来年以降でしょう。5号鉢に8株ほど根付きましたから、いずれ植え替えが必要です。半分を地植えにして耐寒性の実験をしてみよう。←←←ここまでが過去記事でした〜。

オランダカイウ=ザンテデスキア・エチオピカ(Zantedeschia aethiopica)の仏炎苞が見たくて、いただき物の株を鉢植えにして腰水栽培、冬は無暖房の室内に取り込んでいました。「地中には球根(塊茎)があり、乾燥や低温など生育に適さないときには地上部が枯れて休眠する」確かに、冬に休眠して春に復活します。けれど、4年経っても草丈は15cmとショボショボ、花茎が立ち上がることもないorz 地植えにしてみたのですが、いつのまにか行方不明…。オランダカイウは初心者向けの植物のはず、何がいけなかったのかな〜。

トキソウの唇弁

トキソウ(Pogonia japonica)は小型の湿生植物で、ラン科らしい美しいお花を咲かせます。「ラン科の花は3枚のがく片(背がく片1枚と側がく片2枚)と3枚の花弁(側花弁2枚と唇弁1枚)を持つ。唇弁は形や大きさ、色彩が大きく異なり目立つ。唇弁は花の上部に位置するが、花の付け根にある子房が180度ねじれることで花の向きが上下逆になっている」3枚のがく片が3方向に開き、唇弁が下に突き出しているように見えますが実は逆さまなのでした。白い糸状の突起が生えた唇弁に薄く紅色が混じりますが、見た目は白花かな。側花弁が開ききらないのでお花の内部の構造はよくわかりません。

ここからは「2010-05-28 淡い優しい花色 トキソウの開花♪」の転載です〜。→→→サギソウはラン科サギソウ属、トキソウはラン科トキソウ属と属名は違いますが、どちらも日当たりのよい湿地に生えます。サギソウは「花の形や色がシラサギに似ている」、トキソウは「花色がトキの羽の色に似ている」ことが語源だそうです。トキの羽の色は淡い紅色なのだとか。「トキソウ(Pogonia japonica)、ラン科トキソウ属、耐寒性多年草、草丈は20〜30cm、花期は5〜7月」国内では主に北海道〜本州に自生しますが、乱獲で絶滅が危惧されているみたいorz 

白花のシロバナトキソウもあります。「花は上向きにつき、花色が薄く、花がほとんど開かないヤマトキソウ」は、乾燥した日あたりのよい草地に育つので生育環境が違います。よくお店で見かけるのは「草姿、生育環境、栽培方法などが日本産トキソウとは大きく異なるタイリントキソウ(タイワントキソウ)」ですが…。こちらはプレイオネ属と別属で、耐寒性や耐暑性はトキソウほどないようです。

湿生植物ということしか知らずに、BSで苗をいただいてきました。植付け・植え替え適期は発芽前の2〜3月なので、少し遅れましたが素焼きの鉢に水苔で植えつけました。乾燥を嫌うので腰水栽培です。春に新芽を延ばす→初夏のころ開花→秋に枯れて地下茎で越冬、といったパターンです。耐寒性があるので冬越しに問題はないけれど、休眠中も乾燥させないように気をつけなくっちゃ。生育期は日照と水を好みますが、真夏の西日は避けたほうがよいのかな。

「地下に横に這う根茎がある。所々から地上に茎を立て、花茎の高さは10-30cmになる。葉の形は披針形または線状長楕円形で長さ4-10cm、幅7-12mmになり、一茎に1枚のみつける。花期は5-7月、茎頂に紅紫色の花をつける。萼片の長さは1.5-2.5cmで長楕円状披針形、側花弁は萼片より短く狭長楕円形、唇弁は側花弁より長く先端が3裂する。唇弁の中裂片は大きく、内側に肉質の毛状突起が密生する。花は横を向き、大きく開かない。花下に長さ2-4cmの葉状の苞をつける〜Wikipediaのトキソウ

トキソウ2010-05-27.jpg

トキソウ2010-05-27-2.jpg

画像は2010/05/27で、つぼみが4つ立ち上がっているので4芽あるのでしょう。1つの茎に、お花、細長い披針形の葉、花の下の小さめの苞がそれぞれ1つずつ付きます。室内撮影なので花色がうまくでないのですが、ほぼ純白でほんのちょっとだけピンクがかっています。大き目の3枚のがく片(背がく片1枚と側がく片2枚)と3枚の花弁(側花弁2枚と唇弁1枚)があります。中央の黄緑色はずい柱の先端でしょうか。花径2cmほどの繊細なお花です。鉢植えで殖やせたら、半分を地植えにしてみよう。駐車場の湿生植物コーナーで育ってくれると管理が楽ですから(笑)。

ここからは「2011-06-10 鉢植え向きの湿生植物 トキソウの花色」の転載です〜。→→→花色が朱鷺の羽の色(淡い紅色)に似ているのが語源だそうです。過去記事を見るとシロバナトキソウかと思うような花色だけど、これは室内で管理していたためらしい。早春に屋外に出した今年はピンクが濃い目に出てワイルドな感じになってきました。「トキソウ(Pogonia japonica)、ラン科トキソウ属、耐寒性多年草、湿生植物、国内では北海道〜本州に自生、草丈は20〜30cm、花期は5〜7月」お店でよく見かけるタイリントキソウ(タイワントキソウ)はプレイオネ属と別属で、耐寒性や耐暑性は強くなく栽培方法も異なるみたい。植付け・植え替え適期は発芽前の2〜3月→春に新芽を延ばす→初夏のころ開花→秋に枯れて地下茎で越冬、というライフサイクル。休眠期間が長いので、乾燥させないように腰水栽培が無難です。

地下茎が横に這って地上に茎を伸ばし、「1つの茎に、花、細長い披針形の葉、花の下の小さめの苞がそれぞれ1つずつ付く」花径2cmほどの繊細なお花は「側花弁3枚と先端が3裂する唇弁からなり、唇弁の中裂片には毛状突起が密生する」地下茎がよく伸びるので、5芽くらい付くように地下茎を切り分けて2年に1回のペースで植え替えます。地下茎は地中浅く横に伸びるので、鉢植えなら平鉢がよいみたい。植え替えの手間が省けるから地植えにしようかとも思ったけれど、鉢植え向きのようです。草丈が低く地上部分がない時期も長いので、繁殖力旺盛な水生植物と一緒にしたら行方不明になりそうw

トキソウ2010-05-28.jpg

トキソウ2011-05-25.jpg

トキソウ2011-05-31.jpg

1枚目は2010/05/28で、唇弁の内側がちょっとだけピンクに色付くだけでほほ白花に見える。2枚目は2011/05/25で、横向きに付く咲きかけのお花。2枚の唇弁にピンクの筋がクッキリと走っています。毛状突起が密生するブラシ状の中裂片も中央は白で周辺はピンク。最後は2011/05/31で、側花弁は開ききりました。唇弁はこんな感じで開ききらないままのお花なの。トキソウのネーミングが納得できますね。花色の濃淡は個体差があります。さらに、栽培条件にも左右されます。室内の弱光下で栽培するとごくごく淡いピンクが混じる白花になり美しい。が、成長期は日に当てることで丈夫に育ちます。病害虫は特になし。水切れにさえ注意すればほぼ手がかかりません。肥料は好むらしいので追肥してあげよう。来春は忘れずに株分けしなくては。←←←ここまでが過去記事でした〜。

トキソウ(Pogonia japonica)は「環境省によりレッドリストの準絶滅危惧の指定を受けている。湿地自体の環境遷移、開発による湿地の消滅、盗掘などの採集により絶滅した自生地もあり、個体数は減少している」そうです。自生できる環境は限定され、繁殖力も強くはないみたい。繊細なお花が気に入って、鉢植えの腰水栽培で管理していたのに数年で消えてしまったorz 画像も数枚しか残っていないので、3年目以降にきれいな開花はなかったのだと思うの。デリケートな山野草の栽培はケロの手に余るかも…。お花の写真をもっとたくさん撮っておくんだったな〜。

