2015~kero's garden-2カテゴリの記事一覧

マルバストラム・ラテリティウムのめしべは10裂?

マルバストラム・ラテリティウム2015-05-26.JPG

マルバストラム・ラテリティウム(Malvastrum lateritium)は暑さ・寒さに強い耐寒性多年草で、繁殖力旺盛なのでグラウンドカバーにも使えます。褐色の茎が横に這い、地面に接する部分で発根してさらに殖え広がります。多湿を嫌うそうですが、梅雨時にもあんまり弱った感じはしません。

茎は木質化して硬くなり、根は強く張るの。互生する粗い鋸歯のある掌状の葉には毛が密生し、除草する時に軍手に絡みつくし…。非常に強健で地植えにすれば完全に放任できますが、やや暴れるので殖えすぎないように管理したほうがよいのかも。

マルバストラム・ラテリティウム2015-05-25.JPG

マルバストラム・ラテリティウム2015-06-01.JPG

マルバストラム・ラテリティウム2015-05-26-3.JPG

このページの画像はすべて2015/05のマルバストラム・ラテリティウムです。蕾を包む黄緑色の萼は縁が赤茶色、白い粗毛が目立ちます。大き目の萼が5枚、小さめの萼が3枚あります。小さい方は副萼片かな。花は短命ですが大輪で多花性、葉脇に1輪ずつたくさん咲きます。

マルバストラム・ラテリティウム2015-05-26-2.JPG

マルバストラム・ラテリティウム2015-05-26-4.JPG

「先端が凹む幅のある花弁は5枚、付け根のほうから黄色→紅色→薄いピンク。おしべは多数、花糸は白、葯からは鮮やかな黄色の花粉が吹き零れる。葯の間から分岐しためしべがのぞき、付け根はピンクで先端は濃い赤。たぶんめしべは1本、花柱から分岐しているのか柱頭だけが分岐しているのかはよくわかりません」

そう過去記事に書きました。う〜ん、柱頭が10裂しているように見えますが、どうかな〜。花期は5〜7月なので今年の花は終わっています。来年、また地味に観察してみよう(笑)。

関連記事「マルバストラム・ラテリティウムの繁殖力って…
マルバストラム・ラテリティウムのめしべとおしべ

スズランとドイツスズラン?

スズラン2015-05-06.JPG

スズラン2015-05-06-2.JPG

スズラン(Convallaria majalis var. keiskei)はユリ科スズラン属の耐寒性多年草で在来種。ケロは道産子でして、子どもの頃は春に家族連れでスズラン狩りに行っていました。強い毒性をもつ有毒植物なので、切花にするときは取り扱いに注意が必要です。

スズラン2015-05-06-3.JPG

スズラン2015-05-06-4.JPG

スズラン2015-05-06-5.JPG

1〜5枚目は2015/05/06のスズランで、頂き物の株は半日陰で宿根化してくれました。北海道の方に送って頂いたので、夏越しできるか心配でした。が、思ったよりも暑さに強く、地下茎でジリジリと殖え広がりつつあります。

花茎は葉より短く、花は葉より下につきます。花柄の付け根には半透明の苞あり。釣鐘型の白花は花冠の縁が浅く6裂し、甘い香りがします。「子房は黄緑色。めしべは花柱も少し膨らむ柱頭も白。おしべは6本で花糸は白、葯は黄色」花糸の付け根はちょっと幅が広いかな。

ドイツスズラン2015-04-26.JPG

ドイツスズラン2015-04-27.JPG

で、6〜9枚目は欧州原産のドイツスズラン(Convallaria majalis var. majalis)だと思っていたのですが…。ドイツスズランなら「スズランより大型、花茎は葉より長く伸びる、花糸の付け根の周りがくすんだ赤紫色」といった特徴があるはず。

ドイツスズラン2015-04-27-2.JPG

ドイツスズラン2015-04-27-3.JPG

でも、花茎は葉より短くて、株は小型です。それは日向に植えちゃって、夏の暑さで弱るからだと思っていました。しかし、おしべの付け根付近は白で、くすんだ赤紫じゃない。

ええと、過去記事を読み返すと、購入した苗にドイツスズランと明記されていたわけではないみたいです(汗)。上の画像を見比べても、差は見当たりません。例によってケロの勘違いで、どちらもスズランなのかも(笑)。

関連記事「スズランはドイツスズランですか?
スズランもドイツスズランも半日陰向きかな

ラミウム・ガリオブドロンはシェードガーデン向きかも

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23.JPG

ラミウムの英名はデッドネットル(Dead nettle)で、ハーブとしてはこちらの名前の方が知られています。ラミウム・ガリオブドロン(Lamiastrum.galeobdolon)はその黄花種、ランナーでよく殖え花付きもいいの。半日陰に植えたのがよかったのかもしれません。

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04/23のラミウム・ガリオブドロンです。対生する葉は丸っこくて粗い鋸歯あり。白斑が入りますが、斑の入り方はいろいろです。葉脇の2つ集散花序が組み合わさって輪のような輪状集散花序になります。上から見ると、何段かに分かれて10個ほどの唇形花が輪状に並ぶ感じかな。

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23-5.JPG

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23-4.JPG

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23-3.JPG

「カップ状の萼は5裂。フード状の上唇は大きめで黄色、白くて細かい毛が目立つ。小さめの下唇も黄色で3裂し、中央の裂片には赤褐色の斑あり」下唇がポリネーター(花粉媒介者)のプラットホームとなるのだと思う。

ラミウム・ガリオブドロン2015-04-23-6.JPG

めしべと4本のおしべは上唇の内側に張り付いています。強引に引き剥がしてみますと…。「おしべの花糸は白〜薄いクリーム色、葯は黄色。めしべの花柱と2裂する柱頭は白〜薄いクリーム色」花糸の付け根にも白い毛がありました。

ラミウム・ガリオブドロンはランナーで横に広がり、けっこう繁殖力が強いです。ラミウムも丈夫なハーブ♪と言いたいところですが…。ラミウム・マクラータ(Lamium maculatum)の白花と桃花は行方不明orz う〜ん、消えちゃったのかな?

関連記事「ラミウム・ガリオブドロンの開花♪
ラミウム・マクラータの白花♪

ヘラオオバコはコスモポリタン雑草

ヘラオオバコ2015-05-18.JPG

ヘラオオバコ(Plantago lanceolata)は、「オオバコ科オオバコ属の耐寒性多年草。ヨーロッパ原産で世界中に分布するコスモポリタン雑草で、日本には江戸時代末期に侵入した帰化植物」お散歩コースの土手沿いの道端にたくさん生えています。

乾燥に強く発芽率もよいので爆殖して、要注意外来生物に指定されちゃってる。花粉症の原因植物にもなるそうです。一方で、「ハーブとして食用や薬用に利用され、家畜用飼料としても栽培されている」のだとか。「ヘラオオバコ」を参照させて頂きますと、葉物の山菜として使えるようです。クッキーに練り込むのがおいしそうです♪

ヘラオオバコ2015-05-18-2.JPG

細長い楕円形の根生葉をヘラにたとえたのが和名の由来。この葉を使ったドライのハーブティーには、咳止め効果があるといわれています。「角張った40〜60cmの花茎を立ち上げ、円柱〜円錐状の穂状花序をつける。雌性先熟で花は下から上へと咲き進む」花期の花はけっこう目立ちます。

ヘラオオバコ2015-05-18-3.JPG

ヘラオオバコ2015-05-18-4.JPG

「花序の上部は雌性期で、白い細かな毛に覆われた糸状のめしべが花冠から突き出す。蕾は背面に毛がある苞と萼に包まれる。萼は4個で半透明に黄緑色の筋は走り、上端はこげ茶色かな。苞は1個で萼とだいたい同じ色」4枚目の画像のピンボケの白い突起はめしべの柱頭ではなく、苞の先端の細長く延びた部分だったと思う(たぶん)。

