コパイバはディーゼルツリー♪

「ハーブのコパイバは原油高を救えるかな?」
ブラジル原産のコパイバという木からオイルが取れるとか。
この油でディーゼルエンジンが動かせるそうです。
収穫してから3ヶ月以内に使うのが注意点と。
古くなると、成分が変質しやすいのでしょうね。

「原油をコパイバに置き換えると、どのくらい植えたらよいのか、
・サウジアラビアの原油産出量
1日あたり:1100万バレル
・1エーカーに植えたコパイバの木から産出できる油の量
1年あたり:25バレル
・サウジアラビアの1年あたりの原油産出に相当する量を
コパイバで作るのに必要なエーカー数
1825万エーカー(木の数でいうと: 182億5000本)
・コパイバの植え替えが必要な頻度
90シーズンごと
植えてから収穫までは15〜20年かかり、
熱帯地方以外で育つかは不明。」

元記事はlivedoorニュースです。→
http://news.livedoor.com/article/detail/3588472/

元記事には、もチョット詳しい比較が書かれています。
('∇^d) ナイス☆!!な発想なのですが…。
実現の可能性は薄いかも〜。
(^▽^;)

コパイバの木は南米原産ですから、熱帯性気候の植物です。
樹高は30mに達し、白い小さな花を咲かせます。
たぶん、マメ科コパイフェラ属の落葉樹だと思います。

アマゾン流域に生育が限られているそうですから、
日本での栽培は難しいでしょうね。
コパイバの苗は通販でも売られておりません(笑)。

樹高が30mでは栽培できる場所は限定されます。
植物園の温室でも無理かもしれません。。

画像で見ると、先のとがった卵型の葉が対生する
ごく普通の樹木かな。
何万年も前から自生するそうで、伝統薬用ハーブとして
現地のインディオが利用してきたそうです。

幹の内部の空洞に溜まる樹液を利用します。
ドリルで穴を開けたり、ナイフで傷をつけたりして採取すると。
通販サイトの説明では、「樹齢100年以上のコパイバから採取」
とあります。

木の寿命は長く、あけた穴には木の栓をつめたりして
大事に扱うんですって。
1本のコパイバの木から1年で採れる樹液は約40リットルで、
採れたては透明でサラサラ→空気に触れると色・粘度共に濃くなる
そうです。

コパイバオイルを車に使用できる期間が3ヶ月というのは、
オイルの粘度の関係かもしれません。

「コパイバは薬用ハーブ♪」
コパイバオイルを原油の代用に!
というのはアイデアの段階ですが…。
ハーブとしての伝統的な利用はポピュラーなようです。

検索すると、通販サイトがヒットします。
樹液に含まれる成分に強い殺菌作用と炎症を抑える効果があり、
患部に直接すり込むようです。

ハチミツに混ぜて飲むとのどの痛みを和らげるとか。
米国ではコパイバは食品添加剤として認証されているので、
安全性はOKなのでしょうね。

一度に大量摂取すると、めまい、吐き気、発疹のリスクあり。
妊娠中の人は使用は避ける。
この辺は、どのハーブにも共通の注意点です。

現地の人は香料として、コーヒーに混ぜて飲むそうです。
「独特の味と香り」ってどんなかな?
コパイバ配合の歯磨き粉も売られていますね。

お肌を柔らかくすべすべにする作用があるので、
香水、化粧品、石鹸、漂白剤、クリーム、ローション等にも
使われています。
ハーバルバスにも使えます。

う〜ん、通販サイトはいっぱいヒットしますが、
ハーブとしてのコパイバの情報はほとんどないです。
画像も転載できるものが見つかりませんorz

Wikipediaに「コパイバ」の項目ができてほしいなっと。
オ・ネ・ガ・イ♪(* ̄・ ̄)//\(◇ ̄*)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ダイエットハーブのガジュツ

ハーブのガラナはムクロジ科♪

ガラナの正体はよくワカンナイデス〜」
前回の健康食品のアサイージュースのサイトを見ますと、
「ガラナフレーバーでおいしい♪」とありました。
ガラナもアマゾンで採れるトロピカルフルーツかな?
と検索してみたのですが…。

たくさんヒットするのですが、ハーブのガラナの説明ではなく、
ガラナ飲料か強壮剤の通販サイトばっかりで(笑)。

ガラナの実からエキスやパウダーを作るそうです。
ガラナ飲料は北海道で人気があるらしいのですが、
ケロは知りませんね〜。

道産子ですけれど、ペットボトルに入った飲料水は
全く飲みませんから疎いのです。
画像で見るとコーラとソックリの色なのです。
お味は賛否両論でしょうか。
(^○^)

Wikipediaに「ガラナ」によりますと
「ガラナは、ムクロジ科ガラナ属のつる植物。
原産地はアマゾン川流域。
果実は小さく丸く房状に生る。果皮は赤く、熟すると実が弾け、
黒い種が現れる。ガラナの種子にはカフェインやタンニンが
豊富に含まれ、抽出エキスは疲労回復や滋養強壮効果あり。」

ガラナチョコレートが強壮剤として売られているんですって。
どんなお味かな?

花色は黄色です。
この画像からは全体像がわかりにくいですね。
樹高はどのくらいになるのかな?
ガラナ
↑Wikipediaから転載↑

アマゾン流域のインディオ『ガラニー族』が祭典のときに
飲んで三日三晩踊り続けるという事から名付けられたとか。
通販サイトの効能書きには
「ガラナはあらゆる器官の働きを助け、神経衰弱、
肉体・精神上の疲労回復、スタミナ増強作用、肥満、動脈硬化
に優れた効果を発揮する」とありますね〜。

現地のインディオは不老長寿の薬として珍重され、
種子を粉にして水やジュースに溶かして飲むと。

ハーブとしてのガラナの情報はほとんどナッシング。
苗も売られていないようです。
まあ、熱帯地方の植物ですから、日本での栽培は難しいでしょう。

でも、熱帯地方が原産地のコーヒーやカカオの苗は
売られていますから。。
ガラナは扱いにくいのかな?

ムクロジは石鹸の木?」
ガラナはムクロジ科ガラナ属のツル性植物ですが、
レイシ(ライチ)やフウセンカズラもムクロジ科です。

ムクロジは日本にも生えている落葉高木で、
樹高は20mに達します。
果皮には多量のサポニンが含まれ、水を泡立てる働きがあって
インドや東南アジアでは石鹸として利用されたそうです。

う〜ん、天然成分100%の植物性石鹸ですね。
今でも使われているのでしょうか?

黒い種子は堅くてよく弾むので羽子板の羽のおもりに
使われます。
有用植物ですね。
でも、今では、羽子板をする人はほとんどいませんけど。。

昔は、強壮剤として利用されたこともあったそうですが、
ムクロジサポニンは誤食すると胃腸障害や下痢になる
有毒成分だそうです。

こちらは苗も売られています。
果皮の石鹸性は面白そうなので試してみたいけど、
樹高が15〜20mではどしようもないかな(笑)。

ん〜、通販サイトでお値段を確認すると、
ちっこいポット苗が7000円以上しますorz

(・・∂) アレ?
「種は炒って食べられます」とか書かれておりますが…。
種は食べられるのかな?

今回は、ガラナから大きく脱線しちゃいました。
やはり、日本で栽培できない植物は情報が
少ないのですね〜。
(^▽^;)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アサイーの効果爆発♪

アサイーの効果爆発♪

アサイージュースで優勝!?」
アサイーはワカバキャベツヤシという和名からわかるように
やし科の植物です。
アマゾンが原産地ですから、熱帯雨林に適応した植物かな。

観葉植物でテーブルヤシを育てた方はお分かりでしょうけど、
しばらく育てていると花穂?が伸びてきて、
丸いツブツブがたくさんつきます。

最初は緑でそのうち多少黄色くなっておしまい。
ジミ〜なお花です(笑)。
ケロも、テーブルヤシやケンチャヤシを育てている時に
よく見ました。
株が弱るかなと、見つけ次第切り取っておりました。

アサイーの実も似た感じのようです。
画像で見ると、ほうきの先っぽのような細い花穂?
にブルーベリーのような黒っぽい丸い粒が付いています。

Wikipediaの「アサイー」によりますと
「アサイー果実100g中に含まれるポリフェノールは約4500mgで、
ココアの約4.5倍、ブルーベリーの約18倍。
鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、カルシウム等も豊富。
ジュース状にしそのまま飲むか、牛乳やヨーグルト、バナナ果汁、
イチゴ果汁等と混ぜて飲むことが多い。」