マコモは休耕田で育てるのがよいかも

マコモ(Zizania latifolia)は肥大した新芽が食用になる有用植物。健康野菜として売られているようですが、ケロはスーパーで見かけた記憶がありません。あまり、普及していないのかも。緑色の葉鞘を何枚か剥ぐと、真っ白な可食部分が現れるそうです。暑さに強く非常に丈夫なので、肥料を切らさず日当たりの良い屋外で抽水栽培すればOK。寒くなると地上部分は枯れますが、耐寒性もあるので水切れに注意するだけ。

ここからは「2011-07-01 マコモダケは健康野菜 マコモは大型抽水植物♪」の転載です〜。→→→マコモは水辺に自生する大型抽水植物です。原産地からして暖地性かと思ったのですが、日本全土に分布しているので耐寒性もあるみたい。新芽に黒穂菌が寄生し、根元が3〜5cmほどの筍状に肥大した部分が食用になります。食物繊維が豊富&カリウムを多く含み血圧を下げる効果がある健康野菜として注目されているのだとか。適度の歯ごたえ、ほのかな甘みがあってくせのないお味で、生食、炒める、煮る、焼く、漬物にするなど食べ方もいろいろだそうです。「マコモ(Zizania latifolia)、イネ科マコモ属、耐寒性多年草、原産地は東アジア〜東南アジア、別名ハナガツミ、草丈は2m以上、花期は8〜10月」

5月頃に植え付け→分けつしつつ成長→夏頃から茎の根元が肥大→10〜11月に収穫、といったサイクルのはず。外皮をむいた肥大した白い部分(長さ20cm、直径3〜5cm)をマコモダケとして食用にします。収穫時に太ったものを親株として残し、翌春の根茎の先端から発芽する頃に株分けして植え替えます。水田の転作作物として栽培されますが、バケツ栽培も可能。蒸散量が半端じゃないので、水切れに注意します。どんどん成長しますから、追肥も必要でしょう。とても丈夫で、背が高いのに強風でも倒伏しません。

「花期は夏から秋で、雌花は黄緑色、雄花は紫色。葉脈は平行。黒穂菌に寄生されて肥大した新芽(マコモタケ)は食用とされ、古くは万葉集に登場する。中国、台湾、ベトナム、タイ、ラオス、カンボジアなどのアジア各国でも食用や薬用とされる。さらに、日本では、マコモダケから採取した黒穂菌の胞子をマコモズミと呼び、お歯黒や眉墨や漆器の顔料として用いる。北米大陸の近縁種アメリカマコモ(Zizania aquatica)の種子は古くから穀物として食用とされており、今日もワイルドライス(Wild rice)の名で利用されている〜Wikipediaのマコモ

アメリカマコモは1年草のようですね。春に頂いたマコモの苗を百均のバケツに植えてベランダに出しました。当初はクッタリしていて心配でしたが、根付いてからはガンガン急成長して6月には2m近くとなる。先の方が枝垂れる広線形の葉は長さ50〜100cm、幅2〜3cmと大きく、立派なグリーンカーテンになっています。「円錐花序は直立し、長さ40〜60cm。花序枝の上部に雌小穂が、下方に雄小穂がつく」花弁のないイネ科のお花ですから地味だと思うw

マコモ2011-06-28.jpg

「根茎は太く横に這い、節がありひげ根を節ごとに輪生し、先端には越冬芽をつくる」収穫後に親株はバケツに埋めたまま廊下に放置、芽が動き出す春に株分けして植え替えます。数年間植えっぱなしにできるとラクチンですが、すぐに根詰まりになるから毎年の植え替えが必要です。もし、収穫せずに栽培を続けたら、太った根茎の圧力でバケツが割れるのでは(汗)。画像は2011/06/28で、大きすぎて全体像は収まらない。期待通りのワイルドさで、水切れと肥料切れに気をつけるくらいで手間なしです。肥料代をケチって米のとぎ汁をあげていますがなかなか調子がよいのです。←←←ここまでが過去記事でした〜。

マコモ(Zizania latifolia)はひと夏で根茎が太って、予想通りバケツを割っての植え替えとなりました(笑)。「雌花は花序の先端につき、ボリュームがあって黄緑色。雄花は下部につき、まばらで淡い紫色」ケロはワイルドな大型植物が好きだし、お花も確認したかった。しかし、バケツ栽培でも草丈2mほどになり、でかくて重い!腰を痛めた時期に泣く泣く処分しました。池のある広い土地にドーンと植えるのが夢ですw

関連記事「シュロガヤツリの苞と花序

ドロセラ・アデラエは入門種だけれど…

ドロセラ・アデラエ(Drosera adelae)はモウセンゴケの仲間では大型、乾燥にさえ注意すれば育てやすいはず。夏に入手、ミズゴケで鉢植えにして腰水栽培、置き場所は半日陰。暑いと枯れて休眠することもあるそうですが、なんとか夏は乗り越えたの。冬は室内管理、凍りつかせなければ翌春に復活するだろうと思っていたのですが…。そのまま消滅orz 画像も1枚しかなく、印象はごく薄い…。

ここからは「2011-09-17 ツルギバモウセンゴケは子株で殖えるの? ドロセラ・アデラエも丈夫」の転載です〜。→→→ホームセンターなどでもお手ごろ価格で売られている普及種らしいけれど、田舎では食虫植物を見かけることはめったにない(笑)。オーストラリア北東部のクイーンズランド州に分布する大型種で、「根は地表近くで広がり多くの不定芽を出す。短い茎から狭い披針形の捕虫葉を伸ばし、長さは20cm前後・幅は1cm前後。光量が多いと葉は小さくなり赤色が濃くなる」水ゴケに植えて腰水栽培すればよいらしい。「ドロセラ・アデラエ(Drosera adelae)、モウセンゴケ科モウセンゴケ属、半耐寒性多年草、豪州原産、和名はツルギバモウセンゴケ、草丈は10〜20cm」花期はよく分からなかった。10℃を保つと常緑で冬越しするそうなので、条件が整えば不定期に咲くのではないかな?

ドロセラ・アデラエ2011-09-06.jpg

画像は2011/09/06で、ヤフオクで300円だったかな。8月下旬の猛暑の時期に落札しちゃって心配したのだけれど、けっこう丈夫です。「生育適温は15〜25℃くらいで暑過ぎると地上部分は枯れるが、根が残って涼しくなると再び葉を伸ばす」夏場も直射日光を避けたら、30〜35℃の暑さでも枯れなかった。10℃を下回ると休眠しますが、凍らせなければ春に復活します。無暖房の室内で管理する予定なので、葉は枯れるでしょうが越冬は問題なさそう。まだ若い株なので捕虫葉は薄くて柔らかいけれど、大きくなると褐色の硬い葉になるのだとか。空中湿度が高くて捕虫葉の赤っぽい繊毛が粘液で濡れてキラキラ光っているのがよい状態。現状は繊毛が乾いておりますね(汗)。

繁殖は葉挿し、根伏せ、株分け、実生などが可能。でも、種子はできにくいので、株元にできる子株を株分けするのが簡単でしょう。モウセンゴケの仲間では一番丈夫で殖やしやすい入門種と言われています。花茎を伸ばして赤か白のお花をたくさん咲かせるはず。ケロのドロセラ・アデラエは赤花かな白花かな?株の中心から新しい葉がゼンマイのように丸まって伸びてきます。どうやら猛暑を乗り切れました。来年はお花が撮影できるとよいな。←←←ここまでが過去記事でした〜。