ヘラオオバコ2015-05-18-5.JPG

ヘラオオバコ2015-05-18-6.JPG

「花序の下部は雌性期が終わりすでに雄性期で、筒状の花冠は先端が4裂し平開する。花冠は半透明で薄い褐色の筋が走る。おしべは4本、折りたたまれていた白の細い花糸が伸びて白〜クリーム色の葯が花冠の外に出る」

穂状花序の下部でおしべが横に突き出す時期の見た目がおもしろいの♪それを観察しようと、道端で種を採集してきました。コスモポリタン雑草と言われるだけあって、種をばら撒いた翌年にあっさり開花。ただ、一つ一つの花は小さくて、ケロの安いコンデジでは細かなつくりはわかりませんでした(汗)。来年以降も観察を続けたいな。

関連記事「ツボミオオバコの開いた花♪
ツボミオオバコには花冠を平開する花もある

フイリアマドコロかな

アマドコロ2015-04-26.JPG

アマドコロ2015-04-26-2.JPG

アマドコロ(Polygonatum odoratum)はキジカクシ科アマドコロ属の耐寒性多年草。同属のナルコユリ(Polygonatum falcatum)と花も葉も生える場所も似ていて紛らわしいw ケロがナルコユリだと思って買ってきた苗はアマドコロでした(汗)。地元の人が出品した商品名のない苗でしたので、成長するまでわからなかったの。

アマドコロは「花期が4〜5月。茎に6本の稜があり、茎の断面が角張る。花柄につく花は1〜2個ずつ。花柄と花筒基部の境に緑色の膨らみはない」一方のナルコユリは「花期が5〜6月。茎に稜はなく、茎の断面は丸い。花柄は花に近い位置で分岐し、花は2〜5個ずつ。花柄と花筒基部の境に緑色の膨らみがある」

アマドコロ2015-04-26-3.JPG

このページの画像はすべて2015/04/26のアマドコロです。「4月から開花し、花柄につく花は1〜2個ずつ、花柄と花筒基部の境に緑色の膨らみはなし」アマドコロと断定できそうです。くすんだ緑色に薄い赤褐色の混じる茎は、触ると筋が走っているように感じます。「カク(角)ドコロにマル(丸)コユリ」なのでした。

互生する緑色の葉の表は、縁がクリーム色です。フイリアマドコロ(Polygonatum odoratum var. variegatum)というのが正確かも。葉の脇から赤紫色の花柄を下垂させ、2分岐して鐘形の白花を1個ずつぶら下げます。花が1個の場合は花柄は分岐しません。花筒は長めで白、浅く6裂する先端部分が薄い黄緑色。

アマドコロ2015-04-27-2.JPG

アマドコロ2015-04-27-3.JPG

しべの様子がわからないので解剖しちゃいました。「膨らんだ薄い黄緑色の子房からめしべが伸びる。花柱もちょっと膨らむ柱頭も白。短めのおしべは6本で花糸は白、葯は黄色。花糸は途中まで花筒に癒着している」

和名の由来は「根茎がヤマノイモ科のトコロに似て甘味があるから」。根茎は滋養強壮効果のある生薬になるそうですから、アマドコロもハーブと言えるのかも。「アマドコロの根茎は硬くて甘みも少なく、おいしい山菜とはいえない」という評価もあります。お料理の仕方にひと工夫必要なのでしょう。

アマドコロ2015-04-28.JPG

地中には節くれだった根茎があり、1年に1節ずつ成長します。小苗がジリジリと横に殖え広がって、80cm四方を占領するようになりました。寿命の長い多年草で、爆殖はしませんが根茎による繁殖力も強いです。最後の画像は親株から5m以上離れた場所の子株です。こぼれ種から発芽した株なのかな?

関連記事「アマドコロかも?

アクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー' の繁殖力は?

オダマキ・ブラックソルジャー2015-04-26.JPG

アクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー' (Aquilegia viridiflora 'Chocolate Soldier')はこげ茶に近い黒紫の花色から、黒花オダマキとも呼ばれます。オダマキの他の品種に比べて、萼は小さめで横に広がらないため形状はやや地味です。

オダマキ・ブラックソルジャー2015-04-27-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04のアクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー'です。「萼は5枚でくすんだ緑〜紫。2回3出複葉の根出葉や小型の茎葉も萼と同色。花弁は5枚で筒状にまとまり、花弁の基部の細長い管状の距が萼の間から突き出す」花茎の途中についているのは苞かな?

オダマキ・ブラックソルジャー2015-04-27.JPG

オダマキ・ブラックソルジャー2015-04-27-3.JPG

オダマキ・ブラックソルジャー2015-04-27-4.JPG

おしべは多数で花糸は黄緑色、葯は黄色。おしべに囲まれためしべは5本で紫色、めしべはおしべより少し長い。柱頭が黄色に見えるのは花粉が付着したからだと思う。子房は黄緑色でしわのある半透明の膜に包まれていました。

寿命の短い多年草なので、たぶんこぼれ種から発芽した株で更新しているのでしょう。ケロも種から育てたので、発芽率は悪くないはず。ただ、爆殖するような繁殖力はありません。シックな花色が好みなので、もっと殖えてくれるとよいのだけれどな〜。

関連記事「黒花オダマキはアクイレギア・ビィリディフローラ 'チョコレート・ソルジャー'
黒花オダマキ、種子から栽培・その1

ノゲシかな?アイノゲシかな?

ノゲシ2015-04-22.JPG

ノゲシ(Sonchus oleraceus)はキク科ノゲシ属の越年草、葉が似ているだけでケシ科ケシ属のケシ(Papaver somniferum)とは別のグループです。どこの道端や空き地でも見かける雑草で、草丈は50〜100cmと大きめ。花期は主に春〜秋。

ノゲシ2015-04-22-3.JPG

このページの画像はすべて2015/04のノゲシ(たぶん)です。「中空の茎は上部で分枝する。互生する葉は光沢がなく粗い鋸歯あり、その縁は柔らかく触っても痛くない。茎の下部の葉は長い葉柄があって羽状に深い切れ込みが入る。上部の葉は切れ込みが少なく、葉柄なしで基部は茎を抱く」

ノゲシ2015-04-24.JPG

「頭花はすべて舌状花。花弁は縁が浅く5裂する合弁花で、中央で小さく周辺で大き目。花弁の表は黄色で、裏は黄色にくすんだ赤が薄っすらと混じる。総苞にはまばらに白い棘あり」

ノゲシ2015-04-22-2.JPG

ノゲシ2015-04-24-2.JPG

「舌状花の数は多くて一つの頭花に80個以上あり。子房から白い冠毛が生える。花弁基部の筒状の部分から黄色の葯筒が伸び、そこから黄色のめしべが突き出す。めしべ先端の柱頭は2裂する」一つ一つの舌状花葉小さくて、この画像じゃあよくわかりませんね(汗)。

ノゲシの茎上部の葉は茎を抱く基部が尖って後ろに突き出します。一方、同属のオニノゲシ(Sonchus asper)の葉の基部は丸まっている。う〜ん、このページの画像だと、葉の基部が尖って突き出してはいません。でも、葉に光沢がないし、縁に触っても痛くないの。ノゲシとオニノゲシが交雑したアイノゲシ(Sonchus oleaceo-asper)なのかな?

ちなみにノゲシの白花品種はウスジロノゲシ(Sonchus oleraceus f.lilacina)ですが、頭花の中央は黄色で周辺が白といった配色です。そして、黄色と白の部分の割合は株ごとに異なるみたい。これも交雑しているせいなのかな?