健康食品のジュースというと、「まずい。。」
という印象があります(笑)。
ノニとかガジュツとか、クセがあったり苦かったり。。

アサイージュースはストレートでもイケるようです。
アサイー自体はクセのないお味で、
混ぜた果汁のテイストになるようです。

凍らせた果実とミキサーで混ぜ混ぜするとスムージーに
なるのかな。
ヨーグルト、シリアルとあわせるのもオススメ!
とありました。

アサイーのパルプ(ピューレ)は、ネット通販で
簡単に入手できます。
検索すれば、いくつもヒットします。
ケロが見たサイトでは100g×4袋が800円でした。
それほど高くもないから、ブログのネタに飲んでみようかな。
(^○^)

販売促進用のイベントとしてベストアサイーニスト
選ばれておりまして…。
2008年度のヘルシー部門は「東原亜希」が受賞♪

「マイコミジャーナル」の記事によりますと。→
http://journal.mycom.co.jp/news/2008/04/10/005/
「アサイーは、別名「パワーフルーツ」と呼ばれ、抗酸化作用
のあるポリフェノールをやビタミンEを豊富に含むフルーツ。
東原は、柔道・全日本選抜体重別選手権男子100キロ超級で
優勝した夫・井上康生選手も愛飲しているようで
アサイーを使った内助の功が生きた? 」

ひがちゃん、よかったです〜。
井上選手、もいっこ勝てるとよいな〜。

「アサイーエナジーはコンビにでも買えます。」
黒いドロッとした果汁で、引いてしまいそうな見た目ですが、
果汁と混ぜて飲み安いお味になってるそうです。

「アサイヤシは「食用椰子」とも呼ばれ、ブルーベリーのような
果実は栄養が豊富素が驚くほど濃縮。若芽はアスパラガス
のような美味なサラダ素材「パルミット」として利用される。
アマゾンでは樹木の成長が早いため、持続的な収穫が可能。」

パルミットは缶詰や瓶詰めで売られています。
「椰子の若木の新芽で、アスパラガスとタケノコの食感を
持ち合わせている食材。繊維質が豊富でミネラル、プロテイン、
ビタミンB、Cをたっぷり含んだ低カロリー食品」
ということですが、アサイーヤシの若芽だったのね。

「アサイーのドリンク類の原料は、ブラジルの日系人が作る
農業協同組合CAMTAが供給元。トメアスーでは約50種もの
トロピカルフルーツが森林内に栽培され、
アサイーヤシもそのひとつ。」

アマゾンのジャングルを切り開いた農園で栽培されますが、
森林を伐採して単一の植物を植えてもダメなんですって。
何年かすると、病気が蔓延して全滅するそうです。

植林をして森を作り、森の中に胡椒、コーヒー、熱帯フルーツ
などの作物を植えると、肥料も不要で病気もでないと。
「アグロフォレストリー(森林農業)」が注目されているのね。

アサイーエナジーはガラナフレーバーですが、
ガラナも森林農業で栽培したトロピカルフルーツなのかな。
元記事は「日経ネット」です。→
http://eco.nikkei.co.jp/column/article.aspx?id=20070919ce000ce&page=1

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アサイージュースが飲みたい♪

ハーブのソフォンは天然バイアグラ?

1.ハーブで健康生活
ハーブのソフォンは天然バイアグラ?

ソフォンは、マメ科コチョウア科?のハーブで、
原産地はタイのメコン川流域。
その一部地域でのみ自生する熱帯植物だそうです。

怪しげなタイトルですけど(笑)、
以前の「ハーブのアシュワガンダは天然バイアグラ?」
の記事で検索していた時に、アシュワガンダと並んで
登場していたのがソフォンです。

でも〜、こちらは植物の画像も見当たりませんし、
熱帯地方のハーブというだけで、
1年草か多年草かも不明です。
もしかして樹木かも。。

植物で検索しているのですが、通販サイトがヒットします〜。
お花の画像はあります。
胡蝶蘭にも似たエキゾチックな深紅の花だそうです。

苗も売られていないみたいです。
日本では栽培できないのかな?
樹高も不明なの。

ええと、マメ科まではわかるんやけど…。
コチョウア科ってなに?
どのサイトにも同じ説明が載っているので、
元記事からの引用なのでしょうが。
マメ科コチョウア科は、ケロにはワカンナイデス〜。
q(T▽Tq)(pT▽T)p

ブテア スペルバ(Butea Superba)というのが
正式の名称のようです。
アカガウクルアとも呼ばれます。
幹を切ると真っ赤な樹液が染み出すからです。

ガウクルアの種類には白、赤、黒等があり、
白ガウクルア(プエラリア・ミリフィカ)は
バストアップの効果があることで有名なんですって。
白ガウクルアの樹液は白いのかな?

もひとつ、ねずみ色のガウクルアもあると。
「マメ科クズ属でやまいもの一種。
タイでは現在もガウクルアの根をすりつぶし、
はちみつなどで固め食べられている。」

つる性の多年草?
お花の画像からはツル性植物には見えないですけれど。
山芋の1種ならば多年草でしょうね。

あ、「アカガウクルア(ソフォン)の地上部のつるを切断すると
赤い樹液が出る」とあります。
山芋の1種でツル性植物と考えて良さそうです。

ヤムイモの根に似た塊茎を利用します。
すりつぶして食用にするみたいね。
生食かな〜?

2.ハーブで健康生活日記
赤ガウクルアにはバイアグラに似た効果があり、
現地の少数民族カレン族やモン族の間では古くから
強壮・強精、催淫剤として使用されていると。
「男性の性行動を活発にする秘薬」だとかw

「男性器を勃起させる物質がcGMP(サイクリックGMP)で、
勃起を終わらせる物質がPDE。
PDEと呼ばれる酵素がcGMPを分解する。
ED治療薬のバイアグラ(クエン酸シルデナフィル)は、
PDEの働きを抑制して勃起を持続させる。
アカガウクルアにも、PDEの酵素作用を阻害する同様の物質が
含まれていて、天然のバイアグラと言われる。」

なるほどね。
バイアグラの代用にはなりませんけれど、
日本の山芋も滋養強壮効果ありとされます。

(・・?だらけのソフォンです。
山芋の仲間なら育てやすそうに思うのですが、
耐寒性がないのでしょうね〜。

日本で栽培可能ならば、お花もきれいですし、
メンズの需要もありそうですからブレイクしそうなのに、
ザンネン。。

いえ、たぶん、自生している生育環境以外のところで
ソフォンを育てても効能が薄いのではないかな。
ダイエットハーブのフーディアがそうでしたよね。
ケロはむぎとろご飯でよいです〜。
(^∇^)アハハハハ!

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
アシュワガンダは天然のバイアグラ?

アサイージュースが飲みたい♪

1.ハーブで健康生活
アサイージュースが飲みたい♪

ポリフェノールや鉄分などの栄養素が豊富な
アマゾンフルーツ「アサイー」の果肉をブレンドした、
トロピカルフルーツシャーベットが発売されるそうです。

「アマゾンフルーツとは、トロピカルフルーツの中でも、
ブラジル・アマゾン川流域で採れる果物を指し、
高い栄養価と濃厚な味わいを持っているのが特長。
アサイーのほか、マラクジャ(パッションフルーツ)、
アマゾンチェリー(アセロラ)、カランボーラ(スターフルーツ)
などがある。」

それで、アサイーなのですが。
Wikipediaの「アサイー」によりますと、
「ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物で、
和名はワカバキャベツヤシ。
実の外見はブルーベリーに似ている。
アサイーの実は非常に栄養価が高い。アサイー果実100g中に
含まれるポリフェノールは約4500mgで、ココアの約4.5倍、
ブルーベリーの約18倍。鉄分はレバーの3倍で、食物繊維、
カルシウム等も豊富。
ジュース状にし、そのまま飲むか、牛乳やヨーグルト、
バナナ果汁、イチゴ果汁等と混ぜて飲むことが多い。」

う〜ん、何かすごい健康食品のようです。
凍らせてミキサーでかき混ぜてスムージー
(シャーベット状の飲み物)にもするんですって。

栄養価が高いので「奇跡のフルーツ」と呼ばれ、
現地の人の滋養強壮に役立ってきたと。
日本でも、スポーツ選手に人気だそうです。
疲労回復によいらしいですよ。

「アサイー」で検索すれば、関連健康食品が
たくさんヒットします。
日本でも、アサイージュース、アサイーヨーグルト、
アサイーキャンディーなどが販売されています。

ええと、サプリメントなどの健康食品はヒットしますが、
苗木は売られていないようです。
沖縄あたりで栽培可能に思えるのですが、
気候条件的に無理なのでしょうか?
アサイー
↑Wikipediaから転載↑