ドロセラ・アデラエ(Drosera adelae)の栽培にケロは失敗しちゃいました。過去記事の画像だと捕虫葉が乾いています。捕虫葉に密生する繊毛の先に粘液が分泌されているのが正常な状態、空中湿度が不足で夏から調子が悪かったのかも。ミズゴケが腐った可能性もある。無暖房の室内は明け方に0℃を下回る日もあったから、1年目の冬はもうちょっと暖かい場所のほうが良かったのかな。赤花か白花かを確認したかったのに残念…。地植えで放任できる植物が、ケロには向いているようです(笑)。

関連記事「アフリカナガバモウセンゴケ=ドロセラ・カペンシス・アルバ

斑入りホテイアオイの総状花序

ホテイアオイ(Eichhornia crassipes)はホームセンターなどで売られている夏の水草の定番です。匍匐茎の先に子株を作って爆殖するので、大量栽培&安値販売が可能なのでしょう。耐寒性は弱いけれど、0℃くらいまでは枯れきらずに越冬できるみたい。最初の数年はバケツに黒土を入れて抽水栽培、その後は洗面器に浮かべていました。冬は無暖房の室内に取り込んで日中は窓際、夜は部屋の中央に置いていたかな。株は枯れて茶色になりますが、春になると復活しますw

ここからは「2010-09-05 特定外来生物ではないけれど… 斑入りホテイアオイの開花♪」の転載です〜。→→→ホテイアオイはお花が美しい水草なので、明治時代に観賞用として持ち込まれました。細かい根がメダカ産卵用に使えるので、屋外のビオトープに浮かべられることも多いです。が、繁殖力が強すぎて世界の熱帯・亜熱帯域に帰化して、青い悪魔・公害雑草と呼ばれているのだとか。

世界の侵略的外来種ワースト100には選ばれているのに、日本の特定外来生物法では特定外来生物には指定されていません。耐寒性がなく冬に枯れる、水中の窒素やリンをよく吸収するので水質浄化に効果あり、家畜の飼料や堆肥に利用できる、ということで判断に迷っているみたい。しかし、本州中部以南で野生化しており、石川県でも越冬可能な場合もあるそうです。また、特に冨栄養の水系では爆発的に繁殖し、アレロパシーもあるので在来種の水草が圧倒されてしまいます。さらに、爆殖→枯死→腐敗→悪臭・水質悪化となるので、いずれは日本でも栽培が禁止されるかもしれませんね。

「ホテイアオイ(Eichhornia crassipes)、ミズアオイ科ホテイアオイ属、非耐寒性多年草、浮葉植物、南米原産、草丈は20〜100cm、花期は6〜9月」葉の付け根の部分が丸く膨らんでスポンジ状の浮器となりその形が七福神の布袋さんのお腹に似ている&直径5〜20cmほどの円心形の葉の形がアオイに似ている、それが語源です。「浮遊する場合は中空の葉柄の中央部が長球形に膨らむが、浅水or湿地で根が泥土に着生する場合は膨らまず円筒形となる」

葉柄の長さは生育条件によって20〜100cmと大きく異なります。やや厚い葉は濃い緑色で光沢あり。葉の基部から紫黒色で細かい根毛が多数あるひげ根が水中に垂れます。アブラムシが付く程度で、病害虫は特になし。多肥は控えます。日に当てることと水切れに注意すれば、生育期には急成長します。ポイントは屋外でよく日に当てることで、日照不足だと徒長してお花も咲きません。

「夏に花が咲く。花茎が葉の間から高く伸び、大きな花を数個〜十数個つける。花は青紫で、花びらは六枚、上に向いた花びらが幅広く、真ん中に黄色の斑紋があり、周りを紫の模様が囲んでいる。花が咲き終わると花茎は曲がって先端を水中につっこむ形となり、果実は水中で成長する。熟した果実は水中で裂開し、水中に種子をばら撒く。種子から発芽した実生は最初から浮き草状の生活型をとるのではなく、浅い水中や水辺の泥の上で土中に根を下ろして成長し、株が大きくなると葉柄に浮袋を生じて水面に生活の場を広げていく〜Wikipediaのホテイアオイ

花茎の先に総状花序を付け淡紫色のお花を5〜20個咲かせます。花径約5cmで、特に上方内花被片は淡紫色の中央が濃青色でその中に黄斑があって美しい。繁殖は実生か株分け。種子は暖地でなければ充実したものができないらしいから、株わけが普通です。四方に伸びる走出枝の先に子株ができます。この子株が成長するとさらに走出枝を伸ばして孫株を作り…。ひと夏でで一株が200株以上に爆殖するらしい。むしろ、肥料をあげずに成長を抑えることを考えた方がよいかもです。夏場の水温上昇やお水の痛みには気をつけますが、高水温にも冨栄養にもよく耐えるので足し水で大丈夫。手のかからない水生植物といえます。

斑入りホテイアオイ2010-06-21.jpg

斑入りホテイアオイ2010-08-16.jpg

1枚目は2010/06/21で、近所のお店で斑入りホテイアオイを買ってきました。ハスの栽培に失敗したバケツが残っていたので、抽水栽培にして見た。土を捨てて容器を洗うのがめんどうだったからでもあるけれど…。ホテイアオイは耐寒性がなく冬は室内管理です。耐寒温度は0℃とか5℃とかいろいろ書かれています。できれば無暖房の室内で冬越しさせたい。「水に浮かべるよりも土に植えたほうが寒さには強く、しっかり根付けば−3℃でも大丈夫」とありました。2枚目は2010/08/16で、草丈は30〜40cmですがバケツからあふれそうに急成長。未熟な腐葉土が混ぜてあって、普通は根腐れの原因になるところですがホテイアオイは平気。どんどん養分を吸収しています。

斑入りホテイアオイ2010-09-04.jpg

最後は2010/09/04で、開花したけれど総状花序ではなく花茎の先に一個だけorz 一日花で、午後に気づいたときは萎みかけていたの。この画像からは6弁花とはわからない(笑)。雄しべは6本ありますが、見えるのは花糸が長く雌しべより外に突き出ている3本のみ。花糸が短い残りの3本は奥の方にあるのでしょう。今は一株100円未満で買えるありふれた水生植物ですが、将来的には栽培できるか微妙ですね。

斑入りホテイアオイ2010-09-12.jpg

追記です。画像は2010/09/12で、開花は続いていますがきれいに開ききらないの。抽水栽培だと花序がすっきりと立ち上がらないのかな?オンブバッタがしがみついていますが、ホテイアオイはあまり食害にはあいません。株は充実しているので、室内に取り込めば弱光下でも越冬してくれると思います。来年はタライに浮かべてみようかな。

ここからは「2011-08-07 抽水栽培も可能ですが… 斑入りホテイアオイの耐寒性」の転載です〜。→→→ホテイアオイは繁殖力が強すぎて世界の侵略的外来種ワースト100のひとつです。が、耐寒性がなくて冬に枯れるためか日本の特定外来生物法では特定外来生物には指定されていません。けれども、本州中部以南で野生化して爆殖→枯死→腐敗→悪臭・水質悪化が問題になっているのだとか。

「ホテイアオイ(Eichhornia crassipes)、ミズアオイ科ホテイアオイ属、非or半耐寒性多年草、浮葉植物、南米原産、英名はウォーターヒヤシンス、草丈は20〜40cm、花期は6〜9月」生育状態によって、葉柄の形や長さは大きく変化します。ホームセンターなどでは浮き葉状態の小さな株が売られていて、葉柄が丸く膨らんでスポンジ状の浮器となっている。この形が七福神の布袋さんのお腹に似ている&円心形の葉の形がアオイに似ている、というのが語源です。ホテイソウとも呼ばれます。

水面に浮かべるのが普通ですが、土に植え込んだほうが寒さには耐えるらしい。抽水栽培にすると葉柄はは膨らまず円筒形となり、形のおもしろさは半減しちゃうw 「繁殖は実生か株分け。種子は暖地でなければ充実したものができないから株わけが普通。四方に伸びる走出枝の先に子株ができ、ひと夏でで一株が200株以上に爆殖する」ポイントは日当たりで、弱光下では矮小化してやがて枯れます。