関連記事「ノゲシとオニノゲシ
ハーブじゃない?けど・ノゲシのお浸し
ハーブじゃない?けれど・ノゲシ

シラー・カンパニュラタの白とピンク♪

シラー・カンパニュラタ・ピンク2015-04-22-2.JPG

シラー・カンパニュラタ(Scilla campanulata)=ヒアシンソイデス・ヒスパニカ(Hyacinthoides hispanica)には、青・ピンク・白などの花色があります。1〜4枚目は2015/04のシラー・カンパニュラタの桃花です。地植えにして数年経ちますが、花付きは悪くない♪

シラー・カンパニュラタ・ピンク2015-04-22.JPG

シラー・カンパニュラタ・ピンク2015-04-23.JPG

茶褐色の花茎の先に10個前後の釣鐘状の6弁花をつけます。蕾は上向きで、細長い苞が張り付く感じ。下から咲きあがり、開花する頃には花はうつむきます。花柄を抱く2枚の赤紫色の苞がちょうどよいアクセントになっているの。花弁は薄いピンクで、先の方が少し色が濃いかな。

シラー・カンパニュラタ・ピンク2015-04-23-2.JPG

子房、めしべの花柱、6本あるおしべの花糸は白〜薄いピンク。めしべの柱頭はちょっと色が濃い。葯は黄褐色に見えますが、これは花粉の色かも。花は開ききらず、4枚目の画像はケロが強引に押し広げていますw

シラー・カンパニュラタ・白2015-04-22−2.JPG

シラー・カンパニュラタ・白2015-04-22.JPG

シラー・カンパニュラタ・白2015-04-23.JPG

5〜7枚目はシラー・カンパニュラタの白花かヒアシントイデス・ノンスクリプタ・アルバ(Hyacinthoides non-scripta'Alba')なのかは不明(笑)。過去記事を見ると、確かに白花は花茎の片側だけに咲いている気がしなくもないです。桃花に比べて花数は少なめ、花筒が細長く花弁の先はあまり反り返らない。

花茎は黄緑色、苞・花柄・花弁は白。子房・めしべの花柱と柱頭・おしべの花糸は白、おしべの葯は薄いクリーム色。そうした花色の違いを除けば、つくりは桃花も白花も共通でした。ええと、シラー・カンパニュラタの青花が行方不明のままなので、消えちゃったみたいorz 青花が弱いということはないはずなんだけどな〜。

関連記事「シラー・カンパニュラタ(カンパニュラータ)はヒアシンソイデス・ヒスパニカ
シラー・カンパニュラタはスパニッシュ・ブルーベルのはずだけど

スズメノエンドウの白花

スズメノエンドウ2015-04-24.JPG

スズメノエンドウ(Vicia hirsuta)はつる性越年草で、どこの道端でも見かける雑草です。カラスノエンドウ=ヤハズエンドウ(Vicia sativa subsp. nigra)より小型なので、この名前になったのだとか。雀を連想するサイズの野豌豆という意味なのでした。

スズメノエンドウ2015-04-24-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04/24のスズメノエンドウです。互生する葉は6〜7対の小葉からなる羽状複葉。12〜14枚の小葉は狭卵形で鋸歯はない。立ち上がる力は弱いけれど、葉の先端部の小葉が変化した巻きひげで周囲の植物に絡みつきます。葉柄の付け根に線形に裂けた小さな托葉があるのですが、ケロの画像じゃあわかりませんね〜(笑)。

スズメノエンドウ2015-04-24-3.JPG

スズメノエンドウ2015-04-24-4.JPG

葉腋から伸びた花柄の先に蝶形花を4輪ほど付けます。黄緑色の萼は5裂。ひとつひとつの白花は3mmくらいと小さいので、そのつくりはよくわかりませんでした。大き目の旗弁1枚と小さめの翼弁2枚は何とか見えます。でも、翼弁の間の2枚合せの舟弁、その舟弁に挟まれたおしべやめしべは確認不能…。

後で、托葉や果実の莢の画像もアップしたいな。

関連記事「スズメノエンドウ
カスマグサ

スミレは鉢植え向き

スミレ・青白2015-03-31.JPG

たくさんある類似種や近縁種も含めてスミレと総称しているそうです。スミレは引っ越してくる前から駐車場に生えていたもの、苗や種から育てたものなど、何種類かあるはずなのですが…。ほとんどはいつの間にか消えちゃってますorz 青紫や白の花が残っていますが、品種は全く不明です。

スミレは寿命の短い多年草で、「環境が合わないと閉鎖花を作って種子を飛ばしすぐに枯れる」そうです。なので、「鉢植えで管理して、実生や根伏せで株を更新する」のが正解みたい。地植えでいくつものスミレの品種を維持するのは困難なのでした(笑)。

スミレ・青白2015-04-01.JPG

このページの画像はすべて2015/03〜04の品種不明のスミレです。披針形で先端が丸い萼片は5枚、褐色で先の方は緑色。唇弁の後ろは筒状になって大きく突き出す距で、薄い紫色。花冠は外側から見ると、白〜薄っすらと紫色。

スミレ・青白2015-04-01-2.JPG

5弁花(上2枚の上弁、横2枚の側弁、下1枚の唇弁)で、側弁や唇弁の付け根から中ほどに濃い青紫の筋が走る。唇弁の付け根は黄緑色で凹む。側弁の付け根には白に近い薄い黄緑色の毛が密生する。おしべは5個で花糸はなく、白っぽい葯とその先の茶褐色の付属体(葯隔が伸びたもの)がめしべを取り囲んでいます。

スミレ・青白2015-04-01-3.JPG

葯と付属体に囲まれた子房から短いめしべが突き出し、薄い黄緑色。柱頭はちょっと膨らんで見えます。下側の2個のおしべには、付け根に向かう逆方向にも緑色の付属体が伸びていました。「スミレの花の構造」を参照させていただきながら解剖してみたのだけれど…。ケロの画像じゃあよくわかりません(汗)。

スミレ・白花2015-03-30.JPG

スミレ・白花2015-03-30-2.JPG

最後の2枚は白花で、距は青紫色。他に紫花も咲いていましたが、写真を撮り忘れました(笑)。来年は葯と葯隔のまともな画像が撮れるとよいな〜。

関連記事「ビオラ・ラブラドリカのおしべ

ドワーフコンフリー・ヒッドコートブルーの繁殖力

ドワーフコンフリー2015-04-23.JPG

ドワーフコンフリー(dwarf comfrey)は草丈が30cm前後と小型なので、大型ハーブのコンフリーに比べると扱いやすいです。ケロの駐車場の株は購入品ですが、品種名はわかりません。たぶん、一番流通しているドワーフコンフリー・ヒッドコートブルー(Symphytum grandiflorum 'Hidcote Blue')だろうと思うのですが…。

ドワーフコンフリー2015-04-23-2.JPG

ドワーフコンフリー2015-04-23-5.JPG

このページの画像はすべて2015/04のドワーフコンフリーです。葉の表裏・茎・萼には粗く細かな毛が生え、除草する時に軍手に絡みつくのがちょっと厄介。ただ、ゴワゴワした感触の葉は腐って土に返るのが早く、緑肥として利用できます。

巻かれていたさそり形花序が解けて、釣鐘状の花が下向きに付け根のほうから開花。蕾は赤、開花が近づくにつれ徐々に色が薄れます。茶褐色の萼は5裂し、白い毛が目立つ。開花すると花筒は青、花冠の先の白い部分が浅く5裂。開ききらず、めしべだけが突き出します。