ヤシ類は根の張り方がすごくて丈夫です。
ケロも観葉植物に凝っていたころ、
ケンチャヤシ、テーブルヤシ、チャメヤシ、ビロウ
と楽しみましたけど、みんな強健でした。

「アサイーの普及に貢献した著名人に感謝の意味を込めて
「ベストアサイーニスト」の称号を贈っている。
歴代受賞者 2007年(第1回)
エナジー部門…中澤佑二
ヘルシー部門…水道橋博士
ビューティー部門…押切もえ 」

ピョハハ!(≧Θ≦ )人( ≧Θ≦)ピョハハ!
歴代といっても、始まったばっかりみたいです〜。
やる気まんまんのハーブですね(笑)。

2.ハーブで健康生活日記
それで、冒頭のシャーベット「アマゾンの恵み」は
本日3月17日から、全国で発売されます〜。


「アマゾンの恵み」には、「アサイー」果肉のほか、
マンゴー果肉、グアバ果肉、パッションフルーツ果汁の
全4種類のトロピカルフルーツをブレンドし、
「アサイー」独特の濃厚感がありながら、酸味、甘味の
バランスのとれたさっぱりとした味わいに仕上げている。


157円(税込)ですか。
冷やして食べたら美味しいのかな。
元記事はlivedoorニュースです。→
http://news.livedoor.com/article/detail/3551647/

健康食品はお値段が高いのですが、
アサイーはそれほどお高くもないです。

ブログをハシゴしていると、
アサイ・バナナ・ストロベリー・ミックスベリー・グラノーラ
・ハチミツを混ぜたトロピカルデザートの画像がありました。
DA COVE BOWL($6.50)だそうです。

うん、ケロ的には、冷凍アサイーを通販で買って、
アサイーミルクバナナとやらを作ってみたいなっと。
《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ〜

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ノニジュースの効能は?

ハーブと野菜の家庭菜園キット

1.ハーブで健康生活ハーブと野菜の家庭菜園キット
ハーブと野草の鬼割ってよいと思うのです。
紫竹ガーデンのようなワイルドな庭園がケロの好みです。

学生の頃、北海道1周旅行をしましたが、
オホーツク海側の原生花園が印象に残っています。
過疎が進行していると思うけど、今もあるのかな〜。

ケロ的には、室内の鉢植えでハーブや野草を管理するというのは
もう一つ気が進みません。
賃貸で暮らしていた頃は、屋外は利用できませんから、
もっぱら室内で観葉植物を育てていましたが…。

10号鉢以上の大きい株が中心でしたから、20鉢以上に増えると、
水やりなどの管理がたいへんです。
お水をあげた後で水受け皿のお水を捨てるのに、
大鉢を動かすのが重労働でしたね〜。

ニュースの記事に家庭菜園キットがありました。
家庭菜園キットは流行なのかな?
都会の方ですと、お庭がない場合がおおくて緑が少ないです。
家庭菜園キットなどでハーブや野菜を育ててみたいという
需要があるのかもしれません。

ケロの住んでいる田舎のホームセンターや
ガーデニングショップでも見かけるかな〜。
この辺ですと、空き地がいっぱいありますから、
お金を出して癒される必要もないような気もしますけど…。

この家庭菜園キットのデータは
>>
・商品名:エアロガーデン
・価格:23,400円(税込)   
・セット内容:本体+専用ランプ2本
 グルメハーブ:香菜、チャイブ、イタリアンバジル、
 紫バジル、ディル、ミント、パセリの種各1
・サイズ:幅約4747m×高さ約54.5cm×奥行き約27cm
・重量:約3.8kg(本体重量)
・消費電力:75W
・販売ルート:東急ハンズ渋谷店
<<

東急ハンズで売ってるのね。
用賀に住んでたころ、よく行きましたね〜。
通販まあると。
元記事の画像リンクでみてもらうとイメージしやすいと思います。

元記事はNIKKEI NETです。→
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=180184&lindID=4

「簡単に野菜やハーブを栽培できる家庭菜園キット。
季節を問わずに新鮮な野菜・ハーブを室内で簡単に栽培。
エアロポニック方式により土耕栽培に比べ約2倍の成長が可能。
エアロポニック方式(気耕栽培)とは、土を使用せず、
湿度100%の熱帯雨林の環境を再現し、酸素、水分、ミネラルを
理想的な配分で根に与え育てる栽培方法のこと。」

家庭菜園セットの見た目はインテリア水槽かな(笑)。
ホワイトとブラックが選べて、プランターというよりは
室内インテリアを意識しているのでしょうね。
インテリア水槽もカラーはほとんどブラックです。

「土や農薬を使用せずに水と栄養剤の補給だけで、
野菜やハーブなどを栽培できる家庭菜園キット。
発芽から生育まで2週間に1度水と栄養剤を足すだけで、
簡単にミニトマトやハーブを育てることができる。」

ハイテクを使ったスローライフな癒しかな?
ライト付きですから日照の問題もなし。
コンセントに接続して電源を入れるだけと。
ケロの駐車場より手間要らずかも〜。
びゃははは (≧ω≦)b

2.ハーブで健康生活日記
「専用灯による光の照射とエアロポニック方式で成長。
レタス実験では、土耕栽培と比較し約2倍の成長度合。
太陽光が必要ないため、キッチン周りのインテリアとして使用可能。
季節を選ばず新鮮で無農薬の野菜・ハーブが手軽に楽しめる。」

まあ、無農薬はそのとおりなのですが…。
日照も通風もないわけで、成長が早いのか、
軟弱に徒長しているのかビミョウのところかも〜。

気耕栽培ですか。
土なしでライトで育てるのね。
土から微量元素を取り込んでいるからハーブやお野菜は
健康食品なのじゃあないのかな〜。

お水に溶かした栄養剤を吸い上げるだけじゃあ
あんま栄養豊富に思えないのですけれども…。
・・・( ̄  ̄;) うーん

この家庭菜園キット「エアロガーデン」に対抗して、
ケロも雑草セットの「ケロズガーデン」を考えてみました♪

・ヨーグルトのプラスチック容器の底に霧で穴を開ける。
フタを水受け皿の代わりにする。
・道端の土をひとつかみ採集する。
適当に雑草を引っこ抜いてきて植え込む。
・明るい窓際で管理する。
ときどきお水をあげるほかは放置。

こんな感じかな〜。
うまくいって楽しめたら、雑草をハーブに代えてみるの。
家庭菜園キット「エアロガーデン」は23,400円(税込)orz
ケロも雑草セットの「ケロズガーデン」は完全無料!?
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ! 

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
紫竹ガーデン♪

ハーブティーのゆず茶再び♪

1.ハーブで健康生活:ハーブティーのゆず茶再び♪
12月22日は冬至でした。
冬至といえばハーブのユズです。
ゆず湯ですね〜。

ケロもゆず湯は大好き♪
冬は特に体がポカポカ温まって気持ち良いのです。
実家では必ずお風呂はゆず湯をリクエストします。
ケロはわがままです〜。

ニュースサイトにもゆず湯の話題が出ておりました。
「香りも楽しむ…あったか「ゆず湯」登場」だそうです。
元記事はizaニュースです。→
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/topics/111304/

「大阪市の「清水湯」ではお風呂にユズを浮かべた
「ゆず湯」がお目見えした。
湯船には昨年より200個多い、約900個のユズが浮かび、
冷たい雨の中、入浴客を体の芯から温めた」んですって。

900個のゆず!
記事で湯船の画像を見ることができますけど、
う〜ん、温かそうです。

ケロも道産子なのでよく銭湯に行きました。
冬は寒いのでお家でお風呂沸かすよりも、銭湯のほうが
広くて暖かくて気持ちよかったの。

最近は近所に銭湯はなくなりました。
車で健康ランドに行くのかな。
ちょっとケロのイメージとは違うかも。。

2.ハーブで健康生活日記
確か去年もこの時期にゆず湯とかゆず茶の話題を書いた
ような記憶があります。
このブログも1年続いたのですね〜。
ま、途中何度も中断しているので、正味は半年位かな〜。
(^○^)

今年ももらいもののゆずをゲットです。
ゆず湯も良いのですが、なかなかお風呂を沸かして
ゆっくり入浴するお時間がないのです。

また、ゆず茶にしました♪
甘夏みかんを砂糖漬けにするとマーマレードです。
ゆずを砂糖漬けにするとゆず茶になります。

ゆずは皮の部分を薬味に使いますが、果肉は酸っぱいので
そのままでは食べられません。
もったいないなとハチミツに漬けてみたのでした。
ゆずのジャムになるかなって。

あとでネットで検索して(⌒▽⌒;) オッドロキー
なんとゆず茶はトレンディーな健康食品ではありませんか。
ケロはたいしたもんです〜。
まさに、必要は発明の母ですね。
勝利ぃ♪v('∇'*)⌒☆ブイブイッ!