床が金属製の2階のベランダにバケツを置いて斑入りホテイアオイを抽水栽培しています。直射日光下なので猛暑日にはぬるま湯になりますが、高水温にも冨栄養にもよく耐えるので足し水で大丈夫。けっこう寒さにも強くて半耐寒性多年草というのが適当かな。抽水状態でも浮き葉状態でも、無暖房の室内で越冬できました。0℃までは大丈夫みたい。葉は枯れますが、株は生き残り春に新葉を展開するの。

斑入りホテイアオイ2011-06-28.jpg

斑入りホテイアオイ2011-06-28-2.jpg

1・2枚目は2011/06/28で、越冬に成功して白斑が不規則に入った葉が復活。気温の上昇とともに急成長してバケツからあふれ出します。肉厚の葉は濃い緑色で光沢あり。葉の基部から紫黒色で細かい根毛が多数あるひげ根が水中に垂れます。この涼しげなブラシ状の根を楽しむのなら浮き葉状態にします。

斑入りホテイアオイ2011-08-01.jpg

最後は2011/08/01で、花茎の先に総状花序を付け淡紫色のお花を5〜20個咲かせていました。「花径約5cmの6弁花で、上方内花被片は淡紫色の中央が濃青色でその中に黄斑がある。6本ある雄しべの内3本は花糸が長く雌しべより外に突き出ている」曇りの日で花色がパッとしませんが、一日花なのでとりあえず撮影。抽水栽培で水切れにすることもあるのですが何とか咲いてくれました。美しいお花ですね。アレロパシーもあり在来の水生植物を圧倒するから、敷地の外へ逃げ出さないようにしなくては。←←←ここまでが過去記事でした〜。

ホテイアオイ(Eichhornia crassipes)は容器にお水を張って浮かべるだけなので、夏に日の当たる屋外で育てるのは簡単です。そして、お花は涼しげで夏向き。「花被片は6枚で薄い紫色。上の1枚は中央が青みがかり中心に黄色の班、花脈がはっきり見える。おしべは6本で繊毛が密生する花糸は白〜薄い紫色、葯は濃い青紫色。3本はめしべより長く、3本はごく短い。めしべは1本で白、花柱は繊毛が密生し、柱頭は細かく避けて少し膨らむ」

ただ、日照や肥料が不足なのか、花茎を立ち上げて総状花序に豪華に咲く♪という経験はなし。生育環境が良ければ1株が1m以上に育つそうです。バケツや洗面器では限界があるのかな。今年の夏も屋外の洗面器で開花しましたが、花序はショボショボ。冬の室内管理は腰に負担なので処分します。お花の解剖写真を撮っておくべきだったな〜。

アフリカナガバモウセンゴケ=ドロセラ・カペンシス・アルバ

ドロセラ・カペンシス・アルバ(Drosera capensis alba)は、アフリカナガバモウセンゴケの名前で流通している食虫植物の白花。ドロセラ・カペンシスには桃花もあって、両方の種を蒔いたのですが白花だけが発芽しました。基本通りにミズゴケを使った鉢植えにして腰水栽培。「捕虫葉は黄緑色、葉柄の先の葉身に腺毛が密生し、腺毛の先端に粘液が分泌される」過去記事の画像の腺毛は白っぽいけれど、普通は赤でもっと美しいの(汗)。「属名のDroseraはラテン語で「露の多い」という意味で、腺毛から粘液を露のように出すことにちなむ」そうです。

ここからは「2011-09-20 アフリカナガバモウセンゴケの発芽率 ドロセラ・カペンシス・アルバの開花」の転載です〜。→→→モウセンゴケの仲間で一番出回っているのは育てやすく殖やしやすいアフリカナガバモウセンゴケだと思う。2009年の秋に頂き物の種子を蒔いて2010/02の上旬に発芽。全く同じ条件なのに白花は発芽率よし、桃花は発芽ゼロorz この差はなんなのだろう(笑)。

「ドロセラ・カペンシス・アルバ(Drosera capensis alba)、モウセンゴケ科モウセンゴケ属、半耐寒性常緑多年草、南アフリカ原産、草丈は30cmくらい、花期は夏〜秋」花色は白とピンク、葉の幅が広いブロードリーフと狭いナローリーフがあるみたい。ヘラ状の捕虫葉の長さは6cmくらいだから、草丈は花茎の高さかな。捕虫葉の先の方には粘液を分泌した多数の赤い腺毛があり、これで昆虫などを絡め取る食虫植物です。

アフリカナガバモウセンゴケは冬芽をつくらないので、冬は室内管理が無難です。ただ、耐寒温度は−5℃程度はあり少しくらいの凍結で枯死することはないそうです。意外と寒さには強いのでした。水ゴケに植えて日向で腰水栽培します。夏の西日は避けたほうがよいのでしょうが、暑さにもけっこう耐えられる。日照不足だと徒長するので、生育期は日に当てたほうが丈夫に育つみたい。枯れたと思っても、暑さ寒さが収まれば株元に子株ができて復活するのだとか。1つの株から何本か立ち上げる花茎の先で一日花が年に何回か咲きます。時間はかかりますが実生でも殖やせる。葉挿しや根伏せでも繁殖可能ですが、子株を株分けするのが簡単かな。

ドロセラ・カペンシス・アルバ2010-04-13.jpg

ドロセラ・カペンシス・アルバ2010-09-26.jpg

ドロセラ・カペンシス・アルバ2011-02-27.jpg

ドロセラ・カペンシス・アルバ2011-05-09.jpg

1枚目は2010/04/13で、発芽から2ヶ月ほどして小さな捕虫葉もそれらしくなってきたw 2枚目は2010/09/26で、春〜秋は屋外の直射日光下で放置。長さは3〜4cmですが葉の数はたくさんになっている。3枚目は2011/02/27で、緑だった葉が黄緑色になっていますが無暖房の室内だと常緑で越冬。4枚目は2011/05/09で、今年も屋外に放置して腺毛には小昆虫がいくつもくっついています。6cmほどになった捕虫葉はクルンと丸まっているものもあり。

ドロセラ・カペンシス・アルバ2011-07-14.jpg

ドロセラ・カペンシス・アルバ2011-07-23.jpg

で、気がついたら花茎が多数立ち上がってすでに咲き終わっていた(汗)。「長い花茎を伸ばして集散花序をつけ、花径1cmほどのピンクか白の5弁花を咲かせる」5・6枚目は2011/07/14と07/23で、夏も休眠せずにポツポツ咲き続けるのだけれど…。どれもまともに咲かないの。かろうじて雄しべの黄色い葯が確認できるかも。午後だから萎みかけているというよりも、空中湿度が低くて開ききらないのでしょう。来年はひと工夫が必要ですね。←←←ここまでが過去記事でした〜。

アフリカナガバモウセンゴケの白花=ドロセラ・カペンシス・アルバ(Drosera capensis alba)は、そこそこ耐寒性もあって育てやすかった。花期には白い繊毛に覆われた細長い花茎を立ち上げ、花径1cmくらいの白の5弁花を集散花序につけます。「おしべは5本で花糸は白、葯は黄色。めしべは半透明で長め、2分岐する花柱が3セットで6分岐する」過去記事の画像ではシベの様子は全くわからないorz 屋外栽培では空中湿度が不足して綺麗に開き切らないのだとか。数年楽しめましたが、小さいのでいつの間にか行方不明(涙)。解剖して、めしべの様子を確認したかったな〜。