ドワーフコンフリー2015-04-23-3.JPG

ドワーフコンフリー2015-04-23-4.JPG

手抜きで過去記事をコピペしますと、「花が終わると花弁やおしべは脱落、5裂する緑〜褐色の萼からめしべが1本長く突き出す、花柱も少し膨らんだ柱頭も白。おしべは5本で花糸は白、葯はくすんだ黄色。おしべの周りに白い5枚の細長い小片がある。針のような長いめしべをおしべが取り囲み、そのおしべを付属体の小片が取り囲んでいる」この付属体にも白の短毛が目立ちます。

ドワーフコンフリーもコンフリーと同様に、根からの再生力が強く繁殖力旺盛といわれます。でも、植え付け後しばらくは、成長はごくゆっくりでした。それもあって、扱いやすい印象だったの。ですが、いよいよ本領発揮で、殖え広がって周りの植物を圧倒し始めました。

こぼれ種からの発芽はありません。地下茎が横に伸びているのかな?引っこ抜こうとすると、根が深く張っていてけっこう力が要ります。この調子で殖えるようだと、植え場所を変えたほうがよいかも。植え替えは容易です。さて、どうしようかな〜。

関連記事「ハーブのドワーフコンフリー
ドワーフコンフリーの花色
ドワーフコンフリー・ヒッドコートブルーも爆殖系♪

シロヤマブキのめしべは4本のはず

シロヤマブキ2015-04-24.JPG

シロヤマブキ(Rhodotypos scandens)はバラ科シロヤマブキ属で白の4弁花、ヤマブキ(Kerria japonica)はバラ科ヤマブキ属で黄色の5弁花。ヤマブキの白花品種であるシロバナヤマブキ(Kerria japonica f. albescens)はバラ科ヤマブキ属で白〜クリーム色の5弁花。シロヤマブキとシロバナヤマブキは紛らわしいけれど、別物なのでした。

シロヤマブキ2015-04-24-5.JPG

シロヤマブキ2015-04-24-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04のシロヤマブキです。対生する葉は卵形で先が尖り、鋭い重鋸歯あり。葉脈の溝は深く、表からは凹んで、裏からは凸って見える。葉柄の付け根に披針形の小さな托葉が1対あり、対生葉なので合計4本まとまっている感じ。鋸歯があって葉のように見える萼片が4個、その下部から萼片と互い違いに横に張り出す小さな副萼片も4個。

シロヤマブキ2015-04-24-3.JPG

シロヤマブキ2015-04-24-4.JPG

幅のある丸っこい花弁は4枚で重なり合う。おしべは多数で花糸は白、葯は白〜薄い黄色。めしべは4本で花柱も柱頭も薄い黄緑色。花弁を取り除きおしべをチェック、さらにおしべを取り除きめしべをチェック。アレッ、めしべが3本しか見当たらない。1本脱落しちゃったのかな(汗)。来年、再確認したいです〜。

樹高は2mほどで、それなりにスペースを取るようになってきました。種から育てて愛着があるのだけれど、5株から徐々に間引いて、1株だけ残してあります。枝が暴れることもなく、剪定も適当でOK。丈夫で扱いやすい庭木です。来年も元気に咲いてくれるでしょう。

関連記事「シロヤマブキ、種子から栽培・その1
シロヤマブキは発芽率がよい♪

ツボミオオバコの開いた花♪

ツボミオオバコ2015-04-23.JPG

ツボミオオバコ(Plantago virginica)は北米原産の帰化植物、葉の表裏も花茎も萼も細かな白い毛に覆われます。特に、立ち上がった穂状花序が伸びきらない時期は、明るい黄緑色とモコモコした見た目が可愛らしいの。このページの画像はすべて2015/04のツボミオオバコです。

ツボミオオバコ2015-04-24.JPG

ツボミオオバコ2015-04-24-2.JPG

根生葉はへら状、葉や花茎の付け根は赤茶色。ロゼットで冬を越す越年草ですが、発芽率はとてもよくこぼれ種で爆殖します。でも、オオバコ(Plantago asiatica)に比べると根の張り方が弱く、除草は容易なので邪魔になりません。

「雄性期になっても花冠がほとんど開かず蕾のままに見える」ことがツボミオオバコの語源です。ただ、花を開かず自家受粉で種子を作るパターンの他に、花を開いて他家受粉するパターンもあるそうです。花冠が平開するのは不稔花とされてきましたが、稔性花だという観察記録もあります。

ツボミオオバコ2015-04-24-3.JPG

ツボミオオバコ2015-04-24-4.JPG

「雌性先熟で雌性期には花冠から柱頭が突き出す。めしべは花柱も柱頭も白で細かな毛に覆われる。雄性期には花冠が4裂、折りたたまれていた白くて細い花糸が伸びて紫色の葯が花冠の外に伸び出す。花冠の基部に緑色の苞が1個、萼が4個。下から咲きあがるので、花序の上部が雌性期で花冠は開かず、下部は雄性期で花冠が開く」

3・4枚目の画像は花序の下部の雄性期の花で、4裂する合弁花は薄い褐色。葯は枯れかけて茶色、もうめしべは見えません。おしべは4本なのですが、この画像ではわかりませんね(汗)。花序の上部は雌性期のはずですが、花冠から突き出す柱頭は確認できませんでした。来年は柱頭や紫色の葯を撮影したいな〜。

関連記事「ツボミオオバコには花冠を平開する花もある
ヘラオオバコはコスモポリタン雑草

オーニソガラム・ウンベラタムの花糸

オーニソガラム・ウンベラタム2015-04-26.JPG

オーニソガラム・ウンベラタム(Ornithogalum umbellatum)は自然分球でよく殖えます。球根植物は生育環境が合わないと、数年で消えてしまうことが多いように思います。その点、オーニソガラム・ウンベラタムはとても丈夫♪過去記事を見ると、地植えにしたのは2008/12とあります。弱ることもなく、今年も元気に咲いていました。

オーニソガラム・ウンベラタム2015-04-26-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04のオーニソガラム・ウンベラタムです。過去記事をコピペすると、「花柄の付け根には膜状の苞があり、薄い黄緑色に緑の筋が走ります。濃い緑色で縁が白い蕾を苞が包んでいる時期のフォルムがかっこいい」

オーニソガラム・ウンベラタム2015-04-27.JPG

オーニソガラム・ウンベラタム2015-04-27-2.JPG

「花被片は6枚、外側は濃い緑色で縁は白、内側は純白」内花被片の方が白い部分が大きいかな。おしべは6本で花糸は白、葯は黄色。平べったくて幅のある花糸が、咲き始めは子房を囲むように垂直に立ち上がります。咲き進むと、花糸は反るように外側に開いていくの。角ばった6角柱のような子房は黄色〜黄緑色、そこから伸びる短いめしべは白。

たいていのお庭で植えっぱなしOK。まったく手間要らずで、花付きはよいです。繁殖力はありますが、爆殖して周囲の植物を圧倒するほどではありません。扱いやすい秋植え球根の優等生といっていいんじゃないかな〜。

関連記事「オーニソガラム・ウンベラタムはオオアマナ」」
オーニソガラム・ウンベラタムは初心者向け♪
オオアマナはオーニソガラム・ウンベラタム

センダイハギの繁殖力

センダイハギ2015-04-27.JPG

センダイハギ(Thermopsis lupinoides)はとても丈夫、こぼれ種からも発芽していると思いますが、地下茎で爆殖します。地植えで根付けば放任でOK。但し、時々引っこ抜かないと周囲の植物を圧倒しちゃうの。しかも、根茎は太くて簡単には抜けません(汗)。

センダイハギ2015-04-27-2.JPG

センダイハギ2015-04-27-3.JPG

このページの画像はすべて2015/04〜06のセンダイハギで、4〜5月には黄色の蝶形花が目立ちます。花柄には小さめな披針形の苞あり。2枚目の画像にチラッと見えます。萼は5裂(上に浅く2裂、下に深く3裂)、茎や苞や萼には白くて細かい短毛が密生している。

上に浅く2裂する大きな旗弁、2枚の閉じ合わさった舟弁を両側の2枚の翼弁がはさむ。下から見た3枚目の画像で、花のつくりがわかりますでしょうか?画像検索すると、舟弁が左右に開いてしべが見える画像がいくつもヒットします。でも、ケロは舟弁が閉じてめしべの先がのぞく花しか見たことがありません。う〜ん、なんでだろう?