作り方は「ゆず茶」で検索すると、ていねいに画像付きの
解説サイトがいくつもヒットしますから。
そちらを参考にしていただくとして、
どなたにでもできます。
ケロが自分で作ってるくらいですから(笑)。

ゆずには様々な有効成分が含まれています。
・カルシウムの吸収も高め、疲労物質の乳酸の生成を抑え
老化予防・疲労回復の効果があると言われているクエン酸
・抗酸化作用があるといわれているビタミンCもレモンの約3倍
・食物繊維として腸を整える働きがあり、下痢や便秘などを
予防する効果があるペクチン
などです。

韓国では柚子茶(ユジャチャ)は欠かせない存在のようです。
風邪が流行る時期ですから、風邪の予防にゆず茶でビタミンC
を摂るのがよいかも。

注意点は、無農薬、無ワックス処理、無防カビ剤処理の
ゆずを使うことです。
薬まみれのゆずで作ったゆず茶では健康生活にはなりませんorz

ただ、ゆずは皮を薬味に利用するために栽培されていますから
日本産のものなら大丈夫かと思います。
薬味として食用になる材料であることを確認しましょうね♪

皮は汚れを落とす程度にザッと洗います。
たわしでゴシゴシこすると、川に含まれている貴重な
ペクチンが失われてしまうのです〜。

ゆず茶を練りこんで焼いたパンもケロの好みです。
ほろ苦さと甘味が程よくミックスされております。

甘味料はグラニュー糖でもOKですが、
ケロは蜂蜜を使っています。
こちらのほうが健康生活っぽいかなと。
(^▽^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
冬至のユズ

全粒粉で低インシュリンダイエット?

ダイエットというと、寒天とかコンニャクとか低カロリーの食品を利用するものが思い浮かびますが。
これにも限界があるそうです。

まあ、カロリーをカットするわけですから、筋肉がやせて体力や持久力もダウンしますね。
リバウンドしやすいし、基礎代謝が減ってエネルギー消費が少なくなるので、逆に太りやすくやせにくい体質になります。

そこで登場するのが、低インシュリンダイエットです。
インシュリンが出にくい食品を食べることで、特別な運動も必要なくリバウンドなしにやせられるダイエットです。
アメリカから紹介されて、TVでも取り上げられたそうです。

GI(グリセミックインデックス)値が低い食品を選んで食べるだけでいいんですね。
GI値の一覧表がありますから、検索してみてくださいね。
おもしろいですよ。

葉野菜、乳製品、ナッツなどは低いですね。
以外なのはジャガイモ90、ニンジン80かな。根菜なのにずいぶん高いですね。
こういうのは失格です。食べないようにします。
白米は84でダメですね。全粒粉は45で良しと。

あ、なぜインシュリンが少ないといいかはですね、通販サイトをのぞくと…

食事→血糖値上昇→上昇した血糖値を元に戻すためにすい臓からインシュリンが分泌される→インシュリンは血液中の糖をエネルギーとして筋肉へ送る→糖が余ると脂肪に変えて体内で蓄える→太る、というのが肥満への流れですが…

インシュリンが出にくくなれば、この流れが切断されるというわけです。
完璧な理屈に思えますが、本家のアメリカではすでに疑問とされているようです。

血糖値の上昇を抑制→インシュリン分泌を抑制→脂肪がなくなるという理論葉実証されていないようですね。
余った当を脂肪に変えるインシュリンが過度に抑制されると、糖尿病の危険もあるとか…
高タンパク質食を摂りつづけるとカルシウムの吸収が悪くなり、骨粗しょう症の危険もあるとか…

そうですね〜。
ケロは、TVがないから情報過疎ですが、最近はどうなっているのでしょうか。

理論的なことはサッパリですが、ニンジンは食べないほうがよいという当たりで、ホントデスかって思いましたけれどもね。
白米に玄米を混ぜる程度で、バランスよく普通の食事をしてればいいのではないですか(笑)。

ケロも含めて、ほとんどの人が運動不足ですよ。
お散歩でもして、体を動かすのがいいです。
タダですし… (^◇^)

あ、ハーブもいいのですよ。
ハーブティー、ハーバルバスといろいろ使えます。
GI値の表をながめるよりも、庭に出てハーブをいじってる方が効果ありますよ。

全粒粉パワー?

「リーンなパン」と「リッチなパン」なんていう分け方があるんですね。
リーンなパンといえば、基本原料である小麦粉、水、イースト、塩だけでつくるパンのことです。
リッチなパンとは、卵や油脂、砂糖、乳製品などの副原料を生地に練りこんで焼いたパンのことです。
お料理との相性で、使い分けているんですね。

ケロのパンはリーンなパンですけど。
全粒粉パンもリーンなパンの分類に入るのでしょうね。
全粒粉を60%以上混ぜて焼くという全粒粉パンもあります。

え〜と、全粒粉を混ぜると食感がよくなるのですが、栄養的な面からもオススメです。
ふすまや胚芽を捨てないので、そこに含まれる栄養分も丸ごと摂り入れられます。

@腸を刺激して活性化させる食物繊維が豊富。
お腹の調子がよくなります。老廃物の排出にも役立ちます。

A女性に多い貧血う防ぐのに必要な鉄分を含みます。
鉄分は、1日あたり成人男性は1日10mg、女性は12mg必要だそうです。

B夏バテ、だるさ、集中力不足に効果のあるビタミンB1も豊富に含みます。
ビタミンB1は、ごはんやパンの糖質を分解する酵素を助けて、エネルギーに替える働きをします。

Cしっかりかむことで、頭によい刺激を与えて脳の発達を促すだけでなく、消化も促進します。
確かに、硬いものを食べる機会は減っています。

ほんの数十年前は、栄養があって柔らかいものが喜ばれたはずです。
おいしくて栄養タップリのものをたくさん食べるのが、豊かな食生活だったはずです。

いつの間にか、カロリーが低くて硬いもののほうが喜ばれるようになっていますね。
ダイエット食品といえば、低カロリーやノンカロリーの食品がいっぱいです。
日本は豊かな国です。

D胚芽に含まれる小麦胚芽油には若返りのビタミンといわれるビタミンEを含まれています。
ビタミンEは血行を良くして肌の代謝を高め、小じわ等の老化から肌を守る、紫外線から肌を守りシミ、ソバカスを予防する効果(抗酸化作用)を持つとされます。

さらに、持久力を向上させて体内の酸化を防止し、体内の血行を促進して体の動きを柔軟にする効果もあるそうです。
何か、アンチエイジングの切り札のようですが(笑)。

ハーブにも抗酸化作用とか、老化防止とかを効能とするものがいくつもありますが…
ほんとのところどうなのでしょう。
まあ、不老長寿というのは、人類の見果てぬ夢ですから、これをウリにする商品はなくならないでしょうが。

どんなハーブでも薬品でも、老化と死は遠ざけられません。
老化をチョットだけ遅らせることはできるかな。
それだけでもすごいことではありますけれど。

ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!の関連記事
全粒粉

全粒粉

コムギはハーブではなく、穀物ですね(笑)。
精製した薄力粉がよく使われます。
ケロも1kg980円の薄力粉を愛用しています。
コーヒーのお茶請けのパンは、この薄力粉にハーブを混ぜて焼くことが多いです。

最近は、ユズ茶を混ぜたユズ茶パンにはまっています。
めんどくさい時は、天塩だけの塩パンになります。
砂糖とか膨らし粉とかはなしです。
お水で溶くだけね。

で、全粒粉ですが、口当たりがサクサクしておいしいです。
いま、黒ゴマ入り全粒粉ビスケットを食べながら、記事を書いてます。

コムギは@ふすま:コムギの外皮の部分。
A胚芽:発芽して目になる部分。
B胚乳:コムギの8割以上を占めるデンプン粒とタンパク体の集まり。
これらを含んでいますが…

製粉されて小麦粉として使われるのは、胚乳の部分だけです。
小麦粉でパンを焼くと城っぽくてふんわりとした感じに焼きあがります。
ホットケーキを思い浮かべればいいですね。

でも、全粒粉はコムギの粒をまるごと全部粉砕したものです。
ふすまや胚芽に含まれる栄養分も取ることができます。
何より、ざっくりした食感がなんともいえません。

この歯ざわりを生かした全粒粉パンやアルチザンブレッドは、人気があるそうです。
全粒粉ビスケットは、全粒粉8.1%使用とありますが、1割弱混ぜただけでこんなに食感が変わるんですね。

全粒粉を買ってきて、好きなだけ混ぜて、お味を試してみたいです。
これ以上、全粒この割合が増えると、モサモサした感じになるのかな。

あ、でも、成分表示を見ると…
小麦粉、ショートニング、砂糖、小麦全粒粉、黒みつ、黒ごま、食塩、膨張剤といろいろ入っています。
商品ですから、消費者の嗜好に合わせて、ちゃんと工夫してるんですね。