関連記事「アフリカナガバモウセンゴケの種まき
ドロセラ・アデラエは入門種だけれど…

オオフサモの白花が見たかった…

オオフサモ2013-06-16.jpg

オオフサモ(Myriophyllum aquaticum)は除草剤が効かず切れ端からでも新しい個体を再生できるので、特定外来生物に指定されています。冬は水中で休眠していますが、気温が上がってくると太い茎が水中を這って殖え広がるの。輪生する羽状に細かく裂けた水中葉は緑白色で涼しげ、アクアリウムで人気があります。水上に立ち上げた茎につく水上葉は緑色が濃くなってワイルドな印象。南米原産で暖かい気候を好みますが、耐寒性もあります。群馬では屋外のトロフネに放置して、問題なく越冬できました。

ここからは「2011-10-22 パロットフェザーは特定外来生物なのね オオフサモの繁殖力」の転載です〜。→→→オオフサモの自生地はアマゾン川流域ですが、今では北米、南欧、アフリカ、アジア、豪州に分布しているそうです。除草剤が効きにくい、切断された茎葉からも再生するなど強健で繁殖力旺盛。日本にも帰化していて、日本の侵略的外来種ワースト100となって特定外来生物に指定されています。現在は外来生物法により栽培・販売・譲渡は禁止ですが、かつては熱帯魚屋さんで普通に売られていた。ケロもパロットフェザー(Parrot's Feather)をアクアリウムで育てたことがあります。羽状に細かく裂けた水中葉は美しいのだけれど、本来は抽水植物なので沈水状態を保つのは難しかったな。「オオフサモ(Myriophyllum aquaticum)、アリノトウグサ科フサモ属、耐寒性多年草、抽水〜沈水植物、原産地はブラジル、茎の長さは1m以上、花期は6月」

「水質浄化能力が高いのでビオトープに利用されたりした。成長力・増殖力が非常に高く、繁茂した群生が水路の水流を妨げる、水面を覆い尽くして他の在来植物を駆逐する、冬に地上部分が枯死して水質悪化をもたらすなどの被害が発生する」のだとか。原産地は熱帯なのに耐寒性もあって、北海道にも帰化しています。九州などの暖地なら常緑で、寒冷地なら地上部を枯らして根茎で越冬するみたい。「冬期は越冬芽は形成せず、茎下部の葉を落とした小型な草体となって沈水状態で越冬していることが多い」枯れたように見えて、早春には芽を出すのでした。

オオフサモ2011-07-05.jpg

オオフサモ2011-07-27.jpg

「雌雄異株。日本では雌株のみで種子は作らず、栄養繁殖が旺盛で地下茎で繁殖する。日本では殖芽を作らない」赤みを帯びた太さ5mmくらいの円柱状の茎が分岐しながら匍匐して殖え広がる。節から発根し、水上に30cmほど茎を立ち上げます。気中葉は「緑白色で羽状に裂け5〜6枚輪生する」細かく切れ込んだ葉は観賞価値あり。この葉の葉腋に円筒状の雌花をつけるらしい。花弁はなく、白い毛が生えている柱頭が目立つ地味なお花のようです。実物を見てみたいな。画像は2011/07/05と07/27で、どこかで見かけたオオフサモらしき水生植物。う〜ん、丈夫そう(笑)。群馬なら楽に冬越しできるでしょう。水中葉に比べると気中葉はやや固めの感触ですが、涼しげでよい感じ。屋外のビオトープなら手間なしで爆殖しそう。元気すぎて迫害されるのは不憫な気もする。ま、在来植物の保護は必要ですけれども。←←←ここまでが過去記事でした〜。

オオフサモ(Myriophyllum aquaticum)は水上葉の葉腋に小さな白花をつけます。画像検索すると、白い毛が密生する柱頭が4分岐しているみたい。花と言っても花弁はなく、ごく地味です(笑)。葉の付け根の茎に、白い糸くずが絡まって輪状に並んでいるような見た目なの。トロフネビオトープは環境がもうひとつだったのか、暴れるほど繁殖せず開花も確認できませんでした。お花の画像をアップしたかったのにな〜。

ハンゲショウの花序

ハンゲショウ2011--07-02-2.jpg

ハンゲショウ(Saururus chinensis)は、茎の先端の数枚の葉が部分的に白くなります。花序に近い葉だけが花期に変化しますが、苞(花や花序の基部にあって蕾を包む葉)ではなく葉だそうです。葉の付け根から花茎を伸ばし多数の小さな白花を総状花序に付けます。過去記事では穂状花序と書いたけれど、画像検索すると花軸に短い花柄で小花がついているので総状花序のように見えます。

「属名のSaururusはギリシア語で「トカゲの尾」を意味し、細長い花序の様子に由来する」そうです。「花軸や花柄は白で細かい毛に覆われる。花弁や萼はなく、めしべは1本で花柱は白、4裂して反る柱頭は黄緑色。おしべは6本で花糸も葯も白」ひとつひとつの白花は地味かな〜。

ここからは「2011-07-13 白斑がもうひとつのカタシログサ ハンゲショウの開花」の転載です〜。→→→「暦の上の半夏生(7月1or2日)の頃に花を咲かせるから、葉の一部を残して白く変化するから半化粧、花期が生薬の半夏となるカラスビシャクと重なるから」など語源には諸説あるみたい。葉の片面(表面)だけが白くなるのでカタシログサとも呼ばれ、これが分かりやすいかな。

「ハンゲショウ(Saururus chinensis)、ドクダミ科ハンゲショウ属、耐寒性多年草、草丈は50〜100cm、花期は6〜8月」日の当たる湿地に自生し、匍匐する根茎が横に広がって直立する茎を立ち上げ群落を形成するそうです。病害虫は特になく、乾燥にもけっこう耐えます。繁殖は株分けですが、地植えにすれば勝手に殖えていきますw

ハンゲショウ2009-06-26.jpg

ハンゲショウ2010-07-04.jpg

1枚目は2009/06/26で、鉢に仮植えした頂き物の小苗です。腰水栽培にしていたけれど、丈夫そうなので地植えにしました。2枚目は2010/07/04で、問題なく根付いたのですが…。互生する耳のある卵型の葉は葉脈が走って涼しげだけど、虫に食われてボロボロになりましたorz 1〜2年目は殖えることもなく何とか生き残っている感じで、葉が白くもならなかったと思う。

ハンゲショウ2011--07-02.jpg

3・4枚目は2011/07/02で、葉の付け根から長さ10〜15cmの穂状花序を付けました。「多数の小さな両性花に花弁はなく、雄しべは6〜7個。3〜5個の心皮からなる子房がある。咲き始めの花序は下垂しており、花が下から咲き上がるにつれて直立するようになる」花序の近くの葉の表面は葉緑素が抜けるために白く変化するのですね。花期にはドクダミに似た苦味のある匂いがします。来年はもっと大株に育つことでしょう。←←←ここまでが過去記事でした〜。

ハンゲショウ(Saururus chinensis)は明るい湿地に自生する湿生植物で、環境さえ合えば地下茎で殖えて群落を形成するはず。地植えで数年楽しみましたが、ぎっくり腰で水やりを放棄した時期に消滅orz ただ、それまでもあまり成長しておらず、水分が不足していたのかもしれません。葉の白斑もはっきりとでなかったから、日照も足りなかったのかな。お花の拡大写真を撮っておくべきでした…。

関連記事「ハンゲショウはカタシログサ♪

ハエトリグサは育てやすい食虫植物のはずだけど…

ハエトリソウ2011-09-06-2.jpg

ディオネア・マスキプラ(Dionaea muscipula)の和名はハエトリグサ、ハエトリソウやハエジゴクなどの別名もあります。種小名のmuscipulaは「蝿取り器」を意味するそうです。「自生地は北米東沿岸部の一部地域に限られ、ワシントン条約で球根の輸出入は全面的に禁止されている。しかし、以前に流出した株を栽培業者が繁殖させ、最近では組織培養技術を用いた大量栽培が可能になった」ホームセンターで安く売られていることもあります。