センダイハギ2015-04-27-4.JPG

センダイハギ2015-04-27-5.JPG

閉じている舟弁に包まれてしべがあります。おしべは10本で花糸は白、葯は黄色〜オレンジ色。おしべより少し長い針状のめしべは白〜薄い黄緑色。立ち上がる旗弁の付け根付近には、くすんだ小さな褐色の斑点が散っています。

センダイハギ2015-06-20.JPG

センダイハギ2015-06-20-2.JPG

6月には鞘状の果実が茶褐色に変色しても茎の先に残っていました。中の果実は薄いチョコレート色で、先がすぼまったちょっと歪な俵型です。発芽率は悪くないはずですが、こぼれ種からの発芽は確認していません。気づいていないだけかもしれませんけれど。

ケロは以前に、ムラサキセンダイハギ(Baptisia australis)を種から育てようとして失敗orz 通販を検索すると、センダイハギの紫花(Thermopsis lanceolata)も売られているみたい。どちらも欲しいな〜。送料別で600円なら買っちゃおうかな〜。って思ったら、売り切れでしたw

関連記事「ムラサキセンダイハギとセンダイハギ
センダイハギとイベリスの画像
センダイハギの蝶形花♪

ビオラ・ラブラドリカのおしべ

ビオラ・ラブラドリカ2015-04-23.JPG

スミレ科スミレ属の内、小輪多花性の園芸品種種をビオラ(Viola)と総称しているそうです。寿命の短い多年草ですが、耐暑性が弱く夏を乗り切れないみたい。それで園芸上は1年草扱いなのだとか。宿根タイプとして売られている品種も、夏に消えてしまうことが多いです。

そんな中で、ビオラ・ラブラドリカ(Viola labradorica)は寿命の長い常緑性の多年草です。気温に左右されますが、黒に近い濃い紫色の葉色から別名は黒葉スミレとか銅葉スミレ。地植えで35℃に達する群馬の夏を数年乗り切っていますから、強健な原種系の宿根性ビオラと言えるんじゃないかな。

寒さにはとても強く、常緑で冬越しできます。ケロのラブラドリカは種から育てた株なので、発芽率は悪くないはず。ただ、小さな苗は暑さに弱いのか、こぼれ種からの発芽は確認できていないの。茎が横に這って殖え広がりますが、成長速度は遅いです。暑さに耐えて生き残るのに精一杯なのかもしれません。

ビオラ・ラブラドリカ2015-04-23-2.JPG

ビオラ・ラブラドリカ2015-04-23-3.JPG

このページの画像はすべて2015/04/23のビオラ・ラブラドリカです。青紫の5弁花(上2枚の上弁、横2枚の側弁、下1枚の唇弁)で、花弁の付け根付近には濃い青紫の筋が走る。唇弁の付け根は白で青紫の筋がくっきりと見え、側弁の付け根には白い毛がある。萼片は緑で5枚。唇弁の後ろは筒状になって大きく突き出す距で、色は白っぽい。

ビオラ・ラブラドリカ2015-04-23-4.JPG

ビオラ・ラブラドリカ2015-04-23-5.JPG

ピンボケですけれど、薄い黄緑色のめしべの柱頭がチラッと見えます。それを取り巻く黄色の部分は葯隔が伸びた付属体、その下の薄い黄緑色の部分が葯。5個のおしべには花糸がないそうです。葯を押しのけると緑色の子房や白っぽい花柱も確認できました。

ええと、「スミレの花の構造」をごらん頂くと一目瞭然です。下側の2個のおしべには、逆方向にも付属体が伸びていましたが…。ケロの画像じゃあ分かりません(汗)。来年はもう少しまともな画像をアップしたいけれど、安いコンデジでは無理かもw

関連記事「ビオラ・ラブラドリカの葉色
ビオラ・ラブラドリカ、種子から栽培・その1
スミレは鉢植え向き

エケベリア・初恋?の開花

エベケリア・初恋2015-05-17.JPG

たくさんあった多肉も地植えにしたら、寒さと多湿にも耐えられる10種類ほどに減りました。雨の当たらない軒下で開花したのは、たぶんエケベリア・初恋(Echeveria 'Huthspinke')ではないかと思います。常緑性の半耐寒性多年草で、子株を作って殖え広がります。防寒なしの地植えで群馬の冬を乗り切れたので、耐寒性はけっこうあります。

エベケリア・初恋2015-05-11-3.JPG

梅雨時の多湿、真夏の高温乾燥も平気ですから、耐湿性・耐暑性もあり。関東以西なら地植え可能な多肉植物のようです。先の尖る葉は平たく大きめで淡いピンク、草丈は低くロゼット状になります。「春に分岐する花茎を伸ばし、その先に白〜薄いピンクの5弁花を付けるはず」と過去記事に書きましたが…。

エベケリア・初恋2015-05-17-2.JPG

エベケリア・初恋2015-05-11.JPG

エベケリア・初恋2015-05-11-2.JPG

このページの画像はすべて2015/05のエケベリア・初恋(たぶん)です。赤茶色の花茎はよく分岐し、蕾がいくつも付く。分岐点には小さめで披針形の苞?がある。褐色の萼片は肉厚で5枚。

エベケリア・初恋2015-05-17-3.JPG

エベケリア・初恋2015-05-20.JPG

エベケリア・初恋2015-05-17-4.JPG

花弁は5枚で外側はくすんだピンク、内側は薄いクリーム色で中ほどに赤の細かい斑点あり。おしべは10本で花糸は白、葯は黒で白い花粉がこぼれだす。花底の膨らみが子房だとすると、その先の赤い部分がめしべかな。3裂しているのは柱頭でしょうか。花柱と柱頭の区別はつきにくいな〜。

多肉植物は似たような園芸品種がたくさんあって、画像検索しても品種の特定は難しいです。花の作りももうひとつわかりにくかった。来年も地味に観察を続けたいけれど、咲いてくれるかな?

関連記事「エケベリア・初恋かな?

イベリス・センペルヴイレンスの繁殖力

イベリス2015-04-03.JPG

白花のイベリス・センペルヴイレンス(Iberis sempervirens)は丈夫な耐寒性多年草、這い性で草丈は10〜20cmと低めなのでグラウンドカバー向きです。暑さ・寒さに強く、互生する細長い楕円形の葉は常緑。苗を植えたときは、夏の高温多湿を乗り切れるか心配しました。

が、植え付けから7〜8年経ち、60cm四方の群落を形成しています。爆発的な繁殖力はありませんが、ジリジリト殖え広がって扱いやすいかな。入り込んだカタバミを引っこ抜く程度で、放任OK♪このページの画像はすべて2015/04/03のイベリス・センペルヴイレンスです。

イベリス2015-04-03-2.JPG

イベリス2015-04-03-3.JPG

イベリス2015-04-03-5.JPG

何本もの花柄に分岐して、いくつもの蕾をつけ外側から開花する。蕾は先端のあたりが茶褐色。緑色の萼は4裂。白い花弁は4枚で外側の2枚が大きく、内側の2枚は小さい。一つ一つの花は小さくてしべは観察しにくいの。

イベリス2015-04-03-4.JPG

イベリス2015-04-03-6.JPG

めしべは花柱も少し膨らむ柱頭も薄い黄緑色。おしべは長いものが4本、短いものが2本で合計6本。花糸は黄緑色で葯は黄色。長いおしべの花糸の先端部分は赤。ええと、最期の画像だと長いおしべが3本、短いおしべが1本しか見えませんね。う〜ん、撮影角度がまずかったw

関連記事「センダイハギとイベリスの画像
イベリス・センペルヴイレンスはとっても丈夫!