ケロが適当に焼いても、このお味にはなりそうもないですね(笑)。
ハーブと全粒粉は相性がよさそうなんですけれど。

バンカープランツのソルゴー

バンカープランツソルゴーです。
ケロの基準では、有用植物のソルゴーはハーブですが…
普通は飼料用あるいは緑肥用植物とされます。

イネ科の1年草です。
飼料用ソルガムの1タイプで、ソルゴー型ソルガムともよばれるそうです。
トウモロコシをワイルドにした感じで、草丈は人の背丈を越えます。

ナスのソルゴー障壁栽培など、防風を兼ねて、土着天敵を住まわせるバンカープランツとしての利用が注目されています。

バンカープランツ=おとり植物で、天敵を増やして農薬散布量を減らすのが目的です。
バンカープランツの種代が農薬よりも安ければ、農家の人にも経済的なメリットがあります。

他に農薬散布の作業量が減るし、農薬による健康被害の危険も減ります。

消費者は、農薬が少ないほうが安心して食べられます。

生産者と消費者の両方にメリットのあるうまい方法に思えるのですが…
まだ、歴史が浅いので、これからのデータの積み重ねが待たれます。

通販サイトで見かけたバンカープランツを忘れないようにメモしておきます。
@ヨモギの種、1デシリットル入、840円(税込)
ヨモギにはヒメヨモギヒゲナガアブラムシやヨモギヒゲナガアブラムシがつきます。
それらの天敵のフトオビテントウムシなどのテントウムシ類やアブラバチがやってきて、同時にナスにつく、ヒゲナガアブラムシをやっつけてくれます。

ということです。
ヨモギって、けっこう大きくなるし、アブラムシがつきます。
引っこ抜いていたのですが、天敵に住処やえさを提供していたんですね。

まあ、ナスを作っていませんから関係ないのですが(笑)。
ヨモギは野草風呂に使おうと思っています。
何株か残しておこう。
いま、ちょうど、小さな芽が伸びかけています。

小さな葉っぱはシルバーリーフできれいです。
今の時期のヨモギが一番かわいらしいですね。

A低性ソルゴーの種、1kg入、1470円(税込)
草丈が150cm位の低めの品種です。(普通は300cm位)
ナスの害虫ミナミキイロアザミウマの天敵、ヒメハナカメムシを呼び込みます。ソルゴーにつくアブラムシはナスにはつきません。
風よけにもなり、果実の風害も防ぐ役目をもっています。農薬飛散(ドリフト)による障壁作物(ガードプランツ)としても注目されています。

ということなんですね。
この食物連鎖の関係は複雑で、一面的に益虫、害虫と決め付けられないところが難しくて…
そして、おもしろいです。

害虫だからと駆除してしまうと、どこかでバランスが崩れてしまうんですね。
そうはいっても、農家の人は生活がかかっています。
消費者も、スーパーでナスが買えなくなっては困ります。

農薬の散布量を減らせる点で優れていると思いますが、食物連鎖のバランスからするとバンカープランツも完璧ではありえません。
ただ、一歩前進には違いないです。

農地と住宅地が接近してくると、農薬散布に関するトラブルも予想されます。
農薬飛散(ドリフト)を防ぐ障壁作物(ガードプランツ)を考えなくてはいけないのですね。

ハーブに比べて農作物は生活や食に直結するだけに難しい問題が多いです…

ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!の関連記事
ハーブのバンカープランツ?

毎日くだもの200g運動

毎日くだもの200g運動というのがあるそうです。
毎日ハーブ200g運動なんてどうかしら?
あ、毎日ハーブを200gはキツソウですね(笑)。

え〜と、2001年からやっている市民運動のようなものなのでしょうか。
消費者のほかに、生産者や流通業者が加わっていますから、果物の消費量を増やす狙いもありそうです。

生活習慣病の広がりを抑えるために、2000年に政府関係省庁が出した「食生活の指針」がベースになっているそうです。
1日200gというと、おリンゴ1個分です。
ミカンなら2個分ね。
これくらいなら毎日食べていますよね…

食事に果物を取り入れると生活習慣病の予防になるということです。
メタボリック症候群に勝つというわけですか?
あと、ガンの予防にもなるとされます。

@発がん物質の生成を抑えるビタミン類を含む。
A老廃物を排出する食物繊維を含む。
Bストレスや肥満で増える活性酸素を不活性化する抗酸化物質を含む。
といったことが根拠のようです。

果物は甘いけど、野菜と比べて特にカロリーは多くないんですね。
例えば、100当たりのカロリーは、リンゴが54ki、ミカン45kiに対して、ゴボウは65ki、ワサビは88kiなどです。

さらに、生で食べることが多いので、熱の影響なしのビタミン類を摂取できること。
高血圧の原因となるナトリウムの含有量がやしよりも少ない。
などの利点があります。

アメリカでは、1991年から、くだものと野菜を1日400g以上食べようという運動がおこり、ガンの死亡率が低下したそうです。
高血圧や糖尿病にも有効だと分かってきました。

ケロも果物は好きですよ。
難しい理屈はわかんないけど、食べてると体調がよいですからね。
お店で見かけて、食べたいと思ったものを買ってきます。
体が要求しているものだからです。

ハーブもダイエットサプリメントや健康食品としてよ〜く登場しますけど、生活習慣病に対してはどうなんでしょうね。

菜の花プロジェクト

菜の花プロジェクトというのがあるそうです。
環境運動のひとつみたいです。
バイオマスとかリサイクルとかそういう流れです。

え〜と、まず、転作田に菜の花を植え、ナタネを収穫し菜種油にする。
次に、油かすは肥料や飼料に、菜種油は家庭の料理や学校給食に使う。
そして、使用済みの廃食油は回収して、石けんや軽油代替燃料にリサイクルして再利用する。
こんな流れのようです。

菜の花から採れる菜種油を利用したバイオ・ディーゼル燃料(BDF)は、化石燃料に頼らない、しかも二酸化炭素を抑える代替エネルギーとして注目されています。
ドイツなどの諸外国でも、こうした動きがあるそうです。

家庭で使う植物油は廃食油回収に協力して、せっけんやバイオ・ディーゼル燃料として再資源化する「資源循環・リサイクル」の活動として、全国に広がりを見せています。

菜の花畑はきれいです。
養蜂や観光の面でもメリットがあります。
地球温暖化を止めるために、二酸化炭素の排出量を減らさなければいけないことは明らかです。

ですから、こうした動きはよいことです。
国や地方公共団体もバックアップしています。

ただ、どうもケロにはピンときません。
CO2の排出量が多いのは、工場や自動車ですよね。
ホントに減らすには、法律でこれらを規制するしかありません。

個人の趣味や啓蒙活動としての意味はあると思いますが、ちょっと無理があるような気がしますけど…
できることから協力することには賛成ですけど。

う〜ん、ダイオキシンが出るから焚き火は止めましょうとか…
なにか、肝心のところには触れないで、細かいところをいじってるような気がしますよ。

菜の花植えるのも、焚き火禁止するのもいいですけど、それはイベント的なものであって、根本的な解決策じゃないはずです。
どうも、そこらへんを意図的にボカしているのが気になります。

ケロですか?
農薬や殺虫剤は使わないで、土壌汚染をしないことで地球に優しくしたいです。
あ、農家の方が使うのはお仕事ですからね。

ケロもスーパーで野菜や果物が変えなくなっては困ります。
ケロのような趣味=遊びでは、そうしたものを使う必要もないかなということです。
殺虫剤をかけていないハーブを食べたいですからね。

イギリスで「精神に良い」食品が人気

以前、ハーブにいやされる暮らしのカテゴリだったと思うけど、発芽玄米の効能の記事を書きました。
そこで、GABA(ギャバ)の話題に触れました。

GABAは抑制性の神経伝達物質で、人がイライラする、神経が高ぶって眠れない、パニック状態にあるなどのときは、脳内のGABAの量が減っているそうです。
この状態の時にGABAを摂取すると、症状が改善のでGABAにはリラックス効果があるのでは、ということでした。

それでですね。
またまた、ネットをハシゴしていますと、ライブドアニュースに「イギリスではオメガ3脂肪酸、γ-アミノ酪酸(GABA)、L-テアニン、ビタミンB群、ホスファチジルセリン(PS)などを含む「精神に良い」食品が人気」だそうです。

最近では精神面への効用に注目が集まっているんですって。
オメガ3脂肪酸は児童の知力の発育に、ビタミンB群は緊張をほぐしうつの抑制に、PSは記憶力の増強に、L-テアニンは精神を安定させ集中力を高めるのに役立つんですね。

GABAっていうと発芽玄米が思い浮かぶのですが…
グリコのメンタルバランスチョコレート「ギャバ」には、1袋50gあたり140mgのGABAが含まれています。

「ストレス社会で戦うあなたに。チョコレートでホッとしよう」がキャッチコピーです。
これはアピールしそうに思うのです。
皆さん、お疲れです。
疲れると甘いものがほしくなりますからね。

ミルクのクリームフレーバーとビターのブランデーフレーバーがあります。
これも、女性と男性とでターゲットの好みを考えていますね。

メンタルバランスココア「ギャバ」ココアもあります(笑)。
これからは、「精神に良い」食品が売れ筋になるのかもしれません。

ケロですか?
う〜ん、健康ブームですからね。
否定はしませんけど…
GABAっていっても、特殊なものではありませんよね。

白米でも100あたり1mg、発芽玄米なら100あたり10mg含まれています。
毎日のご飯で少しずつ体に取り入れるほうがよさそうです。
バランスのよい食生活をするのが一番かもしれません。

ところで、GABAって以前は食物で摂っても脳には届かないとされていましたよね。
食べて不足分を補えるということは、最近証明されたのかな?