「花期には伸ばした花茎の先に白の5弁花を数輪、散形花序につける。おしべは10数本で花糸も葯も白。めしべは1本で花柱は薄い緑色、柱頭は白。雄性先熟でおしべが枯れはじめてから、柱頭が裂けるように開く」画像検索すると、夏向きの涼し気な白花です。食虫植物マニアの方は、実生でもハエトリグサを増やしているみたい。

ここからは「2011-09-19 最もポピュラーな食虫植物 ハエトリソウの夏越し」の転載です〜。→→→今日も32℃と蒸し暑い。そろそろ秋植え球根を植えたいのだけれど、この気温だと腐るかも。と思っていたら夏植え球根のサフランの根が伸びてきたので、待ったなしで植えつけました。サラセニアは1年中屋外放置で元気です。真夏も腰水栽培で直射日光下に置きっぱなしだけど、高温多湿に負けずに大株に育っています。

しかし、食虫植物には暑さが苦手なものも多く、ハエトリソウもそのひとつ。「ハエトリソウ(Dionaea muscipula)、モウセンゴケ科ディオネア属、半耐寒性多年草、北米原産、草丈は5〜10cm、花期は5〜6月」学名をカタカナ読みするとディオネア、英名はVenus Flytrap(ビーナス・フライトラップ)で2枚の捕虫葉の縁の棘を女神の睫に例えたのだとか。ハエトリグサとかハエジゴクとも呼ばれます。ビジュアルな可動式の罠なので人気が高いのでした。

横に這う短い茎に、2枚合わせのような形で多数の捕虫葉をロゼット状に付けます。縁に棘が生えている捕虫葉の内側は赤みを帯びていて、蜜が分泌されて昆虫を呼び込む。そこにある左右3本ずつの感覚毛に2回or2本以上同時に昆虫などが触れると0.5秒で葉を閉じるそうです。葉の開閉にはエネルギーを使うので、誤作動を防ぐしくみになっているらしい。

「葉の内側で捕まえた獲物を押しつぶし、葉から分泌される消化液で10日ほどかけて獲物を溶かし養分を吸収する。葉は再び開いて獲物を待つが、一枚の葉が捕らえる回数は2〜3回くらい」光合成で育ちますから捕虫は必要条件ではなく、面白がって葉の開閉を繰り返させると消耗して枯れます。チーズが好きらしいけれど、自然に任せて放置してあげた方が無難みたい。

湿生植物なので水切れを防ぐために、水ゴケに植えて腰水栽培にします。春や秋は日に当てて丈夫に育てる、夏は暑さを避けて半日陰で潅水。温帯に分布しているので日本の高温多湿の夏を乗り切れるかがポイントだそうです。西日や雨が当たらない場所に置いてあげました。冬は葉の成長が止まって冬芽で過ごすので、0〜5℃で休眠させた方がよいとあります。軒下か無暖房の室内で管理するとよいのでしょうね。

花期に30cmくらいに伸ばした花茎の先に白花をいくつか付けるはず。繁殖は実生も可能ですがある程度のサイズに育てるには時間がかかる&開花で株が弱るそうです。「葉の付け根は肥大し地下茎とともに鱗茎型の球根を形成し、毎年球根の数が2〜3倍に殖える」水ゴケは腐りやすいので毎年2〜3月に植え替えますが、この時期に球根を株分けするのが簡単みたい。

ハエトリソウ2011-09-06.jpg

「ハエトリソウは1属1種で他に近縁の種類も亜種や変種もなく交配種もできない。しかし、組織培養中の突然変異で作られた赤色系や捕虫葉の形が面白い物など多くの品種が作られている」確かに検索するとたくさんの園芸品種?がヒットします。捕虫葉が大きくて赤が強くできている品種が人気です。画像は2011/09/06で、捕虫葉の内側が赤みがかっていない。こういう品種なのかな?状態が悪いのかな?

週の後半は涼しくなる予報なので、どうやら夏越しに成功しました。ヤフオクで落札してきた株がしっかりしていたからです。この後、枯らしたり小型化したりしないように育てられるとよいな。カエルさんをくわえ込んで消化できずに共倒れで葉も枯れた画像がアップされていました。これは絶対に避けたい(汗)。←←←ここまでが過去記事でした〜。

ディオネア・マスキプラ(Dionaea muscipula)=ハエトリグサは日本の気候と相性がよく、関東以西なら年間を通して屋外栽培可能なはず。夏の高温はなんとか乗り切った。冬は鉢植えを腰水栽培で無暖房の室内管理。地上部分を枯らして球根で休眠していたように思う。−5℃くらいまでの寒さは問題ないはず。でも、いつの間にか消えちゃったorz 無暖房でも日中は気温が上がるから休眠が中途半端で消耗したのかな?う〜ん、初心者向きと言われるハエトリグサですが、ケロはあっさり失敗…。白花を確認したかったな〜。

関連記事「サラセニアはヘイシソウ♪

ボックセージ=サルビア・ウルギノーサの唇形花

サルビア・ウルギノーサ2010-08-07.jpg

サルビア・ウルギノーサ(Salvia uliginosa)の英名はボッグセージ(bog sage)で、bogは湿地・沼地を意味するそうです。明るい湿地に育つ湿生植物ですが、強く乾燥しない場所なら地植えも可能。段々になって輪生する唇形花を総状花序につけます。過去記事の画像では花柄がない穂状花序に見えますが、短い花柄があるのかな〜。白とライトブルーの配色が涼しげで夏向きのお花なの。

ここからは「2010-08-10 ボックセージは徒長しやすいの? サルビア・ウルギノーサの開花」の転載です〜。→→→高温続きで水生植物もバテバテですが、ボックセージは初夏の頃からジミにお花を付けています。学名をカタカナ読みするとサルビア・ウルギノーサですが、英名のボックセージとして流通しています。「サルビア・ウルギノーサ(Salvia uliginosa)、シソ科科サルビア(アキギリ)属、耐寒性多年草、南米原産、草丈は70〜150cm、花期は6〜11月」耐寒温度は−10℃とあって、群馬では防寒なしで地植えで越冬可能。

ある程度の耐陰性もありますが、徒長するので水はけのよい日向で育てます。背丈が高い上に、茎は細長く伸びるので倒伏しがちで支柱が必要かもです。折れはしませんが、真っ直ぐに立つ力は弱いの。冬に地上部分が枯れるので地際で刈り取っておくと、春に新芽が伸び出します。この時期に低い位置で摘心して分岐させた方がよいみたい。耐寒性に加えて高温多湿にも強く、病害虫も特にありません。湿地に自生するので極端な乾燥は嫌いますが、地植えにすればほとんど手間なしです。休眠期の冬はカラカラに乾燥していたはずですが、問題なく冬越しできました。

サルビア・ウルギノーサ2009-05-01.jpg

サルビア・ウルギノーサ2009-06-14.jpg

花期は6〜11月と長く、明るいスカイブルーの花色が特徴です。お花の中心部には蜂を誘う密標の白い模様があります。気温が下がるとさらに青が色濃くなるのだとか。小花が下のほうからまばらに咲きあがってくるのですが、栽培環境が合っていないのか花つきは寂しいかな。繁殖は挿し木や株分けができますが、地植えならば地下茎で自然に殖え広がります。葉と茎には独特の香りがあって、ハーブとしての効能(強壮、殺菌など)もあるようです。ハーブティーには使われないみたいですね。1枚目は2009/05/01で、頂き物の小苗を地植えにしました。2枚目は2009/06/14で、草丈は50cmほどと順調に成長中。鋸歯のある細長い楕円形の葉が対生しています。

サルビア・ウルギノーサ2009-07-18.jpg

サルビア・ウルギノーサ2009-07-26.jpg

3枚目は2009/07/18と07/26で、1年目から開花中♪総状花序の花穂が下から咲き上がっていきます。唇形花は筒の根本の方が白で、先の方が青です。最後は2010/08/07で、冬を乗り切って梅雨時に急成長しました。下唇の中央に密標の白い模様が見えます。上唇には細かい毛も生えていますね。地下茎を伸ばして、ジワジワと勢力範囲を拡大中(笑)。