レンギョウ属は雌雄異株ではなく異型花柱性?

レンギョウ2015-03-30.JPG

レンギョウはとても丈夫で成長も早く、ちょっと暴れ気味ですが栽培は簡単です。春先にびっしりと黄色の花を付け、辺りを明るい雰囲気にしてくれます。よく見かける身近な樹木ですが、交配によって作られた園芸品種もあるので正確な品種は分かりにくいようです。

このページの画像はすべて2015/03〜04のレンギョウで、購入品ですが品種は不明。「レンギョウ5兄弟 一体何処が違うのか?」を参照させて頂きますと、しべの長さを比べて「おしべ>めしべならチョウセンレンギョウ」といえそうですが…。

レンギョウ2015-04-01.JPG

レンギョウ2015-04-01-2.JPG

花柄は褐色で鱗状の総苞片に覆われ、萼は緑色で4裂。花冠は4裂し、基部のみ合着。花弁はうっすらとしわがあり、付け根付近にはオレンジ色の筋が見えます。おしべの葯と花糸は黄色。子房は黄緑色、めしべの花柱と少し膨らむ柱頭も薄い黄緑色。

2本のおしべが長く、めしべは両側から合わさった葯の陰になり外からは見えにくい。朝鮮半島原産のチョウセンレンギョウ(Forsythia viridissima var. koreana)のように思えます。でも、レンギョウは雌雄異株といわれるので、中国原産のレンギョウ=フォーシシア・サスペンサ(Forsythia suspensa)の雄花かもしれません。いや、交配による園芸品種かもw

そして、「シナレンギョウとチョウセンレンギョウの雄しべ雌しべ」を参照させて頂きますと、「レンギョウ属は雌雄異株ではなく異型花柱性」というべきなのかな。ということは、しべの長さを比べるだけでは「短花柱型(花柱が短くておしべの葯が上にある)の花が咲く株」ということしか分からないのかな。

う〜ん、ケロには判別不能(笑)。時間がある時に、幹を縦に切って内部(中空とか梯子状の髄とか)を観察してみよう。

関連記事「レンギョウの挿し木
レンギョウの品種もいろいろ
レンギョウの雄花かな

イフェイオン・パルビフローラの消滅orz

イフェイオン・青花2015-04-06.JPG

イフェイオン・青花2015-03-27-2.JPG

イフェイオン・青花2015-03-27.JPG

ケロの駐車場には黄花のイフェイオン・セロウィアナム(Ipheion sellowianum)、桃花のイフェイオン・ピンクスター(Ipheion 'Pink Star')、元々生えていた品種不明の青花と白花などが生えています。青花と白花はイフェイオン・ユニフロラム(Ipheion uniflorum)の園芸品種だと思いますが…。花色も花被片に入る縦の斑も不規則なので、交雑しているのではないでしょうか。

このページの画像はすべて2015/03〜04のイフェイオンです。でも、過去記事の画像と大差なし(笑)。毎回同じことを言っていますが、花が開きかけで、花被片の外側の縦のラインが見える時期がよいな〜。

イフェイオン・青花2015-04-01.JPG

イフェイオン・青花2015-04-01-2.JPG

花筒の付け根には薄い半透明の苞があり、褐色の筋が走る。蛍光灯の下では薄紫に見えますが、青花です。花被片の外側には赤茶のラインがくっきりと走る。この花では、内側にラインは見えません。が、内側にラインや斑が入る花もあります。

めしべの花柱は黄緑色で、先端近くに褐色のラインが薄っすら入っている。柱頭は白で少し膨らむ。4本の短いおしべと2本の長いおしべあり。花糸は黄緑色で、葯は黄色。ピンクスターのおしべは長短3本ずつでした。園芸品種によって異なるのかな?個体差かな?おしべの長さは時期によって変化するのかな?来春も観察を続けなくっちゃ。

納得できないのがイフェイオン・パルビフローラ(Ipheion parviflora)=トリスタグマ・レクルビフォリウム(Tristagma recurvifolium))。分類がイフェイオン属かトリスタグマ属かはっきりせず、花期が12〜3月と他のイフェイオンとはズレます。「先が尖った白い花被片は幅がやや狭くてスマート、中央に緑のラインが入る」純白の花を確認したくて、購入品の球根を植えたのだけれども…。

地植えで花を確認したのは植え付けの翌年だけ。いつの間にか消えてしまいました。イフェイオンの中では一番お気に入りだっただけに残念…。「イフェイオン・パルビフローラ開花」を参照させて頂きますと、パルビフローラは丈夫で繁殖力もあるはずです。何が悪かったのかな?

関連記事「イフェイオン・パルビフローラは花期が異なるの?
イフェイオン・ユニフロラム 'ウィズレーブルー'かな?
イフェイオン・ユニフロラム・ホワイトスターかな?

イエロームスカリ‘ゴールデンフレグランス’のめしべとおしべ

イエロームスカリ2015-04-02.JPG

イエロームスカリ‘ゴールデンフレグランス’(Muscari macrocarpum ‘Golden Fragrance’)については、すでに書き尽くした感あり(笑)。ムスカリの仲間なので丈夫ですが、繁殖力は弱いらしくほとんど殖えません。花筒の底には蜜が溜まり甘い香りがするけれど、ゴールデンフレグランスというほどではないと思うな〜。

太めで褐色の花茎から短い花柄を伸ばしいくつもの蕾を付けます。青紫のムスカリ・アルメニアカム(Muscari armeniacum)に比べて、一つ一つの花は大きく花数は少ないです。球根が大きいので、夏場の高温多湿で腐るかと心配しましたが、今のところ2球とも無事♪

イエロームスカリ2015-04-09.JPG

イエロームスカリ2015-04-09-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04のイエロームスカリ‘ゴールデンフレグランス’です。筒状の花冠は先端で浅く6裂しますが、中央の穴からのぞいても筒の中のしべなどは観察できません。花茎の先の方の蕾は未熟で紫色、やがて黄緑色→黄色と色づいて下から上へと咲き上がります。

花柄の付け根には小さな白い針状の突起がありました。苞なのかな。白かった花冠の先端は、もう茶色に変色しかけています。もう1球が花茎を立ち上げるのを待っていたのですが…。今年は1球のみの開花で終了orz なんだか不安、来春は2球そろって開花して欲しいな〜。

イエロームスカリ2015-04-09-3.JPG

子房、めしべの花柱と柱頭、おしべの花糸は白に近い薄い黄緑色。柱頭は少し膨らんでいます。花糸は花冠に癒着する感じでごく短い。葯は過去記事では黄色と書きましたが、こげ茶色で白っぽい花粉が少し出ていたと思う。時期によっては黄色の花粉がこぼれだすのかな?来年、再チェックしてみよう。

関連記事「イエロームスカリ‘ゴールデンフレグランス’
イエロームスカリ‘ゴールデンフレグランス’も丈夫♪
イエロームスカリ'ゴールデンフレグランス'の繁殖力は?