ハーブもそういうところがありますが、健康食品はいっそうわかりにくいですよ。
宣伝されている効能のどこまでがホントなのでしょうね。
(^▽^)

ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!の関連記事
発芽玄米のギャバ?

食べる香水?

香りのよいハーブを生で食べたり、ハーブティーにして飲んだりしたら、体の中からよい香りがするのでは?
という素朴な疑問があったのですが…

いつものようにネットでハシゴをしていると、ライブドアニュースに「食べる香水」とあって、のぞいてみたのですが…
フランスの食品専門家が東京で、香水を含んだ砂糖を発表しているらしいけど、記事はほとんどなくて内容は不明。。

健康に害のない香水の成分を経口で摂取するってことかな?
まあ、大々的に発表するくらいだから、安全性に問題はないのでしょうけど。
って思ってたら、臭いの成分を含む食品を食べて、体から良い香りが漂う商品てもういろいろあるんですね。

テレビがないし、週に1回必要なものを買いに行くだけなので、完全に情報過疎です。

ネット上には女性用、男性用と取り揃えられています。
気付かなかったけど、お店でも売られているのでしょうね。
検索上位にズラッと並んでいるから、たぶん売れているのでしょう。

カネボウフーズから、キャンディー、ガムなどが発売されています。
女性向けには、「食べる香水?カラダ香る。キレイに香る。」というキャッチフレーズの「フワリンカソフトキャンディー・ローズ」があります。

食べて1〜2時間すると、バニラ系の甘い香りがするというです。
匂いの成分の中で最もヒトの汗腺から出やすい「ゲラニオール」と「バニリン」という成分が配合されているんですね。

コラーゲン・ビタミンC・ヒアルロン酸などの美容成分も配合されており、女性心をくすぐります。
カロリー控えめのシュガーレスタイプで、ダイエットも意識してますと。
パッケージも明るくにぎやかな、カワイイ系のデザインです。

え〜と、男性向けはですね、「オトコ香る。」というのがでてます。
体から放出されやすいバラに含まれる香気成分「ゲラニオール」
配合というのは一緒です。

滋養・強壮成分豊富な健康素材「マカ」を配合してます。
ハーブのマカが登場してますね(笑)。

粒タイプのシュガーレスガム。
ローズ味をベースに、アップルやライチなどの甘さと、ミントの清涼感を加えた男性に好まれる爽快な風味、だそうです。

んと、ローズ+アップル+ライチ+ミントの風味???
チョット欲張りすぎなのでは…
まあ、ミントの清涼感はわかるけどさ。
パッケージは黒に赤いバラとシブイです。
ターゲットを絞り込んでるんだ。

ケロですか?
そうですね、ブログのネタに、ひとつ買ってきてもよいのですが…
甘ったるいのは苦手なのです。
人口甘味料に敏感で、舌に残る甘さはイマイチ好きになれません。

ハーブの日本ハッカを名までかじっていますからね。
あ、ハーブのレモンバームも同様です。
これで十分かもです。 (^◇^)

日本テルペン化学工場跡地の土壌掘り起こし・土壌汚染

神戸市中央区脇浜町の日本テルペン化学工場跡地の土壌掘り起こしで、周辺市民らの健康被害が続出しているそうです。
ライブドアニュースに、71歳の女性が失明寸前という記事が載っていました。

詳しい経緯や事実関係は知らないので、記事からの情報しかないです。
群馬と兵庫では、離れていますから傍観者ですが…
土壌汚染はこわいです。

土壌汚染 (どじょうおせん)とは、土壌中に重金属、有機溶剤、農薬、油などの物質が、自然環境や人の健康・生活へ影響がある程度に含まれている状態をいう。典型七公害の一つ。土壌へ混入した原因は、人為・自然を問わない。
Wikipediaから引用↑

ちなみに、典型七公害とは「大気汚染、水質汚濁、土壌汚染、
騒音、振動、悪臭、地盤沈下」を指します。
アスベストやダイオキシンの問題もありますね。

土壌汚染は、目に見えないところで長期に渡って有害ぶしつが蓄積されるのが特色です。
目視できず、体感されにくいため、対応が手遅れになることが多いです。

研究が進んで危険性が認識され、規制されるまでに汚染物質が大量にタレ流されてしまったケースもあります。
地盤強化剤のクロム鉱さいやドライクリーニングの洗浄剤のテトラクロロエチレン(PCE)などですね。

ハーブのステビア関連で、ステビア農法に触れましたが…
その中に「ステビアの成分には、ダイオキシンやニコチンなどの有害物質を分解する働きもある」という記述がありました。

農作物を栽培する畑などに、問題となるほどの量のダイオキシンが含まれているのか不思議でしたが…
そういう危険はあるようですね。

「周辺の自然や人へ影響がない程度、例えば農用地畑等への農薬散布による農薬が含有している状態については、土壌汚染とは言わない」そうです。

ただし、「農薬を大量に使用した場合には、ダイオキシン類濃度が環境基準を超過する場合には汚染対策が必要である。」
とされています。

バンカープランツでも、農作物は収穫までに何度も消毒を繰り返すという話が出てきました。
法律で定めた基準を守っていれば大丈夫といわれますが、ホントのところはどうなのでしょう?

農家の方が農薬の影響で健康を害する例があることは、知られている事実です。
はたして、人に影響のない程度と言い切れるのでしょうか?

ハーブとは離れた話題ですが、日本テルペン化学工場跡地の土壌掘り起こしによる健康被害がこれ以上広がらないことを祈っています。

ハーブのバンカープランツ?

ハーブに限らないのですが、バンカープランツなるものがあるそうです。

天敵をふやしたり温存する作物・植物のことで、バンカーは「銀行」の意味です。
bank ですね。

このバンカープランツに天敵を棲ませることで、作物につく害虫を防除しようとするわけです。
バンカープランツがなくても、天敵はえさを求めて現れますが、それでは不十分で農作物の収穫が激減してしまいます。

バンカープランツの混植・混作で天敵が現れる時期が早まると、被害を減少できます。
以前は、農薬の消毒以外のこれらの方法は農家の方には、受け入れられにくかったようですが、徐々に取り入れられて成果も出ているようです。

注目されているのは、ナスの周囲にソルゴーをつくるやり方です。
ソルゴーにヒメハナカメムシ、クサカゲロウなどの土着天敵が増えて、それがナスのミナミキイロアザミウマやハダニ、アブラムシなどの害虫を食べるので、消毒の回数が減らせるようです。

これで効果があるなら、農薬による消毒の回数や費用が節約できます。
ソルゴーの種代と比較して、ペイするはずです。

安全性の基準はクリアしているのでしょうが、収穫までに何十回も消毒を重ねると聞くと、安全性に不安があります。
ホントのところはわかりません。
でも、農薬の消毒は最小限の方が安心できます。

ま、個人が遊びでガーデニングをする程度なら、天敵の出現が多少遅れてもあまり問題ありません。
ケロの場合は、まったく問題なしです。

バンカープランツとしては、ムギ類、ソラマメなどの他に、ハーブのバーベナ、マリーゴールド、クローバ、ヨモギなども使えるみたいです。

ハーブ関係は全部そろっていますね。
ただ、これらのバンカープランツに保護されるような作物がないですね。
他のハーブたちも、バンカープランツに負けないほど強健なものが多いです。

チアシード・その3?