ここからは「2011-08-16 ボックセージは高温多湿に強い湿生植物 サルビア・ウルギノーサも強健♪」の転載です〜。→→→水生&湿生植物にも涼しい気候が好きで夏バテ気味のものもありますorz そんな中でサルビア・ウルギノーサは傷みはなく地味に開花中。暑さにも寒さにも強くて、地植えにすれば手間なしです。湿地(ボック)に自生しており強い乾燥を嫌うとありますが、根付いてしまえばけっこう乾きにも耐えられる。

「サルビア・ウルギノーサ(Salvia uliginosa)、シソ科科サルビア(アキギリ)属、耐寒性多年草、南米原産、英名はボックセージ、草丈は70〜150cm、花期は6〜11月」半日陰に植えたので徒長していますが、長い間たくさんのお花をつけてくれるの。ただ、茎は細長く伸びて倒伏しがちなので支柱が必要です。冬に地上部分が枯れたら地際で刈り取る→耐寒温度は−10℃で防寒なしの屋外越冬可能→春に新芽が伸び出す→低い位置で摘心して分岐を促す、そんな生育パターンかな。

病害虫は特になく、多肥は不要。徒長を防ぐには日照、水はけ、通風のよい場所に植えます。繁殖は実生、挿し木、株分けなどによりますが、地植えならば地下茎で勝手に殖え広がるw 当初は花付きが悪く貧弱な株でしたが、年々大株になりお花も長期に渡って多数咲くようになりました。細い茎に鋸歯のある細長い楕円形の葉が対生します。

サルビア・ウルギノーサ2010-09-19.jpg

サルビア・ウルギノーサ2011-07-17.jpg

画像は2010/09/19と2011/07/27で、総状花序の花穂が下からまばらに咲き上がってくる。「唇形花は筒の根本の方が白、先の方が明るいスカイブルーで、気温が下がるとさらに青が色濃くなる。下唇の中央には密標の白い模様が見える」花弁の外側にも細かい毛が生えていますね。鮮やかなブルーに白い模様のコントラストが美しい。強健で枯れる心配がないのもうれしいな。←←←ここまでが過去記事でした〜。

サルビア・ウルギノーサ(Salvia uliginosa)=ボッグセージ(bog sage)は暑さ・寒さに強く、地植えの放任で数年お花を楽しめました。けれども、腰を痛めて水やりを全くしなかった時期に消滅orz 強健で乾燥にもある程度は耐えますが、高温の真夏にはお水をあげた方がいいみたい。丈夫だから根付いたら植えっぱなしでOK♪と油断したのが敗因でした…。

関連記事「ボックセージはサルビア・ウルギノーサ
クラリセージ=サルビア・スクラレア=オニサルビア

赤花キカシグサ=ロタラ・インジカなのかな?

ロタラ・インジカ(Rotala indica)は、入門用の水草として熱帯魚屋さんでよく売られています。ケロも何度か育てているはずだけど、ほとんど記憶がありません。貧乏な学生時代だったので、二酸化酸素添加装置などはなくライトの光も不足だったはず。いつの間にか消えては買い足していたのだと思う(笑)。トロフネビオトープに凝りだした頃、小さな赤花を葉の脇にたくさんつけて賑やかに咲く赤花キカシグサの画像が目につきました。抽水栽培なら育てやすいだろうと思ったのですが…。

ここからは「2011-10-26 キカシグサの赤花が見たい ロタラ・インジカの水上葉」の転載です〜。→→→学生時代に熱帯魚屋さんでアルバイトをしていた頃、ロタラ○○という水草はいろいろ育てましたが…。正確な名前は思い出せないw ロタラ・インジカはCO2無添加でも育てられる赤系水草の入門種だから、たぶん扱ったことがあるはず。和名はキカシグサで、田んぼに自生している抽水植物です。

「ロタラ・インジカ(Rotala indica)、ミソハギ科キカシグサ属、1年草、草丈は10〜15cm、花期は8〜11月」お店で売られているのは東南アジアからの輸入物でしょうが、北海道南西部〜沖縄に自生してます。稲の伝来と共に渡来した史前帰化植物なのだとか。田んぼに生えているキカシグサ(Rotala indica var.uliginosa)がアクアリウムのロタラ・インジカと全く同一かはわからない。変種がいろいろあるのかも。和名の語源は「果実がシラミ(古語でキサシorキカジ)の卵に似ていること」だそうです。シラミの卵って肉眼で見えるのかな?

水中でも育ちますが、普通は抽水状態になる湿生植物です。茎は直立する→伸びると基部から倒れ込んで横に這う→節から発根して分枝する、このパターンを繰り返して殖え広がります。「茎は細く赤味を帯び、水上葉は長さ5〜10mm・幅3〜5mm位の卵形で黄緑色。初秋の頃から赤味が強くなる」1枚目は2011/07/13で、全縁の水上葉は葉柄は無く光沢がある。あまり分岐しません。茎や葉の裏はピンク色です。2枚目は2011/08/08で、屋外のトロフネで元気に成長中。葉の艶もよくなってきたのですが…。繁殖力旺盛で基部から匍匐茎を四方に伸ばすはずなのだけれど、殖え方がもうひとつだたの。植えつけずに水面に浮かべて放置したのがよくなかったのかな(汗)。

ロタラ・インジカ2011-07-13.jpg

ロタラ・インジカ2011-08-08.jpg

「8月後半〜11月にかけて葉腋に1個づつ無柄で淡紅色の花をつける。4枚の花弁は倒卵形鋭頭で非常に小さく、鋭尖頭の4つの萼片の間に付く。雄しべ4、雌しべ1、柱頭は紅色。淡黄色で楕円形の種子をつける」検索して拡大画像をチェックすると、とても小さくてラブリーなお花です。ちなみに、同属で楕円形の水上葉がよく似ているロタラ・ロトゥンディフォリア(Rotala rotundifolia)の花は茎項部に穂状に咲くことで区別できるみたい。

で、開花を楽しみにしていたのですが、お花が咲かずに秋になってしまいました…。1年草ですから未開花で種子ができなければジ・エンドorz 水田雑草=多年草という思い込みがあって、10月初めの寒波の時に大事をとって室内に取り込んだの。明るい窓辺に置いているけど、光量不足なのかお花は咲いてくれなかった。屋外に出しっぱなしの方がよかったのかも。

有茎水草は徒長したらカットして挿し芽で更新していたから、1年草か多年草かを意識していなかった。国産ロタラは沈水葉を展開しにくい抽水型一年草で育てにくいそうです。輸入ものロタラは水温さえ維持すれば多年草なのかな?ロタラ・インジカの名前でゲットしてきたのですが、詳しい品種などは不明。とりあえず室内の加温トロフネに放り込んで様子を見よう。越冬できたらラッキーなのだけれども。←←←ここまでが過去記事でした〜。

アクアリウム用の水草は海外から輸入されており、ロタラの名前で流通している植物にもいろいろな品種が混じっているのだと思います。検索すると白花や黄花が咲くものもあるみたい。ケロがヤフオクでゲットしてきた品種不明のロタラが1年草のキカシグサ(Rotala indica var.uliginosa)かはわからないまんま。室内に取り込んでギリギリ冬越しできたように記憶していますが、お花を見ることなくフェードアウトorz 屋外のトロフネで直射日光に当てても繁殖力はパッとしませんでした。お花を確認したかったな〜。

フィランサス・フルイタンスは葉色が美しい♪

フィランサス・フルイタンス2011-08-11.jpg

フィランサス・フルイタンス(Phyllanthus fluitans)は、丸っこい葉の色が微妙に変化する様子が楽しめる浮草です。成長点からしわの寄った小さな葉を展開して、互生する葉を殖やしていくの。生育環境によるのでしょうが、水面を覆い尽くすような繁殖力はないみたい。とてもかわいらしい印象で、高温と強い日差しを好むので夏のビオトープにお勧めです。