シャボンアロエ=アロエ・サポナリアの開花♪

シャボンアロエ2015-05-11.JPG

シャボンアロエ=アロエ・サポナリア(Aloe saponaria)の耐寒性は不明でしたが、群馬の地植えで防寒なしの越冬OK。葉先は枯れて茶色になり、全体に褐色を帯びて寒さに耐えていました。そして、常緑のまま冬を越して、春には葉色も緑+白斑に回復。新しい葉も展開して、一回り大株になりました。葉にある棘は硬くて、触れると痛いので要注意です。

シャボンアロエ2015-05-11-2.JPG

シャボンアロエ2015-05-11-3.JPG

このページの画像はすべて2015/05と06のシャボンアロエです。5月になると株の中心から1mほどの花茎を立ち上げました。花茎は分岐し、それぞれの先にいくつもの蕾が集まる。蕾を覆っているのは苞かな。花茎の分岐するところにもちょっと大き目の苞が付いています。

シャボンアロエ2015-05-22-2.JPG

シャボンアロエ2015-05-22.JPG

シャボンアロエ2015-05-26.JPG

徐々に苞から細長い円柱状の蕾が顔を出します。蕾の先の方は灰緑色、付け根の方はオレンジ色。開花が近づくと、花柄が伸び苞は萎れて針状になります。さらに開花が近づくと、花筒は先の方までオレンジ色になり、基部は少し膨らむ。上を向いていた蕾は、やがて横向きになり、最後は下向きになって、下の花から咲き上がります。

シャボンアロエ2015-05-28.JPG

シャボンアロエ2015-05-28-2.JPG

長い花筒の先端で花冠は6裂、裂けている部分の縁は白。おしべの内、長い3本が花冠から突き出しています。花筒の奥には蜜がたっぷりありましたが、甘い香りではありませんでした。ケロは蓄膿気味なので、うまく表現できませんが、独特の臭いです。

シャボンアロエ2015-05-28-3.JPG

シャボンアロエ2015-06-02.JPG

おしべは長短3本ずつで、合計6本。花糸は白〜黄色、葯はこげ茶色で黄色の花粉がこぼれ出していました。めしべは棒状で花柱は黄色、柱頭は白かな。今日は2015/06/10で、開花が早かった下の方の花はすでに脱落しています。シャボンアロエは丈夫で、子株を作ってよく殖えます。雨の当たらないベランダ下を独占しそうな勢いなの。来年も花を楽しめることでしょう。

関連記事「シャボンアロエはアロエ・サポナリア

シバザクラの柱頭は3裂するはずだけど…

シバザクラ・白花2015-03-30.JPG

シバザクラ=フロックス・スブラタ(Phlox subulata)は挿し木で簡単に殖やせます。這い性でグラウンドカバー向き。みさと芝桜公園のシバザクラはみごとでした。来春はサイクリングがてら、また行ってみたいな。ブログのネタに写真も撮ってこよう(笑)。

このページの画像はすべて2015/03のシバザクラの白花です。駐車場のシバザクラは赤花と白花、白花は斑入りと斑なしの3種類が生えていたはずですが…。今年は斑なしの白花しか見かけませんでした。丈夫で繁殖力もあり、消えることはないと思うのだけど…。ま、シバザクラはいろいろな園芸品種が販売されていて、入手は容易です。

シバザクラ・白花2015-03-24.JPG

シバザクラ・白花2015-03-24-2.JPG

白い毛が目立つ黄緑色の萼は5裂。細長い花筒の先が5裂して平開、花弁の先は凹みます。斑なしと書きましたが、正確には花弁の付け根の2つの斑も白なので目立たないの。おしべは長短合せて5本、花糸は白で葯は黄色。めしべの花柱は白で柱頭は黄色。柱頭は3裂するのですが、この画像だと2裂に見えます。う〜ん、角度が悪い(汗)。

咲き始めはめしべが短く、細い花筒の中央に集まった葯がのぞけるだけです。咲き進むと葯は萎れ、伸びてきためしべの柱頭が確認できるようになります。この花はまだめしべが短いので、解剖しちゃいましたw 来年は終わりかけの花で、3裂する柱頭の画像を撮りたいな〜。

関連記事「シバザクラのスカーレットフレームとエメラルドクッションブルーかな?
シバザクラの移植

ユキヤナギの蜜腺と子房は何色?

ユキヤナギ2015-03-24.JPG

ユキヤナギ(Spiraea thunbergii)は成長が早く丈夫な落葉広葉低木、3月から枝垂れる枝に白花をびっしりと付けます。挿し木した後、行方不明になっていましたが無事に復活(笑)。樹高1mほどに育ち、花付きもよくなりました。

ユキヤナギ2015-03-24-3.JPG

このページの画像はすべて2015/03/24のユキヤナギです。鋸歯のある狭卵形の葉は互生。ピンボケですが一箇所から花柄が3本出て、その基部には鋸歯のない小さめの苞が5〜6枚付くみたい。

ユキヤナギ2015-03-24-2.JPG

白の5弁花で、緑の萼は三角形に5裂。過去記事をコピペすると「花の中心に黄色の蜜腺が10個ほど環状に並ぶ。蜜腺の周囲のおしべは約20本、花糸は白で葯は黄色。蜜腺で囲まれた輪の内側のめしべは5本、花柱も少し膨らんだ柱頭も白。基部の子房は紅色で受粉すると5個の袋果になる」

ユキヤナギ2015-03-24-4.JPG

花弁を取り除いて観察してみました。柱頭が黄色に見えるのは、花粉が付着しているのかな。この画像では蜜腺が黄色、子房が黄緑です。「ユキヤナギ」を参照させて頂きますと、時間が経つと蜜腺が白、子房が紅色となるのかもしれません。来春は紅色の子房の画像をアップしたいな〜。

関連記事「ユキヤナギの移植
ユキヤナギの挿し木の適期って?

イフェイオン・ピンクスターは赤茶のラインがポイント♪

イフェイオン・ピンクスター2015-03-17.JPG

イフェイオン・ピンクスター(Ipheion 'Pink Star')は秋植え球根で丈夫な耐寒性多年草です。過去記事を見ると、植えつけた翌年は花付きが悪く心配したみたいですが…。杞憂でした。2年目以降は本来の繁殖力を発揮して殖え広がっています。

イフェイオン・ピンクスター2015-03-17-2.JPG

イフェイオン・ピンクスター2015-03-17-3.JPG

このページの画像はすべて2015/03/17のイフェイオン・ピンクスターです。花筒を包む白っぽい半透明の膜は苞でしょうか。裏から見ると花筒から花被片にかけて濃い赤茶色のラインが走り、この筋は表からも透けて見えます。花色は名前の通りピンクですが、花被片の奥の花筒内側は黄緑でした。

イフェイオン・ピンクスター2015-03-17-4.JPG

イフェイオン・ピンクスター2015-03-17-5.JPG

黄緑の子房から短いめしべが伸びる。花柱は付け根が黄緑で、先の方は薄い赤茶。おしべの花糸は黄緑、葯は黄色。長短3本ずつで合計6本。花糸は花被片に張り付く感じかな。葉や茎には独特の臭気がありますが、ケロは大して気になりません(蓄膿気味だからw)。花は蜜の甘い香りがしました。

関連記事「イフェイオンの花色はいろいろありますよ♪
イフェイオンのピンクスターとセロウィアナム
イフェイオン・ピンクスターも爆殖系♪

ヘビイチゴの偽果と副萼片

ヘビイチゴ2015-04-23.JPG

過去記事では「ヘビイチゴ(Duchesnea chrysantha)バラ科ヘビイチゴ属」と書いたかもしれませんが、「ヘビイチゴ(Potentilla hebiichigo)バラ科キジムシロ属」と属名が変更になっているようです。「耐寒性多年草、花期は4〜6月」毒草ではなく「全草や果実を乾燥させたものは漢方の生薬として利用される」そうです。