ハーブのバジルのからみで、バジルシードとチアシードを取り上げてきました。
そろそろ、終わりにしたいです。

チアは、「シソ科ミント系サルビア」の植物だそうです。
原産地はメキシコ中部。
1年草で、草丈1メートル、葉の長さ4〜8センチ、幅3〜5センチにまで生長するそうです。
大型の植物ですね。

サルビアの仲間には丈夫のものも多いです。
紫色か白色で、茎の先端に無数のフサ状の花をつけるようです。
画像で確認できませんでした。

チアを家畜の飼料に加えると、家畜の肉に含まれる飽和脂肪酸=悪玉コルステロールの含有量を大幅に減らせるそうです。
ウシや鶏の飼料とすることで、ヘルシーな食材が手に入るわけです。

チアは、たんぱく質、ミネラル、ビタミンBを豊富に含み、飼料として与えるのも簡単だそうです。
チアエッグはいいかもしれません。

チアの葉は殺虫効果を持つ油を大量に含むので、非常に強力な虫除け効果をもつそうです。
コンパニオンプランツとして利用できそうです。
緑肥としてすきこむと、防虫効果はどうなるのでしょうか?

魚のエサにチアを使用すると、魚の品質低下を防ぎます。
さらに、魚や魚肉製品に蓄積されている恐れのあるダイオキシンや水銀などの有害物質を分解する働きもあります。
ステビアにも、ダイオキシンやニコチンを分解する働きがありました。
似ていますね。

スペインに占領されたあと、原産地のメキシコでもチアの収穫量は減っているようです。
メキシコ、グアテマラ、ニカラグア、米国南部(カリフォルニアとアリゾナ)の一部の人々の間で、水・レモン汁・砂糖と混ぜて飲み物にしている程度だそうです。

ダイエット食品として注目されたことで、栽培が増える可能性があるのでしょうか?
飼料としても使えそうですが、ペイするかは難しそうです。
そして、健康食品やダイエットサプリメントの寿命は短いです。

ハーブのチアは復活できるでしょうか。
ヽ(~〜~ )ノ ハテ?

追記:忘れそうなので、ここにφ(.. )メモシテオコウ
ハーブのバジルは、ドライにすると香りと色が落ちます。
塩漬けにすると、半年くらいは香りと色がフレッシュと変わらず楽しめるそうです。
バジルの塩漬けの仕方や利用方法は all about で確認できます。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのバジルシードでダイエット(笑)

ハーブのバジルシードでダイエット(笑)

ハーブのバジルの種がバジルシードです。
おもしろいので、しつこくバジルシードとチアシードのお話を続けたいです。

え〜と、TBS系の○○バディとかいうステキな番組で取り上げられて、ブームになったのでしょうか。
ケロは、テレビがないのでこのあたりは情報過疎です。

バジルシードは「タイ原産のシソ科の植物オシマム・カヌムの種子」だそうです。
これは、ふつうに日本でも売られているシソ科メボウキ属のスウィートバジルのことでしょうか。
たぶん、学名のオキムム・バジリクム、Ocimum basilicumのことをオシマムと表記しているのだと思います。

でも、バジルは種類が多いです。
約40種類とも、品種改良されたものを含めると150種類とも言われています。
タイ料理でよく使われるのは、ホーリーバジルといわれるものだと思うのですが、これを指しているのかな?
タイ名はバイカパオで、スパイシーな香りが好まれタイ料理にはよく使われるそうです。
ホラファバジル(タイ料理に使われ、アニスの香り)なんていうのもありますね。

ケロの知識では、同定できません〜。
ヽ(*´▽)ノオテアゲー♪

バジルシードの水につけたときの膨張率は30倍です。
チアシードの水につけたときの膨張率の10倍よりも優れています。

ただ、タイとカンボジア産のバジルシードに付着したカビに発がん性物質が検出されたため、安全性に疑問が持たれたようです。
バジルシード自体に発がん性はなく、現在輸入されているものは検査に合格して安全性に問題はないということです。

ま、イメージダウンしたわけですね。
そこで、代わって登場したのがニューバジルダイエットシードだそうです。
スィートバジルシードとは違い、メキシコ産のシソ科サルビア属ミントのチアシード(ミントバジルシード)を使用しているので安全性もバッチリです。
メキシコで栽培された種を日本国内で殺菌処理していますね。

チアシードにはアミノ酸、食物繊維、カルシウム、マグネシウムなどを含むのですが…

「チアシードはタイ産のスィートバジルシードより種の油分(α-リノレン酸等の良質油分)が多く含有され、必須アミノ酸を初め多くのアミノ酸が含有されています。」ということが、どこのサイトにも書かれております〜。
引用先は省略して、孫引きさせていただきます。
(^人^)感謝♪

チアシードには約30%もの油分が含み、その油分の60%以上にαリノレン酸が含まれているそうですね。
バジルシードにも食物繊維やa-リノレン酸は豊富に含まれているということですが…
その差はどのくらいあるのかな〜。
ヽ(~〜~ )ノ ハテ?

チアを飼料として与えた雌鳥の卵の卵をチアエッグと言い、酸化に強い安定した鶏卵になるそうです。
安全性に問題がなければ、飼料として使うのが面白いかもしれませんね。

悪口ブログになりつつあるので、次回はハーブのチアの良い所ところを探してみたいです。
使い方しだいでハーブはやはり有用植物です♪

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
ハーブのチアシードでダイエット?

ハーブティーのユズ茶

ハーブユズです。
以前、もらい物のユズがたくさんあって、皮はおうどんや鍋物に使ったのですが…
中身は酸っぱくて食べられません。
もったいないので、ハチミツに漬け込んで食べたのですが、おいしかったです。

という記事を書きました。
ケロはテレビもないし、情報過疎の世界に生きています。
ユズをハチミツに漬け込んだのは、ハチミツレモンを思い出したからでした。

検索してみると、なんとユズ茶なるものがあるではありませんか。
お砂糖やグラニュー糖に漬け込んで、マーマレード上にするみたいですが、ハチミツでもいいようです。

必要は発明の母です。
ケロは何も知らずに、流行の先端を行っていたのです。
ケロは、見かけよりもカシコイかもです。
ヽ(´▽`)/へへっ

朝鮮半島は中国や日本と対立したりして、良質な茶葉の輸入が安定的にできなかったので、コーン茶、柚子茶、ナツメ茶、カリン茶などの穀物・果物系のお茶が発達したのですか。

なるほどね。
ちゃんと、歴史的な経緯があるんですね。

ユズは柑橘類の中でも、ポリフェノールの一種のヘスペリジンが豊富で、皮だけでなく果肉にも多く含まれているそうです。
白いワタの部分に多く含まれるスペリジンには、抗酸化作用や血圧を安定させる働きがあるので、高血圧や糖尿病など生活習慣病の予防に効果が期待されています。

ほかにも、果肉には、過剰な塩分を排出する働きのあるカリウムが多く含まれています。
ビタミンCの量もユズ100g中には40mgとレモンにまけない量です。

また酸味のもととなるクエン酸やリンゴ酸は、疲労回復や利尿作用によって体内の毒素の排出を促進します。
という具合に、数え切れないほどの薬効があります。

果肉にも、いろいろな有効成分が含まれているのですから、これらを丸ごと利用するユズ茶は、ハーブの使い方としては理想的です。

ケロは果肉だけを漬け込んだのですが、皮ごとスライスしてOKなんですね。
さらに手間なしです。

作り方に関しては、細かい注意もあるようですが…
ケロはすでにユズ茶を見切りましたよ。
@要するに酸っぱいので甘いものにつける。
A丸ごと利用する。

ポイントはこの2点です。
あとはお味なんかはお好みでよいです。
ケロは、まったくアバウトに作りましたが、おいしかったですよ。

ま、ケロは味オンチですから、保証はできかねますけど…
パンの生地にも練りこんで、ユズ風味パンも焼いてみました。
香りは飛んじゃうけど、ユズの苦味とハチミツの甘さで、こちらもおいしくいただけました。

ハーブのユズ茶も、ケロ的にはヒットです。
温かい物が恋しいこの季節にピッタリですね。

もひとつ、毎回書いてますが(笑)。
温まるといえば、野草風呂のユズ湯です。
ユズの香りの成分であるリモネン、シトラールなどは、精神をリラックスさせ、血行を促進してくれます。
ユズのハーバルバスは、香りにいやされます♪

食べるお茶?