ここからは「2011-10-21 真っ赤に染まる浮き草 フィランサス・フルイタンスは非耐寒性」の転載です〜。→→→浮き草には生育条件に合えば爆殖するものが多いのですが、フィランサス・フルイタンスはおとなしめな感あり。「フィランサス・フルイタンス(Phyllanthus fluitans)、トウダイグサ科コミカンソウ属、非耐寒性多年草、浮遊性水生植物、南米〜中南米原産、葉の直径は2cm前後」ビオトープ向きの水生植物としてヤフオクでゲットしてきたもののひとつ。

互生する丸っこい葉は、無柄で直径2cmくらい。中心から縁に向かう葉脈部分がへこみ、葉脈周辺が盛り上がって見える。高温、強光を好み、光量が増すと赤みが強くなります。ライトグリーン→黄色→オリーブ色→赤と変化するのですね。茎はもろく、そっと扱わないとバラバラになってしまいます。爆発的に殖えない、根の伸び方も適度とコントロールしやすい。ただ、耐寒性がないので秋に気温が下がり始めたら室内に取り込んで加温が必要。

フィランサス・フルイタンス2011-07-13.jpg

フィランサス・フルイタンス2011-08-08.jpg

フィランサス・フルイタンス2011-08-17.jpg

フィランサス・フルイタンス2011-09-06.jpg

1枚目は2011/07/13で、当初はボケた黄緑色でパッとしなかった。2・3枚目は2011/08/08と08/11と08/17で、水温上昇とともに復活。午前中に日が当たる屋外のトロフネに浮かべてあります。新葉を伸ばしながら成長し、葉の表面の凹凸もハッキリしてきました。最後は2011/09/06で、光がやや不足かもしれないけれど適度に色付いています。

この後、最低気温が20℃をきると成長は衰え、15℃を下回ると葉が傷みだしました。半耐寒性ではなく非耐寒性のようです。10月に室内の明るい窓辺に移動。そろそろサーモ付きヒーターをセットした2階のトロフネに移さなくては。寒さを避けるために、加温トロフネは窓から離してあるの。強い光が必要なフィランサス・フルイタンスは、弱光下では消えてしまうでしょう。押入れに押込んである水草水槽用のライトも出して来なくっちゃ。全体で10cmほどの小さな株なので、春まで生き残ることができるかは微妙…。←←←ここまでが過去記事でした〜。

フィランサス・フルイタンス(Phyllanthus fluitans)は屋外の直射日光下での栽培がベターです。でも、耐寒性がないので、気温の低い時期は室内の水槽に取り込んで加温して冬越しさせる必要があります。アフリカツメガエルがいた頃は、二階の部屋のオートヒーターを投入したトロフネに浮かべていました。窓際に置きましたが、室内の弱い光で矮小化しギリギリで冬を乗り切っていたかな。電気代が高かった(笑)。オートヒーターなしの無暖房の室内越冬は無理で消滅orz フィランサス・フルイタンスは、夏に屋外のビオトープ&冬は熱帯魚水槽といった管理がよいのでしょう。

関連記事「ヒシの白花はちょっと地味

ミズトクサは抽水栽培したほうがよいかも…

ミズトクサ(Equisetum fluviatile)は黄緑色の茎が直立し、節で短い枝を出してまばらに分岐します。地植えにすると草丈は1mくらいになりますが、茎の直径が3〜7mmと細いのでそれほど光を遮らないの。「属名のEquisetumは馬の刺毛を表す言葉に由来し、種小名のfluviatileは河辺を意味する」そうです。水辺に生える馬の毛のような見た目の植物っていう意味かな。

鉢植えにして抽水栽培か、池に株元が水に浸る程度に浅く植えます。冬に地上部分は消えますが、寒さに強いので屋外で栽培可能。地下茎で横に広がるので、株が込み合ってきたら春に株分け。肥料や日照を好むようですが、丈夫で育て易いといわれています。水切れにさえ注意すれば、手間なしで育てられるはずなのですが…。
 
ここからは「2011-06-14 水陸両用の水生植物 ミズトクサも地植えにできる」の転載です〜。→→→アマガエル君が元気です。とおり雨が降るときにはレインコール、夜は灯りに集まる昆虫狙いで窓ガラスにへばりついています。水生&湿生植物の栽培に思わず力が入ってしまうw

トクサ(Equisetum hyemale)の仲間にはヒメトクサ(Equisetum variegatum)やオオトクサ(Equisetum prealtum)などがあります。いずれも地下茎で横に広がり、あちこちから茎が伸びだして群生します。葉は節の部分で鞘状に退化し、ほとんど分岐しない茎の表面はざらついている。茎に珪酸を多量に含み木材や金属の研磨に使う「砥ぐ草」というのが語源です。ヒメトクサはやや水切れに弱い、トクサやオオトクサは乾燥にも耐える、といった違いはあるけれど、いずれも強健な湿生植物です。この3者はサイズに差がありますが、ほとんど分岐しない節のある茎という外観は似ています。

これに対してミズトクサはより水を欲しがる、茎に分岐があるなどの違いがあるの。「ミズトクサ(Equisetum fluviatile)、トクサ科トクサ属、耐寒性多年草、水生植物、草丈は60〜80cm」花期は…シダ植物のため花は咲かないのでした(笑)。草丈は栽培環境に左右されます。北半球の温帯北部に分布するそうで、日本では中部以北に自生するらしい。涼しい気候が向いているのでしょうね。耐寒性は強く、冬に地上部分は消えますが翌春に復活します。浅水中や湿地に生育する抽水植物ですが、腰水栽培でも地植えでもOK。3〜10月の生育期は屋外で日に当てて育てます。繁殖は株分けで、適期は3〜5月。直径3〜7mmとトクサよりも細い茎は柔らかい質感ですが、意外と丈夫で強風にも倒伏しません。

ミズトクサ2011-06-03.jpg

ミズトクサ2011-06-03-2.jpg

「ミズトクサの茎の内部は中空(ヒメトクサは中空なし)で、水を十分に含む泥土で抽水栽培する」画像は2011/06/03で、トロフネが満員なので春に地植えにして問題なく根付きました。「節から長い枝が輪生するものをミズスギナと言い、輪生する枝が短いものをミズトクサと言う」ん?ミソハギ科キカシグサ属のミズスギナ(Rotala hippuris)と紛らわしいから、この呼び方はどうなんだろう…。まだ草丈50cmほどの小苗ですが、来年は周辺に殖え広がることでしょう。注意点は水切れだけです。冬に水やりを忘れないようにしなくては。でも、休眠期なら、週に1〜2回の水やりでも大丈夫だと思うな。ま、ほんとのところは夏越し・冬越しが終わってみないとわかりません。楽観していたミズバショウやヒメカイウは行方不明ですし(汗)。←←←ここまで過去記事でした〜。

ミズトクサ(Equisetum fluviatile)は抽水か腰水で栽培する水生植物ですが、たぶん湿地なら地植えもできると思います。暴れまわるトクサ(Equisetum hyemale)を見ているので、深く考えずにミズトクサも地植えにしました。6月の段階では問題なく根付いたように見えたの。しか〜し、夏にあっさり消えましたorz

ミズトクサの原産地は「北海道〜中部以北の本州、朝鮮半島、中国北部、サハリン、シベリア、欧州、北米」とありますから、夏の暑さは苦手なのでしょう。ただ、暑さで地上部分が枯れても秋には復活したはず。ケロの敗因は、枯れたと思い込んで夏に水遣りを止めてしまったこと。いきなり、抽水栽培から地植えにしないで、1年間は生育サイクルを観察するべきでした。後悔先に立たず、覆水盆に返らず〜(涙)。

関連記事「ヒメトクサとミズトクサは違うのでした〜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。