ヘビイチゴ2015-04-23-2.JPG

このページの画像はすべて2015/04〜05のヘビイチゴです。薄い褐色の匍匐茎が地を這い、節から発根して子株を作って、そこからさらに匍匐茎を伸ばします。三出複葉で、小葉には細かい鋸歯あり。やや湿った場所を好むらしいけれど、ケロの駐車場では乾いた場所にも生えています。

ヘビイチゴ2015-04-27.JPG

ヘビイチゴ2015-04-27-2.JPG

葉腋からのばす花柄の先に黄色の5弁花を1個つけます。花柄と葉や萼の裏には細かい毛が目立つ。正面から見ると、花弁の間に先の尖った萼が5枚見えます。が、花弁の後ろには、先が浅く裂けた萼より大き目の副萼片も5枚あるのでした。花の中心の盛り上がっている部分が花托で、そこに生えている細かい毛がめしべです。花托の周辺には黄色のおしべが何本も生えています。

ヘビイチゴ2015-05-18.JPG

ヘビイチゴ2015-05-18-2.JPG

ヘビイチゴ2015-05-26.JPG

花弁が脱落し、花托は球形に膨らんで光沢のない薄紅色になります。花托の表面には多数の粒状の赤い果実(痩果)あり。痩果にしわがあるのが見えますでしょうか?偽果が熟して花托がさらに膨らむと、痩果の間隔が空いてくる。副萼片は枯れて茶色になり、萼片は下向きに反り返っています。偽果の中はスポンジ状で、甘みや酸味に欠けるので生食には向きません…。

「偽果に艶がなく、痩果にしわがない」のですから、ヤブヘビイチゴ( Potentilla indica)ではなくヘビイチゴとわかります。11年前にケロが引っ越した時から咲いている先住民です。この先も毎年楽しめると良いな〜。

関連記事「ハーブじゃない?けれど・ヘビイチゴ
フキとヘビイチゴの画像

ムスカリの青花と白花

ムスカリ・紫2015-03-17.JPG

異常乾燥注意報が続いていましたが、今日(2015/06/03)久しぶりに雨が降っています。水遣りをしないですみますw 百均で購入した青花のムスカリはたぶんムスカリ・アルメニアカム(Muscari armeniacum)のはず。丈夫な秋植え球根で、自然分球によってよく殖えます。葡萄を逆さまにしたような花序の見た目から、別名はブドウヒヤシンス。下の方から咲き上がります。

ムスカリ・紫2015-03-17-2.JPG

ムスカリ・紫2015-03-17-4.JPG

ムスカリ・紫2015-03-17-3.JPG

下向きに釣鐘状の花を多数付けますが、小さくてしべは外から観察しにくいです。青い花冠の先端は白、すぼまってから浅く6裂して開きます。解剖すると、黄緑で球形の子房から短いめしべが突き出す。花柱は白、少し膨らむ柱頭は黒っぽく見えます。6本のおしべは花糸が白、葯は黒。花冠の中には糸を引く粘り気のある蜜があって、甘い香りがします。


ムスカリ・白2015-04-02.JPG

このページの画像はすべて2015/03〜04のムスカリで、花期は青花が3月・白花は4月とずれます。最後の画像はムスカリの白花で、たぶんムスカリ・ボトリオイデス・アルバ(Muscari botryoides 'Alba')じゃないかな〜。花の作りは青花と同じはずです。日照が悪くても消えませんが、アルメニアカムほどの繁殖力はありません。掘り上げて、日当たりの良い場所に植え替えようかな。

関連記事「ムスカリ・アルメニアカムとムスカリ・ボトリオイデス・アルバ
ムスカリは植えっぱなしでもOK♪

お化けタンポポ

タンポポ・帯化2015-05-06.JPG

図書館へ行く道すがら、お化けタンポポを発見〜。次に通りかかった時はすでに花が終わっていましたが、採集してきて記念撮影しました。成長点の異状による植物の奇形で、帯化と言うそうです。Wikipediaによりますと、「帯化が確認されている植物は800種以上にものぼり、特にキク科、アブラナ科、ナデシコ科の種で多く見られる」

タンポポ・帯化2015-05-06-2.JPG

タンポポ・帯化2015-05-06-3.JPG

中空の花茎は太くて黄緑〜赤茶色、舌状花が多数集まった頭花が数個つながって横に広がっているみたいです。総苞片が反り返っているのでセイヨウタンポポ(Taraxacum officinale)でしょう。ただ、交雑の可能もありますから、外来タンポポ群(Taraxacum spp.)のひとつと言ったほうが正確なのかも。

ケロは始めて見たのでびっくりしましたが、それほどレアなことではなさそうです。「おばけに出会ったお話」を参照させて頂きますと、帯化による奇形植物は身近な存在なのですね。お散歩にはコンデジを持参して、ブログのネタを拾ってこようかな〜w

関連記事「シロバナタンポポは伏せ根で殖やせる♪

イチハツの葯

イチハツ2015-04-27-2.JPG

イチハツ(Iris tectorum)は他のアヤメ科の植物に先駆けて咲くので、その青花は目立ちます。このページの画像は2015/04のイチハツで、毎年元気に開花中。でも、少し花数が減った気がしなくもないかな〜。

イチハツ2015-04-27.JPG

イチハツ2015-04-27-3.JPG

開花しきるまではパッとしませんが、花被片が伸びるとバランスのよいスタイル♪ややたれ気味で横に広がる3枚の外花被片は青紫で、濃い青紫の筋や斑が入ります。その付け根から中央にかけて粗く裂けた白いとさか状の突起があり、ここにも濃い青紫の斑が散っています。この蜜標がチャームポイントです。

イチハツ2015-04-27-5.JPG

イチハツ2015-04-27-4.JPG

花冠の基部は2枚の苞に挟み込まれている。めしべの花柱枝は3分岐し、それぞれの先端は2裂して細かく切れ込み、外花皮片に覆いかぶさる。花柱枝は薄い青紫で縁は白っぽく、上部に柱頭あり。柱頭のちょっと下にあるおしべの葯はくすんだベージュ(画像は電球の光線下で白に見えます)、花糸は半透明の白。美しい花なので、株の寿命が長いといいな。

関連記事「イチハツはジャパニーズハーブだった?
イチハツは鶏冠状の突起がポイント♪

オウバイのおしべ

オウバイ2013-02-25.JPG

オウバイ(Jasminum nudiflorum)の和名は黄梅と書き、「ウメに似た黄色の高杯形の花を咲かせる」からだそうです。が、しべが目立つ5弁花の梅の花とは見た目が違うのでは…。とても丈夫で、地植えにすれば放任でOK。ただ、四方に枝垂れた枝は地面に接したところで発根して殖え広がります。花芽ができていない花後の早い時期に剪定したほうがよいかも。

オウバイ2013-03-17.JPG

このページの画像は2015/02〜03のオウバイで、まだ対生する三出複葉は生えていません。前年枝の葉腋に付く黄色の合弁花は花筒が長い。花冠の先は5〜6裂して平開、7裂していることもあり。萼の下にはうろこ状の小片があって、これが苞かな。蕾の先の方は赤みがかっていて、開花した花弁の縁に赤が残っていることもあります。

オウバイ2013-03-17-2.JPG

オウバイ2013-03-17-3.JPG

めしべの花柱は白、少し膨らむ柱頭は薄いクリーム色。短いおしべは2本で花糸は白、葯は黄色。長いめしべは花冠からちょっとだけ突き出します。おしべは短く、花筒の奥にあって見えません。日照を好みますが、半日陰でも毎年それなりに咲いてくれます。さて、梅雨になる前に剪定しなくっちゃ。

関連記事「オウバイはやや暴れます〜
オウバイは迎春花♪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。