発芽玄米は買って食べていますが、アルファー化処理はともかく、発芽は精米していないお米なら難しくないのでは?
という疑問がありました。
発芽玄米は、お値段が少し高めです。

ネットで探してみると、あるんですね。
自分で手軽に玄米を発芽玄米にすることができるそうです。
24時間で発芽するんですか?
いくらも時間はかからないのですね。

横田農場様のHPに作り方が詳しく載っていました。
今はお仕事があるから、チョット無理ですが、時間ができたら自分で発芽玄米を作ってみたいです。

お米関係でもう少し…
お茶もいろいろ使えるんですね。
煎茶で茶飯、番茶で茶粥、玄米茶で炊き込みご飯とバラエティー豊富です。

食べるお茶も売っています。
毎日飲んでいるから十分と思っていましたが…
お茶に含まれる水溶性の栄養素であるカテキン、ビタミンC、カフェイン、アミノ酸などは、お茶を飲むことで摂取できます。

でも、脂溶性の栄養素であるビタミンE、ベータカロチン、食物繊維、ミネラル、葉緑素などは水に溶けないので、お茶を飲むことでは摂取できないのですね。

食茶をすれば、おおさじ1杯くらいで1日に必要なカテキンの量をまかなえます。
ミキサーであらびきにして、ごはんや焼きそばにふりかければいんですね。
青のり感覚です(笑)。

クッキーやケーキの生地に混ぜてもいいそうです。
コーヒーのお茶うけ用に、毎日パンは焼いてます。
黄緑色の煎茶パン?はヘルシーでいいかもしれません。

あ、お茶がらはハーバルバスにも使えるんですね。
いや、薬草風呂になるのかな?
美肌効果や水虫、あせも、湿疹などの皮膚病を改善する効果があるそうです。
袋につめて、湯船に浮かべるだけですから簡単です。

ケロ的には、お茶はハーブですよ。
手軽に使えるところがよいです。
お茶がらも乾燥させておいて有効活用したいです。
(^○^)

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
発芽玄米のギャバ?

発芽玄米のギャバ?

しつこく食の健康生活発芽玄米のお話です。

前回は、発芽玄米は白米や玄米より栄養分が豊富だということでした。
成分表示を見てみると、その差は明らかです。

骨粗しょう症を予防するカルシウム、心臓病を予防するマグネシウム、 便秘・大腸がんを予防する食物繊維が殖えていることに注目ですが…

個人的には、自律神経失調症・更年期障害を緩和するガンマ・オリザノール似興味があります。
精神を安定させてくれるのかな?
検索してみたいです。

そして、最も差があったのが、哺乳動物の脳や脊髄に存在するという 「ガンマ−アミノ酪酸」=通称GABA(ギャバ)です。
白米100gあたり1mgなのに対し、発芽玄米は10mgと10倍も含まれています。

ギャバとは、
アミノ酸のひとつで、主に抑制性の神経伝達物質として機能している物質である。血液脳関門を通過しない物質であることがわかっており、体外からGABAを摂取しても、それが神経伝達物質としてそのまま用いられることはない。
Wikipediaから引用↑
とありますが、最近の研究では食べ物によって摂ったギャバも脳へ届くとも言われています。
どちらなのでしょうか?

脳内の血流を活発にし、酸素供給量を増やしたり、脳細胞の代謝機能を高めるはたらきがあるんですって。
ギャバは深い眠りに入っているときに生成されるので、熟睡は大事ですね。

脳内のギャバが不足するとイライラするのですか。
発芽玄米は食べているし、睡眠時間もひょうじゅんでしょうから、眠りが浅いのかな?

ギャバを摂ることで、様々な効果が期待できますが…
ケロ的には、神経を鎮めイライラなどをやわらげる効果にきたいしています。
睡眠障害、自律神経の失調、うつ、更年期の抑うつや初老期の不眠にも効果があるようです。

抑制性の神経伝達物質ですから、メンタルケアが期待できそうです。
強いお薬よりも、発芽玄米やハーブティーなどで体質を改善で着たらいいですね。

「ハーブの育て方や効能・ハーブで健康生活!」の関連記事
発芽玄米

発芽玄米

ハーブとはなれて、健康生活のお話です。
ケロはお料理がダメなので、手軽に栄養を補給できる食品を探しています。
できるだけ安いのがいいです(笑)。
でも、体に取り込むものですから、安かろう悪かろうでも困るのです。

発芽玄米は白米に混ぜて使っています。
白米だけで炊くことはなく、発芽玄米か十種雑穀を混ぜて炊いています。

玄米は、圧力釜で炊くか、普通の炊飯器で炊くなら2度炊きが必要で手間がかかるので人気がなかったようです。
炊き上がりも硬かったそうです。

ケロはコープの発芽玄米を使っていますが、普通の炊飯器で白米と同じように炊けます。
お水を少し多めにするだけで、つけおきも要りません。
炊き上がりは、「ほのかな甘味、適度な歯ごたえ、ふっくらおいしい食べやすさ」というキャッしフレーズそのままです。

これは、アンファー化処理しているからですね。
一度炊いてから、乾燥冷凍させているのです。

発芽玄米とは、
玄米に約1〜2日程度、摂氏32度前後の水分を含ませ、僅かに(約1mm)芽を出させた状態で人工的に成長を止めさせたもの。
Wikipediaから引用↑

発芽する時の酵素の働きで、もとの栄養分が増えたり、新しく有効な成分が発生したりするんですね。
白米にはほとんど含まれないビタミンB1も含み、ミネラルの吸収もよいそうです。

え〜と、手元の発芽玄米の栄養表示を見てみると…
食物繊維は白米の100あたり0.5gに対して発芽玄米は2.9g、以下同様にマグネシウムは23mgに対して110g、ビタミンB1は0.08mgに対して0.3mg、ビタミンEは0.2mgに対して0.42gとなっています。

栄養的には、白米より明らかに優れています。
食物繊維なら、ごまやオートミールの方が含む割合は高いですが…
ごまは毎日大量には食べられません。
オートミールもご飯の代わりにはならないですね。

あ、血圧上昇を抑制するガンマアミノ酪酸(通称:ギャバ)が白米の約10倍程含まれています。
これが健康食品として注目されています。
米糠の美白効果を体内から享受できるというのはホントカナ。

白米に混ぜて炊くだけですから、手間要らずで健康生活を支えてくれます。
ご飯がおいしくて、しっかり食べると間食が減って(゜∇^d) グッ!!です。
ハーブはたまのアクセントですが、ご飯は食生活の基本です。
うん!(^^)

ハーブのシュウ酸

別にハーブに限らないのですが、パースレインの食べ方でシュウ酸が気になりました。

タデ科(スイバ、ギシギシなど)、カタバミ科、アカザ科(アカザ、ホウレンソウなど)の植物には水溶性シュウ酸塩(シュウ酸水素ナトリウムなど)が、サトイモ科(サトイモ、マムシグサなど)には不溶性シュウ酸塩(シュウ酸カルシウムなど)が含まれる。
毒性があるため、毒物及び劇物取締法により医薬用外劇物に指定されている。
Wikipediaから引用↑
ということで、身近な野草にも含まれています。

尿路結石の原因になることで知られています。
水溶性のシュウ酸は、茹でて水にさらすことで、60〜70%が水に溶け出してエグ味もなくなります。
ホウレンソウは、ゆでてから調理しますよね。

ただ、多量の水で高温で長時間ゆでるほど、ビタミンなどの栄養分も水に溶け出してしまいます。

野草の場合には、アクが強くてある程度の時間しっかり茹でて水にさらすことが必要なものもあります。
一方、生食できるようなものは、湯通し程度で十分です。
ゆですぎると食感も香りもイマイチです。

1分間ゆでる程度では、水溶性のシュウ酸も80%以上が残ります。
ゆでるときに塩を加えると、残るシュウ酸の量は90%近くになります。

では、シュウ酸を含む葉菜は、必ずしっかりゆでることが必要かというと、そうでもないようです。
無理に、パースレインを生でサラダにすることもありませんが、生食でもあまり問題はありません。

ひとつは量の問題です。
大量に継続的に食べなければ、大丈夫でしょう。
シュウ酸を含む食物は、ほうれん草、大根、なす、トマト、タケノコ、セロリ、さつまいも、バナナ、ビール、コーヒー、紅茶、ココア、チョコレート、ピーナッツなどとたくさんあります。

たまに口にする趣味の野草料理のゆで時間にこだわるよりも、毎日の生活で口にするこれらの食品の摂取量を考えるべきです。

もうひとつには、食べ合わせの問題があります。
こちらのほうがより重要でしょう。
シュウ酸は様々な食品に含まれていますから、あまり神経質になっても仕方ないです。

シュウ酸とカルシウムが腎臓で結びついてシュウ酸カルシウムができるのがまずいわけです。
これは、@カルシウムを多く摂る、A脂肪を少なめに摂る、ことでかなり防げるようです。

野草を食べる時にゆでるかどうかは、瑣末な問題です。
日常生活の中で、カルシウムや脂肪がバランスよく取れているかをチェックした方がよいです。

え、ケロですか。
健康な食生活ね〜。
あ、ハーブや野草はサラダがいいです。
手間がかかりませんから。
ワインビネガーのハーブビネガーで作ったハーブドレッシングに期待してるんです。 (^○^)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。